加速度ついて春

ここ数ヶ月、畑にも行っていないし、屋上菜園もほったらかしでした。だんだん地面が柔らかくなってきたし、そろそろ屋上菜園のプランターも綺麗にしていかないと春のスタートに出遅れそうなタイミングになってきたと思い外に出てみたところ…。

もう、出遅れてた^^;
e0151091_18253200.jpg
チャイブの芽がぞっくりと出始めていました。それ以外、冬を越したプランターに残っているのは、イタリアンパセリと葉っぱを伸ばし中のサフランの球根ぐらい。イタリアンパセリにはすでにアブラ虫が~(涙)少し外側の葉っぱや枯れた葉っぱを取り除き、根をがっしりと張り始めた雑草を今のウチに抜きます。もうこうなるとあっというまに春になるぞ。

さあ、今年のベランダはどうしようか。

振り返れば今まで色々試してきて、数々の失敗をしてきました。「トマトガーデン」構想はなぜか途中で枝が失速し枯れてしまい、実がなり続けず、「サフランガーデン」構想は、プランターで球根を大きく育てることができず増えるどころか球根の量が半分になってしまいました…。で、これからはユズやカボスなどの柑橘系で屋上を埋められないかという妄想を膨らませていますが、冬があけてみると、やはり小さい苗は今年の寒気に当てられ、だいぶ黄色くなってしまっていました。スパルタ教育で外で冬越しをさせたからなぁ。

うちの傍のお宅は、同じような気候でも、お庭にあらゆる柑橘系の木が大きく育っていて、レモンもたわわに実って、あたかもイタリアの庭のよう。(電線さえなければね^^)こんなのが夢だなぁ。
e0151091_18264593.jpg
今晩は整理したパセリの外葉を鶏肉バルサミコソースにどっさり使いました。冬野菜の残りのかぼちゃのミルク煮と一緒に。いつもより少し気取ったプレートですが、まぁ、来週への景気づけ、ということで。
e0151091_18255275.jpg
さて明日は月曜日。まだ3月、4月の仕事全般が想像できていなくてちょっと気持ちがザワザワしていますが、あまり大きなところばかり考えて「うわぁ~」とならないで、小さなことに一つ一つ分解して、できることをひとつひとつこなしていこうと思います。



by nicecuppatea | 2018-02-25 18:35 | 屋上菜園 | Comments(0)
<< 編めるツルとは - ①見つけ方 この頃 >>