<   2018年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

編めるツルとは - ①見つけ方

最近「XXXのツルは、編むことができますか?」というような質問を複数頂いたところで、そうか、あまり「編む前に考えてること」って書いたことがなかった、と気づきました。そのくせ、そのような質問を頂くと、私の答えの方があっという間に頂いた質問の何倍も長い文章になり…(^^;; ああ、自分はここんところに伝えたいことがいっぱいあるのだ、と実感 笑

そこで、何回かに分けて、編み材について思っていることを書き出して見ることにします。ワタシのアタマの中にある情報は、さながらこんがらがったつるみたいなので、これは自分でも整理するよい機会ではないかと^ ^

まずは、何を見つけるべきか。

私は、自分の住んでいる場所で最も簡単に、たくさん入手できそうなものを主素材にすることが多いです。イギリスにいた時はそれがカワヤナギの枝や、スイカズラでした。東京に住んでいた時は公園で見つけたシュロの繊維、シダレヤナギの枝やイネ科の雑草など。山梨の畑に通っていた頃は庭のフジ棚の剪定枝や畑のモモの木の若枝を使い、今は駐車場の周りのヒメツヅラフジや湖畔の道路に伸びているアケビ、河原の葛などです。

どの植物は編める、編めないと考えるより、まずどんなものなら手に入るだろうと思いながら身の回りの自然を見回す感じです。太目のツル、細めの枝を見つけたら、まずは指の周りにねじりながらゆっくり巻いてみる(^^ これで即座にポキッといかないもの、水が染み出てくるほど水分の多くないものであれば、何はともあれ使えるのでは、と。

ツルを探す際は、人の管理地や、大事に育ててるものには触らないで(^-^) なるべく雑草や厄介そうなものを探すと量的にはたくさん集まりやすいし、「好きなだけ持ってって~!」と感謝される可能性も高くなります  笑

さて、そういうものをどこで見つけるか。これは住んでいる場所によって変わってくるでしょうが、私の住んでいるような緑が多めの場所では、ポイントは何かの縁(^^  緑地の真ん中は整備されていたり、大切に育てられているモノが多いですが、草むしりが追いつかない「端っこ」はツル的に結構狙い目。

例えば道沿いにツツジなどの植え込みがあると、その中からスーッとアタマをだしたツルが、植え込み上部に絡まっているのを見つけて、ついバス待ちの時間がツル採りの時間になることも。そうして見つけたツルはヒメツヅラフジ、スイカズラなど。

公園などの緑地に隣接している電柱回りなども目を凝らす場所^^
e0151091_19073431.jpg
こちらは最寄り駅に隣接したマッサージ屋さんの店舗裏。上の方までヒメツヅラフジが束になって絡まっているのに、昨年から気づいています^^
e0151091_19084235.jpg
場所が場所ですが、いざとなれば店主の方にお話しして採取の許可を頂こうかと。大抵は先方も「好きなだけ採っていって」と言って下さいます。あ、最初に説明する時に不審がられるので、手元に作品をもって出かけると、説明が早いです♪

都市部だと全てが手入れされた環境でツルが伸びる余地はないかもしれませんが、シダレヤナギなどはむしろ野生では見つからないので都市部や公園の方が見つけやすいかも。枝は風などで結構簡単に落ちるので、シダレヤナギの木を見つけたら必ず根元を確認してます。

次回以降、使う部位、準備の仕方など、備忘録的な意味で書いていってみようかと思っています。



by nicecuppatea | 2018-02-27 07:57 | 編み素材集め | Comments(0)

加速度ついて春

ここ数ヶ月、畑にも行っていないし、屋上菜園もほったらかしでした。だんだん地面が柔らかくなってきたし、そろそろ屋上菜園のプランターも綺麗にしていかないと春のスタートに出遅れそうなタイミングになってきたと思い外に出てみたところ…。

もう、出遅れてた^^;
e0151091_18253200.jpg
チャイブの芽がぞっくりと出始めていました。それ以外、冬を越したプランターに残っているのは、イタリアンパセリと葉っぱを伸ばし中のサフランの球根ぐらい。イタリアンパセリにはすでにアブラ虫が~(涙)少し外側の葉っぱや枯れた葉っぱを取り除き、根をがっしりと張り始めた雑草を今のウチに抜きます。もうこうなるとあっというまに春になるぞ。

さあ、今年のベランダはどうしようか。

振り返れば今まで色々試してきて、数々の失敗をしてきました。「トマトガーデン」構想はなぜか途中で枝が失速し枯れてしまい、実がなり続けず、「サフランガーデン」構想は、プランターで球根を大きく育てることができず増えるどころか球根の量が半分になってしまいました…。で、これからはユズやカボスなどの柑橘系で屋上を埋められないかという妄想を膨らませていますが、冬があけてみると、やはり小さい苗は今年の寒気に当てられ、だいぶ黄色くなってしまっていました。スパルタ教育で外で冬越しをさせたからなぁ。

うちの傍のお宅は、同じような気候でも、お庭にあらゆる柑橘系の木が大きく育っていて、レモンもたわわに実って、あたかもイタリアの庭のよう。(電線さえなければね^^)こんなのが夢だなぁ。
e0151091_18264593.jpg
今晩は整理したパセリの外葉を鶏肉バルサミコソースにどっさり使いました。冬野菜の残りのかぼちゃのミルク煮と一緒に。いつもより少し気取ったプレートですが、まぁ、来週への景気づけ、ということで。
e0151091_18255275.jpg
さて明日は月曜日。まだ3月、4月の仕事全般が想像できていなくてちょっと気持ちがザワザワしていますが、あまり大きなところばかり考えて「うわぁ~」とならないで、小さなことに一つ一つ分解して、できることをひとつひとつこなしていこうと思います。



by nicecuppatea | 2018-02-25 18:35 | 屋上菜園 | Comments(0)

この頃

「会社で働くのはあと何年かなあ」なんて考える歳になると、良くも悪くも自分の仕事の中の「未知の領域」は無くなってくるものだと思うのですが、今年、私としては、良くも悪くも、今まで自分がしたことない働き方をしないと出来ない仕事が目の前に控えてるカンジです。
e0151091_08202568.jpg
多分その「未知」が、物理的に「今忙しい」ということ以上に、自分が思っている以上に心の中に幅を効かせているような気がしてきました。どこか気持ちがざわざわしたり、週末もアタマのどこかに仕事のことがあっていつもみたいに趣味に振り切れなかったり、今一歩気分が浮かなかったり。
e0151091_08235770.jpg
気持ちの上では「よしっ、やるぞ」って思っても、さらなる深層心理の「ホントの自分」は案外臆病だったというのが、本当にところか。
e0151091_08243738.jpg
キモチの上で気合い入れてるつもりが実はチャレンジにビビってる…なんて一番自分では認めたくないところですしね〜(^^;; でも最近、ここんとこ今一歩気分的に低空飛行なのは、そこらに原因があると自分で思うようになりました。
e0151091_08282403.jpg
そんな気分でウチに帰ってきて、こういう光景が目に入ると、収縮していた神経や視覚が緩むのを感じます。

今日は、ニャンニャンニャンで猫の日だそうで。でも、ウチは毎日猫の日σ(^_^;)

by nicecuppatea | 2018-02-22 07:54 | 湖(うみ)一家 | Comments(2)

冬の葛ヅルとり

ここのところ、なんだか体と気持ちがパツパツなカンジで、ツルに手を付ける間もなく、ウチに帰ってくるとひたすら寝ていた10日ほど。例年なら2月の社内総会的イベントが終わると、そこでひと段落なのですが、先週、そのイベントが終わったら、そのイベントのために手を付けられなかったことがいくつも締切時間に近くなっていて、ひとつのことの達成感を味わう間もなく、すでに追い立てられ感(- -)

気が付いたら、大雪前後から風邪ひいたりなんだりもして週末のジョギングもせず、ここ数週間外の空気に触れる時間もろくになかった。

…ということで、久しぶりに近くの里山に葛ツル採集に。ここは歩いて3分で林の中だから、その辺は気楽に出かけられます^^

昨年道路の縁の笹やら低木がきれいにされていて、その下に縦横無尽に這っていた葛のツルが見事に露呈していました♪
e0151091_17211957.jpg
この時期、葉っぱが落ちて締まったツルは、やはり扱いやすい。葛は成長が早くて、一本切ると、5メートル以上ありそうな長いツルが多く、あっというまに持ってきたリュックがいっぱいになりました。
e0151091_17202543.jpg
完全武装のハイキングスタイルで徒歩3分で山に入り、10分でツル場に到着。15分でどっさりツルを刈り、再び10分で帰宅。アウトドアイベントは驚くほど手軽に終了。これぞ田舎で暮らすメリット。

葉っぱが落ち切った枝やツルの上でよく見かけるカマキリの卵。今が寒の底だなー。
e0151091_17205283.jpg
さて、明日からなにかと挽回だ。

by nicecuppatea | 2018-02-18 17:27 | 編み素材集め | Comments(0)

寝すぎた週末

結構無理してマーケットに出店した先週末からすでに1週間。その後仕事やウチでなにかと色々あり、次の週末になだれ込みました。風邪はぶり返したというカンジでもないのですが良くなるわけでもなく、明日からのイベントに向けて、「風邪は悪くなっていない」と言い聞かせ、そのようにふるまって(?)なんとか金曜日にゴール。

3日間の長めの週末でしたが「こんなに寝て大丈夫だろうか」と思うほど、毎日ただひたすら寝ておわったカンジ。それでもまだぼーっとしています。もはや寝すぎか。

明日からはイベントにからんで2泊ほど外泊します。毎年書いている気がしますが、仕出し弁当を食べ続ける生活になるので、今年も干し野菜やらスープの素やら仕込んで、できるだけ野菜と暖かいモノがとれるよう荷物にはかなりの量の食品を詰め込んでいく予定。

ここのところ毎晩のんでいた栄養ドリンクの小さな瓶に1日分づつ、バルサミコとオリーブオイルのドレッシングを仕込む。
e0151091_18170066.jpg
ちょっと瓶がズタボロですが。

そうそう、昨年から編みつづけていたオーダーのバスケット10個も遂に完成しました。
e0151091_18161228.jpg
これでようやっとなんだか肩の荷がおりて、別のことをやってもいいかなぁと思い、ずっと押入れにためておいたタカキビの整理を。実が入っていなかった穂や、実を採った残りの穂を束にするとちょっと秋の図。今は冬の終わりだけど。
e0151091_18164139.jpg
細かいことですが、一つ片付くと、気持ちもすこしきれいになった気が^^

明日からはネジを巻き直して出かけてきます。

by nicecuppatea | 2018-02-12 18:27 | 暮らしのアイデア | Comments(0)

結局出店しました!:ジョンソンタウンワンデーマーケット

昨日、あんなに「イベント前に風邪ひいたら困る…」と思っていたけど、やはりマーケットをお休みする気にはなれず、今朝は、結局朝から張り切って準備♪寒空の下、ありったけ着込んでマーケットに参加しました。

先日雪の前にベランダから回収した、ドライフラワー化した唐辛子もきれいだったので、昨日も利用したゆうメールの封筒で包んで、ちっちゃなトウモロコシや、実の入らなかったタカキビのドライフラワーととも束にして陳列。
e0151091_19393772.jpg
きのう、ニヤニヤしながらゆうメールの封筒につめたクルミのカラも陳列。  
e0151091_19424822.jpg
それなりにかごを編んできたつもりだったけれど…ダンナも言う通り「遠目からは小さ過ぎ」
e0151091_19431555.jpg
…ということで、最後のひと編みがおわっていないけど、マーケット販売用ではなく、フラワーアトリエさんからのオーダー用にと編んだ大きなカゴを、目立つようにディスプレイに店頭で置いてみたところ、「これぐらい大きなのがいい」というお客様が。あわてて最後の隙間を編み足して、買って頂きました。当初意図したお嫁入り先とは違ったけれど、きっとこういうのもご縁。早速お手持ちのスカーフを入れて使って下さったのをみて、ニンマリと自己満足。
e0151091_19475653.jpg
やっぱり、来てよかった♪明日風邪がぶり返したら、もうあとは気合いで直す。

by nicecuppatea | 2018-02-04 19:52 | Willow Cottage | Comments(4)

明日のジョンソンタウンワンデーマーケットは…

先日予定していた狭山市楽市楽座が雪で中止だったので明日のジョンソンタウンワンデーマーケットこそ…!と思ってはいるのですが、なにしろかなり風邪気味(^^;

普段ならそれでも迷うことなく出店!と思うのですが、もうすぐに迫っているカイシャの大きめのイベントで通訳する予定があり、趣味で寒空の下にとどまり風邪をこじらせて声が出なったりしたら、シャレになりません。(実際、数年前にそれっぽいことをやっちまった。)「プロ」なら、そんなことは絶対にしないはず(-_-) 行きたい、でもちょっとビビっているのも確か。

今夜の天気予報と自分の様子で最終決定をしようと思います。

オーダーを頂いた大きなカゴを編む傍らマーケット用の小さ目のかごなども準備していたんだけど…。
e0151091_15383428.jpg
それじゃあ足りなそうだから、何かないか…と、昨年シーズン最後に拾ったクルミの最終処理をしながら考える。このクルミは屋上に放置した時間が長くて、中が黒くなっているモノが多かったから、マーケットに持って行かず自家使用することにしました。
e0151091_15350962.jpg
一晩水につけた後、簡易土釜で10分ほど炒って、口が緩んできたところに包丁を差し込んで、割る。
e0151091_15352871.jpg
地道な作業の繰り返しですが、刃物を木質のモノに差し込んでパキーッと割る作業が、ちょっと木こりっぽくて、おもしろい。しばらく分の自分のサラダ用クルミが完成♪
e0151091_15361012.jpg
ぱっかり綺麗にわれたクルミのカラって、木質で、形もハートっぽくって、私にはとても「ゴミ」とは思えない。
e0151091_15391607.jpg
…ということで、最近なにかに使えるかと取っておいた「ゆうメール」の透明の封筒を使うことを思いつく。
e0151091_15402323.jpg
印字部分を切り落として、これにクルミのカラを詰めて、一つの商品としてみようかと^^
e0151091_15374044.jpg
室内の鉢植えとかのグラウンドカバーに、どうでしょう?

ひと袋100円で。ま、正直フツーの人ならすべて捨てるものですから、値段つけるのもおこがましいですが(笑)

でも、まだ参加するかはビミョ~だな~…



by nicecuppatea | 2018-02-03 15:43 | Willow Cottage | Comments(2)