週末一連の行事

一昨日土曜日は狭山市楽市楽座に出店しました。

週末に仕上げたうねうねのスイカズラを取っ手にしたカゴも完成。
e0151091_19404749.jpg
お引き取りが一件延期になったので、持ち込んだカゴの数は当初想定したほどではなかったけれど、それなりに大きなカゴも作って、張り切って展示。
e0151091_19421557.jpg
さわやかな日差しが強すぎず弱すぎず、マーケットの出店としては絶好の日より。
e0151091_19410580.jpg
その割にはヒトが少ないような。聞けば出展者側でも花粉症やインフルエンザで欠席された人がいたとか。確かに歩いているヒトもかなり花粉に対する武装をして歩いている人が多く見えるような。

私もズコズコ(--;)

それでもマーケット終わりはいつも充実感を感じながら、充実感を感じながらウチに帰ります。

翌日曜日には、2日遅れの誕生日祝い。いつも何かの記念日になるとお邪魔するイタリア料理「ナチュール」さんに。
e0151091_18263620.jpg
e0151091_19433230.jpg
おいしいもので祝える幸せを今年も迎えることができた。もう、自分がこの歳になるのが信じられないくらいの年になってきたけど^^

周りで同年代のヒトから聞くのは「もう歳だからねぇ~」「この歳になると、自分の限界がわかってくる」などなど。確かに「この先の時間」と「ここまでの時間」のバランスが逆転するようなタイミングではある。

不思議だけれど、自分自身の「限界」「できないこと」を認めることで、むしろ「できることは限りない」という、身の程知らずな気がしてきたのもここ最近のこと。自分で抱え込んで、「自分ができる」と信じて、「自分が、自分が」と思っているうちは、個人のチカラ以上のことはできないけれど、もし「自分には出来ないこと」を認めたうえで、ヒトに託して、たくさんのヒトにやってもらったり、またはヒトがやっていることを自分のこととして喜んだりできたら、そういうことが可能になるんじゃないかと。

まだ、思っただけで、本当の意味でそんなことができるようになるには、ずっと時間がかかりそうだけど^^;;

そんなことを考えながら過ごした一連の週末行事なのでした~





by nicecuppatea | 2018-03-26 19:44 | Willow Cottage | Comments(0)
<< じわじわと春を楽しむ 明日の狭山市楽市楽座に出店予定です。 >>