押し寄せる夏の果実

再び間が空きました。平日は毎日、朝起きて、ベリーをパックして、会社行って、帰ってきて、ご飯食べてそのまま布団になだれ込む日々が続いています。

先週末は、待ちに待ったジョンソンタウンのワンデーマーケットでした。前週初めの天気予報だと少し気温が下がって、31,2度、ということでした。

ふたを開けてみたら37度。この気温で野外マーケットなどに出店しても、お客様とて外出しているはずもなく(涙)

今年のマーケットは、台風か、猛暑。異常気象と言われていますが、これからはこれが普通の時代になることを考えていないといけないのかもしれません。

暑い中来て頂いたお客様には感謝を込めて、わしづかみで食べ放題の試食を提供。

e0151091_18125132.jpeg


試食用ののベリーは置いてあるだけであったかくなってくるので、まるで鮮魚売り場の対面販売のように、氷をかけて鮮度を演出。
e0151091_18113971.jpeg
40キロ近く持って行ったベリーは、20キロ程度を販売。まあ、最低限の責任は果たしたといっていい(何の?)

先週、友人から譲り受けた冷凍庫の隙間を最大限使い、知人へベリーSOSのメッセージを送り買ってもらったりして、なんとか廃棄したりせずに収穫のスピードに食らいついているところ。

でも、採れるのはなにもベリーばかりではない。1週間ぶりに恐る恐るチェックした畑では夏野菜が爆発していた。
e0151091_18095686.jpeg
先日の台風、ここのところ続いている夕立の影響で、トマトは破裂したものがおおいのですが、せっかく熟したものなので、毎年のことながら全て回収。皮を剥いてトマトソースにすれば、破裂したトマトも使いきれます。

破裂していないトマトはもう山ほどドライトマトにしてオリーブオイルにつけたし。
e0151091_18134031.jpeg
お昼は畑の雑草の間で巨大化したニラどっさりを鶏ひき肉とお友達のシーズニングラボさんの「ケイジャンシーズニング」で炒めて、茹でたモロヘイヤを叩いたものと目玉焼きでぶっかけごはん。
e0151091_18282526.jpg
手間をかけることさえ惜しまなければ、体の中にエネルギーを取り込ませてくれるような夏の恵みは、ほったらかしのウチの畑にも、すごいスピードで溢れてきています。

要はそのエネルギーとスピードに負けないで、それらを使い続けて、体に取り込めるか、だな。

by nicecuppatea | 2018-08-11 18:08 | 野菜&実の加工 | Comments(2)
Commented by とら母 at 2018-08-11 19:30 x
猛暑の中、おつかれさまでした。
ブルーベリー、スーパーだと手のひらに乗りそうな量で300円くらいしますよね。400円だったかな。それを考えるとこの試食はかなりお得でしたね。
ところでブルーベリーは目にいいとよく聞きます。毎日たくさん食べていらっしゃると思うのですが、効果、感じられますか?

私の実家の畑でとれたトウモロコシ、皮を利用する方法を調べていたらやっぱりこちらのブログがヒットしました。(笑)
参考にさせていただきます。
思い付きで「ひげ」でロープを作ったのですが、どうしようかなぁ。
Commented by nicecuppatea at 2018-08-12 05:51
とら母さん、やはりトウモロコシの皮を使って編むなんて考えの人々は限られたサークル内にしか生息していない、ってことなんでしょうかね(笑)

ブルーベリーはですね、正直申し上げて、私自身は全く目に効く…というカンジはしておりません^^;

ただ、お客様の中には「本当に目が良くなった」とおっしゃり、数年にわたり毎月たくさん買って下さる方もいらっしゃいます。私としては、効能はともかく、旬の果物を美味しく召し上がって頂ければそれで♪
<< お盆を過ぎれば 明日のジョンソンタウン、ワンデ... >>