<   2016年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

明日の狭山市楽市楽座に出店予定です

当初、仕事で出られないと思っていた明日の狭山市楽市楽座。昨日、急遽予定変更で、出られることになりました。

準備不足だし品物も多くはないけど…クリスマス前最後でもあるので、頑張って行ってみようと思います。

焼け石に水…的ですが、再び通勤かご編みもゆるりと再開。
e0151091_17371737.jpg
少し暖かくなってくれたら、言うことなしだなあ ^ - ^

by nicecuppatea | 2016-11-25 08:27 | Comments(0)

1週間経過

1日1日、日が過ぎていってピーチがいなくなって1週間が経ちました。ウチ中どこを見てもピーチがいるし、ウチの周りもそう。とにかく心がぼーっとしていたとしても、いつもやっていることをひたすらいつも通りにやっていこうと。

今日の朝は畑にサトイモを掘りに行き、その後は多摩湖のジョギングも。ひたすら粛々と。狭山湖畔は霧の中。なんだか天国みたいな。
e0151091_20131202.jpg
昨日土曜日は、今月2回予定されている狭山市楽市楽座の開催日でした。今日だったか。正直、頭にまったくなかった…。しかも雨。とりあえず、中止の連絡はなかったので、行ってみて雨だったらその場で、「テントがないのでこの天気だと無理ですんで帰りますm(_ _)m」って言って帰ろう…とやる気のないことを考えながら会場に到着。

雨天で、そもそも30店ぐらい出店する予定だったヒトタチのうち6店舗ぐらいしか来ていなかったみたい。「テント、お貸ししますよ」といわれ、ダンナは出店に焼きそばやがいるのを見つけ、「雨も小ぶりになってきたし…出るか」ってなかんじで、とりあえず出店。しばらく編みためていた小さなカゴや、この秋中、ダンナと私で拾い集めたクルミ。
e0151091_20150399.jpg
e0151091_20151552.jpg
ほとんどお店が出ていない中、ぽつんとカゴを売るカンジだったので、そんなに売れないだろうなぁ、と思っていたけれど、中にはよく立ち寄って下さる方がいたり、ブログを読んでいて下さる方がいたり。そんな方々とPの思い出話や権蔵のことを話ができる時間は、ありがたいものでした。とにかく、いつもと同じように、やることなんだな。

帰りにはお隣同士だった、埼玉の小麦をつかって焼いているパン屋さんが、「雨で売れなかったので」っていってたくさんパンをお土産でくれた♪
e0151091_20154784.jpg
最近、夜になるとPの写真と花の前で、ダンナと献杯する日々。イチジクとクリームチーズのハードパンは、甘めの白ワインに合っておいしかった。

今は、1日1日、1つひとつ、過ごしていく事だな。大切なことは、変わらないはずだから。




by nicecuppatea | 2016-11-20 20:19 | Willow Cottage | Comments(2)

そういえば

ここのところの一連の出来事のながれの中で、報告しなかったのですが…

山中湖に行く前にダンナが拾ってきた白猫のハチ(仮名)は、私たちが山中湖へ行く際に、下の獣医さんへ、健康チェックや里親探しを兼ねて預けていったのでした。(事情をよくよく知っていた先生が格安で預かってくれた♪)

先々週の土曜日、山中湖で仕事をしている最中に、獣医さんから、「10年以上ウチに通っている猫を2匹飼っているご家族で迎え入れたいという申し出があり、今日トライアルに出ました」という連絡がありました。
e0151091_20432086.jpg
写真を撮った頃はまだ目がクシュクシュでしたが、この後すっかりキレイになって、肩の上で寝たりするカワイイ猫になったらしい。HIVなどの検査も陰性、餌を変えたら下痢も治ったとか。

先住猫のベンガリキャットとアメショーが気が強く、「シャ~~!!!」といって数日受け入れてくれなかったとのこと。ただ、ハチが全く気に止めたかったらしく、結局威嚇するのが馬鹿らしくなったようで、何も言わなくなったんだとか。その後、しばらくして一緒に追いかけっこをして遊ぶようになったらしいです。

季節や雰囲気を反映して、新しいご家族で「小春」という名前をもらったそうな。

よかったなぁ、ほんとに。きっと、幸せになる。

先々週の土曜日といえば、ピーチが「今晩で…」と言われた日。
ネコもイヌも…何かと巡っていくんだな、と感じます。

ピーチは今頃、チビ太に会っているだろうか。
e0151091_20455093.jpg

by nicecuppatea | 2016-11-16 20:48 | 毛玉たち | Comments(2)

空へ。

今日が日曜日でよかった。本日朝10時に、ピーチを荼毘に付しました。

部屋に寝かせたピーチは、まったく「病気で痩せた」という雰囲気がありません。最期は脾臓が肥大して、そこからの出血がお腹中にたまってしまったようで、むしろお腹がパンパンで重そうでした。体重は数か月前より2キロ増えていました。苦しかっただろうな。

でも全体的に肉付きもいいし、毎日生鶏手羽を勢いよく食べていたからか、骨も丈夫そう。印象だけど。大好きだったローストしたレバーのスライスと焼き芋、クロワッサンと柿を持たせました。
e0151091_17481290.jpg
いつもみたいに大好きな耳やマズルの匂いを嗅いでみたり。
e0151091_17430674.jpg
e0151091_17442045.jpg
火葬場は、昔仔猫のムギを拾ったところ。林の中の私たちの日々の散歩道にあります。あまり豪華な建物ではないけれど、なんだか日常の生活の中で空に昇って行ったみたいで、それはそれでよかったのかなと。

小春日和の澄んだ林の空気の中で、陽炎がたって、熱気が空に向かっているのを見て、これに乗って虹の橋のたもとにいったのかなぁ、なんて。写真はブレブレだけど。
e0151091_17515836.jpg
また、会えるまで。



by nicecuppatea | 2016-11-13 17:55 | ピーチ | Comments(4)

本当に、奇跡だった。

今朝、6時過ぎ、ピーチが旅立ちました。
e0151091_19071648.jpg
不思議なもので、怒涛のような悲しさが一気に押し寄せてくるカンジではなかった。

すでに「後の時間は利息」と思ってありがたみをかみしめていたし。

昨晩は一晩中苦しそうで、ずっと横で寝ながら吐息を聞いていて、正直、もうそんなに頑張らないでいい、と思っていたところでした。

そんな時でも、私がなでたり、お腹を触ったりすると「いい」って感じで、そこから遠のいていくのがピーチでした。とにかくまっすぐに甘えるタイプじゃなかったから。

それでも最期を土曜日にしてくれたのは彼女の配慮だったのかも。最期は抱いていることができました。こちらに悔いの残らないようにしてくれたのかもしれない。

山中湖で、もう駄目だと思った後、1週間、今考えてみても本当に奇跡のように私たちと一緒にいてくれました。そして、まったくチビ太の時と同じように一度復活して「もう一度…」と思えることは全てやってくれた。

自分の足で歩いて、帰宅する私をバス停までお散歩で迎えに来てくれたり、
今年いっぱい作った好物のサツマイモを焼き芋にしたらおいしそうに食べてくれたり、
寝るときに私の布団にもぐってきて一緒に寝たり、
おもちゃを咥えてもってきたり。

そう考えると、今は悲しみより、感謝。そしてもう苦しまなくていいという安堵。ほんとうに、ほんとうに、ありがとう。
e0151091_19074714.jpg
涼しい部屋に寝かせたあと、夜はダンナとピーチに献杯。最後まで寄り添ってくれたエビ蔵もウミ家を代表して参加してくれた。
e0151091_19080196.jpg
今晩は、ひたすら思い出に浸ろう。






by nicecuppatea | 2016-11-12 19:09 | ピーチ | Comments(6)

オトコたちのチカラ

山中湖から帰って来て以来、ウチ中がピーチ介護モードに突入中。

どれだけの期間になるのかはわかりませんが、限りある時間を少しでも穏やかに、物理的な負荷を少なくして、楽しく過ごせるようにと無い知恵を絞っています。ここで男をあげているのが、我が家の「蔵コンビ」つまり、権蔵とエビ蔵。
e0151091_21220728.jpg
山中湖でもそうでしたが、気がつくと寝ているピーチのそばにぴとっとくっついているのはこの蔵コンビ。何かパワーを送っている…と見えなくもない。ま、柔らかくあったかいものにくっつきたいだけ、とも見えますが…。
e0151091_21225101.jpg
日々の散歩が困難になってきた今、排泄や獣医さん通い、少しの運動をどうやって継続するかは大きな課題です。そこで活躍しているのがこの、大型犬介護用の台車。
e0151091_21231965.jpg
四年ほど前、ジョンソンタウンのワンデーマーケットに初めて権蔵を連れて出店した際、お客様から譲り受けたものです。その方は権蔵がウチに来た経緯を聞いて「最近ウチのゴールデンが死んでしまった。介護するつもりで買った台車やフードを使う間もなかった。処分しきれなくて持っていたがこういうお宅で使ってもらえたら」とおっしゃって下さり、台車やフード、ホイスト付きの散歩補助具などたくさんの介護用品を初対面の私たちに下さいました。今まで部屋の片隅に置いてありましたが、広げてみるとこれが優れもの(しかも高そう…)今、夜の散歩ではここにクッションを敷いてピーチを寝かせ、エレベーターで一階に降ります。
e0151091_21235628.jpg
20メートルほど先の公園までゴロゴロ台車を転がして行き、そこで台車から降ろして少し自由散歩。楽だねぇ。

これもある意味、権蔵からピーチへのプレゼントなのか。

さすが「蔵コンビ」の長、出来たヤツだ。



by nicecuppatea | 2016-11-09 07:57 | 毛玉たち | Comments(6)

突然。

毎年お世話になっている災害救助犬トレーニングセミナーの通訳で、昨日まで広島県の神石高原、山梨県の山中湖畔に滞在していました。
e0151091_12471688.jpg
土曜日、仕事中にダンナからメール。午後のトレーニングを見に来るといっていたけれど、「ピーチの具合が悪いから病院つれていくかも」そしてその後すぐに「だめかもしれない」

聞くとお腹がパンパンに張って、歯茎が真っ白で立てなくなったとか。

ダンナが駆け込んだ地元の獣医さんの診断によると、脾臓の腫瘍が破裂して出血したことで貧血になったのだとのこと。実は2週間ほど前から、ちょっとお腹がでてきた、とダンナと言っていたところだったのです。出張前に獣医さんに見てもらったけれど腹水ではないだろうということで、帰ってきたら血液検査をしてみましょう、と言っていたところでした。たまっていたのは腹水ではなく、血液でした。

ピーチはもう14歳4か月。不整脈もあり、いまから外科的な処置をするつもりはなく、その晩、みんなで看取るつもりで宿に連れて帰ってきました。

いつも落ち着きのない権蔵も、何か感じるところがあるのか、ぴたりとくっついて寝て。
e0151091_12423243.jpg
エビ蔵も。
e0151091_12432351.jpg
ただ暖かいところにくっつきたいだけなのか…
e0151091_12434498.jpg
ちょっと迷惑かも。
e0151091_12424948.jpg
でも気が付くと何となくみんなが集まり…
e0151091_12412947.jpg
気が付くと、夜が明けていました。夜を、生き延びた。
e0151091_12435843.jpg
私の仕事の終了後、一泊してツル採りをするつもりでいましたが、計画変更で仕事が終わった昨日深夜、少しでも状態が安定しているうちに…と車を飛ばして帰宅。

そして今朝。なんとか自分のチカラで歩いて立派なウ○チもしたし、やわらかいフードも食べました。なんと、おもちゃを咥えるまでに。
e0151091_12420753.jpg
今朝、かかりつけの獣医さんに連れて行ったところ、おそらく出血がそれほど大きな血管で起きなかったので、生き延びたのだろうと。悪性の腫瘍があることに変わりはないので、状況が変わったわけではないですが、昨日でお別れだったのだろうと考えると、夢のようなはなしです。どれぐらいかはわからないけど、もう少しだけ猶予をもらえたのですから。

「体力があったということでしょう。もう年齢的には今日何が起きてもおかしくない年。それまできちんと、散歩や栄養ある食事をしてきたことでもらえた利息ですよ。」

利息。あまりウチには縁がないものだと思っていたけど、こんなにうれしい利息はない^^;

うかれず、しかしひとつひとつの出来事を存分にかみしめて、もらえた利息を最大限に使いたいと思います。

by nicecuppatea | 2016-11-07 12:53 | ピーチ | Comments(4)