<   2015年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

セミのはなしーその1

ウチは狭山丘陵のなかでも「トトロの森」にほぼ隣接した自然豊かな場所。まぁ、つまり通勤圏であるのにすごく田舎。

ここに来るまで、セミの声でこんなに色々楽しめるとは知りませんでした。

子供の頃、セミは7年間、地中で生活して、7年目の夏に地上にでてくると、木の汁を吸って、交尾して、たった1週間で死んでしまう…はかないものの象徴のように教えられました。

夏の終わりに近づくと道路のあちこちに落ちている、死んだセミもなんとなく「はかないもの」の象徴のように見えるもの。

今日散歩していたら、緑道の端の植え込みが、まるで「セミの抜け殻がなる木」みたいにセミの抜け殻でいっぱい。あたりはうるさいほどのアブラゼミとミンミンゼミの合唱。

セミってかわいそうだよねぇ。ずーっと暗い土の中にいて、やっと地上にでてきて、鳴いて鳴いて、交尾して、謳歌するのは1週間だもんね、と私。

いやいや、とダンナ。

実は、セミは地中の王。地中ではソファに座って、ブランデー片手にテレビ見てるんだよ。7年間、ずーっと道楽が過ぎた、って最後に反省して地上にでてきて読経して、死んでいくんだよ。だからセミが鳴いてるのは、みんな、お経唱えてるの。ありがたいの。

お願いだから、そういうでたらめなおとぎ話っぽいもの、子供にしないでね(^^;
e0151091_06401457.jpg


by nicecuppatea | 2015-07-30 07:45 | 昆虫&鳥 | Comments(2)

忙しいヒトも、そうでないヒトも

本日は、一日会社を休み、会社以外のコトを色々と。

とにかくブルーベリー摘まなきゃ落ちちゃうし…
今週末にまた大きなマーケットや大口のお渡しがあるので、パッケージ詰めもしないと…

夏場はカゴ屋は休業して、ベリー屋になろうと思っていましたが、「ベリーとカゴをセットで、里帰りで実家のお土産にしたい」というリクエストを頂き、なんて良いアイデア!と思って、丁度1キロ分ぐらいのベリーの入る中ぐらいのバスケットを編むことに。
e0151091_19023618.jpg
取っ手と縦芯はヤマブドウ。フレームはブラックベリー、編み芯はアケビやアオツヅラフジ。ほとんどが実のなるツルだから、別の意味で「フルーツバスケット」かも。
e0151091_19020043.jpg
ベリーとカゴって、やっぱり仲がいいような気がするのは、私だけ?どうしてもカゴとベリーがあると、一緒に写真を撮らずにいられない(笑)
e0151091_19021102.jpg
先日編んだ「特大ねこカゴ1号」は、先日の狭山楽市楽座の日に、無事ご依頼の方にお渡しできました。当初「3つください、急ぎません」というオーダーでしたが、使ってみてからもう一つ、本当にいるか聞いてみようと思っていました。が、「あ、絶対いります。秋にもうひとつ、冬にもう一つ、ぐらいのペースで頂けたら嬉しいです」とのこと。じゃあこれもそろそろ準備しないとなー。

好きでやっていることばかりだから、「忙しい」と感じることはありませんが、やりたいことは山ほどあります。

こちらは夏の畑で忙しいヒトたち。
e0151091_19034938.jpg
e0151091_19040587.jpg
猛暑の中、草むしりをしていると、「ん?そばに蜂の巣がある??」と思うぐらい、

ブンブンブンブン…ブンブンブンブン…

上を見ると、
e0151091_19045427.jpg
畑の端に生えているタラの木のてっぺん3メートルほどのところに地味な白い花が満開で。

そこに巣があるのか?!と思うほどたくさんのミツバチが忙しく働いていました。春にタラの芽を採ったら、人間的にはその存在をほとんど忘れてしまうような木。そのてっぺんに咲いた満開の花はいい匂いもしなそうな、見た目もそれほど綺麗でないような花ですが、ミツバチにとっては、この時期、きっとすごく良いネクターソースなんですね。この木はここにずっとあった方がいいんだな。暑いのにみんな大変ですな。

汗ぐっしょりになって人間が畑から帰ってくると、冷房をガンガンに効かせた涼しい部屋のソファの上で。
e0151091_19061822.jpg
クーラーの冷気が直にあたるところで。
e0151091_19063015.jpg
…と思ったら、自分のベッドが、盗られてたんだ。
e0151091_19064081.jpg
忙しいヒトも、そうでないヒトも、みんなで、暑さを乗り切りたいものです。

by nicecuppatea | 2015-07-29 19:21 | 畑&バスケット | Comments(0)

目くるめく…

昨日土曜日は、「この夏一番の暑さになるでしょう」という予想の中、先週1週間、貯めにためてきたベリーや、かごや、畑のハーブを車に詰め込んで、狭山市楽市楽座の会場にGO!
e0151091_16522609.jpg
ここ5日ほど、毎日35度前後の気温の中、旦那が南国のヒトのような暑さへの強さを発揮して、毎日数キロのベリーを収穫。冷蔵庫のすべての棚がベリーで埋め尽くされ、それでも入りきらなくて、持っている保冷箱に保冷剤をたくさん詰めて、そこにも採ったベリーを保管。

最近アンチエイジングに目覚めたのか、ベリーをパック詰めしていると必ずそばにやってくるピーチ。
e0151091_16523611.jpg
権蔵はピーチのやることを真似る傾向が。キミも好きなのか。
e0151091_16524380.jpg
私がうしろむいたら、「ウヒヒ」って、悪い顔してないか。
e0151091_16525497.jpg
とりあえず、うちにあるもの総動員で、できるだけベリーが直射日光に当たらないように、パラソルを立てて、開店!
e0151091_16531068.jpg
ベリーは160個、パックづめして持って行ったけど、パックに入りきらないものがまだまだ…結局40キロほどを持参。
e0151091_16532767.jpg
いざ、お店開きしてみたら、開店時間前から多くのお客様が、「安いですね!」といいながら立ち寄ってくださり、気づいてみたら昼過ぎまでほとんどお客様が切れることなく。

ブルーベリーはどうしてもお菓子で味わうことが多く、生で食べると思った以上に「酸っぱ!」という方も多いので、「甘いの?」と聞かれるたびに、「いえ、酸っぱいです!」と正直に。酸っぱさってホント、人によって感覚が違うのですよね。買っていったらウチ帰って食べてがっかり…ってなことにはなってほしくないので、「試食してくださーい。おっきくて黒くて、粉吹いているっぽいのが甘いです。そういうのを3つ、4つまとめて口に入れてみてくださいねー。」と皆さんに説明しながら。

アタフタしながら売っていたら、ふわぁ~っと吹いてきた風にパラソルがあおられて、その下に固定してある机が傾き、写真の青いザルに入っているブルーベリーが

ざざぁーっ

っという音とともに、路上にこぼれていきました。さながら映画の1シーンで、逃走する車にぶつかられる八百屋さんの果物が飛びちるみたいな感じで(^^

さらにあたふたして路上のベリーを拾い集めていると、隣で出店していたおばちゃんたちが助けに来てくれて、手持ちの紐で机とパラソルを手際よく固定してくれました。こういうの、身に沁みます(T T)

さらに一人でハァハァして売り続けていると、「お昼、食べてないでしょ!」と手作りのおひるごはんをおすそ分けしてくれて。
e0151091_16534667.jpg
なんだか田舎のおばあちゃんのウチでごちそうになるような味。普段自分で作らない「家庭の味」は、何でもごちそう。

そうこうしているうちに、ベリーを買ってくださった、結構年配に見える女性の方に声をかけられました。

「籠をあんでらっしゃるのね。私はね、籐を編んでいたんだけど、もう首が痛くてやめることにしたの。よろしかったら籐を使って下さる?よかったらウチに帰って持ってきます」と。

普段、売っている籐を買って編むことはありません。そもそも販売するものは「自然からいただいたもので作ってます。だから壊れたり飽きたりしたら、野山に返してください」という感じで作っているものなので、いただいたとしてもその藤を通常マーケットで販売するようなかごを作るのに使うことはありません。でも、私ももう自分では使わないと決めたものを、どうやってその先につなげるかで悩むたち。その方も大切にしてきたものを手放すのに、行先を探していらっしゃるような雰囲気だったので、ありがたく頂ます、とお伝えしたところ、30分後に持ってきてくださったのがこれ。
e0151091_17421227.jpg
ずいぶんたくさんですね!お支払します。

「いえ、いいんです、ウチにあると気になっちゃうので、使っていただけるなら」

お礼にはブルーベリーを。せっかく大切に保管していたものを譲り受けたので、これ使ってウチの畑でベリーや野菜を収穫するときに使う、収穫かごを作って自家使用したいと思います。

午後3時。ベリーは160パック、ほぼ完売。なんだかいろいろな出来事が次から次へと起きたなぁ。でもなんだかあまり疲れは感じないで、帰途につきました。

やはり、マーケットはありがたいです。なんか。




by nicecuppatea | 2015-07-26 17:45 | Willow Cottage | Comments(2)

7月24日(土)楽市楽座でブルーベリーを販売します!

今年のブルーベリーは毎年に比べて若干実付きが悪い…と先日ここにも書きましたが、そうは言ってもこの最盛期、採りきれないほどに実っていることは事実(^^; そしてこの猛暑で、収穫して数時間後にはすでに新たに熟した実がたわわに実っているような。収穫が追い付かなくて焦ります。まぁ、実が落ちたらそれでいいんですが、やはりそれはもったいない、と思ってしまうのが人情で。

そんな状況のなか、今週は関東地方は梅雨明けとともに猛暑となり、炎天下で作業に集中しすぎると、体に危険を感じるほど。

最近筋トレに目覚め、従来の骨細の体形(骨太の体形の私に対する相対語)から贅肉がそぎ落とされ、さらに暑さに強くて地黒系の焼け方をしているダンナは、日本人というよりもう南アジア系の人に見えます。私よりずっと暑さに強いとはいえ、ちょっと尋常でない追い込み方で収穫作業をやっていることは事実。会社から帰ってきて、家で干してある大量のブルーベリーを見ると、この炎天下でこれ、一粒づつ収穫したんだ〜、と感心するやら心配になるやら。

なぜそこまでしてブルーベリーを摘むのか…「何のために?意味ないでしょ?」と思う人もいるかもしれないですけど、意味があってもなくても、あまり関係ない(笑)ただの性分です。

あさって7月25日(土)は、2か月に一度の狭山市楽市楽座。ベリーの収穫期間を考えると、ブルーベリーをこのマーケットで販売できるタイミングは、今年はこの1日だけ。そこにどれだけ大量のベリーを持って行って、大々的に売れるか!ということで我々バカな夫婦は常道を逸したように早起きしてベリーを刈っては、夜な夜なパック詰めして、今週末に備えております。もう冷蔵庫も、保冷箱も、キャパいっぱい。今日以降収穫したものは常温で乾燥させて、冷蔵庫に入れずに風通しの良い室内で保管する予定です。文字通り、うち中がベリーだらけになっております…

狭山市楽市楽座で私たちが出店するブースの位置は、メイン会場から一歩外へでたバス停の前。メインのエリアと比べると人通りなどはあまり多くないかも。積極的に呼び込みやって売らないとなぁ。

「目立たないといけないでしょ。買っといたから(^_^)v」

と、ダンナが私に内緒でベタな「厳選ブルーベリー」という、プリントの「のぼり旗」を購入していました。ワンズがウチで留守番するため、ダンナもウチに居残るので、店番は私ひとり。この、いかにも私が買わなそうな、即席印刷の垂れ幕みたいなヤツを、今回は私も敢えて味方として受け入れて、目立つことを第一に考えて終日販売することにしました。。。見よ、この格安感!
e0151091_20151983.jpg
しかも今年のブルーベリーは、例年ほど甘くありません(爆)ここは正直に販売しようと思います。酸っぱいです!でも、ジャムやお菓子にするには酸味がたったほうがおいしいし、酵素ジュースをつくるのでも、酸っぱい方がいいらしいですよ♪

そんな使い方したい方がいらしたら、今週土曜日、狭山市楽市楽座で酸っぱい無農薬ブルーベリー、200g300円で、いっぱい売ってますんで、ぜひ…。

by nicecuppatea | 2015-07-23 20:15 | Willow Cottage | Comments(2)

今シーズン初!

今年も、他の野菜に不釣り合いなほど、畑にたくさんのスイカの苗を植えました。とはいえ、肥料もやらず、草もロクに刈らない放任畑。カラスもやってくるし、そんないいスイカが毎年たくさん採れるわけではありません。

それでも、今季初の小玉スイカがそろそろ小玉としてはmaxの大きさではないか…と思えるサイズに成長。

スイカの熟し具合はよく「おしりをたたく」ことでわかると言います。以前に比べて音の違いは聞けるようにはなってきたのですが、まだ自信を持って「食べごろ!」と宣言することは出来ません(^^; ヘタが茶色くなってきたらいい、とも言うけど、まだそこまで茶色くない。でも小玉にしては大きくなってて、これ以上おいておいて雨に当たったら破裂するかも…

いちかばちかで収穫。一応、たたくとみずみずしい音はしているんだけど…
e0151091_06385408.jpg
割って見たら、若干白いところは多めながら、「中落ち」もあって、時期的にはよかったかも。
e0151091_06390459.jpg
まぁまぁでしょう。いつも大概寝てるワンズも気がつけば足元に勢ぞろいして見上げている。さすが、外さない(^.^)

それにしても、畑で汗をかいた時にスイカを食べると、「これが私のカラダに今、不足していた」ってはっきりわかる気がします。色々なスポーツドリンクがあるけれど、畑ではやはり、これが最強。

by nicecuppatea | 2015-07-23 07:45 | おいしい実 | Comments(0)

13歳にして…

先週末は猛暑の3連休。経験したことがないほどの汗をかきながら日中2回、畑を往復し、ブルーベリーの収穫や草むしり。家に帰ってきたら膨大な量のブルーベリーの選別とパッキング。

よく働いたから今夜は景気づけしよう!、と土曜の夕方には自宅隣の隠れ家的居酒屋さんへ行き、酎ハイいっぱいで完全に出来上がり…汗をかいた運動の後のアルコールは危険だってわかってるのに、おいしくて、つい(^^;

もうろうとしながら帰宅後再びブルーベリーのパッキングを再開。そんな時「事件」は起きました。

ベリーをパッキングする時、未熟なもの、つぶれたものなどは一つ一つつまみだし、ひとところにまとめておくのですが、最近、ピーチがやけにブルーベリーの味をしめて、ちょっと過熟してつぶれたものなどがはじいてあると、すぐにマズルを突っ込んで食べにくるのです。去年までは畑にダダ落ちしてるベリーにだってぜんぜん興味示さなかったのに。

半分酔っぱらいの私は、はじいたブルーベリーの隣に、こんな手作りのピアスを外していっしょに置いたのでした。
e0151091_20252187.jpg
ちなみに、偶然ですがこれとブルーベリー、大きさ、色共に結構似てる。
e0151091_20255447.jpg
そして、ちょっとキッチンに立って、帰ってきて見ると、そこにあったブルーベリーは綺麗に消えていました。そしてピアスも片方が。。。

えっ、えっ?!ピーチ、ピアス食べちゃった???

一気に酔いがさめる私。もう土曜日も9時を回っています。運悪く明日からまだ2連休で獣医さんは休みなので、救急で夜間に空いている獣医さんに電話で相談。

「そうですねぇ、1時間以内なら吐き出させることもできますけど、13歳だとちょっとリスクが大きいですねえ。ラブは腸が太いから出ると思うけど…」気休めに、真夜中に繊維質たっぷりのごぼう、インゲン、トウモロコシを似て作ったスープなど食べさせてウ○コの嵩を増してみようとしたり。でも、釣り針みたいな形のピアスは、ひっかかって取れないようにああいう形になってるんだから、そりゃ腸壁にもひっかかるんじゃないか。しかも13歳で心臓も肥大してて、とても全身麻酔なんてかけられる状態ではありません。あ〜、なんて馬鹿な飼い主。ベリーとピアス一緒に置くなんて…!!(でも、まさかそれを食べるなんて思ってなかったよう…)そんなんで13歳まで元気に暮らしてきたピーチが死んじゃったら…飼い主は疲れてるのに眠れぬ夜を過ごすことになりました。自業自得です。

そうして、毎回Pがウ○コするたびに、出てくるところを飼い主二人で祈るように凝視し、入念に指でモミモミ(もちろんビニール袋の上からですが)すること1日半。今日、昨日までの農作業の疲れとピーチの心配でほとんど仕事になってない私のところに午後になって、ダンナからのメールが。

「午後2回目のウ○コででてきました。ウ○コからピアスを取り出すとき、吐きそうになりました。これ、使えよな!」

謹んで使用させて頂きます。ちょっとビフォー・アフターで色が変わったけど(笑)これも、教訓。
e0151091_20260597.jpg
しっかし、13歳でピアス飲むかー。でも、あたかもベリーに混ぜるようにピアスを置いた私が悪いことに変わりはない。飲みにくい薬を好物のおやつにまぶして食べさせるのと同じようなもの。

13年も一緒に暮らしていて、まだラブの怖さ、というか、究極のユーモアのセンス(と私は思う)、理解してませんでしたね、私。

by nicecuppatea | 2015-07-21 20:27 | ピーチ | Comments(0)

ブルーベリー採りとブルーベリー拾い

暑くて雨も降って、ブルーベリーは一気に最盛期に突入。生でごく限られた場所で販売する以外は、通年で焼き菓子屋さんやレストランに冷凍で使ってもらうことが多いので、採ったそばからどんどん冷凍。
e0151091_19461301.jpg
ホントは今が一番ツブが大きくて甘くて、生で食べたらおいしい時期なんだけど^^

今年はなぜか、実付きが悪くて、熟すとちょっとの刺激でぽろぽろと落ちてしまうものが多いような。まだ熟してきたばかりなのに、もったいない~~
e0151091_19464160.jpg
オーナーさんが肥料をやる時期間違えたかなー、っていってた。鶏糞をやり過ぎたのかも…って。木に実る果物は植物からすれば、「次の世代へ残すべき子孫」。実のなる時期に肥料が多いと、植物は「栄養が十分あるから、まだ子孫を残さなくても大丈夫だ」と思うらしく、せっかくついた実もぽろぽろと落ちてしまうことがあるらしいのです。

それが原因か?

もったいないので拾い集めて、自家需要用に冷凍にすることに。たぶん1年中スムージー飲んでも余るぐらい^^

ブルーベリーは眼にいい…とよく聞きますが、毎日スムージー飲んでもあまり実感がありません。あ、多分眼が良くなる効果を覆して余りあるぐらい、細かいツルでカゴを編んでいるからかな。

そういえば、今年は毎年辛い花粉症が、いつもほどじゃなかった。これって…?

全ては気からと信じてますから(笑)

by nicecuppatea | 2015-07-18 19:49 | おいしい実 | Comments(1)

想うこと

今日、いつもの時間に起きて、ダンナとワンズの散歩に行き、いつもの流れでごはんを準備して、会社に行き、ツラツラと電車でいつものようにカゴを編みつつ、アタマの中にはずっとひとつのことがありました。
e0151091_22182506.jpg
最近お会いしていないのですが、もう何年も前ワンズつながりでお世話になった方がご病気だとのこと。

最近は私が子供の頃に比べてネットというものがあるから、頻繁に会っていない人でも、ご近所のような感じでお互いの近況を知れるような気がしています。マメでない私にはありがたいことです。

ただ、ネットであれ、直接語るのであれ、言葉を見つけられないのは同じこと。様々、相反する気持ちが心の中に一緒にあります。

大丈夫!でも大丈夫なんて思えない…なんて人のできることは小さいんだ、いやいや、人には大きな力がある…人って強い、いや、やっぱり弱いものだなぁ…でも何かできるんじゃないか、いや、何もないか…とか。

言えるのは、きっと長い長い眠れぬ夜を過ごしているのだろうなぁ、ということ。

今朝 4時頃、ニイニイゼミとヒグラシが一緒に鳴いているのが、寝室のサッシの外からかすかに聞こえてきました。それをじーっと聞きながら、ただただ考えていました。
by nicecuppatea | 2015-07-17 14:18 | 暮らしのアイデア | Comments(0)

屋上農園より

熱波に襲われた関東内陸部の我が家あたりでは、昨今の気候では屋上はすでに亜熱帯以上。水さえあげれば夏野菜はぐんぐん伸びます。

こぼれ種から生えたトマト以外に植えているのが、毎年種を取って育てているボルロットインゲン。モロッコインゲンみたいに幅広のつるなしインゲンですが、熟してくるとさやに鮮やかな赤っぽい縞が入ります。未熟果のまま摘み取ってインゲンとして食しても良いのですが、とにかく今ウチでは、冷蔵庫に入れなくてよいものはとにかく冷蔵庫からだし、あらゆる冷蔵スペースをブルーベリーに譲ることになってます^^

封を切ってしまった粉類、穀物類はまだスペースのある冷凍庫に。根菜類は常温で。野菜はできるだけ食べられる分だけを買ったり、畑から採ってきたり。

そんなこともあり、食べられる以上に採れた野菜は乾燥加工を心がけている今日この頃。ボルロットインゲンも莢が乾いてきたものから、雨に当たる前に摘み取って乾燥させます。
e0151091_22135261.jpg
やっぱり、ブルーベリーがなかったとしても、出来ればわざわざ電力をかけずに、常温保存できるようなに自家製野菜の加工ができれば、なお良いなと思います。

by nicecuppatea | 2015-07-14 22:16 | 屋上菜園 | Comments(0)

黄色と青の夏

ついこの間まで寒いぐらいだったのに、梅雨の晴れ間…という昨日、今日はまるで真夏。会社が休みの今日は朝から畑。気が付いたらひまわりはもうこんなに大きくなっていた。
e0151091_19415090.jpg
畑のオーナーさんから「これ持ってって~」と頂いたたくさんのトウモロコシ。虫が食べてるかもしれないけど…といわれてむいてみると、いくつか虫じゃなくて鳥に食われて欠損しているのもあったけど、喉乾くぐらい甘い!
e0151091_19422529.jpg
まばらにしか実が入ってないのもあったけど、これはむしりとってコーンポタージュにしよう。食べ終わった芯は1センチぐらいづつに輪切りにして、自慢の屋上生ゴミ農園にマルチとして撒いて。中の方の白っぽい皮はこのまま乾かしてバスケット編みに使って。
e0151091_19440865.jpg
捨てるところ、なにもないねぇ^^

屋上の生ごみ再生化農園のトマトたちも結構大きく成長中。全てこぼれ種で成長した苗だから実が成ってみないとどんなトマトなのかわからないところがミソだったんだけど、一番になったトマトは黄色いのでした~。夏になったとたんに、なんか色々黄色だな。
e0151091_19433676.jpg
ブルーベリーも本チャンの畑の収穫がついに始まりました。
e0151091_19421591.jpg
これからまた怒涛のような収穫が1か月半ほど続くことになります。
e0151091_19443970.jpg
夕方には散歩がてら、ご近所にベリーの納品。道すがら、道沿いの草むしりがされていて、ほぼ終わりに近かったアジサイの花が切られて、捨てられてた。よくもまぁ、こんな宝物みたいなものを。
e0151091_19424650.jpg
夏は青でもあるんですね。

帰りみちで、ゆずの木から小さな実が落ちて黄色くなっているのを見つけました。色々拾ってなんだか得したカンジの夕方散歩。
e0151091_19425406.jpg
今日の色は黄色と、青だったな。


by nicecuppatea | 2015-07-13 19:50 | おいしい実 | Comments(0)