<   2018年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

バゲット用のバスケット製作記ー1

この夏からひさしぶりに出店を再開した埼玉県日高市の「清流マーケット」さん。大地に根を下ろした感じの主催者さんの影響もあってか、そんな感じの(?)出展者さんが多くて、自然のまんま、っていう私のカゴも色々な方が手に取って下さいました。

その中に地元の天然酵母のパン屋さんがいらして、「バゲットをいれるカゴをお願いしたい」というオーダーを頂きました。

四角いバスケットで、細長いバゲットが立てかけられる形で。私がいつもつくるカゴに比べるとかなり大きめ。

「ぜひ、作らせてくださいー!」といってみたけれど、大きいバスケットだから、素材は太い葛かな、そうすると大量の素材集めに時間がかかるし、太く締まった葛のツルの採集は冬の方がいいから、しばらく時間を頂こうか…

そんなことを思っていた先週末、多摩湖廻りをジョギングしていたところダンナが、「おーい、こんなのがあるぞ」と偶然見つけたのがこれ。
e0151091_08555590.jpeg
湖廻りの植え込みからはみ出たヤマフジの地下茎を伐採して、そのまま放置してあったもの。

フジの地下茎は、アケビほどではないものの、均一でしなやかで編みやすい。そしてアケビより太いものが多いのです。さっそく、「念のため」としょっていたカラのリュックサックにまるめて詰め込み、自宅に持ち帰り。何が落ちてるかわからないですからね。やはり湖の周りを走るのに、カラのリュックは必需品。

ぎゅうぎゅうに詰め込んできたリュックからフジヅルをだして、屋上で日に当てる。
e0151091_17431078.jpeg
そうだ、この屋上式ベランダのだだっ広いスペースは、このためにあったのだ。汚すことを厭わず葉をむしり、太さ別にツルを選別したり切り分けたりして準備完了。

まず依頼の35センチX35センチの底になるよう、まっすぐなブルーベリーの剪定枝を並べて、
e0151091_17431700.jpeg
間隔が定まったら椅子の底にガムテープで固定し、そこにフジヅルを渡して底を編み始め…
e0151091_17432715.jpeg
底が出来たら立ち上げる。
e0151091_17433738.jpeg
ここで日没。屋内に持って入ったとたん…
e0151091_08594935.jpeg
こらこら。

立ち上げてみたら、ツルが太すぎて底が35センチx40センチになってた…ということで一旦ほどいて底から編み直し(泣)

せっかく屋外でかご編みを楽しむんだからと、日没前、ナスで作った「貧乏キャビア」、酎ハイと育ち切らなかったテニスボール大のスイカ、冷凍ブルーベリーをミキサーにいれて作った「なんちゃってカクテル」をベランダで若干浮かれ気味に飲み食いしながら編んでました…
e0151091_09200757.jpeg
…ところ、不覚にもふわっと酔っ払い、編み直しに気力を奪われて、屋内に入って早々に中断。

思考停止、いや試行錯誤のバスケット編み、まだ続いています。

by nicecuppatea | 2018-09-28 18:14 | Willow Cottage | Comments(4)

半年ぶりの狭山市楽市楽座

先週土曜日は、3月末以来の「狭山市楽市楽座」に出店させて頂きました。5月は出張で不在、7月は台風で中止。気が付いたら暑かった夏も終わり、風の気持ちよい季節のマーケットになっていました。
e0151091_14304856.jpeg
ベリーがなくなったので、カゴの他にどんなものを店先に並べようか、色々と考えた。

6月に近所の山でとったアジサイのドライフラワー。実はけっこうキレイに乾かすのにはコツがあるらしく、私のもそんなに良い出来ではないですが、みなお嫁入り。
e0151091_14270565.jpeg
そして、先日来、淡々とした作業がクセになってきている、むきクルミ。和クルミは拾って洗うだけでなく、その鬼のように固いカラを綺麗に割り、なかみをホジホジしなければならない、それが大変なんだけど、複雑なカラの形の中に入り込んだ実がスポット穴から抜けると、気持ちよさ満点。

たくさんはほじれないけれど、貴重な国産の森のクルミも剥いて、パッキング。

「本当に?これ国産の生のクルミですか?こんなに安いのに?本当?」と重々確認した上で全部お買い上げいただいたお客様がいらしたりして、ニーズがあることを確信。
e0151091_14271686.jpeg
日々のクルミ拾いはまだまだ終わらない雰囲気なので、こちらはこの冬じっくりかけての作業としましょう。

秋風にふかれて買い食いしたり…
e0151091_14234826.jpeg
お隣のブースの方が自分の作品ディスプレイ用にカゴを購入して下さったり(写真は「靴下」で作ったお猿さんのぬいぐるみ)…
e0151091_14240468.jpeg
すべて、小さなことではありますが、うれしいことばかりが起る場所。だから、マーケットの出店はやめられないんですよねぇ^^






by nicecuppatea | 2018-09-27 12:24 | Willow Cottage | Comments(0)

親子かご編み講座

先週末、兼ねてから考えていた親子かご編み講座を、「森の果樹園」の中で実施しました。

ここは毎月お世話になっている清流マーケットの開催場所。主催しゃさんはここで「森の幼稚園」もやっていて、時々卒園生やお母さんとのイベントをやっているとのことだったので、以前から、一度やりたいですね〜といっていたもの。

とは言え、準備は試行錯誤。大人にミニバスケット作ってもらっても半日かかるのに、果たして小学生にきちんと伝えられるか…小さくないと編みきれないけど、小さすぎると難しい…編みやすい材料は人数分集められるだろうか…等等。

思案の末、先日剪定が終わってたくさん手元にあるブルーベリーの枝をフレームに使い、そこら中に生えている葛の若芽や、トウモロコシの皮、近所の駐車場のヒメツヅラフジなど、難なく大量に集められる素材で、講習の後も自分で見つけられるものをつかって(強度はちょっと落ちるけど)、お母さんたちと一緒に作ってもらおう、という路線で考えがまとまりました。

ベリーの枝ならいっぱいあるし。
e0151091_16225073.jpeg
駐車場でかき集めたヒメツヅラフジのツルはこのまま持参。
e0151091_16231283.jpeg
その他、大量の葛のツルや果樹園の周りで採ったスイカズラのツル、カエデの赤い葉柄も集めて、ゴザの上に準備します。フレームになる輪っかだけはブルーベリーの枝で予め作っておきました。
e0151091_16232493.jpeg
かご編みは、ひたすら「上、下、上、下…」って単純なんだけど、それを最初にわかってもらうために、始める前に地面に刺した枝の周りを黄色い紐で編んでみてデモンストレーション。なんかのおまじないみたいに見えますが。
e0151091_16233642.jpeg
子供達からの反応はいまいち。ちょっと焦る^^;

みんなで始めてみたら、年齢も、興味の度合いも、器用さも千差万別。しばらくは、言われた材料を手に握ったまま、固まってる子もいて、さらに焦る。ああ、これは永遠に仕上がらんぞ…と、何度か意識が遠のく気がしました。

でも、やっているうちになんだかんだでみんな何かを試しだすもの。
e0151091_08274725.jpeg
形になってきている…
e0151091_16485721.jpeg
最終的には花や実を編みこんだりして他にはないバスケットがたくさん完成。
e0151091_17023262.jpeg
e0151091_16492234.jpeg
バスケット編みのいいところは、途中で辞めずに、とにかくなんとか完成さえさせれば、いびつさや編み間違いもすべて「他にない個性」という美しい言葉で片付けられること。同じものは一つもないし、「あれ」より「これ」のほうが良いバスケット、という優劣もない世界。

これをもってみんなで森にどんぐりを拾いに行くんだとか。どんぐりが編み目から落ちさえしなければ、満点!

お昼はお母さんたちがその場で薪を使って炊いてくれたご飯とお味噌汁に、さんまの塩焼き。森の中のかごも、木の皿の上のお昼ご飯も、自然の一部に見えた。
e0151091_19001161.jpeg
たぶん、達成感、安堵感もあって、子供に引かれるほどの勢いで食べてただろうな、私。



by nicecuppatea | 2018-09-17 18:53 | Willow Cottage | Comments(0)

スポーツと食欲の秋

先日の雨で、本格的に季節が変わった気がしています。空気の冷たさが、一段低くなった感じです。

郊外に住んで、ウチに動物がたくさんいて、レジャーで遠出をすることが容易でなくなった今、楽しみが減ったか、といえば、むしろ地元を楽しみ倒す様々な方法を見いだしてる気がします。

ウチは西○球場から2キロほどの場所。野球ファンならば嬉しいところですが、そうでもない私たちにとって『球場のそばに住む』ことは、むしろ週末祭日にウチから車で出たとたんに渋滞に巻き込まれる…という負の影響が大きいとインプットされていました。

そろそろ恩恵を享受してもいいんじゃないか、と、秋っぽくなった先週末の朝ランの後、ちょっとコースを変えてデーゲーム前の球場前へ。そこには出店がたくさん♪

汗をかいたジョギングの後の外チューハイ♪
e0151091_19380592.jpeg
焼きそば、たこ焼きといった出店の王道は一通りカバーしており、お祭りじゃないのにお祭りの気分。
e0151091_19383989.jpeg
なんだ、こんな楽しい場所なら、もっと早くに来るんだった。




by nicecuppatea | 2018-09-13 19:39 | 暮らしのアイデア | Comments(0)

くるみ割り、その後。

ベリーシーズンが終わったと思ったとたんに、その魅力に日々ひきつけられているくるみ。

以前にも書いたことがありますが、野原や河原に生えているくるみは、和グルミまたは鬼グルミなどと呼ばれていて、西洋のクルミとは違う種類であること、そしてそのカラが「鬼のように固い」ことを表しています。

ちょっと金槌でたたいたぐらいではびくともせず、思い切り叩くと爪をたたいて痛い思いをするか、カラと実を両方潰してしまうかのどちらか。食べてもとがった殻が入っていて、安心して味わえない。

けれども、水につけてから加熱すると自然に口があく、ということを昨年学習してから、くるみ拾いのシーズン中はせっせとくるみを拾った後のその作業が習慣に。

長いプロセスを経てこの、硬い殻が、うっすらと微笑むように口を開けた状態になるのを見るのは、私もニヤニヤしたくなるうれしさでした。
e0151091_15492135.jpeg
ところが、このプロセス全体を一蹴してしまうような出来事が。

くるみに肩入れするあまり色々と情報を調べたらなんと「和くるみ割り機」なるものが新潟県の古沢製作所という刃物屋さんから販売されているというではないか。クルミ割り人形を壊してしまうほど頑健な和くるみの殻割専門につくられた器具で、作ったのが刃物屋さんというのも、納得。

早速購入しました。
e0151091_15501341.jpeg
ペンチのようなデザインの機器の間に挟んで、説明書にあった通りくるみの先っぽに向かって45度の角度で、殻の縁に刃を当てて、ぐぐぐっとつかむ。
e0151091_15495780.jpeg
何と言う事でしょう。トンカチで全力でたたいてもビクともしなかったものが、それほどの力を入れなくても真ん中からパッカーンと。やはり刃物の鋭さのなせる業か。割れる感覚はまさに薪割り。
e0151091_15503483.jpeg
面白いほど簡単に割れる♪
e0151091_15505353.jpeg
お陰で出勤時間を忘れるところでした。

今まで熱して割っていたけれど、これで生のまま処理できて、きっと風味も栄養も損なわれないのでは。

やはり、専門の道具って、「専門」というだけの意味がある。この秋冬のくるみ拾い、この道具のお陰でさらに熱中しそうです。





by nicecuppatea | 2018-09-12 08:56 | くるみ生活 | Comments(2)

台風あと

またまた自然災害が続いています。豪雨、台風、そして地震…。あり得ないことが毎週のように起きて、なんだか今までとは違う時代に、自分たちは入って来ちゃったんじゃないか、そんな気持ちをぬぐうことができません。

災害は起きてほしくないけれど、きっとこれからも起きる。もっと起きる。そのたびにどこか、誰かがそれに影響され、その影響度合いも昔と比べると、残念ながら大きくなっていくのだろう。

打たれ強い、倒されても立ち上がるような社会、ニンゲンでいようとすることが、これからどんなテクノロジーよりも大事な強みになっていくのではないか。

台風の朝。さっそく出かけた森のジョギングで。
e0151091_19531078.jpeg
大きな木が根こそぎ倒れていました。台風が接近した前日の晩は、バス停傍の大きな楠の木の大枝も踊るように激しく動いていたっけ。周りにはちぎれた小枝が散乱していて、森の中は一段と緑の臭いが濃い。ちぎれた葉っぱや折れた枝が発するものかも。

と、いうことは、いつもでは手に入らないような「拾い物」ができる可能性も高い。一度にこんなにクルミを拾ったのは初めて^^

e0151091_19541995.jpeg
クルミは「二百十日」(9月1日)を過ぎる頃までは実入りが充実していないのだとか。9月の台風で落ちたクルミのみは大丈夫^^

屋上にためた雨水で洗う。今年はすでに豊作の予感♪
e0151091_18581024.jpg
いつもよりたくさん松ぼっくりの着いたカラマツの枝も、葉っぱ付きで!
e0151091_19552301.jpeg
これは、松の、花?やにが出てきてバッグがべとべとになったけど、拾わずにはいられない。
e0151091_18575909.jpg
今あるところの自然で、享受できるものを、ありがたく。



by nicecuppatea | 2018-09-07 19:51 | Comments(4)

くるみ生活

去年も確か、8月下旬から「もう落ちてる!」とか言いながらくるみを拾い始めた記憶があります。

初めて拾ったのがいつかは覚えていないのですが、前にも書いた通り、大学時代のバレー部の夏合宿で、信州に滞在中、若いくるみを拾って、無理やり指で果肉を剥いたら、アクで指先が全部黒く染まり、10日ほどとれなかったのが印象的な出来事でした。オーバーパスで手のひらを広げるたびにチームメイトには笑われたもの。

今日は会社の経営会議で通訳するのに、今も指先は黒いまま。
e0151091_17423039.jpeg
何十年たってもヒトは変わらないもんです。

とにかく、今年もくるみ拾いの季節になり、近所のめぼしをつけた木の下を日々チェック。

水につけて、煎って、割って、中身をほじる…というプロセスは長いですが、それを経る度に、良くもまあこんな木質の硬いからを毎年鈴なりに実らせ、その上こんなに油分の高い実を付けるものだと思います。

びっくりするほどたくさん集められるくるみを、もっと使い倒してみよう、というのが今年の興味。

ベランダでわさわさしげるバジルの葉と合わせてみる。
e0151091_17440838.jpeg
なんちゃってジェノベーゼソース。
e0151091_17450055.jpeg
ミルサーで轢くと、すぐねっとりこってりしたペースト状になった。

「こってり好き」の私には、「こってりが森に落ちてる」という事実だけで、朝が楽しみになる今日この頃。

指ぐらい黒くなっても、剥き続けねば。

by nicecuppatea | 2018-09-05 07:41 | くるみ生活 | Comments(0)

夏野菜の終い方

ブルーベリーの終わりと共に夏は終わった、と書きましたが、ゆっくり効く有機肥料しかやらないウチの畑は台風シーズンで水も豊富な今頃が、実は多くの実りを迎える時。

そろそろ下火になる…ちょっと前の、畑で実る潤沢な野菜や果実をありがたく頂かなければバチが当たるというもの。

今年最後のブルーベリーのパック、100グラムは市販のかき氷の上にかけながら、飲み込むようにして完食。
e0151091_19343166.jpeg
ブルーベリー畑のオーナーさんからもらった最後のスイカは生ジュースにして。
e0151091_19345865.jpeg
その他夏野菜の大量消費は、ウチではカレーか天ぷらと相場が決まっている。
e0151091_19354450.jpeg
e0151091_19362261.jpeg
全て取り尽くしたスイカ畑でまだツルについてた赤ちゃんスイカ。もう成長はしないだろうなぁ。
e0151091_19372934.jpeg
一方、ジョギング道のカラスウリはだいぶ大きくなって。
e0151091_19381268.jpeg
同じスイカ柄の実も、秋のモノに交代だ^^


by nicecuppatea | 2018-09-04 17:49 | 野菜&実の加工 | Comments(0)