ベランダ菜園の芽吹き

毎年この頃になると「今年こそベランダ菜園をきちんとする」と書いている気がしますが、今年もその時期がやってきました。

最近、日が長くなってきたから、朝起きて一番に外に出てみる。
e0151091_20334781.jpg
こぼれ種からでてきたカモミールが満開になってた。まったく手を煩わせない孝行もの^^

とはいえ、ほかに芽吹くものも、種を撒いたモノよりは、毎年のことだけど勝手に出てきたものの方が多い。今年も会えた、トマト。
e0151091_20340688.jpg
なんだろうこれ。
e0151091_20341787.jpg
と思ったら、となりから芽吹いた方がまだ種のカラを付けていた。
e0151091_20343232.jpg
スイカだー!大切に育てて、畑に移殖しよう。

秋に種がとんだイタリアンパセリも、あちこちから芽が出てきた。
e0151091_20485575.jpg
勝手に生えているわが屋上菜園。植えたものと言えば、ほとんど大きくなりません。昨年晩秋に撒いたニンジンは成長不良のまま。
e0151091_20344576.jpg
この時期になるともうあとは花が咲くだけで大きくはなりません。何であれそろそろ食べないと。
e0151091_20350214.jpg
無理やりおしゃれに食べてみた。
e0151091_20351706.jpg
明日カイシャに行ったら、怒涛の6連休!どこにもいく予定はないけど、今年こそ、屋上をワンダーランドみたいにしたいものです。


# by nicecuppatea | 2017-04-30 20:56 | 屋上菜園 | Comments(0)

ツナガリの回復

先週土曜日は、イギリス時代の友人が東京に来たということで、半日ほど一緒に谷中見物をしました。

再会は10年ぶり。1か月ほど前に連絡があり、「おウチに泊まらせて~」という。日程を聞いたら昔英語教師をやっていた金沢に長逗留し、帰国前日の午後2時に東京駅について、翌朝7時には成田空港に行かなければならないのだとか。なぜ2週間も日本にいるのに、東京に半日しかいない計画になってるのか(笑)

ウチまで来るのが難しいことを説明した上で、それでも先方ががっかりしないような、6時間を最大限に楽しんでもらえるおもてなしがしたい…そんなことをあれこれと、過去1か月ほど考えていました^^

もともとエコツーリズムのコースを一緒に学んだ仲間。スカ○ツリーでもないだろうし、金沢にいたのに、これから庭園めぐりでもないだろう…と、東京駅に荷物を預けて電車で15分、日暮里まで移動して下町情緒を残す谷中界隈を買い食いしながら散歩して、最後に大衆酒場で宴をすることにしました。

観光客も多いけど、現役で町の人に使われている古い建物が、作り物にはない重みと鼓動を感じさせてくれます。
e0151091_10482887.jpg
e0151091_10500354.jpg
最後は友人に教えてもらってた地場系居酒屋で。
e0151091_10491207.jpg
日本人はビールや酎ハイ、イギリス人は二人とも熱燗。「こんなに日本が好きだったって、忘れていた」という彼女の言葉をなんだかほろ酔いで、嬉しくなりながら聞いていた。

実はこの前の日は、大学時代の友人で、海外で事業をやっている人が久しぶりに帰ってきたということでやはり会合。「しばらくあっていなかった人に会う」って、月並みだけど、以前のその人を思い出したり、その後その人たちが長い年月かけてやってきたであろう事に思いを馳せたりして、いっぺんに色々な刺激をもらう。年を取ってくれば来るほど、それぞれの人の歩いてきた道の跡が濃く、深くなってきて彼らの話に興味は尽きなくなってきます。

土曜日は、小さなお寺にある仁王像の説明書きから、居酒屋のツマミのメニューまで、張り切って全部訳してたら、翌日は声が枯れた(笑)

それが、色々な人に会えて、楽しかった証か。


# by nicecuppatea | 2017-04-24 18:28 | 暮らしのアイデア | Comments(0)

ダ●シュ島は宝島♪

昨晩、日曜日の〆に毎週見ているテレビ番組「鉄腕ダ●シュ」の企画「ダ●シュ島」を見ていたら無人島の開拓作業で、もともとあった畑果樹を覆い尽くすように生えている葛のツルを「やっかいだ〜」と、戦いながら伐採していました。

毎週欠かさず見ている私は、とっくに気づいてました。ダ●シュ島は、チラホラとなっているアケビの実があるところだけじゃなく、島中にアケビの地下茎がはびこっているツル天国であることを…^ - ^

映像を見てると、行くとこ行くとこ、つまずくぐらい地下茎だらけに見えます。

…。

なぜカゴを編まないんだあ〜!?

あれだけのアケビの地下茎やら太い葛やらがあれば、どれだけたくさん日常使いの丈夫なカゴができることか。

こーいうのの大きいのを作ってなんか運ぶのに使ったり…
e0151091_21495188.jpg
e0151091_21503438.jpg
収穫したものを入れて置いたり…
e0151091_21505799.jpg
e0151091_21560160.jpg
保存食の瓶をまとめてみたり…
e0151091_21512342.jpg
何か干物に使って見たり…
e0151091_21515371.jpg
厄介払いで伐採したツルが有効な日常道具になり、しかも地下茎で増える植物はそうそう簡単に根絶やしにはできないから、毎年どんどん素材がうまれてくる…

私があそこの住人なら、収納、運搬、そして海の生き物の採集まで全てにツルを使えないか妄想して、編んで、編んで編みまくるに違いない(笑)でもその前に編み過ぎて「編み死に」するかもしれん^_^;

文字通りの、天国か^_^

# by nicecuppatea | 2017-04-17 19:35 | もったいない | Comments(3)

花芽と新芽と

暫く間があいてしまいましたが、季節は確実に進んでいるようで…冬の間、足が遠のいていた畑ですが、春分の日ぐらいを境に色々なものが加速度的に変わっていくので、最近は毎週末出向くようになりました。

おいしい実がなる花芽は、とっても地味^^どれが花だかわからないようなレッドカラントの花と…
e0151091_14260340.jpg
スズランのような花をたわわにつけて、忙しい夏を想起させるブルーベリー^^権蔵の脇に見えるヤツです。
e0151091_14200107.jpg
雑草もだいぶ伸びてきたので、来週あたりダンナが草刈機を使って畑の草を一気に刈るらしいから、その前に雑草に混じって畑のあちこちからでてきていた新芽や花芽を刈り取って、頂こう。みつば、ニラ、ネギ坊主。明日は天ぷらだな。
e0151091_14433397.jpg
そして、この時期だけ畑でVIP扱いされるタラの木。借りた畑の脇に生えていますが、1年のうち、新芽がでるここ数週間だけ注目を浴びて、それ以外の時期は、トゲは痛いし、地下茎でそこら中にはびこるし…と厄介モノあつかい。それを補って余りあるこれ。
e0151091_14443948.jpg
夏のタラの葉は、なんというか「怒り」を想起させます。ガジガジトゲトゲの葉っぱをぐわ~っと広げていて周りに人を寄せ付けない。でも、それを想像することができないくらい、春のタラの芽は味わうと、従順で優しく、まるでクセがない、でも濃厚な味。

暖地性のハーブで関東内陸のこの辺での、地植えでの冬越しは難しいか…と思っていたレモングラス。長く伸びた葉を切らずに置いておいたらそれが保温になったか、ザクザクと枯れ葉を刈ってみたらその下から新しい芽が伸び始めていた。また会えた感。
e0151091_14422923.jpg
こちらも暖地性で冬越しが危ぶまれたレモンバーベナ。生き延びたサインが!
e0151091_14262548.jpg
また、春がやってきた。なんか、ありがたい感。

# by nicecuppatea | 2017-04-16 14:52 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(0)

春を思わせるもの

巷は桜が満開。そこに暖かい風がふいて、ヒトは「春だなあ~」と心底感じるものではないかと思います。

畑をやるヒトであれば、春は「花芽」の季節。菜の花だけでなく、白菜や、のらぼうなども花芽を延ばしてくるので、それ摘み取り摘み取り、むしゃむしゃと食べて体にエネルギーを取り込むのが、春。

ただ、我が家(というかワタシ)の春のサインは…

じゃ~ん。
e0151091_15285371.jpg
春だというのにキノコ♪さすがに知らないキノコに手を付ける勇気はないけれど、見た目他のものと間違いようがないほど特徴的なこの2種類なら^^;

アミガサダケは毎年春になると我が家(というかワタシ)が、道を歩く時必ずレーダーをオンにしながら、いつなんどきも薄ーく探し続けているモノ。毎年この時期に書いている気がするので、もし「えぇっ?!こんなものどうするの?!」と思われるかたがいらっしゃったら、過去の経緯はこちらで^^

春は、キノコが楽しいな^^





# by nicecuppatea | 2017-04-07 20:48 | 里と野山 | Comments(0)

思わぬ寄り道

今朝は半日年休を取って、地元の警察署に運転免許の更新に。誕生日過ぎ頃からずっと気になっていたから、よかった(^.^)

帰りぎわ、穏やかな陽気も手伝って、何かに惹かれるようにして近くの公園へ。
e0151091_15292142.jpg
e0151091_15305186.jpg
これが私を呼んでいたんだわ(笑) 懸案だった免許更新も終わった。花も見た。出店も堪能した。この半日の達成感、なんかハンパないわ〜〜♪

# by nicecuppatea | 2017-04-06 13:00 | 暮らしのアイデア | Comments(0)

春のジョンソンタウンワンデーマーケットに出店しました

昨日のプチ二日酔いから復活して、今日は張り切ってジョンソンタウンのワンデーマーケットに出店しました。
e0151091_19465669.jpg
先週のマーケットは「凪」だったので、毎回自転車操業的に各マーケットの前に在庫をなんとか増やして出店しているワタシとしては、先週までにつくったかごも併せて持っていくことが出来て、多少気持ちにゆとりが^^ 穏やかな花見日和、今月から出店場所が変わってジョンソンタウンの「メインストリートの交差点」的な場所で出店したこと、いつもより多めの陳列、最初から全部のカゴに値札をつけられるゆとり(?)、などなどが役に立ったのか、しばらくぶりにたくさんのカゴたちがお嫁入りしていきました。

今日は、権蔵と同じ犬種で、ご近所にお住まいのバセットハウンド、ロック君も来店。飼い主さんが先月のマーケットで権蔵を見かけ、「ウチの仔も来月連れてきます~」と約束してくださったのが実現しました。あまり多い犬種ではないので、この2頭がならんだだけで結構たくさんの見物人さんがいらっしゃいました^^
e0151091_19464182.jpg
いろんな方々にかごがお嫁入りし、権蔵もいろんな人になでてもらい、お友達犬も現れ、なにかと楽しい1日でしたが、本日で、今まで5年間お世話になった焼き菓子やさんの「ガトーb」さんへのブルーベリーの納品は最後。今月15日でお店を閉められることになっています。

思えば、都心から入間市に引っ越して、最初にお店の向かい側に住んだのがご縁で、軒先においていた私のかごを見て「ウチのお店で売ってみませんか?」と声掛けしてくださったのが、現在の週末ライフすべての始まりでした。最初は自分がガトーbさんのお店にいる時に、カゴを買ってくださった方がいると、恥ずかしくて他人のフリをしてそそくさと店をでるありさま。顔出しNGだったはずが、いつのまにこんなに厚かましくなったのか。それからいろいろなご縁で複数のマーケットに出店したり、ベリーや野菜も販売したり。多くの方々につながりだした、起点だった気がします。

最後の納品は、感謝を込めてブルーベリー色のデコレーションで、お礼のカゴに入れてお届けすることにしました。冷凍だから肝心のベリーはまだ入ってないけど^^
e0151091_19455038.jpg
今後も何らかの形でご縁が繋がりますように。



# by nicecuppatea | 2017-04-02 20:06 | Willow Cottage | Comments(2)

おいしい食事のチカラ

昨日、1週間遅れの誕生日祝いということで、歩いて5分のイタリア料理店、「ナチュール」さんへ。地元の野菜を最大限楽しめて、美しくボリュームたっぷりの食事を頂きにいきました。ウチのブルーベリーを通年でデザートに使用してくれているのがご縁で、いつも記念日的な日に、お任せ料理を頂に行くのがここ数年の習慣です。

毎回、おいしくてフルコースの途中で、手を付ける前の料理の写真を撮るのを忘れてしまうので、今回は気を引き締めて…と思っていたのにやはり「イサキのプッタネスカ」を忘れてしまいました。が、全てのお皿がホントに色とりどり。
前菜・・・
e0151091_20324330.jpg
ビーツのポタージュ。
e0151091_20325340.jpg
菜の花、、生ハム、カラスミのペペロンチーノ、
e0151091_20330328.jpg
豚肉のワイン煮込みとチーズのリゾット、そして…
e0151091_20331449.jpg
デザートの盛り合わせ…ブルーベリーのケーキやプリン、フルーツの盛り合わせ。猛暑の中、スポーツ並の激しさで収穫したブルーベリーは通年で冷凍も提供中。ウチじゃ、スムージーかジャムぐらいしにしか加工しませんが、こんな美しくしてもらって。
e0151091_20332657.jpg
e0151091_20345740.jpg
毎回、素材それぞれの味もさることながら、絶妙な他の素材とのコンビネーションを堪能。どれもこれもゼッタイ、ウチではできない技。


我が家は市の中心から随分離れている「田舎」なんだけど、歩いていっておいしい食事とワインを楽しんで気持ち悪くならずに帰ってこられる場所がそばにあるって、それだけで生活にちょっと文化的な香りを足してくれて、嬉しい存在。なんとなくここにくると、「よしっ、また頑張ろ」と思ったり。やはりおいしい食事って、力があるなぁ。

・・・と、昨日、ちょっとおいしくてお酒を過ごしました^^ 明日はジョンソンタウンのワンデーマーケットに出店する予定です!本日はほとんどぼーっとしておりますが、明日はまた張り切って出かけたいと思います。


# by nicecuppatea | 2017-04-01 20:42 | 暮らしのアイデア | Comments(0)

「ねこちぐらもどき」、好評。

雨の先週末、ずっとやろうと思っていた、チビ太の「棺バスケット」の「ねこちぐらもどき」へのリフォームをしました。編み終わったあとも濡れた籐が乾くまで、いい形で固くなるよう紐でしばって矯正していましたが、晴れてバスケットが乾いたので、ネコらの前に置いてみた♪

やはり、最初に入ったのはママ。天井の穴から誰が入ってるか柄が確認できます。
e0151091_20271723.jpg
ひとり入るとどうも他のヒトたちも気になってくるらしい…
e0151091_20280070.jpg
ママにちょっかいを出したら、中から手が出てきた…
e0151091_20283789.jpg
それでも入りたくて、上から、ていっ!
e0151091_20294635.jpg
でも入れなかった。。。
e0151091_20292757.jpg
双子の片割れと順番待ち。。。
e0151091_20285264.jpg
なんだかんだで、最後に場所を占めたのはあのエビ…
e0151091_20304030.jpg
作り手としては、全てのネコらの動きにニンマリ♪
チビ太もこれなら、良しとしてくれるんじゃ。





# by nicecuppatea | 2017-03-30 20:44 | 湖(うみ)一家 | Comments(2)

次世代へ引き継がれるカゴ

今日は久しぶりに朝から1日中雨。昨日マーケットも終わったし、今日はマーケット用のカゴ編み以外で、やりかけになっていたことをやる日にしました。

昨年1月、チビ太が旅立ったその晩、送り出しの為に一晩で編んだカゴ

しかし、火葬の際に骨以外の大きなモノが混じるのはNG、ということでウチから火葬場まで使ったのですが、一緒に火葬してもらうことはできず、そのままウチに持って帰ってきたのでした。

それから数か月のうちに、ウミ家が怒涛のように到来し、似たような柄のアケビ・ウズラの双子姉妹が寝床として使うようになって。
e0151091_19120430.jpg
これも、なるべくしてなったのか。

でもウチには似たようなカゴが他にもあって、場所も取るので、少し趣向の変わったものにすることにしました。なんだかんだで一度は棺として使ったものだけど、まぁ、ウチで同じ柄のモノたちに受け継がれるのだから、いいかな。
e0151091_19570656.jpg
ということで、ほどいて。
e0151091_19572736.jpg
底を小さめにして立ち上げて、入口をつけました。もう、成功の予感。
e0151091_19592493.jpg
試行錯誤でしたが、写真などで見る「ねこちぐら」を参考に、天井に向かってだんだんすぼめていきました。ほどいた分の籐を編み直し、使いきったところで終了。てっぺんは空洞のままにしました。ちょっとゆがんでいるのでひもで縛って形を修正中。
e0151091_20001294.jpg
そもそも、この編み材も、昨年楽市楽座に出店していた時に、「もう歳をとって編まなくなったから、使って下さる?」と通りかかりの年配の女性が話しかけてきて下さり、どっさりもらったもの。何かわからないけど、私もそれを使いきる使命を受け継いだような気がしてて。

色々と、流れていくもんだなぁ。

ちぐらもどき、使ってくれますように。






# by nicecuppatea | 2017-03-26 20:03 | バスケット編み | Comments(0)