夏の後始末と、さらなる秋の気配

昨日の夕方は、激しい夕立で引き続き、畑はまだ水っぽい。長雨があると、季節が進む気がします。

昨日採ってきた小さなキュウリと、小さいまま、長雨で割れたチビスイカ。
e0151091_19554210.jpg
どうなるかわからないけど、スイカも小さ目に切って、あるものと一緒にピクルス液につけてみた。これで真夏は瓶詰にして終わりかな。
e0151091_19552141.jpg
ここのところ近くの林のクルミが落ち始めて、毎朝ジョギングに行くダンナがビニール袋に拾って帰ってきてくれます。時期的には少し早い気がするけれど、もう皮が黒くなって落ちてるから大丈夫か。

そして、その林からも近いバス停脇。法壁の上から垂れたヤマブドウにもう実が付いてた。ツルと一緒に実も回収。こうしてみると、もう秋の図。
e0151091_20251510.jpg
同じくバス停脇にはこんなのが生えていた。ホウキタケ?いや、さすがに手は出さないけど。
e0151091_20283263.jpg
夏の匂いがしている間にも、季節はこうして目に見える形ではっきりと、変わっていくんですねぇ。バス停のそばでこんなのが見つけられるのに気づいてしまい、明日から朝、バスに乗り遅れないように気を付けよう。



# by nicecuppatea | 2017-08-20 20:43 | 野菜&実の加工 | Comments(2)

水の多い夏と秋の気配

今年は、梅雨の間はカラッカラだったのに、雨の降らない日がない8月の日が続いています。

ニュースを見ると、天候不順でナスやキュウリの値段が2割増しなどという話が目にとまります。

なんちゃって自家菜園しか知らない私には、なぜ雨が降るとナスやキュウリの値段が上がるのか、今一歩わかりません。

そもそもウチのカラッカラに乾いた真夏の畑では、根の張りが浅いキュウリは毎年青息吐息で、最後は出がらしのようになって夏の終わりを待たずに終わる…というのがお約束。

ところが今年はお盆が過ぎても…
e0151091_19075242.jpg
採り忘れると軍艦みたいに大きくなるので、食卓はキュウリの比率が高くなります。
e0151091_12395088.jpg
e0151091_12393115.jpg
今日、草刈機で間違って一本切ってしまったので、そこについていたちっちゃいのもすべて回収。キュウリはたくさんあるんだけど、せっかく実になったのだから。こちらはピクルス液にでもつけよう。
e0151091_19040949.jpg
毎年お盆を目途に種まきをする白菜や聖護院大根。乾燥していてなかなか発芽しなかったり、しても芯食い虫に出てきたばかりの本葉を食べられちゃったりするのに、今年は雨が多かったおかげでぴしーっと全部発芽。ちょっと畝が曲がってますが^^
e0151091_19150425.jpg
秋野菜も無事発芽したし、タカキビも実ってきたし、なんだか今年は秋が早そうな気配。
e0151091_19050007.jpg


# by nicecuppatea | 2017-08-19 19:27 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(0)

何かと追いつかなかった結果…

前回「ネリマナイトマルシェに出店します」、「ワンデーマーケットに出店します」、と書きながら、その後どうなったかも、何をしているのかも、記録もする間なくあっという間に過ぎていきました。納品だ、畑だと、早く起きる習慣がついていて、何もない時でも最近は3時台に目が覚めたままの日が多いので、夜は全く使い物になっていません。それなりに仕事の方もバタバタしたりして。

だから、、、という訳ではないのでしょうが、いつにも増して(?)最近ちょっと注意力散漫な気が。

ここのところ、自家製シソジュースを500mlペットボトルに入れて冷凍にして、会社に持って行っていました。畑に持って行っているのと同じのを、そのまま。
e0151091_19453809.jpg
先週の木曜日、凍り切っていないシソジュース入りペットボトルを通勤バッグに入れ、3キロ先の駅まで自転車で行き、いざ電車に乗ってみたら、カバンの下から水滴が垂れてる…冷凍する時にフタを緩めていたのを忘れて、そのまま鞄にいれてしまったら、それがカバンの中で全部こぼれてペットボトルは空っぽに。水たまりができたカバンから急いで個人のガラケー、デジカメとカイシャ用のアイフォンを取りだす。一応みんな大丈夫そう。。。。

しかし。その中でカイシャのアイフォンだけが、時間を追うごとに重篤な症状になっていきました。

午前10時: スクリーンの上に薄い横線が1本はいる
午前11時: 薄い横線が3本に…
午前12時: スクリーン全体の色が白っぽく
午後3時:  スクリーン右上に黒い影が侵食
午後5時:  影がほぼ全スクリーンを覆う
午後8時:  ほぼ機能しなくなる

で、翌朝がこれ(T T)
e0151091_19460962.jpg
こんなスクリーン、見たことない(TT)

「水没」って、すぐは大丈夫でもだんだん症状が悪化してくんですね(涙)カイシャに「顛末書」を提出して、代替機を依頼せざるをえなくなりました。理由は「ペットボトル飲料の漏れによる水損」報告を受けた上司も笑うのみ。

それでもまだウチでは、シソジュース、梅干し、そしてそれらの副産物でつくる「ゆかり」製造の最盛期。ウチじゅうシソだらけ。
e0151091_19493370.jpg
e0151091_19444002.jpg
でも、もうシソジュースは会社へは持って行かないかも。万一の時(?)、会議の書類が紫になって、カバンから取り出すのがとっても恥ずかしかったから。。。






# by nicecuppatea | 2017-08-13 19:54 | 会社のこと、通訳のこと | Comments(0)

青い実緑の実を持って、明日のワンデーマーケットに出店します

収量は少ないながら、今年のベリー収穫のピークを迎えて、マーケットが続きますが、明日はジョンソンタウンのワンデーマーケットに出店します。

少ないとはいえ、まだまだ一日でこれぐらい…
e0151091_19484454.jpg
それでも、盛夏のマーケットでできるだけたくさんのものを並べたい…ということで畑から葉っぱや実をいろいろ持って行こうと知恵を絞ります。ちょっと早いけど。
e0151091_19490189.jpg
一点を凝視していたので見てみると、葉っぱの上をアリンコが歩いていた。そのアリンコは外に逃がして、葉っぱをむしり…
e0151091_19552252.jpg
赤い葉や緑の葉(紫蘇)も持って行こう…とひとり準備中に気分が盛り上がり、現在ウチじゅうは葉っぱと実だらけです^^

外ではご近所西武園の打ち上げ花火の音がしています。

これがウチの夏だな。

# by nicecuppatea | 2017-08-05 20:00 | Willow Cottage | Comments(0)

明日、ネリマナイトマルシェに参加させて頂きます

しばらくご無沙汰でしたが、明日は西武池袋線・練馬駅そばで「ネリマ・ナイトマルシェ」に出展させて頂きます。

そもそもはマーケットのお友達である、シーズニングラボさんが出店されていて、様子をうかがっていた場所。都内の方へ一度行ってみたい、でも車だと大変、一人で電車で行けるところ…と、今までとちょっと違ったエリアを模索していたのですが、今回初めてそこに足を踏み入れるカンジです。

それまでは何でもいいからできるだけのものを車に詰め込んでマーケットに向かっていたのですが、マーケットでご一緒する出展者さんの中には、持ち物を色々と工夫してとてもコンパクトに、稼働可能な形にして、ひとりで颯爽と電車でやってくる方も多いのです。ワタシなんかそもそも、不要な枝ツルなんかでカゴを編んでいるんだから、できるだけ輸送費だって使わないで出店して販売できたら、その方が何となくいいなと思っていました。

今回はキャスターつきのキャリーカートみたいなのと、折りたたみコンテナを会社の近くで購入。それに持てる範囲のベリーとミニチュアのカゴをコンパクトに詰めて、自分で行ってみることにします。

バスケットは、ミニチュアに特化。それを作るのに注目したのがこちらでした。
e0151091_12334031.jpg
畑のオーナーさんからの助言を受けて、今年はいつもよりかなり早めに植えてみたブラックアステカなど、色々な色のトウモロコシ。虫食いがなかったのはアドバイスを聞いた成果か。でも、まだなかなか種の大きさが均一にならず、背丈もバラバラ、実の入り方もまちまちです。なかにはまったく身が入らなかったものもあり、ほぼ食べるところが皆無のものも多数。
e0151091_12361736.jpg
それを今回は最大限使用。
e0151091_12582151.jpg
小さいバスケットを編むには、細い素材、柔らかい素材、少量しか入手できない素材も使えるので、身近にある、使える材料の幅が広がります。

今回は、トウモロコシの皮、タケノコの皮、猫じゃらしの三つ編み、などなど、得意の可燃ごみ系で編んだミニチュアバスケッをご紹介してみようと思います。

そもそもこちらのマルシェは練馬周辺で生産された野菜などを売るのが当初の目的だったのだとか。私が参加しちゃっていいかしら、と最初は思ったのだけど、考えてみたら確かに、これらのバスケットは練馬駅周辺で生産されてます。電車の中ですけど^^


# by nicecuppatea | 2017-08-03 21:14 | Willow Cottage | Comments(0)

保存食の消費に追われる日々。

毎年この時期になると、冷蔵庫のスペースをどう使うかに頭を悩ませます。

押し寄せるように大きくなる畑のナスやきゅうり、わさわさと茂る赤紫蘇。出来る限りの冷蔵庫のスペースをブルーベリーに与えるためには、採ったらすぐに食べるか、冷凍または室温で補完できる加工品にするのがベスト。そしてすでに冷蔵庫にある保存食はできるだけ早く使わなければ。

冷蔵庫では、明らかにジャムや保存食の瓶が幅を利かせています。前にも書きましたが採らなきゃいいのに採ってしまった季節の果物や、端境期の作物は、とにかく瓶詰にしないと気が済まないタチ。ジャムだけでも、アンズ、ブドウ、ブルーベリー、ラズベリーとブラックベリー、カリン、リンゴ、ユズのマーマレード、それに近所の桃の木から落ちた若桃で作ったシロップ漬け…

…ということで、お弁当にはヨーグルトに手持ちのジャムやシロップ漬けをかけてそのまま冷凍したものを保冷剤付きで毎日持参。

e0151091_20113220.jpg
e0151091_20114921.jpg
e0151091_20112182.jpg
もちろん、トッピングは過熟したブルーベリー。毎日同じようなラインナップで、若干飽きますが、とにかくジャムを減らすことが目的。

今年は、ベリーの収量は例年の半分ぐらいなのに、販売量は倍近く。効か不幸か冷凍庫に大きなスペースが残っているので、夏野菜は保存食づくりを考えますか。


# by nicecuppatea | 2017-07-30 20:23 | Comments(0)

梅雨明け前から 夏本番…

ほとんど雨らしい雨も降らないまま、関東地方では昨日、梅雨が明けたんだとか。これから文字通り、夏、本番です。

生命の維持が危ぶまれるのでは…と思うほどの灼熱の屋上で、他の植物は日中、葉っぱがしょんぼりと下を向いてしまうほどなのに、そんな時こそ元気に育つ野菜があります。

それがモロヘイヤ。種まき後の成長が芳しくなく、まだ小さいのですが、ここのところの猛暑で毎日目に見えて勢いを増して育っています。
e0151091_21250107.jpg
e0151091_21225626.jpg
手抜きでも自家栽培の夏野菜の恩恵を受けたいワタシみたいなヒトは、こういう、気候にあったものだけを育てればいいんだな…ということで、タネを蒔いたらたくさん芽が出た小さい苗を株間を広くとってたくさんのプランターに移植中〜。今は毎朝先っぽだけを摘み取って、ナスやキュウリのみじん切りと天つゆを混ぜて山形の夏メニュー「だし」風に。これでは私には「こってり感」が少なすぎるので、これを素麺に乗せて生卵も乗っけた朝ごはん。
e0151091_21224763.jpg
そして昼はナスと青紫蘇、ししとうの天ぷら、夜は焼きナスのマリネ…

メニューは変わっても登場野菜の顔ぶれは変わらず(^^;; とにかくたくさんできるものをどんどん食べよう。

すでにブルーベリーの収穫も本格的に始まっています…がどうも作業ふかが年々きつくなっている気がして、さてこのままシーズンおわりまで行けるかどうか。

とりあえず、今週土曜日の狭山市楽市楽座の出店に向けて準備中です。
e0151091_21223016.jpg
こうして
こうして部屋でザルに干しておくと、ネコたちがかわるがわるやって来ては、そーっと一粒づつ口にくわえてはどこかに持って行き、それを追いかけて遊ぶので目が離せません。

こうして文章に書いてみると「かわいい」おこないだけど、ウチ中の床のあちこちにベリーが転がってる状況…やはりフツーの光景じゃ、ないですからね…。

# by nicecuppatea | 2017-07-19 18:02 | 野菜&実の加工 | Comments(0)

梅しそ使い尽くし

ここ1週間ほど「熱暑の日々」とは言っても、カイシャに通勤している平日は日が当たらないオフィス内の、冷房がキンキンに効いているところで数時間、微動だにせずパソコンを見つめていることもあり、夏の生命力など、あまり身近に感じることがありませんでした。

ようやっと、プチ夏休みのこの連休で夏のエネルギーを体感しています。

雑草の海となった畑は、連日手鉋で地道に草刈り。数分でジーパンも濡れるほど汗が出てきます。昔、漢方を売るカイシャにいたダンナによると、私みたいにカラダの中に水が溜まりやすい体質を「水毒」と言うのだそうな。イヤな名前だけど、そう聞いた後、顔からも汗がどんどん滴り落ちる状況で草刈をしていると、なんだか体から悪いものが全部出ていっているみたいで、爽快。

この畑作業に欠かせないのが、自家製「シソジュース」。畑の脇に生えている赤紫蘇の葉を煮だして、砂糖とクエン酸を加えたもの。これをペットボトルに入れて冷凍にして畑に持参。
e0151091_07160096.jpg
煮出した後の紫蘇は、捨てるのがもったいないので、よく水気を絞ってから昨年の梅干しをつけた残りの「赤梅酢」に漬け込むと、茶色っぽかった葉っぱが鮮やかなえんじ色になります。
e0151091_18400437.jpg
これで、普通は生の赤紫蘇の葉でつくる「ゆかり」みたいなものを作れないかと。漬け込んだ後は屋上で天日干し。
e0151091_18402007.jpg
と、同時に、塩漬け中だった今年の梅干し用の梅も、暑い日が続くのでそろそろベランダで土用干しを。
e0151091_18393193.jpg
この葉っぱの上で干して滴り落ちる梅酢を葉っぱに吸わせます。こうすると半乾きの梅の皮がかごにくっついて破れなくて好都合♪
e0151091_18394761.jpg
毎日列島での最高気温を記録しているエリアからそう遠くない内陸部の、西向きの大きな窓のある3Fに住んでいる我が家。午後の暑さは冷房をつけても体にこたえるほど。でもこの暑さで、ベランダでは、どんな干し野菜もあっという間♪

こんな熱波の屋上にも、エネルギーを取り込んでぐんぐん成長する野菜があるんです。きっと、これを食べたら体にそのエネルギーが体に入ってきてくれるに違いない。その紹介はまた後ほど。

# by nicecuppatea | 2017-07-17 07:30 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(0)

すでに雑草に負ける日々

まとまった雨が降った後にぐんと気温が高くなった今日この頃。この気候の組み合わせは雑草がぐんと繁るパターン。

もう、なにがなんだかわかりませんが、真ん中にあるのは野菜を植えてある畑に一本あるブルーベリーの木。その左側にネギ、右側にはラズベリーが植えてあるのですが、全ては今や雑草の海に沈んでいこうとしています(T T)
e0151091_21223655.jpg
こんなになってしまったもう一つの理由は草刈機の不調。5年ほど前に中古品で譲り受けたものですが、もうそろそろ寿命のようで、エンジンのパワーがガクンと落ちて、草刈も進みません。草刈機が欲しい…とダンナがつぶやいていましたが、そんな言葉がこのヒトの口から出る日が来ようとは^^;;

雑草に埋もれたラズベリーは、面倒見きれていないのが如実に表れていて樹勢も去年より弱く、大きい実もあまりついていません。でも、とにかくなった実は何であれ、収穫。
e0151091_21231861.jpg
今年新たに借りた畑の区画は、昨年まで別のヒトにきちんと草むしりをされていただけあって、種が飛んでいないのか、しばらく放っておいても雑草がまったく生えてきません…けど、今年作っている人は素人だから、出来る野菜は大きすぎるか、小さすぎるか。
e0151091_21240677.jpg
なかなかまともなものが出来ないのを見かねたオーナーさんが自分の畑からざっくりとコリアンダーを刈って、持ってきてくれました。ウチのはアブラムシで全滅したんだった。
e0151091_21224920.jpg
ヒトに頂いたコリアンダー、自分で育てたチビなナスの素揚げに、茹でた鶏肉スライスを合わせて、昼は冷やし中華…
e0151091_21221752.jpg
夜はそれを100円のカレー缶詰や安売りキノコなどと合わせて、タイカレー風。
e0151091_21263716.jpg
ヒトサマの野菜や缶詰がメインとはいえ、これから夏本番を感じるメニューになりました。雑草に挑み、ベリーをとりつつ、野菜を食べる季節が始まります。





# by nicecuppatea | 2017-07-09 21:32 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(0)

奥多摩への冒険

先日、イギリス時代の恩師ビクトリアから「あなたと趣味のピッタリのデビ―がガーデニングセラピーの研究をしに日本に行くからよろしく」と連絡があり、ガーデニングの持つ癒し効果や「森林浴」を研究するために日本中の公園を回る予定というご本人と連絡を取り始めました。

聞けばおよそ日本中の有名な公園ほとんどを1ヶ月かけて回る予定で、さらに聞くと車いすを使用しているという。同じような趣味を持つ人のお手伝いができるのを嬉しく思うとともに、何を頼まれたわけでもないのに、日本人として、果たしてその予定の実行は可能なのか、と勝手に心配になりました。

そして彼女は無事来日。昨日は一緒に奥多摩の森林セラピーコースを訪れました。宿泊場所の新宿西口のホテルにお迎えに行き、そこから一緒に朝8時台の新宿駅で、中央線に乗る…というのは、私には随分な冒険に思えました。

普通なら徒歩5分と言われているホテルから駅の移動。私は40分を見越してお迎えに行ったけれどまた不安。

いざ、西口1階の改札を入って10番線に上がろうとすると、「西口からは10番線ホームに車いすで上がれるエレベーターはないので、5番線脇のエレベータ―で2階に位置する南口通路まで上がって、そこから10番線のホームに降りてください」。ということで、目のまえの階段の上のホームに直行することはできず、20分近くかけて大回りしてホームへ。何十年も慣れ親しんだ駅が全く違う場所に思えてきました。

同行している娘さんの素晴らしい車いす操縦術もあり、無事に乗り継ぎを済ませて奥多摩に到着。
e0151091_20133472.jpg
山奥にも、果敢にモノレールで入っていきます。
e0151091_20093632.jpg
e0151091_20151624.jpg
ものすごい勾配。
e0151091_20100200.jpg
移動中も大丈夫だろうか、出来るだろうかと心配するワタシに「わからなかったら人に聞くし、出来ることは、時間をかけてやればいい。出来ないことは仕方がない。そうなれば計画を変えればいいのよ」という、強くも穏やかなアプローチで、コースを全て終了。

来週は一緒に水戸の偕楽園を訪問予定。当日朝の移動や電車の予約を心配しまくる私に、「大丈夫よ、3時間は余裕をもって行動するから。それでもだめなら次の電車にすればいいから。なんとかなるわ」。

「こつこつ努力すること」「無理なら諦めること」のバランス。目の前のことを全て楽しむアプローチ。自分の国にいながら、私の方がまだまだ刺激をもらいそうです。


# by nicecuppatea | 2017-07-08 20:20 | 暮らしのアイデア | Comments(0)