暑くても保存食作り

先週末のジョンソンタウン、ワンデーマーケット出店の前に、少しでもベリーを刈ろうと畑に寄ったのですが、ここのところの暑さと短い梅雨で、もうカラカラ…

しばらくの間、「いつ回収しようか」と思っていたキャベツは、いよいよ高温障害で周りから黒っぽくなってきた。気温35度の埼玉内陸部で、あと一週間このまま置いといたらドロドロに溶けてちゃうかも…

ということで、全て回収。もうそんなに大きなのは残っていないので、プロ農家なら間違いなく収穫せずに放置するでしょうが…そこは初めて丸まったキャベツの嬉しさよ、丸いのは小さいのも含めて全て持ち帰りました。

ヒトサマに譲れるような状態じゃないし。
e0151091_19403434.jpg
最近便利なレシピ検索サイトでザワークラウトの作り方発見。会社に行く前に、大量に千切りにし、仕込む^ ^
e0151091_19442364.jpeg
そろそろ早生種のブルーベリーは過熟だったり大きくなりきらなかった超小粒のものが増えてきて、パックづめの時にはじくものが増えました。捨てられない私は、木に少しついてた同じく過熟のグーズベリーと自家用ミックスベリージャムを仕込む。
e0151091_19485937.jpg
今年自家製ジャムのビン詰めを使い始めたのは5月始め。最初はイチゴジャムを入れました。その後、イチゴと未熟なグーズベリー、ラズベリーとレッドカラント、ブラックベリーとウチにあったリンゴ…と、組み合わせを変えながら、ビンの上が空いて来るとビンごとまずレンジでチンして中身とビンを一緒に殺菌消毒し、作り足したミックスベリージャムを上に継ぎ足すという^^; ウナギのタレ方式…

ま、横着ですが、ベリーごとに別のビンになんてしたら、棚も冷蔵庫もすぐいっぱいになっちゃうし、まあ、どれも同じようなもんだから105.png

暑い中で台所でコンロを使うともっと暑い。猫も夏仕様の伸び方になってきた(^.^)
e0151091_19453514.jpeg

by nicecuppatea | 2018-07-03 17:30 | Comments(0)
<< エビ蔵を探せ 7月のジョンソンタウン・ワンデ... >>