<   2016年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

明日のジョンソンタウンワンデーマーケットに出店します

色々なことが起こる割には書ききれていない今日この頃。前回のマーケットから随分と時間が開いた割には、あまり編みためられておりませんが…
e0151091_20025883.jpg
明日もジョンソンタウンのワンデーマーケットに出店させて頂く予定です。小さいバスケットばかりをチマチマと編んでいます。

日に日にパワーアップする仔猫たち。考えてみれば子猫とツルは相性なかなかよし…というか、ああいう、長くて先っぽが動くようなものは放っておかれません。
e0151091_20223447.jpg
一方、私が知らない間に、ダンナが私のターコイズのネックレスで子猫を遊ばせるという暴挙にでて私の怒りを買います。が、ウズラはいたって上機嫌。

「ねぇ、ブルーのヘビは?」
e0151091_20180108.jpg
ヘビじゃないからね。

最近は、4匹固まって寝るばかりでなく、ひとりひとり、気に入ったところで独り寝もするようになってきました。でも、朝になるとどこかでみんなまとまって寝ている。その場所を探し当てるのが毎朝の日課^^ 今日は猫タワーの一番上の箱の中でした。
e0151091_20250336.jpg
明日は一日留守にするから、お留守番頼むね。
by nicecuppatea | 2016-04-30 20:25 | Willow Cottage | Comments(0)

大運動会

そろそろ動きが活発になってきたから、子猫たちをクレートの外にだそう…

と、思ったのは先週水曜日頃でした。最初にクレートの外に出た時はみんな及び腰でちょっとヨロヨロ、恐る恐る周りの匂いを嗅いでいるだけだったのですが。

今。真夜中にモモンガのように飛び回りながら4匹の仔猫の大運動会が夜な夜な催されております(- -;)とても写真にはなりませんが。おかげで人間はずっと睡眠不足…

スイッチが入ってウチじゅうを飛ぶように走り回ること10分ほど。するとウミママがうわぁーん、うわぁーん、と言いながらこれ見よがしにみんなの前に寝そべり、「飲みなさい」という感じでお腹を出します。すると…
e0151091_21213303.jpg
で、その後子猫たちはいっせいに深ーい眠りにおちます。このハイパーと熟睡の振れ幅が大きくて、目まぐるしくて、いつまでも眺めていられます。

ワンズとの距離はというと…
e0151091_21331205.jpg

e0151091_21335815.jpg
基本、体温のあるものにくっついていたいらしい^^

運動会での仔猫の行動範囲は、どんどん広くなり、高くなっています。昨日遂に…
e0151091_21323074.jpg
チビ太ぁ、ごめんよ。見守ってくれるかね?

by nicecuppatea | 2016-04-25 21:42 | 湖(うみ)一家 | Comments(2)

ベリーの花の季節

昨日、2週間ぶりに畑にGO。ダンナの夏の楽しみ、スイカの苗を植えました。今年は夏野菜や果物、出来るだけ自炊するよっ!といったからって12本もネットで注文してて、いったいどこに植えるんだ(^^;

少し見なかったウチに、ブルーベリーはすずらんのような花をびーっしりと枝につけていました。花を愛でても可愛らしい木だけれど、もうすでに「実」にしか見えない、せちがらい私。
e0151091_21350367.jpg
グーズベリーも地味~な花を張り切ってつけていました。簡単に育つし、挿し木で増えるし、栄養もあるし、見た目がかわいいし…もうちょっと生でおいしければねぇ。ジャムにすると甘酸っぱくて美味なのだけど。できればおいしい使い方を見つけてこれも拡販したいものです。
e0151091_21342728.jpg
私はスイカの定植、ダンナは草むしり。ワンズはたき火番がお仕事。最近耳が遠くなり、呼び戻しがきなかくなったピーチと、臭いに集中するとどこまでも突き進む権蔵。自分の畑とはいえこの2匹を同時にノーリードにすることはリスクが高いから。
e0151091_21351469.jpg
たき火番してもらうのにお芋忘れた…と思ったら、草むしりしているところから去年採り忘れた小さなジャガイモが出てきてラッキー!
e0151091_21353835.jpg
渡りに船とばかり、それをたき火に入れて焼いて、たき火番のお駄賃。もちろん、ウチにお芋を忘れてきたことにワンズは気づいてたと思います。こんな小さなお芋じゃね。

by nicecuppatea | 2016-04-24 21:13 | おいしい実 | Comments(0)

小さなDIYプロジェクト:おせち箱の棚

もう少し、身の回りの「ケバケバ」を落とした生活をしていこう、と決めて、改めてウチに滞留させているものを眺めてみました。

ホント、私って一つの事を完結させていない…というか、「これまだ何か作るのに使える!」と思えるものを捨てずに取っておく困った癖があります。主に自然素材ですが、かご編み用のツルや枝や葉の他、布、ヒモ、木箱、木の板なども。買ったものもあれば、頂き物、別の用途だったものがお払い箱になった時、使えるところだけとっておいたものなど…。スペースが無尽蔵にあるなら話は別ですが、小さな賃貸で使う予定のないものをむやみやたらと滞留させることには限度がある…ということをようやっと考え始めました。これはウミっこたちのおかげ。

一つの例がこちら。

正月に毎年、ダンナの以前の仕事関係の方からおせち料理を送って頂くのですが、大抵木の箱に入ってきて、食べ終わった後のこの箱がどうしても捨てられない(笑)5個ぐらいあるうちの一番大きいヤツの底を抜き、フタをボンドで固定して深めの箱に。さらに手持ちの薄い板を差し込んで棚風に。
e0151091_17152581.jpg
で、見ず知らずの方から頂いた編み材のラタンがたくさんウチにあったので、それでちいさいカゴを編んでみて棚に設置。賃貸で壁に穴をあけられないウチでは棚が大幅に不足しているので、これをパソコンデスクの前に置いて細々したものを整理するものにしました。
e0151091_17164806.jpg
このラタン、まだ大量に残っているのでA4書類入れも作ってみた。
e0151091_17144083.jpg
ちなみに編み芯は裏の山で伐採されていた篠竹を持ってきて葉っぱを除いたもの。ウチが散らかっているのに、裏山の片づけにまで手を出すのか。
e0151091_17135466.jpg
これで残っていたラタン、お弁当箱が(ひとつだけ)片付いた。随分時間がかかりました。その他にも、摘み取ったけどまだ紡いでいない和綿を糸に紡いだり、Pが噛んでで小さな穴が無数にあいた布団に布を縫い付けて繕ってみたり、採ってきたけど料理に使えていないクルミの殻を割って料理用やおやつ用に準備したり…

こういうのはすべて「やろう」と思って宙ぶらりんになっていた些細なこと。長い時間をかけてようやく終わっても、なんだかあまり「大きく進んだ!」感はありません。でも少しだけ、家庭での生活で今まで放っておいた「穴」が減ったような気分。

この調子で自分のウチに滞留した小さな「ケバケバ」を一つづつ処理していったら、ものすごく時間がかかりそうだけど…あるものを使いまわしてヒトも、イヌも、ネコも、もう少しゆったり、整頓されたスペースを共有できるよう、GW中にプロジェクトを進める予定です。













by nicecuppatea | 2016-04-22 19:25 | Comments(2)

なにかと色々…

しばらくご無沙汰してしまいました。

なんとなく生活がバタバタで浮足立っています。仕事関連のこともあり、ウチでのこともあり、そして同じ国の中で起きている大変なこともあり。自分にできること、キャパなんて決まっているのだから、目の前のことをきちんと自分で理解して、ひとつひとつ自分にできる解決策を進めるしかないのに、気持ちの上で「ワァ~」となると、意識があちこちに拡散して、浮足立ち「あれもこれも」になる悪い癖が顕著になります。

考えてみれば、それは何も今に始まったことではないのです。色々なことがやりっぱなしになるから自分の周辺環境も片付かない。

とりあえず自分の住環境をもっとシンプルにすることから始めよう。ネコも増えたし。このままだと自宅自体がカオスになりかねないし。気持ちを決めきれないから片付かないものも多いし、「そのうちやろう」と思って溜め込んだまま「仕掛中」になっているものがいかにたくさんあることか。

これからゴールデンウィークぐらいまで、シンプルに、丁寧に、やりかけのことを片づける期間にしようとおもいます。

こどもたちはついにクレートから解放され、部屋中を走り回るようになりました。でも気が付くとクッションの上でかたまって寝ていたり、ヒトの膝の上に寝に来たりします。
e0151091_21450829.jpg
e0151091_21451971.jpg
パタパタしたモノやコトをどっしりと受け入れられるだけのゆとりを、自分で持てたらいいなぁと思います。

by nicecuppatea | 2016-04-20 21:46 | 暮らしのアイデア | Comments(0)

ようやっと命名

なんとなくここのところバタバタしていて、全てのモノが後手後手に回っているカンジ。なぜかといえば、ヤツラの登場があったから…。

とりわけ、「みんな一緒にここで暮らしていく…」というようなことを考え始めてしまったから^^;

ようやっとカメラが修理を終えて帰ってきて、ブレない写真が少しづつ撮れるようになってきたので、そろそろ改めて紹介を。ようやっと女子の名前も決まりました。

…の前に長男を。こちらがエビ蔵。
e0151091_20550129.jpg
たった一人の男の子で、ウミの産道にひっかかり自然分娩を阻んだ張本人。生れた時は他の仔より一回り大きくてお乳もいつも特等席を独占していました。動き出したのも、好奇心がでてきたのも、巣から思いきって外に出てきたのも一番最初。ブイブイ言っているのに、いざ離乳食を食べだしてみたら、どうも合わない食事が一番多くて、結構嘔吐が続き、心配させました。体格も他の姉妹にほぼ追いつかれてしまいました。まあ、元気だし獣医さんも心配するようなことはないということなので、病気ではない…ことを願いたい。とにかく、元気だから。毎日斜めに飛び回っています。クレートの外に出たくて、これでもかというぐらいかわいい声で鳴いて見せます(笑)

そして双子の一人、ウズラ。
e0151091_20560631.jpg
茶白ですが、縞模様がもう一人より多めに入っていて、その辺が少しウズラっぽいかなと。エビ蔵がお腹の中で大きくなり過ぎて、隅に隠れていたからか生まれてきたときはものすごく小さくて元気がなかったのですが、今はエビ蔵を越す勢いの大きさ。

双子の片割れ、アケビ。
e0151091_20554694.jpg
なんとなく小さいアケビでこんな色のままの実が時々あったから。ウズラとアケビはとってもよく似ています。パッと見の違いは、アケビの方が顔の白い部分が多いこと、しっぽの先がちょっと白いこと。なぜかいつもちょっと目やにをつけてること。まだ飼い主も見間違えてます。

そして、ヒジキ。
e0151091_20563520.jpg
自力でお腹から出てきて生きているただ一匹。顔の表情がよくわかりません。生れた時はクロネコだと思ったんだけど、長ずるにしたがって茶色いところが増えてきて…。ヒジキの煮物を思い浮かべて。ちょっと油揚げが入ってるような。一番気が強くて、抱き上げると一番うるさいし、兄弟唯一獣医さんにも唸った。全然怖くないけど^^

先日、P権の狂犬病と一緒にワクチンも済ませました。
e0151091_20565767.jpg
「一緒に住んでいく」ということは、現実的にどういうことか、お財布でも理解する瞬間
(笑)みんなと一緒に暮らしていくには、今まで通りでは何かとムリ。部屋スペースも、お金も、生活も…。

まず、改装だ!とにかくウチが片付かないのは、収納がないこと、そしてそれを自分で作ろうとして大きいものから小さいものまで素材的なものを自宅に溜め込んでいるから。

ここは知恵の絞りどころ。その様子はまた追って。

by nicecuppatea | 2016-04-17 21:25 | 湖(うみ)一家 | Comments(0)

名前づけの難しさ

もう1か月以上も経つのに、今一歩落ち着けない…そうなんです。お気づきかもしれませんが、仔猫たちに名前がまだ付いていないのです。

結婚して最初に来た毛族のピーチは、しばらく考えて付けた名前。当時、毎週出かけていた山梨の畑は四方を桃畑に囲まれていて、そのことが私たちのアタマの中に色濃くあったのでしょう。語感も女の仔にはいいかな、と。

チビ太は見たカンジから直観で。「小次郎」という案もあったんだけど、しっぽが「の」の字になっているから、小次郎よりチビ太の方がいいだろう、と決定したんだった。

ムギも権蔵も、なんかあまり迷わなかったな。そう考えると男の子の方が名前、簡単に決まっていたな。

…そして今回も。オトコの仔が先に決まりました。

命名。エビ蔵。
e0151091_21212569.jpg
男の子で、やんちゃで目張りが隈取りみたいだから。

一番好奇心が強そうなエビ蔵をクレートの外に出したらしっぽがリスみたいに膨らんで、地面を這っているコウモリみたいによつんばいになってあちこち匂いを嗅ぎだしました。しばらくするともうすぐに飛ぶように走り回りだして。

クレートに戻しても「違う世界」を知ってしまったエビ蔵は、他の3人と一緒にもう寝られなくなっちゃったみたい^^みんなが寝てる横で座ったままじっとクレートの外を眺めていました。

こうして毎日世界が広がっていくのか。


by nicecuppatea | 2016-04-12 19:43 | 湖(うみ)一家 | Comments(0)

花を食らう

昨日、久しぶりに畑にGO。

土曜日は出勤だったし、何となく「元気いっぱい!」って感じではなかったのだけど、この時期の畑は、目覚めた植物の勢いがすごいから、行っておかねば。

きちんと植えたものがあるわけではないけれど、この時期、丸まらなかった白菜の菜の花、ネギ坊主、宿根性のニラ、ノビルなどなど、ほったらかしでも採れるものがたくさん。

ちょっと開き気味だけど、チョウチョに少し残して、こんなに開いているものもすべて頂きます。これはからし醤油がおいしいかな。
e0151091_21082329.jpg
ネギ坊主は前は切り取って埋めていたんだけど。
e0151091_21083357.jpg
薄衣を付けて揚げてみたら美味だった!
e0151091_21084232.jpg
花を食べる…って、なんだかうれしいものです。

by nicecuppatea | 2016-04-11 21:13 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(0)

仔猫吸いまくり

日に日に大きくなるウミっこたち。先日書いた通り、シャッタースピードの、より早いカメラを買ったのに、買ってすぐ落っことして、修理行き(涙)そのえも言われぬ無邪気さ、危うさ、好奇心、勢いはとうてい、今の私のカメラと腕ではつかまえられてません。

4人は本当によく遊びます。不思議なものでみんな動きのタイミングが一緒。同じ方向を見て、同じ時にウミを呼んで、同じ時に走り、柵をよじ登ろうとし、同じ瞬間にぱたっと静かになり、折り重なって同じ格好で熟睡。

きっと一生の中でも特別な時間なのだろうなぁ。
e0151091_21232512.jpg
疲れていても、ダンナと言い争いをしても、クレートの中で跳ねている四人を見ただけで、ついつい口角が上がり、目じりが下がらざるを得ません。時々、母猫がするように首筋をもって持ち上げて、そのままお腹に自分の顔をくっつけて匂いを吸ってみる^^
e0151091_21223959.jpg
e0151091_21230938.jpg
e0151091_21225477.jpg
アタマの中にあるどんな硬い気持ち、心配事、イライラも一瞬にして溶かすような匂い。

明日からまた頑張りましょうっと。



by nicecuppatea | 2016-04-10 21:26 | 湖(うみ)一家 | Comments(0)

休日の会議で思うこと

本日土曜日ですが、海外からエグゼクティブの訪問があり、朝から都心のホテルで終日経営層の会議の通訳をすることとなりました。

会社での出世街道には無縁のところに住んでいる私としては、通常、通訳として経営トップの話にどっぷりとつかっていても、ついつい会議全体を昼ドラみたいな観点から眺めてしまいます^^「あ、このヒトの方が、あのヒトより視野が広いな」とか「自分の今年の手柄だけ考えてるな」とか、「あ、このヒト今サイコ~にムッとしてるわー」とか^^;

どんなグローバルな議論の進み方をみていても、我が家でのダンナとの会話の進め方の参考にしたりとか。

エグゼクティブたちの議論を聞いて、いつもすごいなぁと思うのはどんなに判断が難しい状況になったり、現状が悪化したりしても、決して昔のことを引っ張りだしてあれが悪かった、あいつが悪かった、とか言わずに現実を直視して、それをそれとして受け止めた上で、今からできること、出来ないことを冷静に判断しようとすること。(もちろん、それは表側での話、ということで^.^お酒でも入った「裏ミーティング」になれば、議論のトーンは全く違うでしょうけど)

そんなことを休憩時間に考えながら、コーヒーをとりにいったら桜色のマカロンも置いてあったのでひとつ持ってきました。サクラの季節に合わせたのかな。
e0151091_19194162.jpg
こんなお気楽なことを考えているのはこの部屋の中で私だけだっただろうな。

by nicecuppatea | 2016-04-09 19:22 | 会社のこと、通訳のこと | Comments(0)