<   2016年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ねこだらけ

ここのところ、実家への行き来が何かと増え、ムギの顔を拝む機会が増えました。数週間に1回、行く度に増えているムギのおもちゃ。聞けば、ネコ好きの近所の方が「ムギちゃんへ」といって持ってきてくれるのだとか。
e0151091_19284086.jpg
おまえ、おもちゃもらって、みんなに遊んでもらって、ひとり用屋上庭園作ってもらって…プリンスか(^^;
e0151091_19265182.jpg
たくましく男っぽくなったムギは遊び方も結構荒っぽい。目下のお気に入りはほぼ体と同じ大きさのイヌのぬいぐるみ。同じ首輪をしてまるで兄弟みたいに見えるのですが、

ぐわッ!…と喉笛に噛みつくと、振り回してケリケリして。
e0151091_19271700.jpg
もうぬいぐるみクンは傷だらけ。
e0151091_19273649.jpg
お疲れさんです<(_ _)>

一晩実家に泊まり、ウチに帰ってきてみたら、もう押入れじゃ抑えが効かなくなったウミ一家が、以前の権蔵のクレートに再びお引越ししていました。明るくなって表情も良くみえるようになりました。
e0151091_19422928.jpg
ちょっとあげてみたら、離乳食も食べた!
e0151091_19413988.jpg
なんだか最近、突然「ねこだらけ」になったカンジ。おーい、チビ太ぁ、大変なことになってるよう。
e0151091_19464071.jpg


by nicecuppatea | 2016-03-31 19:48 | ムギのこと | Comments(2)

引っ越しました

我が家の押入れ上段に居を構えたウミ一家の子供たちの動きが日に日に活発になってきました。

押入れの手前には3段衣装ケースが入っていて、その奥がウミ一家の住みか。衣装ケースから手前に出てくると、外に落ちてしまうので、手前には手持ちの材木を置いて仔猫たちが乗り越えられないような小さな柵を作っているのですが…

仔猫たちはもう外に興味深々。ウミママが手前に座ってブロックしていない時は、ぐいぐい前に出てきます。
e0151091_20475583.jpg
そろそろ上段だと落ちる危険性がでてきたので、昨日、押入れの下段に強制的にお引越し♪落ち着くか心配でしたが、ちゃんとひとところに固まって寝ていました。
e0151091_20483184.jpg
再び「様子を見せて~」と日中、階下の獣医さんから電話があったらしく、また仔猫4匹をキャリーケースに詰め込んで獣医さんに駆け込むダンナ^^

獣医さんによると仔猫たちの発育はすこぶるよく、見ただけでウミが一生懸命子育てしているのがわかる、とのことでした。なんだか愛しいですな。

ウミは基本的にかなりおしゃべりです。ごはんが欲しいとき、かまってほしいとき、そして仔猫に人間がちょっかい出していてやめてほしいとき、うにゃうにゃと人間に色々話しかけてきますが、仔猫たちにもいつもうにゃうにゃ、話しかけているのが夜中でも押入れの中から聞こえてきます。

ウミにとって、本当に大切な大切な仔猫たちなのだなぁ…と。だから、一生懸命育てて、大きくなっている、って聞いて「よかったねぇ」と、あたかも祖母のような気持ちになりました^^;

発育が早いから、そろそろ離乳食を与えて、トイレも自分でやるように仕向けて行った方がいい…とアドバイスをもらいました。で、仔猫たちの小さなツメを全部切ってもらい、権蔵のサンプルご飯を山ほどもらい、今日の診療費はタダ!ありがたや。

でも、獣医さんだって、カワイイ時期の仔猫、見たいんじゃないかなー(笑)

by nicecuppatea | 2016-03-28 21:10 | 湖(うみ)一家 | Comments(2)

3月の狭山市楽市楽座に出店しました

昨日、4か月ぶりに出店した狭山市楽市楽座。

陳列してから、バスケットの編みっぱなしだった端っこを切ったり、「いくらにしよう…」と思いながら値札を作って、つけたり…。いつも最初から最後までバタバタしていてほとんど写真も撮りませんでしたが、とりあえずスタート前に一枚。
e0151091_19013849.jpg
今日は、朝5時半ごろにいつものウチの周りのワンズの散歩道で…見つけましたぁ(笑)私にとっての春の使者、アミガサダケ。昨年生えていたのをダンナが見つけたところを何気なく眺めていたら、もう出てた。今まで大体GWぐらいだったのに。やっぱり全体的にみて暖冬だったからかな。目が慣れるとたくさん見えてきます。

毎年書いてますが、イギリスにいる時、「モレイユ」として習って「薫り高いキノコ」と聞いていて、5年ほど前に埼玉に越してきて以来、公園の桜の根本を春に見ていると色々なところで見つかるので、毎年採っては料理しているのですが、今一歩香り高い一品には至らず^^;

いずれにしても乾燥させて保存するので、バスケットに並べて市に持っていくことにしました。ちょっと計算づくな感じですが(笑)
e0151091_19020186.jpg
立ち寄ってくださった方の中には「何ですか?これ。」「えー食べれるんですかー、ムリムリ~!」といった方々が。ハニカム状のカサが美しくて「一つもらって帰ってもいいですか?」という方もけっこういらっしゃいました。話題になったことだけは間違いない。

キノコとか実って、やっぱりバスケットと相性がいいなぁと思います。いつも黒米を持ってこられる飯能の出展者の方が、ご実家の長野から送られてきたリンゴを天日で乾燥した「リンゴチップ」を売っていました。切ったリンゴを干しただけのものが、なんと深い甘味を醸し出すのか。

ドライのものもなんだかカゴに会うなぁ。
e0151091_19040091.jpg
こちらは、乾いたアミガサダケ。
e0151091_19034325.jpg
たくさんお買い求め頂いたので、これから来週のジョンソンタウンのワンデーマーケットに向けて、再び編みますー

by nicecuppatea | 2016-03-27 19:06 | Willow Cottage | Comments(0)

明日の狭山市楽市楽座に出店予定です

奇数月の第3土曜日に開催される「狭山市楽市楽座」。1月は雪の影響で中止だったので、明日3月26日(土)は昨年の11月以来、4か月ぶりの開催で、我々も出店予定です!

私たちが出店しているオープンマーケットは、ジョンソンタウンのワンデーマーケットと、こちらの楽市楽座ですが、「手作り市」である楽市楽座には、より手作り派の出店者、お客様が多くて、こちらの方が買ってくださるお客様の数は多いような印象。なのに…いつも大体前日になるとこんなこと言っていますが、足りないなぁ(笑)
e0151091_19533393.jpg
思い起こせばここ3か月ぐらいは平凡な生活なりに、我が家にも色々なことが起こりました。チビ太が旅立って、大きな喪失感を感じたのはたった2か月半ほど前。そのすぐあとに、まさかこんなことが起ころうとは…。こじつけかもしれませんが私たちには、チビ太の生まれ変わりのようにも見える双子の白茶姉妹が、我が家の押入れで着々と成長中^^;;;
e0151091_19564418.jpg
ついつい押入れを開けて眺めに行ってしまう^^…

だからと言うわけでもないのですが、編みためたバスケットの数はちょっと物足りないカンジです(脈絡はやっぱりないか)。

そもそもカゴ編みは農閑期の手仕事であったはず。会社員の私に関係はないのですが、やはりカゴ編みといえば冬がピークの気が^^ そろそろ手持ちのツルも減ってきました。

あとは4月、5月のマーケットに出店して、いったんカゴ屋はお休みの予定。夏にはまたベリー屋になります~♪

週末は暑すぎず、寒すぎず、春らしい心地よいお天気の週末になるとよいですね~。




by nicecuppatea | 2016-03-25 20:05 | Willow Cottage | Comments(0)

1年に一度のこの日

昨日はXX回めの誕生日^^; もうめでたくはないのですが、会社も自身の誕生日は有給扱いしてくれるので、今年も休みをもらって、何かと言うと訪れる近所のイタリア料理「ナチュール」さんで夕食としました。

我らのブルーベリーをデザートに使ってくれていることがご縁で、通いだしたお店。いつも自然と油っぽい、肉々しいものを好む私ですが、ここでは本当に、「野菜の味がしておいしい」と思える料理が頂けます。

e0151091_15405074.jpg
前菜のあとは…

e0151091_15412738.jpg
e0151091_15414264.jpg
ニンジンのスープやタイの蒸し物、そしていつも写真を撮り忘れるメインは秩父和牛。

でも今日のヒットは、そば粉をつかったパスタと春キャベツと湯葉のペペロンチーノ。

e0151091_15415477.jpg
それにダンナが頼んだゴボウのガトーショコラかな。

e0151091_15423290.jpg
ゴボウのそこはかとない土の香りが、ビターなチョコレートの味とものすごくマッチして、全然、違和感なかったんです~!

ここのところなんだかめまぐるしくて、体調的にあまりワインは進まなかったけど、やっぱり折に触れてきちんとしたおいしいもの(?)を食べる事って、自分をもう一度やる気にしてくれる効能がありますねー。

ウチで水切りして小さな瓶に生けた桜の小枝の先で小さな花が開きました。桜の花の開花、ってのも、なんだかその年が「動き出した!」と感じさせてくれます。
e0151091_15430700.jpg

今年はどうやっても(毛族の)家族が増えそう。それらを養っていくとなれば、当然、現実的に先立つものが必要になります。これを機にさらに自給率を高めたり、節約したりウチのスペースを生かす工夫もしなくては。

なにかと、「よしやるぞ」って気持ちにしてくれる日なのでした^^

by nicecuppatea | 2016-03-24 18:29 | 暮らしのアイデア | Comments(0)

春の一日

次の土曜日に4か月ぶりに狭山市楽市楽座に出店を予定しているので、ひたすらあるツルで編み続けています。

先日拾ったスイカズラは結局3つのバスケットに。
e0151091_20211001.jpg
あとは、そろそろ底が見えてきたツル袋(編み材になりそうなものがためてあるゴミ袋)を眺めていたらたまっていたブラックベリーと、クマザサの地下茎。ふしぎな組み合わせだけどざっくり編むコンビネーションでどうかなと、試作品。
e0151091_20215593.jpg
朝は花粉が飛んで鼻も目もぐしゃぐしゃのまま、週末恒例の多摩湖ラン。いい季節なんだけれど、このあたりは明らかに会社のあたりよりも、花粉がたくさん飛んでる感じです。

走り終わったところあたりで、小さなサクラの枝が折れて歩道に落ちているのを発見。もうちょっとで咲くところだったのにね。

…ということでうんと短く切り詰めて水にさしてみた^^
e0151091_20241186.jpg
先っぽがちょっとピンクになってきたからもしかしたらこの辺りの桜の開花日と同じぐらいにウチでも開花宣言がでるかも♪

仔猫たちはだんだん足がしっかりしてきて這っていたのがヨロヨロながら足で立つようになりました。
e0151091_20222831.jpg
白茶は本当に双子みたい(笑)
e0151091_20232136.jpg
ひとつひとつ味わう間もなく怒涛のように色々な「春」が一度にやってくるカンジ^^;;

by nicecuppatea | 2016-03-20 20:26 | バスケット編み | Comments(0)

ウミのいぬまに…

先週末、なぜか階下の獣医さんから「ウミちゃんのワクチンに来て~」という電話が(笑)なぜ個別連絡くれたんだろう^^

ダンナがウミママを連れていっている間に私はここぞとばかり、猫団子のチェーック♥️

夢のような話ですが、猫団子の下に両手を差し入れて、団子ひとかたまりで持ち上げてみて、畳部屋の布団の上に置いてみたところ…

まずひとところに置かれ…
e0151091_21172711.jpg
そのうちワラワラと…
e0151091_21191103.jpg
こんな生き物がウチにいてくれるんだ~~~♪

ここでひとりづつ紹介。一番大きくて子宮の中でもつっかかっていたキジくん。
e0151091_21174853.jpg
もうこの歳でカメラ目線とは。前髪とかまだパヤパヤなのに。タダモノではないな。

茶トラっぽい女の子二人。正直どっちがどっちだか。でも、なんとなく女の仔っぽい。
e0151091_21263209.jpg
e0151091_21180374.jpg
そしてクロネコと思っていた唯一の自然分娩の仔。
e0151091_21183135.jpg
しかしよく見ると足の先とか眉毛のところに黒以外のさし色が…そうか、君はさびくんか。う~ん。なんだか今後色々な意味でキーパーソン、いや、キーキャットになりそうな予感。

毎日、押入れにこんな人たちがいると思うだけで、まるで会社から夢の国に帰ってくるよう(笑)

by nicecuppatea | 2016-03-18 18:47 | 湖(うみ)一家 | Comments(4)

困った時のスイカズラ頼み

しばらくちょっとゆとりが無くご無沙汰していました。

そろそろ次回の狭山市楽市楽座が視野に入ってきた頃^^ 手作りの方々の出店ばかりの場所で、気合いをいれてできるだけたくさん編んでいきたい場所。

この頃はだんだんツルも底をついてくる時期で、ついつい近所を歩く週末に、植え込みなどが気になります。何か使えそうなツル、ないかな~…

と、思っていたらウチの傍の植え込みの木に絡みついていて、誰かが剪定してそのまま道路に放置されていた、からまったままのスイカズラのツルの塊を発見♪フツーの人にはただのゴミでしょうが、私には手軽に使える、ありがたい素材。ツルを切る手間も省けてありがたい。

さてスイカズラは特徴のあるツルです。紙のように薄くてケバケバな表皮の下に白っぽい皮をまとった木質のツル。折ってみると中は空洞で、アケビなどに比べるとちょっと折れやすい。租のままでも使えますが、私はいつもこれをグツグツと20分ほど茹でてしまいます。そうするとケバケバの表皮の下にある白っぽい皮もつるんとむけて、クリーム色でツルツルの木質なツルが現れます。やっぱりスイカズラの醍醐味はこの綺麗なツル♡
e0151091_20193138.jpg
折れやすいツルとは言っても、その特徴を理解するとけっこう言うことを聞いてくれます。空洞のツルは指で押しつぶしたうえで、ツルが「どっち巻きに伸びていたか」を見て、それに沿って少しよじりながら曲げると、きれーいに曲がってくれるのです。

せっかく綺麗な白いツルが集まったから、これをメインに小さ目のバスケットを。
e0151091_20235554.jpg
フレームは、同じくジョギング帰りに近所の駐車場で集めてきたヒメツヅラフジで固定。ちなみにこの日は、帰り道に大きく育ったフキノトウもひとつ見つけたんだった。充実感の高い帰り道でした。
e0151091_20265811.jpg
硬いツルはすこし手を緩めて編んでもしっかり形になり、細いツルの割には丈夫なものが編めるし、時間もかからないからお得感満載♪
e0151091_20264319.jpg
散歩がえりに拾ったツルだけで随分長い時間、楽しませてもらいました。しばらくはスイカズラを多用していこうか^_^


by nicecuppatea | 2016-03-17 20:57 | 編み素材集め | Comments(4)

ようこそ

相変わらずウミは本当によく仔猫たちの面倒を見ています。

昨日、ウミママとウミっ子たちを連れて検診へ。どうやらみんな順調に育っているらしい^o^

こんな新生児のネコを見ることなんてないから、果たして仔猫たちが順調に大きくなっているのかどうなのかわからなかったけれどけっこう大きいらしく。ウミ、ちゃんとお乳でてるんだね。

どうやらウミっ子たちは、キジトラが男の子で、それ以外の3匹は女の子らしい。それっぽいなー。

獣医さんに行った時、半眼が開いたぐらいだったらしい。そして今日。みんな開眼~!
ようこそ、この世界へ。
e0151091_21324117.jpg
e0151091_21331047.jpg
昨日までは黄色いフェルトの猫ハウスの中がお家だったんだけど、仔猫が大きくなってきたからか、私たちが覗くからか、お家の裏に引っ越してた(笑)私たちがそーっと覗くたびに、イヤ~な顔してるウミ。
e0151091_21332556.jpg
いずれにしてもしばらく押入れ使用禁止だな^^

by nicecuppatea | 2016-03-10 21:36 | 湖(うみ)一家 | Comments(2)

ネコたちの世代交代

久しぶりに実家に泊まり、ムギに会いました。

最近毎日ウミを見ていると、ムギが雄々しいトラのように見える(笑)もうすぐ2歳、骨格ががっしりして、顔だちも男っぽくなり、すっかり成猫になったな~。ちょっと目が出てるというか、目が離れているのがたまにキズ…いや、個性だ。
e0151091_13372381.jpg
一緒に暮らしたのは生後1か月のころのたった10日間だけど、その頃は人懐こくて、遊んでいる間に寝ちゃうようなかわいいヤツだった。最近はツンデレで通しているらしい。抱っこは嫌い、自分のタイミングでしか人に寄ってこないくせにさびしがり屋。一緒に遊ばないと明らかに顔が怒ってくるし、うち中の壁で爪とぎして主張するらしい(恐)

それじゃ、かわいくないじゃん…と心配になりました。里子に出したのは私たちなので、かわいいか、かわいがられているか…というのはいつになっても気になるところ…。

「かわい~わよ。人の言う事よくわかるし、しっぽで会話もするし、よってこないくせにさびしがり屋だし。」と、かわいくないところが可愛いらしい。そういえばチビ太も似たタイプだった。

いろんな猫が、私たちの生活に登場しては、消えていったなー。

チビ太の写真の前に花を飾るようになり2か月。萎れた花は生ごみなどと一緒に屋上のプランターの肥やしになります。が、飾っているうちに綺麗に乾いてきた花は捨てられず、成り行きでドライフラワーに。

e0151091_13381115.jpg
e0151091_13382961.jpg
さすがにこういうのは、非売品だし^^;;

ドライフラワーなんて、仔猫がたくさん部屋を走り回りだしたら、格好の遊び道具になってあっという間に滅ぼされるだろうな(笑)それも、世代交代の一環か。



by nicecuppatea | 2016-03-08 20:17 | ムギのこと | Comments(0)