<   2016年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

双子

双子の兄弟は何をやるにもシンクロする、と双子のヒトから聞いたことがあります。

それはなにも人間に限ったことではないらしい。
e0151091_20454110.jpg
聞くところによるとネコは同胎のきょうだいでも、お父さんはみんな違う、ということもあるのだそう。先に妊娠していてもその後に別のオスでかかれば、また妊娠するのだそうだ。

サビ柄のヒジキ、キジ柄のエビ蔵、白茶姉妹のアケビとウズラ、そして私たちは生きて動いているところを見ることがなかったほぼ白猫の風。ウミは3人(匹?)以上の男性とコトを成したのでは。ヒジキ、エビ蔵、アケビとウズラ(風は今となっては…。)

アケビとウズラは柄だけ見ても間違いなく双子。それだけでなく、先日もちょっと紹介しましたが、寝ても覚めても遊んでも、不思議なくらいいつも一緒。
e0151091_20465567.jpg
e0151091_20483924.jpg
巷では空前のネコブームとか言われていますが、その裏で不幸な猫、特に仔猫がたくさんいる、ということも事実。いつも姉妹でくっついて、こんなに大きくなってもまだお乳をすっているアケビとウズラを見ていると、なんか、少なくとも今ここには幸せの空気がたまっている…ような気がする。

同胎ではあるけど、ゼッタイ異父兄弟、と断言できるエビ蔵は、ひとりでもいいらしい。人間のそばにくっついてさえいれば。私の通勤カバンに入ってため息ついて目をつぶりました。
e0151091_20502859.jpg
明日、一緒に会社に行こうか。
e0151091_20503592.jpg






by nicecuppatea | 2016-06-29 20:51 | 湖(うみ)一家 | Comments(2)

畑作業の対価

昨日の続きです。
豊作のことばかり書いたけど、実は今年初めての犠牲者も発見。

昨日、網をかけておくべきだった…(- -;)
e0151091_20583868.jpg
たくさん採れたけど、あまりに傷みやすくて自家消費以外に行く先のない完熟ラズベリー、その昨夜の消費方法がこちら。

e0151091_20572340.jpg
お友達が作ってくれたリモンチェッロと形の崩れた赤いラズベリーをミキサーで混ぜた後、炭酸で割って、レモン風味のかき氷「サクレ」半分をトッピング。

勝手に高級な店でカクテルを頼んだ気分♪

週末を締めるのに最適でした。

by nicecuppatea | 2016-06-27 20:59 | おいしい実 | Comments(0)

梅雨の合間のベリー採り

週末は、というかいつも、無意味に朝が早い我が家。夏至の頃だというのに太陽より先に起きだして散歩。
e0151091_15591033.jpg
夜行性のネコらの運動会で人間が起こされ、その時間に合わせて散歩に行くため、飼い主に起こされる老犬…という構図(^^;

ワンズの散歩、ネコらの朝食、洗濯が終わったらワンズたちと一緒に畑に。そう考えると「早起き」も全く無意味ではないですね。

ウチの畑に今実っているベリーのうち、ブラックベリーはそろそろ終わり。グーズベリーは色づいてきたころ(未熟でも完熟でも刈り取れますが、完熟してもウチの株は味が薄くておいしくないのが玉にキズ)、そしてラズベリーとイエローラズベリーは今からまさに旬、そしてブルーベリーは早生種の収穫が唐突に終わろうとしています。

ブラックベリーはもうぐちゃぐちゃなので、ウチのジャム用に何もかも、撤収。
e0151091_15593250.jpg
ウチでリンゴと一緒に煮ました。これは来週、ランチ用に会社に持っていってヨーグルトと食べよう。
e0151091_15594427.jpg
イエローラズベリーは、赤いラズベリーと比べると繊細な味。種もあまりツブツブと口に残らなくて、ラズベリーとしては食べやすい方ではと。ただ、皮が薄いらしく、収穫したあとで傷むのはあっという間。ちょっとの刺激でもすぐに皮が破れてぐちゅぐちゅになってしまいます。昨日の朝収穫したものはその朝のうちに、焼き菓子屋の「ガトーb」さんの店頭に持ち込み、販売してもらいます。小さいパックにつめて、気持ち、殺菌のつもりでペパーミントの芽のところを少し。
e0151091_15595697.jpg
雨が降らず、気温が高めだったからか、今朝はすでにまた山ほど黄色くなってて。
e0151091_16000694.jpg
これはもう行先がないから~、当てもなく冷凍。やっぱり、冷凍ラズベリーなら鮮やかな色の赤が求められるんですよねぇ。ベリー園づくりの戦略の段階で、間違えました。

来週の日曜日は2か月ぶりの入間市ジョンソンタウンのワンデーマーケット。ちょうど、この週末はブルーベリーの収穫が全くないのが毎年のカレンダーまわり。イエローラズベリーはたくさん熟していると思いますが、雨が降ると、とっても傷みやすくて、とてもヒトサマに販売できるようなシロモノにはなりません。

木曜日ぐらいから晴れてくれないかなぁ~

by nicecuppatea | 2016-06-26 16:05 | おいしい実 | Comments(0)

それぞれの個性

そろそろウミっこたちも4か月。だんだんそれぞれの個性がはっきりしてきました。

生まれた時はオス一匹で、体が大きくいつも一番いい場所のお乳を占領していたエビ蔵。目力が強くてやんちゃっぽかったからそう名付けたのに。
e0151091_13091821.jpg
とにかく大人しい。他の3人姉妹がものすごく暴れ者なのに、暴れている妹たちを外からじーっと眺めていているだけで、自分は輪ゴムを見つけてひとり遊びしてたり…
e0151091_13130831.jpg
ピーチや我らにくっついて寝たがったり…
e0151091_13141026.jpg
長生きしてくれればいいと願うばかり(^^;

アケビとウズラの白茶姉妹はいつもいっしょ。寝る時も…
e0151091_13152704.jpg
起きる時も…
e0151091_13154595.jpg
ハタキで遊ぶときも…
e0151091_13161422.jpg
遊び疲れてまた寝るときも…
e0151091_13163571.jpg
気が強いアケビと、おっとりしたウズラ。だから仲がいいのかな。

さて、もう一人のヒジキは…動きが早すぎて起きている時は写真にとれず、寝ている時はどこに顔があるのかサビ柄でよく分からず。閲覧に耐える写真がまだありません・・・

一番の荒くれものだけど、ダンナによると、心を開くと自分から膝の上に乗っかってきたりするらしい。私にはまだそんなところは見せないけど。

「群れ」で生きている仔猫たちは、人間との関係構築は1匹飼いより時間がかかるかも。なんだか我が家の「生態系」感が一段と強くなってきました。


by nicecuppatea | 2016-06-25 13:18 | 湖(うみ)一家 | Comments(0)

母仔の関係

ここのところどうもアップも滞りがちでご無沙汰しております。

ウミっこたちはこんなに大きくなったのに、いまだに1日数回、「お乳タイム」があります^^

e0151091_20410710.jpg
子猫たちはいまだにまとまって寝ていることや遊んでいることが多いですが、母であるウミは最近あまりベタベタせず距離感を保つようになりました。子猫がある部屋でかたまって遊んでいたら、外の廊下でそれとなく様子を見ていたり。で、1日数回、「ぅうあ~~ぉ、ぅうあ~~ぉ」と触れ回りながら歩くと、仔猫たちはそれまでやっていたことをやめ、一斉にウミの方へ走りだし、集まってきます。それから「ゴロゴロゴロゴロ…ゴロゴロゴロゴロ…」と、ものすごく大きな音をたてながら乳を吸います。獣医の先生曰く、もうこの時期のお乳は水みたいなもので、栄養もないらしいんですが…

スキンシップなんでしょうか。他ではあまりゴロゴロ言わない仔猫たちがびっくりするほど大きな音を出しながら、目をつぶって乳をくわえて飲んでいるんですから。
e0151091_20500401.jpg
ウミはウミで、みんなのアタマを舐めたりしています。子離れしなていないようにもみえるけど、きっと成長に伴って距離をだんだんとりながら、絶妙のスキンシップのレベルを保っているんでしょう。

最近、ネコゴハンの置き餌を辞めました。チビ太1匹の時はそれでよかったけれど、そりゃあ、5匹に食べられ続けたんじゃ際限ないので。早朝、人間が目覚めた時、お昼、そして就寝前が主なタイミング。みんな、缶詰やプラ容器の音がすると、ものすごく反応して食卓に詰めよってきます。5つのお皿でみんなで食べるのだけど…
e0151091_20504834.jpg
ウミは必ず子供たちが食べているのを下で黙ってみています。で、みんなが食べ終わるまで自分では食べ始めない。

これも本能というものなのか。

それにして、何事も展開が早いな。




by nicecuppatea | 2016-06-23 20:51 | 湖(うみ)一家 | Comments(2)

どこもかしこもベリー…

畑で採ったベリーをどうするかというと、ざるに広げて涼しいところで室温で一晩置きます。そうすると、余分な水分が乾き、虫食いのものや、キズがついたものはさらに水分が抜けてシワしわになるから、容易に見つけて選別することができます。

キズモノ、熟しすぎたベリーなどは、自家使用となりますが、その量も日に日に増えるし、使い方も荒っぽくなってきます。

畑から帰ってきて体がほてっていると欲しくなる、夏の一品。
e0151091_16184371.jpg
大好きなこのかき氷にちょっと盛ってみる。
e0151091_16190391.jpg
なかなかゴージャスな気持ちになれる一品でした♪

今年のベリー作業は、どこで乾かすか、作業するかが問題。どこに置いても、どこでパック詰めしても…
e0151091_16201185.jpg
やーめーてー
e0151091_16213097.jpg
でもこの顔見ちゃうとね。




by nicecuppatea | 2016-06-12 16:52 | おいしい実 | Comments(0)

いきなりピーク!

始まった…と思ったら、あっと今に早生種の収穫のピークを迎えました。ブルーベリーは一つづつ、小さな実を摘み取るので、木が真っ青…になっているようなピーク時は、その1本からの収穫だけでもかなり時間がかかります。今日は二人で2時間半ほど無言で収穫してだいたい5キロぐらい。
e0151091_14172139.jpg
ワンズは木の下でいい子に待っています。虫が食った実があると、それはワンズに。いや、実はちょっとでも虫がかじったり鳥がつついて水分が半分抜けたシワシワな実は、ドライフルーツのように甘くなるんですよ。ダンナは「鳥病が移りそうでイヤ」といって食べませんが、私は自分でも食べますよ。ワンズも酸っぱいものより甘いものが好きだから。(虫食いさえ残さない我が家・笑)
e0151091_14175293.jpg
まだ後から後から花が咲いているラズベリーの木の周りで耳を澄ましていると、ミツバチやマルハナバチがブンブン言っています。仕事、がんばって~。
e0151091_14182147.jpg
e0151091_14183473.jpg
その場でパックしてブルーベリーと採ったばかりのブラックベリー、ラズベリーはいつもベリーを使ってもらっている焼き菓子屋「ガトーb」さんに持ち込んで、店頭に置いてもらいます。
e0151091_14215158.jpg
e0151091_14213844.jpg
手前味噌だけど、並んだベリーってかわいいよなぁ(^^)♡

明日も、農家です。


by nicecuppatea | 2016-06-11 14:23 | おいしい実 | Comments(0)

未明のバスケット編み

まだまだ、夜明け前のウミ一家の大運動会は毎日続いています。

我が家の生活パターンは本当に一変。私はとにかく残業をできるだけしないでウチに帰り、ご飯を済ませ、必要最低限のことをしたら出来るだけ早く就寝。9時~10時の間ぐらい。で、毎朝、猫の運動会がだいたい3時45分ぐらいから始まるので、そのタイミングで置きだして、部屋の片づけやら、カゴ編みやら、ベランダの水やりやら…。

今日、朝イチで「素材部屋」を覗くと、先日、畑から採ってきて葉っぱをむしり、輪っかにしてあったブラックベリーの枝(シュート)がもてあそばれて床に散乱していました。

嗚呼。
e0151091_17391718.jpg
ブラックベリーのシュートは1日に数センチ伸びるとも言われている、ものすごく成長が旺盛なもの。成長が早い時期の植物というのは、それだけ水分をたくさん含んでいるので、柔らかいし、乾いたときに、縮み具合が激しい…ので、ブラックベリーのシュートも、採ってきてすぐにかご編みに使うと、1週間後には編んだカゴがグラグラになるぐらい、編み芯が痩せてしまいます。

ということで、火曜日に採ったシュートは意図的に数日間放置してました。今朝あたり、かなり水分が抜けたけれど、まだ曲げてもぽきっと折れない…ぐらいの絶妙な乾き具合になったので、未明のかご編みに挑戦。
e0151091_17402767.jpg
うまく言えないですけど、「木」というよりは「紙」を編んでいるような感じですね。ねじったりすると、その「跡」が、まんま残ってしまう素材なので、できるだけ、触る回数を少なくして編んでいきます。つまり、やり直しとか、折り曲げる場所や回数を極力少なくして…。ざっくり素材のざっくりバスケットが、一応、完成。
e0151091_17405141.jpg
今はきっちり編んであるように見えるけれど、あと1週間ぐらい放置すると、だいぶ編み芯の間がスケスケになってくると思います。そうしたらまた少し編み芯を足して隙間を埋めていきます。

それにしても、畑で持て余していたツルで、結構簡単にかごが編めたことは、喜ぶべきこと^^ 念願の、「ベリーの木で編んだかごにベリーを入れたもの」が、次のマーケットではたくさん陳列できるかも。

by nicecuppatea | 2016-06-10 18:45 | バスケット編み | Comments(0)

ベリーシーズン、スタート!

さて今年も、この時期がやってまいりました。大抵恒例のアメリカ出張に出かけている間にブルーベリーの収穫が始まります。私はベリー摘みは今日が今年初。
e0151091_18590548.jpg
ブルーベリーはオーナーさんが植えたものの収穫や販路の拡大を任されて毎年行っている形ですが、自分たちの畑にもっといろいろなベリーを植えた「ベリー園」にしたい!と数年前から様々のトライをしています。

カラント類は、乾燥気味で涼しい気候を好むのですが、ここでは実を付けて、木が疲れたところでやってくるのがじめじめの梅雨。その後にやってくる埼玉内陸部の猛暑もこたえるらしく、毎年ほとんど木が大きくならず、実も一房しかなりません。
e0151091_19020160.jpg
今年初めてなったカシス、いわゆるブラックカラント。これっぽっちしかなりませんが、今までで実が付いたのは初めて!
e0151091_19032262.jpg
ブラックベリーはこれから数週間が収穫ピークか。今日みたいな霧雨が続くと、すぐカビてしまうので、早め早めに刈り取ります。
e0151091_19025304.jpg
ベリー類は前の年に伸びた枝に実をつけますが、その間にもどんどん今年の枝が伸びます。ものすごい早さで回りに広がり、他の苗が覆い尽くされそうなので、遠慮せず、ガンガン切ります。
e0151091_19010729.jpg
e0151091_19084753.jpg
その場で葉っぱしごきとり、苗の株元のマルチに。枝(シュート)は、半乾きになったところで、ベリー販売用のカゴ作りに使用してみる予定です。上手く使えたら、ベリーのツルでつくったカゴでベリーを売れるなぁ。

今年もくだらないことをやっているのかなあ、でも、食物を採るって、最も本能に近い作業だよなぁ、きっと毎年これを続けていくんだろうなぁ。

先日の出張中、最後のイベントを翌日に控えた夜中、大切な友人が遠くに旅立ったと、日本から連絡がありました。子供のいない私は、気分的には学生の頃とほとんど自分が変わっていない気がしてしまうのですが、彼女は素晴らしい家族を作っていたのだと、今更ながら知りました。面影が残る立派に育ったお子さんたちをみて、彼女の精神は間違いなく次世代に引き継がれているのだとわかりました。

私は、これからの時間、何に、どう使っていくのだろう。

…なんて、漠然と考え続けた、今年初のベリー摘みでした。



by nicecuppatea | 2016-06-07 19:13 | おいしい実 | Comments(0)

イマドキのつながり

昨日、10日ほどの出張から戻ってまいりました。毎年この頃に書きますが、6月の恒例社内総会的なイベントで。仕事のことはさておき、いつも色々と人とのつながりや「縁」について考える機会が多いイベントです。

今回、全イベントが終了した後、同僚通訳のクルマに同乗して買い物に行った帰り、公共バスで帰ろうと思ったらどうも思っていたのと様子が違って、帰り道がわからず困っていました。とりあえず近くの大学まで帰る、大学のシャトルバスに乗ろうと待っていると「こんにちは、日本の方ですか?」と若い男子に声をかけられました。どうも同じ会社のイベントで来ている日本人ではないらしい。でもこんな田舎に住んでいる日本人がいるのか…?

聞けば地元の大学に留学している日本人の大学生さんとか。バスでの帰途、 交換留学で1年間ここの大学に留学してること、日本の大学の同級生たちは海外に出たがらないけど、自分はできるだけ日本人の少ないところに留学して色々経験してみたかったこと、将来は日本の食品を輸出する仕事をしてみたいこと、など色々話してくれました。最近の学生は内向き志向だとよく耳にしていたので、そんな若者の話を聞きつつ、おばさんは何となく応援したい気持ちになり、気が付けば、自分が語学を勉強しよう!と思いたったことで、世界中に友達ができたこと、仕事ももらえたこと、自分の考えを形作るとても大きな要素になってきたこと、だから周りが何といおうと、外に飛び出して経験した事、語学力、友人はきっとものすごい財産になることは間違いないと思う…と、ちょっと熱めに語ってしまった^_^

男子は、わざわざ私たちの探しているビルまで地図を見ながら自分で案内してくれました。その間、気が付いたら自分の会社の宣伝までちょっとしてた自分にもちょっとびっくり。帰り際にはFacebookの名前だけ交換しました。そうか、最近は住所や連絡先を書いて交換することも、メールアドレスを交換する必要もなくなってるんだなぁ。

こうして簡単に世界中どこにいても繋がることができるツールができたことは素晴らしい。でも、それが実際にそこに行って、空気を感じて、音を聞いて、食べ物を堪能して、そこの人に会う、という機会を「持たなくてもいい」と感じる理由になったとしたら、それはちょっと悲しい。

帰ってきたら、ネコらはちょっとおっきくなってて…
e0151091_17253561.jpg
権蔵は、クレートがネコらに占領されるので、(そうすると権蔵が譲ってしまい、寝る場所がなくなるので)、仔猫たちが恐れている「掃除機」をボディガードに寝ていました。これで仔猫たちにクレートを占領されず安眠できてるらしい^^ ま、仕方ないか。
e0151091_17262001.jpg
私はまた、夜明けのネコのF1レースが行われる我が家で、日常生活に戻ります。



by nicecuppatea | 2016-06-06 17:32 | 会社のこと、通訳のこと | Comments(0)