「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

シーズンの産地はいい♪

昨日、人込みを避けて平日休みを取って出かけたフルーツ王国で、開店と同時に飛び込んだJA直売店。今は巨峰やマスカットなど、大粒のブドウのピークが始まったところ。柿は早生が出だしたところで、干し柿「枯露柿」にする百匁柿にはちょっと早い。リンゴもぼちぼち。今日の一番うれしい買い物はこちら。
e0151091_20045275.jpg
一袋120円ほど。これだけ買って五百円以下!
e0151091_20050291.jpg
「キズもの」って大好き。味に変わりないし「ジュースに」と書いてあるけれど、そもそもあまり甘くないリンゴの方が好きだしお菓子にもその方が使えるし、 ワンズのおやつにだって使えるし♪

その後に行ったブドウ園では昨日書いた原種のブドウのほぼ正反対の、皮が薄くて大粒で、そのままたべると水菓子みたいに甘いブドウをたっぷり購入。かなり太っ腹に買ってしまいましたが、まぁ、季節のものだしお使い物もあるし。が、ここで財布が手元にない事に気づき、動揺して写真はほとんどなし。結局、財布はウチに忘れたことが帰宅して判明。昼ご飯も味気なかった…まぁ、自分のせいですけど。

で、帰ってきて改めて山のようなブドウを見直す。おまけでもらったものだけでこんなに。
e0151091_20051154.jpg
ワンズにはぶどうは良くないというけれど、それを知ったのは、毎週訪れるブドウ園でピーチがひと房まるごと巨峰をおまけにもらって、その場で食べつくす…という夏を3シーズンも過ごした後のことでした。この歳になって、まだブドウが好きだっていうんなら…お食べ♪

季節のフルーツで、家族みんなが幸せな気分になります。高速代使っても、ちょっとお財布にイタくても、その季節にはちょっと無理しても出かけていこう。特にワンズが元気なうちに。

by nicecuppatea | 2015-09-30 22:56 | おいしい実 | Comments(2)

久しぶりにフルーツ王国へ

ぶどうっぽいツルをウチの傍でとるばかりでなく、シーズンど真ん中のブドウを食べに行こう!と久しぶりにフルーツ王国甲府盆地へ。

5年ほど前まで毎週末を過ごしていたところだから、ほぼ勝手知ったる場所。朝5時半にクルマで出発。7時半すぎには現地で河原沿いを散歩していました。

もう歳になったな、と思っていたピーチが張り切って小走り。13歳3か月になったけど、楽しければ元気になるんだね。年のせいで大人しくなったと思っててごめんね。
e0151091_19373616.jpg
権蔵もあがっていた。
e0151091_19380145.jpg
ピーチは水にも入り…
e0151091_19382401.jpg
恒例のごろすり。
e0151091_19390319.jpg
権蔵は水はがぶ飲みするだけ。
e0151091_19384358.jpg
散歩の最中には葛のツルもだいぶとったし、クルミも随分拾ったし。どっさりブドウもフルーツも買って、おいしいラーメン食べて、帰宅したらお昼過ぎの1時半。

のんびりするのが休日かも。でも今日は仕事以上の高効率だった^^ 買い物や拾いもののことはまた後日♪

by nicecuppatea | 2015-09-29 19:42 | おいしい実 | Comments(0)

どんな青い実も。

食べれもしないのに、なんだか美しくて見つけるとなんだかちょっと採ってしまう、クルクルと巻いたツルに房になってついている青い実。ブドウではありません。
e0151091_19280935.jpg
これは我が最寄り駅の駐輪場の柵に絡みついていたヒメツヅラフジ。無機質な駐車場のコンクリの柱も、これがあるだけで美しい…

でも、食べられる実はこちら、ヤマブドウ。昨日のジョギング帰りにとったやつ。こっちの方がさらに♡
e0151091_19282359.jpg
食べれると書いたけど、もちろん売ってるくだものみたいなものではありません。前も書いたけど、ヤマとつくような原種の「くだもの」は、種が大きくて酸っぱくて、あたかも商業品種の味から甘さを抜いて香りを足したような、くだものの「エッセンスだけ」みたいな実です。媚びずに、個性がはっきりしてて、土着で丈夫。文句なしに魅力的で、自分もそんなでありたいと思ってしまうぐらい…。だから、甘くて種なしの西洋種のぶどうなんて、ちっとも魅力がない…

…なんてとんでもないですよ(笑)明日なんて、会社休んでシーズン真っ盛りの山梨にバリバリの商業品種の種なしぶどう、たくさん買いに行くんですから~♪

やっぱり、どっちも捨てがたい。やっぱり、私はダブルスタンダードだ^^






by nicecuppatea | 2015-09-28 19:46 | おいしい実 | Comments(0)

「○○場」のこと

今日も週末恒例の多摩湖周回ジョギング。

ジョギングロード上にも、クルミの落ちてる場所、アケビの実がなっている場所、ヤマブドウの実のなる場所などがあり、全て私のアタマにインプットされてます。走っているとはいえ、そこに実がある限り素通りすることは許されません(笑)

今日は、先日ダンナがみつけた新しい「アケビ場(ば)」、つまりアケビの実のなっている場所を見上げていたら、そばに丁度いいアケビヅルが。ジョギング中というのに、ついつい力任せに収穫。クルクルと巻いてだんなが腕に通して残りをラン。途中ですれ違う女性ランナーなどからは「微笑ましい」というカンジで温かい笑みを返されたらしく、ハードボイルドを目指すダンナとしては不本意だったらしい。

ほかにも「クルミ場」「ヤマブドウ場」など数々あり、その度に見つけたものをポケットに。

帰宅してダンナと私が持って走っていたものを全て出してみたらこんなに。
e0151091_17482511.jpg
アケビはすでに来週、週中に編み進めるべきバスケットのフレームに。今日中に週中に電車に持ち込むミニチュアのフレームをたくさん作っておこう。
e0151091_17483432.jpg
それにしてもこんな拾いものばっかりしてジョギングしてるからでしょうか。シルバーウィーク中からトータルで70キロも走っているのに、体重が1キロも減らない私ってどうなの…。



by nicecuppatea | 2015-09-27 17:51 | 里と野山 | Comments(2)

秋晴れの狭山市楽市楽座

週前半は雨と予報されていた土曜日の天気。が、ありがたいことに徐々に天気予報は変わっていき、今日は寒くもなく暑くもなく絶好のマーケット日和。

結構頑張って編んだところ、それなりに店頭にはカゴを並べられました。私としては…ですが。
e0151091_19410666.jpg
今日はワンズも販売部長として参加。権蔵はお隣で手作りの木のオカリナを出店していたおじさんが権蔵に向けて奏でてくれた「犬のおまわりさん」に聞き入り…
e0151091_19412709.jpg
小さな子が水を差しだしてくれれば、何度でも飲み…
e0151091_19452689.jpg
草の葉を差し出してくれれば、一応食べてみて…
e0151091_19454371.jpg
私と同じぐらいマーケット、堪能してますね^^ ピーチはちょっと「あたしはいいわ~」って顔になっていますけど。

秋はなぜか他の季節よりかごを買ってくださる方が多いような気がします。なんとなく「自然の恵み」を身近に置きたくなる時なのかも。

これでまた来週のジョンソンタウン・ワンデーマーケットに向けて、気合い入れて編みためる理由ができました♪



by nicecuppatea | 2015-09-26 19:53 | Willow Cottage | Comments(2)

明日の狭山市楽市楽座に出店予定です

週の前半3日間が休みだった残りの2日間はやはり、会社でもそれなりにやることが重なってドタバタで帰宅。で、明日は朝から2か月に1度の狭山市楽市楽座に出店予定です。

素材集めが主な作業だったシルバーウィーク。ただそれをバスケットに変える前に週末の市を迎えてしまいました。それでもレモングラスで編み始めたバスケットは、ブラックベリーのツルでなんとか完成。
e0151091_21511016.jpg
編み込んだレモングラスの葉はほぼ乾燥。このまま綺麗なグリーンが残ったらきれいだけれど、だんだんピンク色っぽくなるのではと。それはそれでいいかな。

その他に手元にあるのはドライフラワーやら秋の実やら。
e0151091_21512042.jpg
明日は素材や何やら、編みかけのもの素材も、もとにかくあるだけ現場に持ち込んで、あとは全て現地勝負です!

by nicecuppatea | 2015-09-25 21:53 | Willow Cottage | Comments(0)

畑のもので編むバスケット

昨日の畑での主な収穫。
e0151091_19092368.jpg
カボチャ…しかないように見えますが、端っこにあるものが結構活躍した本日。

左側のものはレモングラス。奥にあるのはブラックベリーのツルです。

お天気が怪しいですが、今のところ今週土曜日は狭山市楽市楽座に出店予定です。これから週末にかけて編み上げるバスケットは何を素材にしようか…。で、伸び放題でお隣の畑に浸出しかけているブラックベリーのシュートと、剪定したブルーベリーの枝、そして大株に育った割にあまり使っていないレモングラスの葉っぱを組み合わせて使ってみることに。

取っ手にはちょっと残っていたヤマブドウのツルを使って、縦芯にブルーベリー、ちょっとだけ残っていたヤマフジの硬い枝、太短い葛のツルなど、少しづつ残っているものを残さず使用。レモングラスは刈って数日。まだまだグリーンで結構水分を含んでいます。ねじりながら編んでいるだけでものすごいレモンの匂い。

e0151091_19590809.jpg
水分が多くて柔らかい根本あたりと、とても細い葉先はカット。これは乾燥ミントやレモンバーベナと合わせてハーブティに使おう。
e0151091_19592076.jpg
バスケット編みの余り素材がお茶になるとは^^もちろん飲んだ後の茶葉は畑の肥やしに。えげつないほど無駄がでません(笑)

今隙間があいているところはバスケットの強度を増すためにレモングラスの葉が乾燥してきた明日以降、ブラックベリーのツルで編み足します。

もうひとつ、ブラックベリーのツルで中ぐらいのバスケットも仕上げ。中がカスカスの軽くてあまり固くないツルですが、軽く茹でると似つかわしくない鉛のような重厚な色の光沢がでます。押しつぶしながらゆっくり丁寧に編むと、結構きれいに編めます。茹でたツルでほぼ編んで茶色く仕上がっていたバスケットの最後の一部分を昨日採ってきて半乾きだった緑のツルで編み足しました。同じ植物でも準備の仕方でツルの色が変わるのも面白いです。
e0151091_19593691.jpg
明日は会社かー。脳みそを会社モードに戻すのが大変だ。

by nicecuppatea | 2015-09-23 20:06 | バスケット編み | Comments(0)

屋上ぷち生態系

よくウチの屋上を「生ゴミ菜園」などと言ったりしますが、最近、わたしはどうも「菜園」をつくることより、ゴミを出さずにウチの居住範囲で有機物を分解するプチ生態系をつくることの方に興味の中心があるんじゃないか、と自分を分析したりしてます^^

プラスチックの大型プランター15個ほどを屋上に設置したのは昨年の晩秋。「屋上サフラン農園」を夢見て、畑から持ってきた土の中にサフランの球根90個ほどを植えたところからはじまりました。

冬の間は、ウチの前の桜並木の落ち葉を拾い集めて、生ゴミと土とサンドイッチにしながら、さらにカラのプランターを埋めます。

夏には埋めた生ゴミから無数に出てきたトマトの苗をそのまま育て続け、かなりの量を収穫。水やりはとぎ汁とか、台所で野菜を洗った水だとか。できるだけ「水道からくんだそのまんまの水」じゃないもので賄うことに情熱を傾けたかんじ。

今日はジョギング帰りにそばの駐車場で2,3本ヒメツヅラフジのツルを採ろうと思ってダンナがひっぱったら「どっさり」ツルのかたまりがおちてきたので、それを屋上でさばく!
e0151091_19094753.jpg
この塊を両手で抱えてマンションのエレベーターに乗った私は間違いなく不審者だったでしょう。でもいいの。こんなにツルがとれるんだから♪
e0151091_19100570.jpg
葉っぱは日に当たると結構カサが減ります。再びこれもトマトが終わったプランターの中に生ゴミとサンドイッチにして埋め込んだり、猛暑を乗り越えてまた復活してきたボルロットインゲンのプランターの表土の上に撒いて、マルチにしてみたり。
e0151091_19102367.jpg
こんな生ごみ分解生態系の上に生えてきた、多分炒めものにつかった唐辛子の種から伸びた苗も、ゆっくり育て続けたところ、成長は遅いですがたくさんの実をつけ始めてくれています。
e0151091_19103615.jpg
屋上で出来るだけのものを分解して、その「ぷち生態系」の上にでてきた新しい命はできるだけそのまま生かしてそれをまた食卓で頂く。

たぶん、私が興味あるのは、野菜作りそのものっていうより、そんなつながりを再生することなんだな、きっと。

同じくウチの畑でも生ゴミのかぼちゃの種からでてきた苗から、ことしもこんなかぼちゃが。あまり大きくないけれど、それはよし!
e0151091_19092368.jpg

by nicecuppatea | 2015-09-22 19:15 | 屋上菜園 | Comments(0)

走りながら見つける、秋。

今日も朝は定例のジョギング。

あと2キロ弱、きついなぁ~と思ったところ目の前に、魅惑の青い房が。こないだのダンナじゃないですけど、片手にふんわり持って、元気になって帰ってきました。

ブドウ…のように見えますが、全長5センチぐらいのミニチュア版。ヒメツヅラフジの実だけど、こんな長いブドウっぽい房は初めて~。食べられないけど、バスケットの柄に絡めてみようかな。
e0151091_17315264.jpg
青くなる前の若い実もさながらマスカットのよう。でもこれで全長3センチ。
e0151091_17324112.jpg
本当のヤマブドウはこちら。大きさはヒメツヅラフジと同じぐらいだけどこちらは食べられます。小さくて種が大きい実だけど、野性味あふれる香りがいい。
e0151091_17325077.jpg
じつは走り始めて2キロほどのところでこれも拾った。こちらはヤマグルミ。両ポケットに膨らむほど入れて走り続けました。
e0151091_17325728.jpg
秋の実を採りながら湖を走る。原始人のように。

by nicecuppatea | 2015-09-21 17:39 | おいしい実 | Comments(0)

ますます、秋。

今年は湖や畑の周りの木々を見ていると、何かと豊作の気配です。去年は「裏」だったから。柿も、栗も、そしてクサギの実も。自然は不思議なほど豊作の年と、そうで無い「裏年」を、規則通り繰り返します。

その法則でいくと、今年は豊作のはず。ウチの畑は林に隣接していますがその間の道はほとんど人が通りません。林を管理しているヒトはいないみたいで枝はどんどん畑の上に伸びてきています。そのうちの一本がヤマグリの木。去年はほとんど実がならなかったけど、もしかして今年は…!

やった!!
e0151091_17060539.jpg
これぞ秋の絵。
e0151091_17052071.jpg
湖の周りのジョギングロードにも今の時期、ヤマグリが落ちている場所が2か所あるのですが、かなりの競争率。ヤマグリを毎朝拾いたい人は世の中には結構いるらしく、我らが走る8時過ぎでは全て拾われた後。でも畑なら人と競わず拾いたい放題♪ この光景に、軽~く、興奮^^ 虫食いもあまりなく、いっぺんにこんなに拾えました。
e0151091_17053505.jpg
畑でとれたタカキビも少しづつですが調整。玄米に混ぜて炊いてお弁当用のごはんに。カスカスであっても、とりあえず実ったトウモロコシは乾燥させて実をとりはずし、粉にします。トルティーヤでもつくってみようか。
e0151091_17055530.jpg
甘くて瑞々しい実が実った夏が終わって、冬に向かってエネルギーを与えてくれるような穀物系のものが多くなってきました。まさに「実り」。この休み中にかぼちゃも収穫しようか。







by nicecuppatea | 2015-09-20 17:08 | おいしい実 | Comments(0)