<   2018年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ツル消費

「編むぞ〜」と思いながら、週中はやはり睡眠時間を確保することの方が重要な年齢に達したこの頃。

やはり編めるのは、週末♪

何かと違うことに手を出したくなる性質はここでも変わらず、同時進行でいくつものバスケットのフレームが部屋にゴロゴロしてます。ひとつづつ仕上げりゃいいんですけど。
e0151091_19090151.jpg
一応、とってきた直後の柔らかいツルで何を最初に編むかは、「整理する効率」みたいなことを考えて決めています。

まず、輪っかにして保存できないほど短いツル、太くて短くて一度乾燥したら柔らかくするのに時間がかかりそうなツル、そしてグネグネして、輪っかにしづらいツルなどを先に使い切ってしまおうと。ウネウネは取っ手に。短めの「枝」っぽいのは、それが編み芯になるぐらいの大きさのバスケットを逆算して考えて、フレームの大きさを決めます。「柔らかいうちに使い切り」を目指すので、いろんな大きさ、形のものが同時に出来上がらざるを得ない(?)のです。^_^

そう、いかに材料を余すことなく使い切るかが編むバスケットの大きさを決める基準になってるのです!自分でも今気づきました(^^;

そもそも「何かを入れる」のが目的のバスケットなのに、「材料が使いきれるかどうか」を起点に編むバスケットのサイズを決めるとは如何なものか?どうりで使い勝手のよくないバスケットが多いわけです。

でも、これからもこの優先順位は変わらないんじゃないかと思います。

で、先週末は畑でプラムの木の剪定。毎週末山梨に滞在していた頃に桃農家のご近所さんに教わったことを思い出して。
e0151091_19095762.jpg
まだまだ思い切りが足りないけど。
e0151091_19103395.jpg
なぜか受粉木の方にしか実がなってないのが気になりますが、気長に待つことにしましょう。
e0151091_19105701.jpg
もちろん、剪定で出た、まっすぐで柔らかいプラムの枝も採りためたあけびのつるとともに早速バスケットの一部に。
e0151091_19113600.jpg
いろんな枝が入ってて、雑多な感じが強いですが(^^; まあ、林っぽいと言えなくもないかな。
e0151091_19122510.jpg
いずれにしても、電車で編むには限界を超えたサイズσ^_^;

by nicecuppatea | 2018-04-23 18:15 | バスケット編み | Comments(0)

あけびヅルの編みざんまい

「もうさすがに、ツルは充分なんじゃないの?」と、最近のダンナ。

毎日のように、帰宅するとあけびヅルが山と積んであり、就寝まではそれを一本づつ分けて、根っこや小枝、汚れを取っては保管できるようクルクルと小さく巻きます。
e0151091_10224041.jpg
ダンナが「もうツルがなくなった〜」と言う私を恐れて(恐ることはないのだが)、「もういらない…」というまで取ってくるつもりらしい。

言うわけないし(^з^)≡

何度か書いた「編めるツルとは」の中にも記しましたが(まだ途中だけど…)、同じ木のツルでも、その部位によって使い勝手が違います。こんなにたくさん細いランナーが集まったら、作りたくなるのは、「よろけ編み」のバック型のカゴ。メッシュのような編み方なので長く、しなやかで、節がないツルが大量にないと丈夫に編みあがりません。
e0151091_10235564.jpg
あれやこれやで、なかなか新しいバスケットを編み始められない平日。なんとか有効に時間を使いたいと、小さく巻いた大量のランナーを会社に持参。昼休みに社員用カフェテリアの片隅でひっそり開始。

とはいえ、底を編んでから上に立ち上げるタイプのバスケットは、編み始めは「高さ」分のツルも横に広がるので、さながらアシナガグモのようでおおごとになり、早々に店じまい。どうやらワタシにも、まだ守るべきものが残っているらしい^ ^

やはりいくら早く進めたくても、形になるところぐらいまではウチでやらないと、外でカゴ編み作業のお店を大々的に広げることは現実的ではありませんな。



by nicecuppatea | 2018-04-18 08:04 | バスケット編み | Comments(0)

あけび集め

遠くから眺める森全体の色が、日に日に白の混じった薄緑になってきました。どこもかしこも、芽吹きの季節。

「ツル集め」…と考えると、そんな時期になってくると、草木は冬の間より活発に水を吸い、樹液も増えるので、木の幹と皮が離れやすくなり、ちょっとの刺激でも皮がむけやすくなります。

ヤマブドウの「皮」だけを採取する場合などは皮がむけやすい時期を狙って採取するのでしょうが、皮がついたツルそのものを使う場合は、採集時に皮がハゲて汚くなりやすいので、一般的にはあまり積極的に採取する時期ではないようです。

まあ、ウチには関係ないんですけど(^-^)

というのも厚い落ち葉の下に埋もれていたあけびの地下茎から葉っぱがちょっとでてきて、冬より見つけやすくなる今が我々には一番ツル(特に地下茎)が見つけやすい時。その気になって朝ランのコース上で目を凝らすと、文字通りそこら中に広がっています。今まで、ここに住みながら、これを取りに遠くまで車で出かけていたのか…。

最近その見つけ方、というか目が鍛えられてきたダンナ。日々収穫写真が会社のワタシに届く^ ^
e0151091_10010720.jpg
拍車がかかってきた。
e0151091_10012413.jpg
帰宅するとそのツルから根っこや小枝を取り除き、保存用に綺麗に輪っかにする作業。輪っかにできないほど太くて短いところや、細くて若いツルは、片付かないので、はじから小カゴに編み込む。
e0151091_09552074.jpg
毎年夏は「カゴ屋」は一旦お休みして「ベリー屋」となっていましたが、材料があるのなら今からたくさん編んでおけばいい。マーケットでは、ベリーをカゴに入れて持って帰ってもらったっていいかもしれないし。
e0151091_09555314.jpg
楽しみが膨らむと、自然、毎朝の目覚めも早くなってきます。(単に歳をとってきたのかもしれないけど…) 日が長くなってきたのも合わさって、通勤前の朝が忙しい時期になってきました。


by nicecuppatea | 2018-04-16 08:19 | 編み素材集め | Comments(10)

周期的に訪れる…

春分の日も過ぎて、気がつけば随分日が長くなりました。

完全朝方、田舎生活時間の我が家にとって、朝、明るくなる時間が早くなることは嬉しいだけでなく、実利の多いこと。

日の短い間にたっぷりと体に脂肪を上乗せした私は、「そろそろ毎朝走ろうか」と思い立つのです。

今の時期、起きてすぐに月を愛で、その後程なくして朝日を拝むこともできます(^-^)
e0151091_18154412.jpg
e0151091_18434873.jpg
朝の林も、もう暗すぎることはなく、怖くない。でも走っているとこんなものが目に入り、なかなか先に進まない。
e0151091_18445304.jpg
ウチから歩いて5分の森の際にゴルフの練習場があるのですが、どうも地元の地主さんと見た。季節ごとに駐車場の脇に「掘り立て筍あります」「店内にしいたけあります」などの手書きの紙が貼ってあり、それを楽しみにするワタシ。

今回のしいたけ、すごく立派!
e0151091_18452545.jpg
ジョギング中にとった数本のわらびや細い筍と一緒に炊いてみた。
e0151091_18454710.jpg
いつもそんな滋味豊かな料理をしてるわけじゃないけど、これでお弁当のおかずの一品になると、1日じわじわと噛み締められるお得感があります。

毎年、日が長くなる今頃に再開する平日のジョギング。でもこの時期、拾い物や採りものが忙しくて、立ち止まってばかりで肝心の汗をかかない… どころか、食べ物を持って帰ってくる。

それじゃあダメじゃんσ^_^;

by nicecuppatea | 2018-04-09 19:41 | 里と野山 | Comments(0)

4月のジョンソンタウンのワンデーマーケットに出店しました

ちょうど初夏のような気温になった週末でした。権蔵には暑いんじゃないか、花粉がすごく飛んでるんじゃないか…と気にしながら月一回のジョンソンタウン・ワンデーマーケットに出店しました。
e0151091_19281918.jpg
「たくさん編む!」と思った割に、店先の様子はいつもとあまり変わらず。

しかし今回は新しい試みとして、出店中にミニかご編みの体験教室をやってみました。

トライして下さった方、私の甘い時間の読みや、「最短距離」でない説明も全面的に信頼して下さり、ありがとうございました!自分だけのバスケットを身の回りのつる枝で仕上た後に「わぁ〜、できたー!」と言って下さるのを聞けたことが、私にとっての最大の達成感でもありました。
e0151091_19291456.jpg
e0151091_19300372.jpg
でも、やってみて私自身には、反省も多かった(._.)

やはり、いくらゆるゆるの出店とはいえ、私には講習と販売を同時に行うキャパはないことが判明(^^; 「編む」っていう動作には思いのほか色々な作業が混じっていて、私がしたいだけの説明をしたら、それ以外の作業を傍でやるのは物理的に立ちいかない、と。無理無理なカンジの中、今回かごを仕上げてくださった方々には、ホントに感謝です。

これからは、かご編み体験は、別途(^-^)

欲張るもんじゃあ、ありませんねσ^_^;

これからも出店の際は、さらに色々なかごを持って行って、たくさんの方にご紹介できる場となれば…と思っています。


by nicecuppatea | 2018-04-03 07:07 | Willow Cottage | Comments(4)

恒例のお花見に

ご近所の狭山湖畔の朝ランをしていた先週中、出店がスタンバッているのを発見〜!
e0151091_18581339.jpg
ピーチが生きていた頃から、毎年お花見散歩に来て、ここでフランクフルトを食べるのが我が家の春の定例行事だった。…ということで我が家恒例のお花見を土曜日に実施することに。

最近すっかり歩かなくなった権蔵。往復3キロ以上歩くかどうか…

結局、ゆっくり、ゆっくり、行ってみました。

いつものジョギングロード沿いの見知った場所が今は、上も、下も、桜で。
e0151091_19014821.jpg
e0151091_19022650.jpg


権蔵、よく歩きました(^-^)
e0151091_18590055.jpg
ショックなことに今年はフランクがなかったけど、ちょっとだけたこ焼きをシェア(^^;
e0151091_19061274.jpg
ワンコにこんなものあげるなんて!というのが一般的なご意見とは思いますが、なんとなく毎年ここに来て、一緒に同じ花を見て、同じものを食べる、ってことを良しとしてしまうのが、この日。ニンゲンのエゴかもだけどσ(^_^;)

来年も、どんなカタチかで花見をしよう、一緒に。


by nicecuppatea | 2018-04-02 11:48 | 権蔵日記 | Comments(0)