<   2015年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

割れトマトの利用方法

ここのところ、なかなか晴れない日が続いています。週末もあいにくの天気でした。まぁ、秋雨前線が停滞する時期だから、しょうがないですね。

でも畑は水が足りていて、ナスも、サトイモも生き生きしてきたし、聖護院大根や白菜といった秋冬野菜の種まきの後も、ずっとお湿りがあって、発芽は上々♪

唯一、雨になると途端に大変になってしまうのがミニトマト…。よく雨に当たると「ひびが入る」と言いますが、むしろ「破裂」する感じです。それらは全て熟したものばかりだから、そのままにせず全部収穫!一緒に植えてあったバジルも、花が付いてしまったので、先っぽの花穂を刈り取ります。花が付いてしまうと葉っぱが茂らなくなるので。
e0151091_21325630.jpg
破裂トマトは、そのまま置いておいたらすぐにぐちゃっと潰れてしまいます。時間がなくてもとにかくすぐに洗って、ミキサーにかけてジュースにしちゃう。
e0151091_21332069.jpg
昨日の夕飯は、前日の残りのキーマカレーに1カップ半ぐらいのトマトジュースを足して再び火にかけ、油で素揚げしたナスと煮込んで、バジルの花穂をザクザクと刻んでたっぷりトッピング。ナンと一緒に食し、昨日までとは違ったフルーティな一品に。何にしても二日目のカレーは裏切りません。

一日中降ったり止んだりだった昨日、破裂トマトをソースに加工したり、タカキビを脱穀して調整したり、割れたスイカを綺麗にしてソースを作ったり…

手間はかかるし、長時間やってもあまり仕事が進んだカンジは残らないんだけど…なんというか、「すっ飛ばしながら生活している感」からちょっと抜け出せたような錯覚。





by nicecuppatea | 2015-08-31 20:57 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(0)

マイペースの夏野菜たち

昨日も書きましたが、雨の畑で、大きくなったスイカはみんな割れてしまっていたので、草ボーボーになった畑のスイカを、綺麗に抜いてしまうことにしました。本当はもうちょっと植えておきたかったんだけど。

スイカのツルはまだ頑張るつもりでいたらしく、小さいスイカたちもまだついていました。それらももれなく収穫。小さいのに律儀に縞が入っていて、思わず飾ってしまいました^^
e0151091_17190950.jpg
もう夏は本当におわりか。

でも他の野菜は、葉の色が深くなり、雨を受けて勢いを増したように見えます。ナスもようやっと今頃になって葉っぱが大きくなり、大きな実がたくさん成りだしました。今年はピーマンやしし唐にも、なぜかカメムシが全然つかず、豊作豊作♪

ブルーベリーぐらいのおおきさの小さな黄色いトマトは、雨の中でも割れることなくツプツプの実がたくさんついてて、かわいらしい。
e0151091_13070486.jpg
前にも書きましたけど、肥料もいれず、土もそこまで良くない畑ですが、きっと野菜たちはみんな自分のペースで育っているのだろうと思います。スイカは終わったけど、ヒトサマの畑のスイカはこの辺ではお盆のころには終わっているところが多かったから、ウチは頑張ってくれたほう。

「ひとつもならないのでは?」と、この私でも心配になるぐらい、なかなか大きくならなかったかぼちゃも、お盆ごろからは見るたびに実の数を増やして、大きくなってきています。
e0151091_17191842.jpg
そもそも、肥料をたくさんいれたり、支柱をたてたりして綺麗に野菜を育てるよりは、こぼれ種ででてきた苗を生ゴミやたまった落ち葉をつかって放任で育てて、そうやって育った野菜に実がなればいいじゃないか、というぐらいの感じで野菜を育て始めたので、畑の土はそれほどよくありません。必ずしも大きくて質の良い野菜ができるわけではないけど、それぞれの苗が夏から初冬にかけて、細く長く野菜を提供してくれます。

もしかしたら、そもそも野菜自体もそこまで急いで大きくなりたくなかったんじゃないか…なーんて思うこともあります。肥料があることで自分の本来のペースより早く大きくなっていたら、苗自体が疲れて、もっと早くに枯れてしまうんじゃないかとも思えて。

まぁ、ほったらかしでいい加減な菜園家のいいわけですね。でも私自身もどっちかというと自分のペースを守ったタチで、ヒトサマより成長が遅いタイプだったと思うので、ちょっとそんな説を擁護したくなったのかも^^




by nicecuppatea | 2015-08-30 17:22 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(2)

雨が割り、夏が終わる

もう夏休みも全部とっちゃったし、週末しか休みがないから、この土日は気合いいれて畑仕事するぞ~!…と思っていたのに、雨。

ここのところずっと、ウチのあたりは雨が続いていました。こうなると草刈はできないけれど、とにかく畑に行って、1週間でたくさん実が付いているであろう、ナスやピーマン、そして残りのスイカなどを採ってしまわなければ。

1週間おいておいただけなのになっていたスイカの位置がわからなくなるほど草が深くなっています。

それだけじゃなくてスイカのツルや葉っぱも元気がなくなり影が薄くなっているから、全体的に草に埋もれていく感じ。

で、ほぼフルサイズに育っていた小玉スイカは長雨にさらされて、ほぼ全て割れていました。
e0151091_13065278.jpg
トマトも熟したものは、みんな口を開けたように割れちゃって。

こうやって割れてしまった果物や野菜は、処理にちょっと時間はかかりますが、我が家ではもちろん全部収穫してきて、何かと加工します。

スイカはワンズのおやつにしたり、Pの野菜スープ(権蔵はお腹がゆるくて今のところ合わず)に入れたり、種を取ってジュースにして調味料加えて焼肉の漬け込みダレにしたり。で、トマトは全てトマトソースに。

こういう手間をかけだすと、なんか季節が変わったなぁ、と感じます。

夏が、終わったのか。



by nicecuppatea | 2015-08-29 13:11 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(0)

枯枝と枯葉と…

通勤かご編みを再開して数日。

昨日来持ち歩いている、コンビニでランチを買うともらうぐらいの大きさのレジ袋に残っていたのは、シダレヤナギの細枝一本、ほそーいスイカズラのつる、この間フレームバスケットを編んだときにゴミとして出たヤマブドウのツルの短い皮、駐車場で先週末にとったヒメツヅラフジの細づる、名前もわからないけどまっすぐで柔らかかった何かの木の細枝、そして2日前に水に一度つけたトウモロコシの皮。早く編まないとかびちゃうぞ。

いかにもありあわせの感じで色が全部違う素材ですが、シダレヤナギと名無しの枝、ヒメツヅラフジでフレームを。ちなみにバスケットの大きさはSサイズの温州ミカンぐらい(わかりづらいな)。
e0151091_22230027.jpg
こんなのを手元でチマチマやっていると会社までの通勤時間もあっという間。で、あっという間に完成。
e0151091_22231531.jpg
ブドウの皮、トウモロコシの皮、細いスイカズラの順に編み込み、残っていたヤマブドウのツル皮、トウモロコシの皮はすべて消費。
e0151091_22232386.jpg
夏が過ぎ去り、通勤かご編みを再開してみたら、あっという間に枯枝や枯葉を組み合わせてみながら、いろいろな織り込みデザインを考える安上がりかつ無限の楽しみが感覚に戻ってきました。






by nicecuppatea | 2015-08-28 22:27 | バスケット編み | Comments(0)

そしてまた普通のかご編み生活

先日月曜日は、仕事上の経験を聞かせてほしい…というリクエストをいただき、山陰のある街まで一人出張。旅好きの私としては気楽なもの♪

昔、旅行会社で添乗の仕事をしていた時、上司に「お金を払ってくれているお客様より添乗員のほうが楽しんでいるじゃないか!」と怒られたものです。添乗、出張、そしてプライベートと、飛行機を利用することが少ないほうではなかったと思うけれど、この歳になっても離陸と着陸の時にはついつい一番近くの窓から「外が見えるかな…」とドキドキしてしまうのは変わりません。窓際に座っている子供が、離陸の時に外を見ないでゲームなんかしていると、「なんで外見ないわけ?」とちょっと不満に感じたりします。
e0151091_21212214.jpg
それなりにお仕事が終わり、翌日台風で大変な思いで帰ってくることになることも知らず、その日の夜は地元の海の幸など紹介いただいて、至福の時を過ごしました。
e0151091_21213436.jpg
欠航前最後のフライトとなった早朝のフライトにぎりぎり予約を変更。それにしても軒並み欠航、小さな空港は「きっとこんなに人がいるのは珍しいんだろうなぁ」という大混雑。
e0151091_22080523.jpg
寝不足のまま帰京~。なんなら翌日まで泊まってもよかったか。。。

仕事では、8月に予定していた主だったイベントもおわり、家ではブルーベリーの収穫シーズンも終了し、ふたたびかご屋に戻る時期になりました。

先日玄関の掃除をしたとき、手編みの籠にハニーサックルの白いツルを輪っかにしてディスプレイしてあるのを見て、「これ、玄関のディスプレイじゃないよな」と、ようやっと自覚しました(笑)

実はこれ、15年もまえ、イギリスにいたときに里山保全作業中に刈り取って、きれいにゆでて皮をむいたもの。気が付いたらもう15年。なんだか使ってしまうと思い出がなくなってしまうような気がして、なかなか手を付けられないでいたのです。

イギリスで集めたかご編み用素材は、今の私のものすごく大きな部分を形作ってくれたかの地の里山での活動や友達、その景色や手習いしたクラフト、ほぼすべてのものにつながっているもの。人から見たらただの枯枝なんですけどね。
e0151091_21215951.jpg
もう、そんな歳でもないでしょう、と、今回フツーの素材と同じように、使い切ろうと思いました。で、皮をむいたハニーサックルの小さいクリーム色のバスケットを編んでいます。
e0151091_21214777.jpg
やっぱり思い出の「物質」に固執するのも、若いうちぐらいにしときたいもんですよねー^^もうそろそろ、手離れしてもよい時期かな、と思えてきました。




by nicecuppatea | 2015-08-27 21:27 | バスケット編み | Comments(0)

やらなくてもいいものを…

本日から2泊で出張に出る予定です。いや、明日朝イチの飛行機に自宅からだと間に合わないので、本日は実家で前泊予定で。

仕事上のあれやこれやは金曜日の夜に終わりにしてきましたが、仕事と関係のない事で朝から落ち着きなく動いていました。だって…

畑のトマト、取っておかないと雨で割れてしまうし…
e0151091_14185500.jpg
収穫してきたナスとピーマンは冷蔵庫に入る分とそうでない分を分けて、実家へお土産にして…

性懲りもなく、冷蔵しきれないトマトは、室外機の傍で再びドライトマトにしないといけないし…

編みかけのバスケットも終わらせたいし…ふたつとも、もーちょっとで編み切れなかったけど。
e0151091_14190957.jpg
ピーチのゴハン用の野菜スープも作り置きをしないと…

e0151091_14240745.jpg
残っているカレーも食べきってしまいたい…

あ、もちろん飛行機の中で編めるようにカゴ編み素材も!

あ、荷造りも終わってない^^;

こうして書いてみると、やらなくていいことがほとんどですけど。私の人生、どーも、優先順位を間違えることが多いみたいで。

by nicecuppatea | 2015-08-23 14:20 | 畑&バスケット | Comments(0)

トウモロコシの皮がたくさんあったので

どうも涼しくなってきたら朝目覚めるのが少し遅くなってきたような。

自然、朝の時間に余裕がなくなります。て言っても遅くとも5時20分過ぎには散歩にでているんですけどね。

朝ばたばたするけれど、通勤の間中、もし何かがあった時のために(?)、道中自分を退屈させないですみそうな小道具は持って家を出たい。つまりそれは、かごを編める素材。で、玄関に向かう途中に、この間駐車場のそばでむしりとって帰ってきたヒメツヅラフジとウチ中に潤沢にあるトウモロコシの皮、そして水に戻せばすぐにやわらかくなる杉の皮、2-3枚をもって、カバンに入れていきました。

駅のベンチについたところで、持っているツルの中で一番固くてしっかりしたヒメツヅラフジが縦芯になることが自然と決定。手元の量から逆算して、どれくらいの大きさのバスケットが編めるかを考えて、電車が来るまでの間に縦芯を必要な数だけ切っておきます。

で、電車の中で底を編む。
e0151091_22064028.jpg
縦芯を立ち上げたところで、ついにトウモロコシの皮が登場。今回はなんとなく、ヒメツヅラフジとトウモロコシの皮をよじりながら奇数の縦芯に編み込んでみた。
e0151091_22065453.jpg

途中で杉の皮を編み込んで来たら結構模様が浮き上がってきて、うれしくなってほぼ30分ちょっとの乗車期間中に大体形が完成。
e0151091_22071127.jpg
今回は縦芯を2本だけ長くして、取ってを編んでみました。ちょっと左右ぴったり対象ではないかもしれないけれど、まあ、実験作品としては面白かった。
e0151091_22072556.jpg
なんか私には、大きな作品を週末に、はぁはぁして編み上げるより、通勤時間に楽しめる、小さいかごをいろいろなイマジネーションを膨らませて、試しながら作るのが無理がないかもなぁ~

今日もきっと私は笑いながら編んでいたに違いない^^;

by nicecuppatea | 2015-08-20 22:09 | Willow Cottage | Comments(2)

こ…これは?!

おととい、会社からウチに帰ってきたらダンナが浮かない顔で、「チビ太の脚の付け根になにかある…」と。

見てみると「ぎょっ!」とするような直径5センチぐらいのどす黒い「できもの」みたいなものがありました。

なんだこれ。腫瘍?やけど?皮膚炎?よくみると盛り上がった皮膚の真ん中あたりに小さな穴が2つ…

そういえばここ数日、チビ太はすごーく機嫌が悪かった。ダンナが近くを通ったり、ちょっと触ろうとしただけでものすごく唸られたんだった。原因はこれだったのか。

余りに機嫌が悪く、翌日ケージにいれて階下の動物病院につれていくことが難しそうなので、その「できもの」を激写して、先生にそれを見てもらうことにしました。おどろおどろしいので写真は割愛します^^

で、翌朝。見てみたらその「できもの」の真ん中の小さな穴から噴火したクレーターのような大きな穴が…ぎょえ〜!チビ太自身も時々気にして舐めていて、食欲もない。でも、痛いのなら腫瘍ではないか…。素人考えながら色々な事が頭の中に浮かんできます。

で、昨日「噴火後の写真」も持って、ダンナが階下の獣医さんに。

結果は、「肛門腺が化膿して破裂したんですね」

え…?

肛門腺は、犬や猫の臭いのきつい液体がたまる場所。肛門のすぐ横にあり、通常排便の時に自然にでるらしいのですが、何かの理由でそれが詰まると濃度が上がり、膿んだりして炎症を起こしていくところまで行くと破裂するらしい。「これだけ腫れていたらかなり痛かったはず」

とりあえず噴火後はつきものがとれたように、柔らかい表情になったチビ太。痛かったんだろうね。もともとおでき体質で、むかしは目と目の間に「おでき」ができて、それが破裂した時は、顔の真ん中に穴が開いたみたいで怖かったものだ。でも地腫れがとれたら気持ちいいんだろうな。
これ見れば明らか。盆踊りの練習ですか。
e0151091_21021938.jpg
やれやれ。。。 とりあえずホッと。しっかしそんなモノが腫れて、破裂することがあるなんて。色々と知らないことがありますなぁ。

by nicecuppatea | 2015-08-19 21:03 | ピーチ&チビ太 | Comments(0)

サンドライトマト完成

先日、屋上のアルミホイルにどっさり広げたトマトの半切り。2日ほど屋上で干したところ、半乾燥状態となったので、カビが生える前に大急ぎでジャムの空き瓶に入れて上からオリーブオイルをドボドボ注ぎます。大きな梅干し用のザルいっぱいにあったトマトがジャムの瓶2つ分ほどにまで目減りしました。
e0151091_21512306.jpg
一つ味見。甘—い♪

不思議と水分が抜けると甘くなるんですね。畑のブルーベリーも、実はムシに皮を食われてそこから水分がちょっとぬけてシワッとなっているベリーがあったりします。もちろんそんなのは売れないから、採る傍から自分の口にいれるんだけど、実はそういうのが信じられないほど甘いのです!ムシが触ったのはバツ~!っていう人もいるでしょうけど(笑)私は、あんな小っちゃいムシが食べても生きているんだから、それは安全な食べ物の証拠、って思っちゃうタチ。

トマトのオイル漬け用の干し加減がこれぐらいで良いのかわからないけど。ほとんどカチカチになるまで乾燥させて袋に入れて常温保管したこともあるのですが、そうすると調理した時のトマトっぽさが失われてしまう気がして、今回はオイル漬けに初挑戦。やはりここは、種の少ないイタリアントマトの調理種だったりすると、肉厚で干してもそうならないのかもしれないのですが、こちとらこぼれ種から生えてきたミニトマトですからね。「それ用」のトマトではないですから乾燥させるとどうしても大きさの割に種の多さが目立ちます。でもそんなことは気にせずに^^

サンドライトマトのコツは、自然乾燥させる場合は、できるだけ短時間に水分を抜くことじゃないかと思われます。でないと色が悪くなったり、一晩でも夜露に充てるとカビがうっすらでてきたり。2週間ぐらい前なら、屋上の温度は軽く40度を超えていたはず。カラッカラに乾いて夕立の心配もない日が10日以上続いたから、その時に干せば1日で綺麗なドライトマトになっていたかもしれませんが、その時は人間が暑気あたりしてて、とても干しトマトづくりどころじゃなかったから(笑)

それにしても、豪雨だ、猛暑だとついつい文句が多くなる今日この頃ですが、そこら中にある水も熱も、ささやかな方法でも有効に利用できたら、得した気がしますよね。

by nicecuppatea | 2015-08-18 21:51 | おいしい実 | Comments(0)

晩夏の素材集め

少しづつ気温が下がってきて、寝苦しい夜も少なくなってきました。

そろそろブドウっぽい実がなりだす時期。つまり、ツルになる、房みたいな形の実ものです。

私のカゴ編みで、毎日のようにお世話になる「ヒメツヅラフジ」も「フジ」とはついていますが、藤のなかまではなくて、ちっちゃいブドウみたな青い実がなるんです。今日、ジョギング終わりにスーパーに歩いていく時に、道の脇で今年最初の実を発見。
e0151091_21184467.jpg
実は食べれないのですが、あまりに魅力的で、ついつい収穫。ミニかごの取っ手にからませてみようかな。

畑ではトウモロコシ(の皮?)が豊作です。皮が採れるのはうれしいが、なぜこんなに実が入ってないかな。
e0151091_21181124.jpg
これなんて一つも実が入っていないけど(- -;)
e0151091_21173784.jpg
皮に薄い紫が入っているのが、ねじってミニバスケットに編みこむとステキ…な気がするので。

これも、捨てずに部屋に取っておく♪素材は無限。部屋のスペースは有限…

by nicecuppatea | 2015-08-16 21:21 | 畑&バスケット | Comments(0)