完熟グーズベリー

植えて3年ほどが経った、グーズベリーの小さな木2本にたわわに実った実が、初めてたくさん完熟しました。
e0151091_21035248.jpg
トンボ玉みたいなグリーンの未熟果もかわいいのですが、完熟した実はぶどうみたいな色で、これまた魅力的でいつまででも眺めていられます♡

完熟果の色にこれだけ本能的に魅かれるということは、私にはヒトサマより動物時代の記憶が強く残っているのか?

ただ、味はちょっと^^;
すっぱめのプラムの旨みを薄くしたような…。でもペクチンを多く含むのでブラックベリーみたいにまったくペクチンのないベリーをジャムにするときに加えると、固さと酸味の両方をプラスしてくれて、相性がよいみたい。

グーズベリーを初めて知ったのはイギリスに住んだ時。スーパーにもいっぱいあるし、近所の人も庭のグーズベリーでお菓子を作ってくれるし、古い英語のことわざにもでてくるし、とても生活に身近なフルーツだと思われました。日本では馴染みがないな…と思っていたけど、実は北海道ではグズベリと言われて昔からあるのだとか。つまり冷涼な気候を好むのでしょう。

それを考えると、水はけが悪く湿気があって夏は猛暑の我が畑…スグリ類は難しいかなと思っていたのですが、元気のない黒スグリや赤スグリを横目に、グーズベリーはよく育ってくれました。ラズやブラックベリーみたいに地下茎でワサワサ伸びないから管理も楽。その割に去年挿し木した数本もすぐ芽が出て、すでに数個の実も付けたし。

ブルーベリーの早生種とそうでない品種の収穫の谷間で、6月末から7月アタマがちょうど収穫作業の手が空くので、その間に収穫を楽しめるベリーだというのも、ありがたい!! 今年はたくさん挿し木して、来年の今頃、もっとたくさん実がなるようにしよう♪

かわいいから、ってだけでたくさん育てちゃって…あとは使い道をみつけることか(笑)

by nicecuppatea | 2015-06-29 21:06 | おいしい実 | Comments(0)
<< バーゲン! 特大ねこカゴ >>