手仕事の続き

実は昨日の「かぼちゃのほうとう」の材料の写真にその材料ではない黄色いものが含まれてました。

これはこないだ書いた「かりん」。年末結構押し迫るまで国内出張もあるし、年が明けたら2月の社員総会まで、インフル全盛の時期に繁忙期を迎えるのが毎年のスケジュール。

仕事道具である喉を守るべくカリンシロップとカリンジャムを。

硬い果実を割り…
e0151091_19485873.jpeg
e0151091_19495817.jpeg
皮と種を取り除きます。
e0151091_19502826.jpeg
種や皮だけまとめて先にグツグツにてペクチンを抽出。あまり美味しそうに見えませんが…
e0151091_19505577.jpeg
この後、ペクチンを抽出した液体に薄切りにした果肉を投入して再びグラグラ煮ます。あとは煮汁と残りの果肉を分けて、大量に砂糖を投入してひたすら煮詰める…

驚くことに黄色いカリンから出た汁が茜色に^_^
e0151091_19512441.jpeg
果肉の残ったやつには冷凍グーズベリーを加えてトロッとさせてジャムに。

カリンは果肉が固くて粉っぽい。でも独特の香りと酸味があってクリームチーズとかと合わせてクラッカーに乗せると美味。喉にいいんなら、何でも。

まだまだ、ふゆの保存食作り、続きます。

by nicecuppatea | 2018-12-24 17:35 | おいしい実 | Comments(0)
<< ハッピー?バースデー 生活の「穴」をふさぐ作業 >>