お盆を過ぎれば

ここのところ更新が滞りがちでしたが、その主な理由はもちろん、物理的に、起きて、ウチにいる時間はすべてベリーの処理に追われていたから(^^

それにしても。

先々週は、あてにしていたマーケットが台風で中止になり、抱えた在庫に呆然としていると、友人がご近所(?)の意見を取りまとめてくれて10キロ以上を買ってくれた上に、「冷凍庫いる?」とウチのより仕様のいい冷蔵庫を譲ってくれた。

先週は、猛暑にたたられて、やはりあてにしていたマーケットで半分しか売れなかった上に、お盆中に予測していた納品がないと突然わかったら、やはりFBでの呼びかけを聞いた後輩が自分のネットワークに声掛けをしてくれて、あっという間に20キロ以上のオーダーを頂いて配送をすることに。

ベリーに関して、今年ほど「助けられた」と実感した年はありません。「どうしよう…」って思うと必ず助けられた、今年の夏。ヒトとのつながりも熱く、濃かった。

と、いうことで、昨日、本日とウチは宅配業者のような気配。段ボール、梱包材を広げ、キロ数に応じて、どう梱包するかを考え、あとはひたすらベリーを選別し、計量し、荷造りして、断熱材とともに梱包。
e0151091_16215125.jpeg
e0151091_16193171.jpeg
e0151091_19013306.jpg

今のベリーはどれももうほぼ完熟。実が水分・糖分をいっぱい含んで大きくなっています。当然、柔らかくなりやすいし、昨今の雨で破裂しているものも増えました。そういうベリーは指先の感覚でひとつづつ荷造りの時にはじいていきます。

慣れないことをやっている、というのもあるのですが必然的に時間がかかる荷造りとなり、夜、朦朧としながらはじいたベリーを机の上のお皿に溜めていくと、それをどこからか猫が飛んできて床にふっとばし、それを片づけながら自分の足でも踏んづけ、じゅうたんが紫に染まる…

という、状態となっております。

でも、あんなに「どうなるんだろう」と心配した押し寄せる青い粒も、昨日10キロ、今日11キロをお嫁入りさせて頂いたら、あとは「あれ、もうないの?」というぐらい少なくなりました。

今年のシーズンもそろそろ終わり。季節が変わるんだなー。

気が付けば、

朝の空気が一段、冷えた。
夜のセミはもうなかない。
スイカの若葉の勢いがなくなった。
タカキビの穂が実り、重さで頭を下げ始めた。
今年初めてのクルミを拾った。

表面上では、まだミンミンゼミが元気に鳴いているけれど、内側では着々と秋が進行中なんだろうな。
そんな気配に気づくのが、いつもだいたいお盆のころ。

週末には掃除をしよう♪

by nicecuppatea | 2018-08-17 07:50 | おいしい実 | Comments(0)
<< 収穫の次は収拾 押し寄せる夏の果実 >>