台風の恩恵をじわじわ楽しむ

台風で折れたスギ(ラクウショウ)からたくさん集めた木の皮。
e0151091_17340327.jpeg
なかなか自分の意思だけで集められるものではないので、これだけ集められると、部屋の隅に置いてあるのを見るだけでニンマリしてしまう^_^

短くて、細いものは持ち運び便利で通勤中のかご編みに最適。ちょっと何言っているかわからないかもしれませんが。
e0151091_17343264.jpeg
硬くなった皮を再度水につけて柔らかくし、ちぎれたところや形の不揃いのところを取り除きながら細めの短冊に切ります。
e0151091_17350051.jpeg
色や素材の違う手持ちの材料を組み合わせながら、どんな形、サイズなら編みやすいか、どんな形ならうまく編めるか試してみるのが楽しみの一部。

コシのない木の皮は、縦芯の間隔を狭めにして編むのがコツかなと思います。

通勤電車の中、ひとりどっぷりと創作の世界に入り込み…
e0151091_17314641.jpeg
…出来上がったバランス悪めのかご。
e0151091_17294083.jpeg
まあ、そんな試行錯誤も、拾った木の皮を楽しむプロセスの一部。いつか自分でも「あっ!」と驚くような斬新な使い方を編み出したいものです、木の皮の…^^

大量に拾ったヒマラヤ杉の花果も、だんだん開いてきた。これがローズと言われる所以か。
e0151091_17370337.jpeg
まだまだ、じわじわ台風後の拾い物を楽しんでいます。

by nicecuppatea | 2018-10-24 18:36 | バスケット編み | Comments(0)
<< バゲット用バスケットのお嫁入り 古代パン >>