飲んだり編んだり…

師走、カイシャではクリスマスだ、忘年会だと、何かと仕事以外のイベントが続きがち。

あまり周りに忖度せず、「付き合いの飲み会」などは平気で断るワタシですが、年末で退職するお世話になった人の送別会などあれば、これは連チャンでも出席せねば。

一方、クリスマス前、まだクリスマスオーナメントの作成や納品の予定なども入ってきていて、さて、編み上げるのが間に合うか…と言う感じになってきました。

仕方ない。今日は飲み会帰りは、禁断の「特急帰り」にしよう。

久しく開けてない英語のハードカバーの本を持って。
e0151091_20492355.jpeg
読むのではなく「押し花」ならぬ「押しトナカイ」のため(^^)

特急の中、ほろ酔い気分で、イチョウの木の皮のトナカイを編む。木肌がコルクのようで、思わぬ風合い。
e0151091_20495829.jpeg
飲んで、編んで…この組み合わせも、とても「師走」。

by nicecuppatea | 2018-12-13 20:37 | 会社のこと、通訳のこと | Comments(2)
Commented by tmkbm at 2018-12-14 21:30
イチョウの木の皮!!
ちょっと、予想外の響きです。
皮革の風合いがありますね。

Commented by nicecuppatea at 2018-12-15 04:53
tmkbmさん、そうなんですよ〜、実はこのイチョウの樹皮はもう5年以上前のものなんです。昔ジョンソンタウンに住んでいた時、タウン専属の庭師さんに頼んで街路樹剪定後の枝をたくさん分けてもらっていたんです。その中にイチョウがあって。採集してすぐはほぼ真っ白だったんです。ウチの「素材部屋」に長く放置してたら日に焼けたみたいでだいぶ茶色くなっちゃいました(^^;;
<< お世話になった人へ 人参まるごと使い倒し >>