人気ブログランキング |

カテゴリ:Willow Cottage( 224 )

かごの取っ手の修理

手編みのかごの販売を始めて以来、「壊れたり不具合が出たら、持ってきてください。無料で直します。」と言っています。

と言っても、そんなに持ってきてくれるヒトはいないもの^_^ そもそも大きなかごではマーケットまで持参するのも、後日取りに来るのも面倒でしょう。

まあ、安いし。壊れたらそれまでって思っても不思議ではない。

だからこそ「すみません、壊れちゃったんですけど直してもらえますか?」と持ってきてもらえるのは、大切に使ってくれている証でもあるので、とてもありがたいし、嬉しいことなのです。

で、大抵は、はて、言ってはみたもののどうやって「修理しようか?」と頭を捻ることが多いのです(^^;

私の作るかごの構造上、一番起こりやすい「壊れ」は、取っ手の付け根が折れる、というもの。よほどかご部分に比べて取っ手を頑丈に作るべきなのでしょうが、その辺は使い続けて見ないと未知数のこともあって。

とにかくとこういう壊れ方は、作り手の責任なのです。

で、先日のマーケットでいただいた修理依頼も、そのようなケースでした。
e0151091_18535397.jpeg
あーそうか。綺麗だからと皮をむいたスイカズラを取っ手にしたのだけど、皮が付いていない分、つるがポキっと折れちゃったのね。もっと強くすべきだった。

早速取っ手強化用に近所から太いスイカズラのツルを調達。これで同じ素材は揃った。

悩んだのは、フレームの根元は、かごを編むときに一番最初に形作るところで、かごの大モトであり、そこまで解くには、かご全部を解かなきゃいけない…ということ。

しかしそれでは修理ではなくほぼ「編み直し」になってしまい、元々のバスケットと同じものにはならないでしょう。ほとんどの素材は「解く」という作業で傷んでしまい、改めて使うのには厳しい…そうなるとかご全体の色も素材も変化してしまい、「この風合いが良くて買った」と言ってくださる方には、落胆になってしまうかもしれません。

ということで、考えた末「ゴッズアイ」というフレームを止めている部分の周りだけを2日間、よくよく水につけて柔らかくしたのち、注意深く解いてみることにしました。
e0151091_18544402.jpeg
そして折れた取っ手の奥の方から長めにスイカズラの新しい取っ手用の太いツルを2本追加。その上を太めのアケビのつるを使って固めのゴッズアイで締めあげる。
e0151091_13190316.jpeg
e0151091_18555004.jpeg
編みたての時の強度と比べると若干構造上は劣るかもしれませんが、そこは追加したツルの太さと数、そして取っ手の他のところの強度を増すことでカバーできるよう試みました。ちょっとわかりづらい写真ですが…
e0151091_18591722.jpeg
とりあえず形になってホッとしました。(自分で『修理します!』って言ったくせに) この間のマーケットでお預かりして以来ずっと気になっていたのでした。

さて、お客様が気に入ってくれるかしら…。  

by nicecuppatea | 2019-04-17 18:27 | Willow Cottage | Comments(0)

つつがない1日

青空マーケット系のイベントに定期的に参加していると、「マーケット日和」とも言える、暑くもなく、寒くもなく、ただひたすら心地よい気候の日というのは、そうそうないものなのですが、今日はまさに、そんな日でした。

再びたくさんの菜花を持って。
e0151091_18082036.jpeg
かごもそれなりに。
e0151091_18084959.jpeg
ウリであったはずのむきくるみ用のくるみ割り機を忘れましたが、相変わらず何屋かわからない店先にしてスタート。
e0151091_18091396.jpeg
e0151091_18093530.jpeg
それでもこんなゆるゆるとした春の1日は、座っているだけでも娯楽気分。

権蔵を訪ねてくれた方々もいらっしゃったのだけど…
e0151091_18100590.jpeg
権蔵はおうちで元気にのんびりしております〜

by nicecuppatea | 2019-04-07 17:42 | Willow Cottage | Comments(0)

明日のジョンソンタウンのワンデーマーケットに出店します

半分くらいオフィスをあけていた先週はあっという間に終わり、明日はホームグランドの入間市ジョンソンタウン、ワンデーマーケットに出店予定です。

それなりには、編みためた。
e0151091_19455459.jpeg
そろそろ暖かくなってきたのだけど、ここのところ過去2回、マーケットに参加した直後、権蔵が体調を崩しまして。

1度目は先月のジョンソンマーケット。翌日突然震えだし、脚が立たなくなって食べなくなった。心配したのだけど、階下の主治医の先生は「風邪じゃないかしら」疑心暗鬼(?)でしたが1日で回復。やはり冷えと風邪だったか。

そして先日の狭山市楽市楽座の翌日。また脚がへなへなになり、ご飯を食べなくなった上、今度はお漏らしして、嘔吐や下痢が。

「ダメか…?」と一時は思ったのですが先生は「膀胱炎では。この薬が効かなかったら、詳しい検査しましょう」

果たして翌日…復活。やはり膀胱炎だったのか?免疫が落ちているというか…これが年老いていく、ということなのかもしれません。

確証はないけれど、いずれもマーケットに連れて行った直後だったので、やはり冷えや疲れが影響したと考えるのが自然ではと。下半身に弱りはずっと見られていたものだし。疲れると弱いところが顕著に影響受けるのかも知れません。

ということで、6年ほど続けてきた「営業部長」の仕事はそろそろ退職かな、と。

出来るだけ外的環境を穏やかに保ち、ゆっくりのんびり、日々を楽しんでほしいものだと思います。
e0151091_19464444.jpeg
でも、「桜が綺麗に咲いたよ」って言っても、そーいうものを楽しむ気配はないんだよな。綺麗なんだけどな。
e0151091_19471827.jpeg

by nicecuppatea | 2019-04-06 19:18 | Willow Cottage | Comments(2)

寒空の下でのマーケット

4ヶ月ぶりの狭山市の楽市楽座に出店した週末の土曜日。天気予報では、気温が前日より15度低く「曇り時々雨」。そういう時、どれぐらいのものを準備して持って行こうかなぁと、食べ物屋さんの仕込みほどではないにしても、一応、悩むものです。

そんな天気予報だと、野外マーケットはイマイチ、気合いが入らない(^^;

で、出店前にちょっとだけ畑に寄ると、埼玉のこの辺では盛んに作っている「のらぼう菜」がちょうどたくさんの芽を伸ばしていて、まさに摘み頃、食べ頃。

花芽なんて取っておけるものじゃなし、お客さんが少なくてもいいからたーくさん採っていって山盛りをうんと安く売ろう!…と、途端にトップギアに入りました。

今年の冬は到来がいつもより遅くて、白菜が豊作でした。通常なら、寒くなるまでに十分な大きさに成長してなくて丸くもならず、小さいまま春を迎える株もあるんだけど、今年は全てが巨大な株になり、食べきれなかった株は、畑で冬越し。今の時期、巻いていた葉がほぐれて、沢山の花芽をつけ出します。
e0151091_08413320.jpeg
これが、本当に美味なのです。市場に出回るものではないけれど、柔らかくてクセがなく、お浸しにして醤油マヨネーズとかで和えると、いくらでも食べられます。

…ということで、のらぼう菜に加えて白菜の菜花も全て収穫!

カゴにどっさり摘んでマーケットに持参して、寒空の下で店開き。
e0151091_08453640.jpeg
e0151091_08492586.jpeg
「あら、これは菜の花?白菜の花ね!美味しいのよね〜、売ってないけど。これ、いただくわ」、と予想に反して白菜の菜花が先に売れていきます。やはり菜園をやっている人が多い郊外のマーケットだから^ - ^ 皆さんよくご存知♪

忘れちゃいけない、クルミも引き続き販売中。自分で作った「ふるい」は想定外なレベルで使いづらいけど。まあいいか。
e0151091_08484414.jpeg

クルミにしても菜花にしても、私がマーケットに持って行くものには、自分がお金と労力をかけて仕入れて、綺麗にしてそれなりの値段つけて売る…ものがない(^^;

成り行きで、原資をかけずに手に入ったものを、出来るだけお金をかけないで売り物にして、欲しい人に安く買ってもらう…

そうして、もしかしたら活かされなかったかもしれないものが巡っていくのを見るのが、なぜか大好きで、それができた日は、いつものことながら「幸せだなー」と思いつつ帰途に着くのです。寒くて最初は気乗りしなかったこの日もしかり。

しかも当日は誕生日ってことでお客様からお花まで頂いてしまい…m(._.)m
e0151091_08514077.jpeg
結局、マーケットに出て、幸せを感じなかった日は、ないなあ。


by nicecuppatea | 2019-03-24 01:30 | Willow Cottage | Comments(2)

狭山市楽市楽座に出店予定です。

明日、3月23日はお久しぶりの狭山市楽市楽座に出店させて頂く予定です。

奇数月の第3土曜日ですが、1月は毎年寒過ぎたり、雪になったりするので今年からお休みになったのです。ということで昨年の11月以来。なぜか明日は冬に逆戻りのような気温のようですが…カゴだけでなく、まだまだあるあるクルミの山を持っていきたいと思います。

昨日は無事に(?)イタリア料理屋「ナチュール」さんで、バースデーディナーを終了。何回でも同じことを書きたい。ヒトは美味しいもをヒトと一緒に美味しいね、と言って食べる時、絶対怒れない。
e0151091_18440423.jpeg
e0151091_18442425.jpeg
e0151091_18444813.jpeg
e0151091_18450488.jpeg
最近、土曜日の朝はついついドロドロと寝てしまい、早朝の外の空気を吸うことが出来ないでいたのですが、今週は昨日(木)が祝日で、その上美味しい食事のエネルギーをもらったから、明日は早起きしてマーケットに出かけられそう。

月曜に会社でやるべきことは全てリストに残した。帰宅途中の電車の中ぐらいだと、まだ頭の中は半分仕事モードだけど、ウチに着く頃にはアタマの中に残っているカイシャの諸々は一掃して、全部カゴのことに入れ替えます。

そしてお家でもう一度、バースデー前夜祭♪ 
e0151091_20272428.jpeg
今日はイチローが話題だったから…ということではなく。年齢なんて秘密でもなんでもないことですよ。


by nicecuppatea | 2019-03-22 18:36 | Willow Cottage | Comments(0)

2月のジョンソンタウンワンデーマーケットに出店しました。

ここのところちょっとバタバタ感が強く、腰を据えてマーケット準備が出来ませんでしたが、3月並みの暖かさ…と言う情報に若干気持ちも上がり気味となり、早朝からいそいそと準備して、入間市ジョンソンタウンの2月のワンデーマーケットに出店しました。
e0151091_08383915.jpeg
正直、ここしばらくは「マーケット準備」というより、ウチの中のカオスをなんとかしなければ…という気持ちが強く、収穫してきた野菜を食べたり売ったりするのも、拾ってきたツルで編んだ小カゴを売るのも、私のアタマの中ではほぼ同種の活動になりつつあります。

今週、秋に拾いためたクルミをようやく全部きれいにしました。
e0151091_08364923.jpeg
e0151091_08371215.jpeg
残るは、かぼちゃの種とタカキビだな。
e0151091_08373668.jpeg
こんなことをしているからウチが一向に片付かないのはわかっているのですが。これらは来週の私のお弁当用の玄米と一緒に炊きます。

1日外にいるとそれなりに消耗はするのですが、何よりアタマの中をすっきりリフレッシュ出来る気がして、週末、「疲れたからウチで寝てるわ」という感じにはならないワタシ。

むしろ私に看板犬を任された権蔵のセリフだったかも。
e0151091_08525715.jpeg
権蔵、お疲れ様♪




by nicecuppatea | 2019-02-04 08:16 | Willow Cottage | Comments(0)

花屋さん用のバスケットのお届け完了。

今日は一年越しで準備したバスケット10個の、花屋さんへのお届けでした。

編み上げてから一年近く置いたバスケットたち。痩せたツルでぐらついたところには新しいツルを足し、よくよく眺めて継ぎ目が粗いところや繊維が割れたようなところを改めて綺麗に切り落とし、嫁入り直前のエステも完了。

いつも部屋にあったのに玄関に積んだら、改めて必ず様子をみにくるワンニャンズ。
e0151091_19335890.jpeg
e0151091_19331241.jpeg
ジョンソンタウンでリース作りのワークショップをやっているフラワーアトリエLa Chaumiereさんに夕方納品。

もう、絶対素敵に使ってもらえる予感♪
e0151091_19344118.jpeg
あまり店内の雰囲気が良くてバスケットが綺麗に際立つため、そこでリース作りをやっていたお客様が、「他に有れば買いたい〜」と言ってくださり、クルマに積んであった大小3つのバスケットも、そこのお客様にその場でお嫁入り。雰囲気ってすごい(^^;

ほかのお客様から新しいオーダーも頂き、帰りにはクリスマスのシンボル、ヤドリギをお土産にもらい、木枯らしの吹く夕方、、いつものことながら調子に乗って、帰り道は回転寿司に入りプチ祝杯。

いよいよこれからはツル採りの本格的シーズン。
e0151091_19371219.jpeg
さぁ、採って編むぞ〜♪

by nicecuppatea | 2018-12-09 19:04 | Willow Cottage | Comments(0)

花屋さん用のバスケットのお届けに向けて。

 去年の今頃のブログで「大きなバスケット10個をフラワーアトリエのLa Chaumiereさんに納品!」「あともう10個は年明けに」と騒ぎつつ、年末年始の休みをあたかも「かご編み休暇」のように使ってせっせと大きめのかごを作っていたことを書いたように記憶しています。

納品したバスケットたちは、編み手の感覚のはるか上を行くセンスの良い空間で活躍中。
e0151091_08124312.jpeg
そして今年2月下旬に残りのオーダー分、10個のバスケットが完成〜
e0151091_10452766.jpeg
八ヶ岳の麓に住んでいるその方が上京するタイミングでお渡し…と思っていたらなかなかお互いの予定が合わず、そうこうしているうちに、1年後のクリスマスになってしまったというわけで(^^;; 今週末に埼玉でワークショップを開催に来られるのに合わせて、1年越しの納品が実現することになりました

10個のカゴは日に焼けないように、猫に遊ばれないように…と、とっておいたのですが、さすがに1年間置いておくと、つるが緩くなったところ、何かに当たったりして皮がむけたところなど、編み上げた時には気にならなかった場所が色々と気になりだして…
e0151091_08151406.jpeg
この夏の酷暑で乾燥しすぎたか。これは巻き直しだ。

お届け先のLa Chaumiere さんは、作り主の想像を全く超えたレベル感でワタシの編んだカゴの自然を生き生きとディスプレイしてくださるアトリエさん。毎回ディスプレイを見せて頂く度に「あんたたち、こんなに綺麗になって…」とカゴに言いたくなる。
e0151091_08131860.jpeg
週末に嫁入りするバスケットも、今まで同様、とても大事に使って下さることでしょう。お嫁入り前のこの一週間、エステに通う結婚式前の花嫁のごとく、かごの細部の磨き上げをしよう。


第三回プラチナブロガーコンテストを開催!
ハンドメイド部門に応募します

by nicecuppatea | 2018-12-05 12:29 | Willow Cottage | Comments(0)

今年最後のジョンソンタウンワンデーマーケットに出店しました。

毎月毎月同じように出店しているのに、「今年最後」とか思って、そこはかとなく気分が挙がっていそいそとマーケットの準備をしてきた一週間。

かごを編む時間がなかったから、野山や畑の収穫物をいっぱい陳列しよう!と、日曜日の朝は畑に寄って聖護院大根や人参も掘り起こし、柿やくるみも全部持ってジョンソンタウンワンデーマーケットに出店。

柿もちょっと綺麗に、くるみと同じようにパック詰めしてみた。
e0151091_08313238.jpeg
冬瓜、聖護院大根、人参と畑でのレギュラーメンバーが店頭に顔を揃える。と…
e0151091_08320498.jpeg
あれ、むきくるみがない…(°_°)
e0151091_08323654.jpeg
一週間かけてむいたくるみを全て冷蔵庫に置いてきた…(T-T) これ、ワタシのよくあるパターンなんだ、あれもこれもと準備して、手を広げすぎて肝心なものを忘れるという…。

しかも当日は地元所沢のシティマラソンの日で、コース上に位置するウチの前は午前中いっぱい車両通行止め。取りに帰ることも出来ず。

終日立ち直れないショックですが、とにかく持ってきたものを並べねば。

今となっては、「やっぱり大きめのかごが一つもないのは寂しいし」と、昨日手持ちのつる枝で編んだカゴが店先の大事な大物に。

取っ手やフレームの一部に使っているのは、朝ラン帰りにたまに通る道沿いの、ゴミ集積所の周りに茂っていたヤマブドウのツル。
e0151091_18540969.jpeg
秋口、たわわに実がついてるのを発見。
e0151091_09033117.jpeg
熟したら採ろうと思っていたのに、あえなく草刈り作業の餌食に(T-T) 一本だけ、伐採されてそのままそこに落ちていたつるを拾ってきたのです。

細いフレームは急遽、バス停そばで「それ用」に拾ってきた山椿のまっすぐな枝を使いました。
e0151091_08591887.jpeg
オレンジに見えるのは、台風の時に採集した杉の木の皮で、あとはだいたいアケビの細いつるで編みました。あまり考えなくとも、自然のもの同士だと違う色を混ぜてもそれほど不釣り合いならないのが、ありがたい点。

こちらも早速お嫁入り。そして持ってきた野菜たちも。

これで今年のマーケットでの販売は全て終了しました。大きなショックはありましたが、まあ、これがワタシの身の丈、ってことでしょう。

さて来週末は、かねてから計画してたフラワーアトリエ、La Chaumiereさんにカゴ10個のお届けをついに実施!一年がかりの実現^_^「かごごよみ」的にはクライマックスを迎え、今年1年のイベントが終了します。

どんどん早くなる日々のスピード。人一倍浮き足立つのが得意なワタシ、できるだけ平常心を保って年末を迎えたいものです。



by nicecuppatea | 2018-12-03 08:17 | Willow Cottage | Comments(4)

今年最後のマーケット出店準備

先週末は土日連続のマーケット出店でしたが、それに引き続きこの日曜日が、今年最後のマーケット出店の予定で、木曜日に背負って帰ってきた柿も、店先に陳列予定。
e0151091_18482288.jpeg
渋柿の甲州百匁柿はみっしりと重く、サイズも権蔵の顔に近い。
e0151091_13284956.jpeg
こちらは販売しても持て余すと思われるので、自宅の軒先でのささやかな干し柿作りに回す。
e0151091_08031168.jpeg
先週かごは全て売れてしまったので、明日、何売ろう…と考えながら週末の朝ランへ。

初冬になっても、まだ野山には色んな色が残っている。
e0151091_18500617.jpeg
道端には宝石みたいなノササゲの実の弾けた跡が。紫のさやに鮮やかな青色の豆が入っていて、見つけると食べれないのわかっていてもついつい集めたくなるような。
e0151091_18524977.jpeg
ヒマラヤ杉の下には「杉ぼっくり」の弾けた後の上部分、「シダーローズ」も落ちていた。
e0151091_18520080.jpeg
「実」の名残があちこちに見られて、まだ秋が残っている感じ。これらを集めて、くるみもむいて、今回は収穫品で賑やかな店頭にしようと土曜日は終日、ひたすらくるみをむく。
e0151091_18532876.jpeg
あとは日曜朝の畑で野菜を収穫して持ち込む予定で。その様子はまた後日〜   

by nicecuppatea | 2018-12-02 18:46 | Willow Cottage | Comments(0)