<   2016年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

シンメトリ

双子はシンクロする…という説をウチでは実証し続けていますが…
e0151091_22242024.jpg
e0151091_22235757.jpg
血のつながってない方も頑張っているのですが…
e0151091_22290959.jpg
e0151091_22293028.jpg
やはり血のつながりには勝てないか…
e0151091_22275945.jpg
e0151091_22240736.jpg
今日はこれから終夜勤務。この間まで8時前に寝ていた私、夜11時30分から果たして仕事になるのか…^^;;

by nicecuppatea | 2016-09-28 13:53 | 毛玉たち | Comments(4)

ファーみたいなミニチュアバスケット

先週末にふと思いついたミニチュアバスケットのデザイン。ひとつ、今まで自分でなんとなくずーっと考えていたことの解決策になりそうな。

様々な自然素材を使うことで、色や質感の違いの妙でいろいろな模様や雰囲気がバスケットに浮かび上がるのが楽しくてバスケットを編んでみているのですが、フレームバスケットにすると、その色の移り変わりが一番よくでているところは、バスケットの「底」に近くて、あまりよく見えないのです。我ながら、もったいないなぁ、と思うことがありました。

昨日試した編み方だと、自然素材の色や質感の違い、模様の妙などを一番見える「側面」にもってくることができます。ちっちゃいけど。昨日は葉っぱの柄とトウモロコシの皮で編んでみましたが、本日もちょっと電車で遊んでみることにしました。で、つかったのが、古いバスケットをほどいたときに出た、細いシダレヤナギの先端部分と、おとといジョギング帰りに試しに摘んででみたススキの穂、一本。この一本は、何本ものホワホワの穂で出来あがっています。
e0151091_22195985.jpg
そのホワホワを1本づつくずして、それをヤナギと交互に編みこんでみたのがこれ。
e0151091_22193965.jpg
ちょっと冬のコサック帽みたいな感じになりましたかね。

なんか、楽しい~♪

by nicecuppatea | 2016-09-27 07:23 | バスケット編み | Comments(0)

都会にある身近な素材で編めるミニチュアバスケット

昨日、編み材になる太くて長いつるが少なくなってきたなー、と思いつつ部屋を眺めていた時にでてきたのが、去年拾っておいた街路樹のカエデの葉っぱの柄のところ。トウモロコシの皮もある。この間駐車場でとってきたヒメツヅラフジもある。
e0151091_18513308.jpg
どれもこれもコシがなく、かつ短い素材なので、うまく編めるのはミニチュアバスケットぐらいでしょう。

でも編んでみたら、カエデの赤がトウモロコシの皮の白とコントラストがある、ちょっと気に入ってしまいそうなミニチュアバスケットが完成。
e0151091_18503996.jpg
あらステキ♪と写真を撮っていたら後ろに写り込んできたヤツ。
e0151091_18504843.jpg
ポイントは、細くてコシのない素材でも使えること。それは田舎にいなくても、台所のモノや、庭のモノ、街路樹から落ちたものでも十分つかえるということではないかと。コツは、色の違いが目立つ素材を選ぶこと。また、双方素材の硬さがあまり違ってもうまくいきません。今回はトウモロコシの皮を縦3分の1ぐらいに裂いたものと、カラカラに乾かしてから、折れない程度にやわらかくなるぐらい水につけてもどしたカエデの葉柄を一緒に使います。あまり水につけすぎると水を含み過ぎて編んだ後に縮むし、お湯につけると柄の綺麗な赤い色が茶色くなっちゃうことも判明。

そんなことに気を付ければ他にも色々使えそう。一番手軽なのは今の時期、猫じゃらしなど穂のついたイネ科の雑草の茎のところじゃないかな。乾かすと金色っぽくなります。葉っぱの柄と同じような感じで水につけて使用可能。2,3本束ねてつかったらちょっと太さも出るし。穂の部分ももしかしたら編みこめるかも。あとは大きな葉っぱの「柄」のところ。カエデは柄が長くて色がきれいに残るから重宝していますが、他の葉っぱでも。
e0151091_18523107.jpg
e0151091_18524045.jpg
赤白バージョンでない別の色のバスケットも試してみよう…と思うと、また電車の通勤時間が楽しみになるなぁ。

by nicecuppatea | 2016-09-26 20:11 | バスケット編み | Comments(0)

9月の狭山市楽市楽座に出店しました

お天気が微妙でしたが、昨日はとにかく狭山市楽市楽座に出店!

全然売るものがないなぁ、と思い先週のシルバーウィークはかなり編みこんだのでした。それをすべて出した結果がこれ。
e0151091_18123674.jpg
空の下では自分は何かと小さく見えます^^

とにかく単なる賑やかしかもしれませんが、「刈り取った自然のもの」はすべて持っていってみようということで、スカスカのトウモロコシだとか、実を採ったタカキビの穂だとか、茎の折れたアジサイのドライフラワーだとか。
e0151091_18151911.jpg
e0151091_18153278.jpg
そういうもの、何でも入れてみると何となく受け入れてくれるのが自然の素材で編んだ籠の寛大なところ。

結局、午後1時過ぎには雨が本降りになり、撤収となりましたが、オーダーを頂いていて足かけ4か月もお待ち頂いてしまった方にも無事お渡しが済み、ホッと。

さて来週はジョンソンタウンのワンデーマーケットに出店予定です。おかげ様で半日だったけど結構たくさんのカゴたちがお嫁入りしていきました。こうなるとまた張り切って、来週までに頑張ってまた編みためたいところ。

来週は真夜中に会社のITシステムを変更する作業で徹夜勤務があったりして、あまり週中にかごを編む雰囲気ではないかもしれませんが…。

金曜日、その作業に立ち会うため本社からはるばる来日していた女性たちと話をしていたら、日本のクラフトを買える店がないか…なんて言っていたから、宿泊している池袋でかわいい置物を見かけた、と言っていた「(いけ)ふくろう」のストラップと、いい匂いのするイグサのコースターなども手土産用に楽市で買ってみた。
e0151091_18190731.jpg
みんなが分刻みで動いて余裕がなくなりそうな今週、ちょっとでもほっとする話題作りになればね。

色々なアイデアを駆使して仕事もかご編みもなんとか乗り切りたいものです。



by nicecuppatea | 2016-09-25 18:22 | Willow Cottage | Comments(0)

明日は狭山市楽市楽座

陳列するものにも事欠く状態ですが、とにかく明日、狭山市楽市楽座の会場には行こうと思っています^^; ベリーも終わり、畑のものを収穫する時間もなく、寂しい店頭となりそうですが…

せめて、電車の中で残っていた手持ちのものをカゴにして見た^_^ ブルーベリーの小枝にツヅラフジ、カエデの葉柄、それに篠竹の割いたの。なぜ葉柄が通勤カバンに入ってるんだ。なぜ写真が左90°回転できないんだ。

e0151091_21084688.jpg

まあ、いいや。せいてもしょうがない。ゆっくり、楽しむための市ですもんね^_^

私の店頭は、ぜひ見に来て下さい…と言えるような状態ではないですが…手作り好きの方は秋雨の隙間に見られたら楽しい作家さんがいらっしゃるかと。

雨が降りませんように♪

by nicecuppatea | 2016-09-23 20:55 | Comments(0)

気が付けば秋真っただ中

なんだか随分間が空いてしまいました。

もうおばさんになってかなり久しいぐらいの年齢ですが、この歳になって、今まで一度もやったことのないような仕事を会社でやることになりまして…あ、いつもの仕事はそのまま続けているのですけど、ここ2,3か月の短気決戦です。何というか…「流れ弾」にでもあたったように、その仕事は降ってきて、何か自分のチカラの及ばない大きな渦の中で、日々抗っているような^^;

ま、ありがたいことです。

ただ、そんなこんなで少々ゆとりがなく、ウミ家と同居の我が家は汚れることはなはだしいのですが、掃除も行き届かず、猫が棚から落としたものはそのままになっており、料理もしないから食材も残り、とはいえ寝る前に食べるものだから体重は増え…と、雑な日々が続いております。

この3連休は、ジョギング、掃除、畑、そしてかご編み。木の枝、トウモロコシの皮、木の皮、草、草の実…と自然素材が山積みしてある通称「素材部屋」は、ウチの冷房から一番遠い部屋であることもあり、冷房嫌い、遊び好きのねこらの専用部屋のような様相になってきていて、ウチじゅうで一番荒れている部屋でもあります。散乱している素材を片づけるには、かごにするのが一番…というのが私の理論でして、かご編みもウチの片づけに一役買ってくれています。

荒れている部屋に、ジョギング帰りに見つけたヤマブドウ、ノブドウ、スイカズラのツルをさらに持ち込みます。秋は、ちょっと走っただけで、ツルやら栗やらくるみやら、拾ったり採ったりしたいものがあちこちにあるのが目に入ります。
e0151091_20355584.jpg
これ以上部屋を汚さない為には、できるだけ早くに葉っぱはむしり取ってベランダのプランターに、そしてツルはかごに編みこみます。

ため込んでいたブルーベリーの枝も使ってしまおう。フレームに曲げて、その間をヤマブドウ、ノブドウのツルでただいま編み込み中。
e0151091_20353856.jpg
私的にはこれも掃除の一環。なぜかヒトは秋になるとかごを買いたくなるのだという(笑)これもって今週末は元気に楽市楽座に出店しようと思います。


by nicecuppatea | 2016-09-19 20:39 | Willow Cottage | Comments(0)

屋上菜園パラダイス

前にも書きましたが、我が家の屋上は、いわば私の壮大なる実験の場^^ 土はないけど、だだっ広いスペースがあるので、ウチの前で集めた大量の落ち葉、畑の土、さんさんと降り注ぐ太陽を使って、生ゴミを分解しつつ肥沃な土で食物を循環させたい、と。

数週間まえ、プランターからウリ科らしい何かの芽がでてきました。通常かぼちゃを食べた後の種を生ゴミとして埋めると、大量発芽するのですが、よく見るとかぼちゃの双葉より若干小さ目で緑が濃い。ではキュウリか?というと、キュウリより葉っぱが大きく茎が太い。はて?

このように、屋上「生ゴミ菜園」は、でてきた芽がなになのか、時々すぐにわからないことがあります^^; 台風が去り、たくさん水分を含んだプランターでは、さらに大きくなったツルにいくつか実が付いていて、受粉したらしく少し膨らんでいました。
e0151091_21065345.jpg
これはどうも冬瓜っぽい♪ 去年、一度くらい買って食べたかな。屋上で生ゴミ堆肥から発生した冬瓜を育てて、食べる、という発想に、なにか心躍っています。

冬瓜だけでなく、いくら水をやっても屋上砂漠と化してまるで葉っぱが茂らなかった8月が終わり、台風が2つ過ぎ去ってみたら、十分水を吸ったプランターからは様々なものの芽がでてきています。

冬瓜の下からでてきたのは、たぶん唐辛子。
e0151091_21070470.jpg
スイカはそこら中から。
e0151091_21071837.jpg
ミニトマトはだいぶ取りそびれたから、房から落ちたものが集団で発芽。
e0151091_21073327.jpg
実は数か月前から生えてきて抜きそびれた梅や柿、去年さんざん採ったアケビやヤマブドウの子孫であると思われるものも。
e0151091_21084363.jpg
こうして考えてみると、普段の生活でなら「生ゴミ」として捨てているモノにも随分と命がはいっているものがあります。土に戻ればこうしてまた有機物を作りだすのだから。

スイカもトウモロコシも、季節上は今から生えてきても実がなるには遅すぎますが、適当に大きくなったところで引き抜けば、それはそれで、有機物堆肥として、土を肥やしてくれるでしょう。

トマトや唐辛子は、屋上の熱と、ビニールハウスかで何とか年末ぐらいに収穫ができないか試してみたいものです。

そんな風にして全部が屋上のプランターの中でまわっていったら面白い♪ まさに、パラダイス。




by nicecuppatea | 2016-09-06 21:10 | 屋上菜園 | Comments(0)

部屋の中心

今年のGWから6月の海外出張の前ぐらいにかけて、自宅でプチDIYと称して、ネコが増えたことだし、忙しくなることだし、ウチのモノを減らして綺麗に使用、と1か月ほど頑張った時期がありました。棚をつけたり、食品収納用の棚を作ったり、瓶づめの数を減らしてはみたけれど…

結局棚は、恰好のキャットウォークとなり、モノは蹴散らかされ、陳列棚というより猫導線と化し…
e0151091_20564942.jpg
食品はどんな高い棚に乗せても肉や魚の匂いがほのかにするのであれば、「フタ」をしないとむき出しには置けないことがわかり…

古い瓶詰は処分したけど、夏を過ぎてさらに新しいブルーベリージャムの瓶が増えたり…で、、ほとんど片付いていません。

ベリーシーズンが終わった今、上の課題を1つづつ腰を据えて解決しつつ、何とか「居心地のよい部屋」を実現しようと決意。その第1歩が「食卓」でした。

今使っている食卓は、昔々ダンナと一緒に住みだした頃に近くの文房具屋兼家具屋さんで飼った一人用机に、同じ高さで私が後に作った収納ラックを連結させたもの。いつかきれいにしようと思いつつ、私のなんちゃって木工では綺麗な机の天板など加工できず、かといって一枚板は高価すぎ、もう5年以上この状態…
e0151091_20571236.jpg
先月、マーケットでいつもご一緒する木工品を販売しているおじさんに「こんな天板だけを作ってもらえる?」と相談したところ、寸法、色、使い方、予算など全部希望をかなえて作ってくれました♪ 
e0151091_20574699.jpg
何より、知っている人が作ってくれたものであることがうれしい。なんだか物置だったような我が家のダイニングにひとつ素敵なポイントができたカンジ。

これを契機に窓もきちんと拭こう。猫のトイレに屋根もつけよう。窓から見えるベランダのプランターの雑草も抜こう。そして、そこを見越して、向こう側の公園の上を染める夕陽を見ながら気持ちよくワインの楽しめる食卓を目指そう!

…と、机の天板ひとつで昨晩からずっと気分が上がっています(^-^)




by nicecuppatea | 2016-09-05 20:59 | 暮らしのアイデア | Comments(0)

明日のジョンソンタウンワンデーマーケットに出店予定です。

しばらく間があいてしまいました。

調子に乗って昼休みに河原まで散歩になんか行っていたのですが、その後担当している仕事のアメリカとの調整が少々ツボにはまり、連絡を取り合う相手側との時差もあり、残業が続く日々^^; ベリーの収穫時期と入れ違いになってホント、よかった。

とはいえ、月に一度のお楽しみ。明日の入間市ジョンソンタウン・ワンデーマーケットにもカゴを持って出店したいと思います。先日すこしまとまったミニかごのオーダーを頂き、「編み感」も戻ってきたような。これから、季節だなぁ。
e0151091_19341062.jpg
ベリーはほんの少し、先週まで最後の実を摘みためて大切に冷蔵保管していたものを。今回は、畑の野菜、ジョギング中にみつけたトチノミや吾亦紅ももっていってみよう。「他に何をもっていこうかなぁ」と考える楽しみも、秋ならでは。

昔は四季の中では断然夏が好きだった。ワンズがシニアになって、我らがベリーに追われて…となってくるうち、涼しくて、ちょっと余裕ができて、色々なものが実る秋が、それまでより好きになってきた気がする。

単に、年のせい?




by nicecuppatea | 2016-09-03 19:35 | Willow Cottage | Comments(2)