森のマーケット

例年になく早生種のブルーベリーがわっさわっさと実る今年。通常なら一旦収穫が下火になりかける頃ですがその気配がないので、イレギュラーなタイミングで日高の「清流マーケット」さんへ出店させていただきました。

前にも一度書きましたが、ここは「こんなところに人来る?」と心配になるような、小さな集落を抜けた先の、さらにうねうねの山道を行った、森の果樹園、と言うか果樹の森の中にあります。子供さんの「もりのようちえん」でもある果樹の下には手作りのブランコ、テントなど、想像力や空想を大きく広げられそうな場所がたくさん。あたりにはニワトリ一家も放し飼いで。
e0151091_12163920.jpeg
そんな別世界に、10時になるとどこからともなく驚くほどの人が現れます。店先に陳列したのは、2ヶ月マーケットに出店しなかったのでそれなりに編みためたかごと、10キロ近いブルーベリー。油断していた私はディスプレイの写真を撮る間も無く、販売になだれ込み。とりあえず1時間ほど経過したところではたと我に帰り、「写真、写真!」
e0151091_12175687.jpeg
巨樹と化した桑の木の枝からこぼれてくる陽の光の下で出店して、たぶん、大きなバスケットたちは、森の背景にずいぶんと引き立たせてもらったに違いない。今までに見たことがない勢いで、2時間で全て完売。

マーケットで買った有機野菜や手作りケーキなどを入れて帰って下さる方もいて、それを見せてもらってまた気分が高揚♪
e0151091_12185197.jpeg
2時間の予定の「朝市」で、手のひらサイズのミニチュアカゴ2つ以外の、すべてのカゴと試食分含めたすべてのベリーがお嫁入りしていきました。

帰りの車。こういうのを「幸せな日」っていうのだろうなあと思っていました。

ベリーもかごも全部売れたからか…
雨の予報が、日差しの気持ちいい天気になったからか…
買ってくれた方々が「こういうのが欲しかった」と言って下さったからか…
主催者さんにお礼に行ったときに頂いた、お釜で炊いたご飯のおこげ入りの塩にぎりが信じられないくらいおいしかったからか…

たぶん、全部だ^^    




by nicecuppatea | 2018-06-25 07:42 | Willow Cottage | Comments(2)
Commented by asanohakofuya at 2018-06-26 07:19
おはようございます。
あぁ!何て素敵な画像と文章♡

自生する蔓を採集して、隙間時間に編み
それを買われた方がその場で購入の品を入れて持ち歩く
籠本来の使い方だと思います。
その場に居れないのが残念!
Commented by nicecuppatea at 2018-06-26 13:46
asanohakofuyaさん、ホント、近隣住まいでクルマがないとなかなか到達できない場所だと思うんですが、「良い気」を感じる場所です。全く余裕がないワタシは他のお店を見る時間はなかったんですが、みんな手作り系で魅力的でした。いつか、そんなところでお会い出来る機会があれかいいですね〜
<< 仕事の朝でもジャムを煮る 引き続き実に追われる >>