続・台風後に集めたもの

台風後の拾い物の話が長いこと続いてしまっています。

台風が去って数週間、「もうさすがにそんなものは残ってないでしょう」と思うところですが…

今私が集めているのは、まだ森や林道の脇に放置されている折れたスギ類の木の「皮」^ ^

木の皮は、木が成長中で水分を多く含んでいる晩春から初秋の時期でないときれいに剥くことができません。そして、大抵はそこらで集められるツルと違って、自分で大きな木を切ったり、何らかの理由で折れたりしたのを見つけた直後しか手に入れる機会はありません。

台風で折れた木は、まさに自然がくれた「めぐみ」。

見つけた倒木は週末ジョギング道の途中。
e0151091_17403717.jpeg
ここでおもむろに小さいナイフを取り出し、表面の樹皮をそぎ取り、木の端っこの、幹と樹皮のあいだにに丁寧にナイフを差し込み皮を持ち上げます。
e0151091_17410957.jpeg
隙間ができたら指を入れてぐぐーっと持ち上げ、あとは剥けるところまで引っ張ってむきます。
e0151091_17465198.jpeg
太い木であれば、幅数センチごとに短冊みたいにむいていくと、ぐるっと幹一周分の皮を回収できます。

まあ、イヌの散歩をしているヒトから見たら、怪しい作業では、ある(^^;

林にはまだまだ折れた木があるので、乾燥してむけなくなるその日まで、ジョギングのたびに皮をむき続けることでしょう。

前回、皮を採集したのは、たまたま近所の公園で春にスギの一種「ラクウショウ」の枝を切ったのを見つけた3年前。管理事務所の人に事情を話して持ち帰らせてもらったのが最後でした。以来、その時の皮を大切に、薄い厚さに裂きながら使っていました。

これからも、次にいつ手に入るかはわからないから、これはまさに宝物。
e0151091_17473070.jpeg
作ったかごはまた後日♪

by nicecuppatea | 2018-10-17 08:08 | Comments(0)
<< 朝ランにて 引き続き、季節の恩恵を、残さず享受 >>