<   2014年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

週中感満載。。。

週が始まってまだ2日なのに、なんだかもう全力疾走感満載で、もう木曜日ぐらいなんじゃないか、ってカンジ。そうなるとどうしてもウチに帰って来てからカゴを編んで癒される…ぐらいなら早く寝たほうが癒される!というカンジになってくるので、必然的に在宅でのカゴ編みは進みません。

それでもなんとかミニチュアバスケットは電車で編みつづけています。行きに一つ、帰りに一つ。今日は火曜日だから合計4つ。うん、スケジュール通り♪
写真はよくないけど。。。
e0151091_21123554.jpg

ふだん使えないような端材が使えるのも、思わぬメリットでした。細ーいツル、ちょっとだけ残った木の皮、編み終わったツルの端っこ、松の木の黄色い根っこ、短いトウモロコシの皮(捨ててなかったのか)…そんな素材をレジ袋に入れて満員電車で覗きながら「何でつくろっかな~?」と考えるだけで、無限の世界が広がります(^^)やはりあぶないヒトですね。

引き続き、ミニチュアづくりで楽しもうと思います♪
by nicecuppatea | 2014-09-30 21:15 | バスケット編み | Comments(2)

編み込み第一日

今週は、今までと違うレベルで編みためる!!

…と、昨日のマーケットでほとんどのバスケットをお嫁入りさせた後、来週末、日曜日のマーケットに向けて決意したので、まず手元にある材料で、どんなものがどれほど編めるかを算段します。とにかく、マーケット当日まで、会社の休みは今日と来週の土曜日だけ。となれば、今から素材を集めに行くのは無理。では、あるものを出来る限り使ってなにができるか。

そうして考えてみると、先日たくさん集めたブルーベリーの剪定枝が大いに役立ちます。鍋に沿わせて押し込み、茹でてみたら、難なく丸まりました。それでとりあえず、二つの大中のフレームバスケットを編み始めました。
e0151091_20124836.jpg

取っ手用、フレーム用にそんな輪っかを二つ作って直角に組んで、十字に交差したところをGod's Eyeといわれる結び方で固定します。それからGod's Eyeを起点にして、フレームに近いところから縦芯を左右1本づつ足していき、その間を編み芯で埋めていきます。言葉での説明だとわかりづらいかもしれませんが、詳しくはまたいずれ(^^

ここが一番バスケットの表情が出るところ…のひとつ。
e0151091_2013798.jpg

これは先日、ジョンソンタウンのマーケットでオーダーを頂いたバスケット。「いつでもいいですよ」と言われたことに甘え、はや3か月。さすがに良心の呵責を覚えて、先日編みはじめ、昨日のマーケットにはもっていかずに本日完成させたもの。出来上がってホッ。
e0151091_20134941.jpg

そもそも、バスケットなんて、ゆったりした気持ちになるために編むものでしょうけど(笑)でも人を待たせている…となるとやはり(^^;

季節は秋ですが、こんな季節になって、不思議と初めてみるトマトが。
e0151091_2014920.jpg

こんな色、こんな形のトマトは過去にも植えたことがないのですが、なぜかこんな季節になって初めてお目見えしました。はて。

なんだか今年は涼しくなったのは早かったけど、秋が長く続くカンジで、むしろトマトやピーマンは再び元気に実をつけ始めたカンジです。
by nicecuppatea | 2014-09-28 20:16 | Comments(2)

かご屋復帰。

二か月ぶりの狭山市楽市楽座に出店させて頂きました。

二週間前に山梨に出かけて葛のツルをたくさん刈り込んできて以来、編み込みに追い込みをかけたつもりでしたが、出来上がったものを全部並べてもこれっぽっちしかありませんでした。
e0151091_19214512.jpg

地味~なカンジの店先スペースを彩りで埋めてくれるアジサイのドライフラワーにホント、感謝です。

「大きな犬を二頭つれたカゴ屋さんは?」と本部に問い合わせてきてくれるお客様もいらしたのだとか。すみません、今日は大きな女が一人のかご屋でした。もうそろそろ看板犬復帰か?と考えましたが、高齢犬のピーチを初夏に暑い思いさせてしまった苦い想い出が蘇り、もう一回、パス。次回11月には大きい犬2頭も、マーケットに復帰予定です(^^

夏が終わり、空が高くなる秋は、なぜか毎年、カゴを買って下さる方が増える気がします。ただでさえしょぼいディスプレイでは、店頭はあっというまにほぼカラに(- -;)

「今、編んでいるのも出来上がったら頂けますか?」

と、聞かれると、また悪い癖ですぐリップサービス(?)したくなり、「もうちょっとでできますから、いいですよ!」と言ってしまいます。もちろん本当なのですが「じゃあ、他のお店とかみてXX時までには戻ってきますね!」と言われると、その後はかるーいプレッシャーを感じながら食事もとらず、一心不乱に編み込むことになります。

とりあえず目途がつきそうでほっとした頃、いつもお立ち寄り下さるお客様が。毎回お仕事中の昼休みに抜け出して覗きに来て下さいます。

「これくらちっちゃいバスケット、お願いできませんか?」

と、500円玉くらいの大きさを指で示されました。もう持ってきた材料も少なくなってきたけれどこれならできそう♪と思い、「もちろんです!」

「じゃ、3つぐらい、いいかしら?」

3つか…いや、頑張ればできるはず…「もちろんです!」

そこから先はもう前を通りかかるヒトに声をかけることもせずひたすら編み編み…

500円玉くらいだったらすぐだろう。。。と思ったら結構小さくて、それはそれで時間がかかります。それくらいのことは最初からわかりそうなものですが(笑)

とりあえずひとつ出来上がってみたら、なんとなくカンジがわかりました。これなら時間内にできそう♪
e0151091_19224083.jpg

…とはいいながら、販売しながらの編み込みは思ったより時間がかかり、出来上がってみたら結構時間ぎりぎり(汗)何とか約束の時間までにお渡しができましたが、あわてていてミニチュアかご3兄弟の写真は取り忘れ。。。

午後一杯は、愛想もなくひたすらカゴを編む、店頭に何もない店の店主。あまり殺風景なのでひとつ店頭に残っていたシダレヤナギの小カゴに、お隣に出店中の方が、野草をいけてくれました。
e0151091_19231232.jpg

こういう繊細さが私にあれば(- -;;;;

来週日曜日は入間市のジョンソンタウンのワンデーマーケットに出店予定です。が、今現在売れそうなカゴが一つもなくなりました!ホント、ありがたいことです。が、この一週間でどれくらい編めるかなぁ。今までにない編みの追い込みが必要そう。ま、無理なら出店しなければいいんですが(笑)そこはなんとかでたい!500円玉サイズのミニチュアバスケットでもたくさん作ってみますか。
by nicecuppatea | 2014-09-27 19:34 | Willow Cottage | Comments(0)

子供の頃以来

秋になりいつも以上に食事がおいしくて体重が増え気味の今日この頃。とりあえず会社が休みの日は、「おいしいものをたべても体重がこれ以上増えないように」、近所の多摩湖を回る一周12キロのコースを走っています。ストイックに体を作りたいわけでも、早いランナーになりたいわけでもありません。

先週末の朝も、ダンナより10分先に家をでて、ちんたら走っていた私。湖畔で見つけたきのこを愛でたり、そろそろ色づいてきたクサギの実を取ったりしながら・・・
e0151091_20463552.jpg

すると、コースの半分ぐらいを走ったところでダンナが追いつきました。今日は時々近所で会う、いかにも走ってるな~、というおじさんと一緒でした。途中で会って「たまにはお話しながら一緒に走りましょうよ」と誘われ、雑談しながら走ってきて、あっという間に私に追いついたそうです(- -;)

後ろから走ってきたダンナとおじさんは雑談しながら私の前を走り始めました。

よせばいいんですけど、私にもどこか「負けず嫌い」の部分があるみたいで(笑)、何だかそこでスーっと置いていかれるのが嫌で、自分のいつものペースより早い二人のペースについて走り出しました。

二人はお互い、最近拾ったネコの話(おじさんも最近交通事故にあった仔猫を拾ったのだとか)、地元で開催しているトレイルランの話などで盛り上がっていますが、もちろん私は無言でついていくのが精一杯。。。

私に会う前にどうやらダンナはオジサンに私の事も話したらしい。どんなレースをどれぐらいのタイムで走っているとか。

一緒に4キロぐらい走ったところで、さすがにダンナが驚きながら笑って「けっこう今日早くくっついてきてるじゃん!」おじさんも大体私のペースがわかったのでしょう、「つらいよねぇ(笑)」ええ、辛いです(^^;) ならついていくのやめればいいんだけど、ちょーっと無理すればついていけるような、絶妙のペースだったんですよ(笑)

気が付いたら、12キロをそのペースで走り切っていました。いつもだいたい1キロ6分20秒ぐらいで走っている私ですが、一緒に走り出してからのペースは1キロ5分40秒ほど。それまで私が経験したことのないペースでした。

そこでハタと思います。いつもだって、きっとやろうと思えばできないことはなかったペースなんでしょう。ただ、苦しいのイヤだし、そんな速く走ったら、途中で横っ腹痛くなりそうだし、いつも自分が知っているペース以上で走ることがなかったのです。

そこにおじさんというペースメーカーが突然現れ、何となく対面的に無理していつもより早いペースで走ってしまったという(笑)バカな話ですが、そういうことでもないと自分が苦しくなるようなペースじゃ絶対走らないですからね。

走ってみたら、これぐらいのペースで走っても走り切れるんだ、とわかり、ちょっと嬉しくなりました。

…で、先日火曜日(祝日)は生まれて初めてタイム計って走ってみた!1キロ6分を越さないように。。。と気にしながら走ってみたら、なんと先週末と同じくらいのタイムで走れた!

「ここから先はやったことないからコワい」という感覚は、子供の頃、何かにつけて感じたなー、と久しぶりに思い出しました。誰かに背中を押されて、有無を言わさずやることになり、「えいっ」ってカンジでやってみたら、「できた!」というようなことを重ねて、だんだんできることが増えていく…小学生ならそんな変わり方もアリだけど、この年になっていまだに小学生の行動形態と一緒とは(汗)
by nicecuppatea | 2014-09-26 20:47 | 暮らしのアイデア | Comments(0)

手作りおやつ

何か月かのサイクルで、「ヒトもワンコも、もっと畑の恵みや自然のモノをおいしく食べなくちゃ!」という脅迫観念に駆られます。

広い畑はなかなか使いこなせず、ほとんどが「雑草畑」。収穫できるものがたくさんあったところで、平日は調理する時間が無くて冷蔵庫にたまった素材を古くしているさなかに、レトルト食品を口にする日が続いたりして。「ものが有効に使いまわせない」というのが私にとってはすごいストレスになり、「これじゃだめじゃん!」と一念発起してしばらく頑張り、素材を生かしたごはんづくりをしばらく続けるのですが、そしてまた疲れてレトルトに戻る…というような。同じことを数か月ごとに繰り返している自分に気づきます。

秋は、色々な作物がふんだんにあって「手作りしよう!」という気分が一番盛り上がる時。

最近のPのおやつはイギリスで友人に教えてもらった「じっくりローストレバー」。畑で豊作になったかぼちゃも、軽く茹でて。手作りおやつの完成~♪
e0151091_20543158.jpg

レバーは魚焼きの網で、できるだけ小さい火でゆっくり焼いただけの簡単なもの。表面がカチカチになるぐらいになったら、そのまま冷やして、薄くスライスしてあげます。
e0151091_20544895.jpg

匂いの強いものが好きなPには結構魅力的だったみたい。ラブには見えない狂暴な顔で食いついてきた(笑)あまりの驚きにブレブレの写真ですが^^;
e0151091_20551379.jpg


散歩道には魅力的な形や色のキノコがいっぱい。秋だなぁ。
e0151091_2112142.jpg

それでも夕方、ワンコの散歩をしていると、まだツクツクボウシが一匹で鳴いていたりします。なんとなく「がんばれ~」と言ったら、同じタイミングでダンナも同じこと言ってた。

こうなると、気味が悪いですね(笑)
by nicecuppatea | 2014-09-25 21:02 | ピーチ | Comments(4)

今年も恒例

先日、ブルーベリーの剪定枝を集めて鍋の腹に這わせてながら、まあるく鍋に押し込んだところまで書きました。

で、加熱してちょっと柔らかく。

「ブルーベリーの枝なんてバスケット編みに使えるの?」とおっしゃる方もいるかも。

もちろん、編み芯にするには硬すぎますが、縦芯にするには硬さも、太さも、強さも理想的♪こちらのバスケットのフレームはすべてブルーベリー。編み芯は細い葛とブラックベリー。それができてなんだか、うれしいのです。
e0151091_19261914.jpg

ベリーのツルでバスケットを編んだからといって、フツーの人には「だから?」というところでしょう。先日のマーケットでお隣組になったシーズニング・ラボさんに「これ、ブラックベリーで編んだんですよ~!」といったところ、にっこり微笑まれ、「なんか特別嬉しそうですね♡」と言われました(^^;そう、きっと他の人には意味わからないですよね~(笑)何となく個人的なこだわりなんだと思います。

去年のブルーベリーの枝でプレートを編んだので、今年も、今年のブルーベリーの枝でプレートを編んでみました。
e0151091_19264583.jpg

毎年、ひとつひとつ、編み足していこうと思います。

それにしても来週の楽市楽座なのに、まだまだ編んだバスケットが足りません。これからしばらく平日も編み続けます。。。
by nicecuppatea | 2014-09-24 19:27 | バスケット編み | Comments(3)

夏の名残と秋の始まり

すっかり空は高くなり、空気もカラリとして、秋本番になってきました。

ベリーも終わり、畑へのモチベーションがすっかり下がったダンナと一緒に1週間ぶりに畑に。まだまだ夏に取りきれなかった草むしりが残っています。

全く手をかけなかった畑は、さながら雑草を育てているよう(^^トマトもナスもかぼちゃも、雑草の間に実をつけているのを、かき分けかき分け、見つけなければなりません。宝探しのようで面白くもあります。

今年はカメムシの大発生で、樹液を吸われまくり、真夏は半枯れ状態でほとんど実が付かなかったピーマンやしし唐は、8月末に私がカメムシの「大粛清」(大きなゴミ袋を木の下に敷いて、ゴム手袋をしてカメムシを木からこそげ落とし処分)をしたところ、秋も深まった今頃から多くの実をつけ始めてくれました。トマトも、しし唐も、まだまだ頑張っています。まとめてみたら、まだまだ夏の風情。
e0151091_1832775.jpg

最近年齢を感じさせることが多くなってきたPには、できるだけ無農薬の野菜をふんだんにつかった手作りごはんにしたいと思い、せっかくスペースがあるので、お盆明けにたくさん聖護院大根の種をまいてみました。

毎年、暑いうちは「芯食い虫」と山梨の農家のおじさんに教わった、芽の成長点に卵を産んでそこを食いつぶすやっかいな幼虫に悩まされます。ほっておくと、新しい葉っぱがでてくる点がなくなってしまうので、小さい苗のまま、枯れてしまいます。暑くて雨が少ないとよく発生するのですが、涼しい今年の夏も、一株にひとつ、ぜんぶの株につくぐらい、たくさん発生(- -;)

先週、今週と時間をかけてひとつひとつの株の真ん中の葉っぱをかき分け、再び芯食い虫の「大粛清」。あわせて、込んだ部分の小さな大根の芽を間引きします。もう苗もだいぶ大きくなったので、大した虫には負けないはず。

結果、大根葉、大収穫!
e0151091_18434748.jpg

しばらくPも人間も、大根葉メニューが続きそうです。もう少し秋が深まると「葉」だけじゃなくて「大根」の方も食卓にあがるかな。まだまだ秋はこれからです。
by nicecuppatea | 2014-09-21 18:48 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(0)

ムギその後

ムギが私の実家に引っ越したのは夏の前半戦の頃。わずか10日しかウチにいなかったのに強烈なインパクトを残していった小さな台風。

見つけた時は雑木林の縁で、半濡れの仔猫だったのに。
e0151091_20375846.jpg

e0151091_20381536.jpg

とりあえず綺麗にしたら…
e0151091_20384576.jpg

ちょっとは落ち着いて。
e0151091_20394249.jpg

さんざん遊んで、あっという間にいなくなって、我が家はしばし抜け殻に(-_-;)

その代り、台風はずっと静かだった我が実家に移動^^
e0151091_20403043.jpg

今では、すっかり若猫になりました。
e0151091_20405979.jpg

居間ではレースカーのごとく部屋のソファの「背もたれ」を走り、椅子の背から椅子の背へと文字通り、部屋の中を「飛んでいる」かのよう。

最初は若干その激しい元気ぶりに引いていた両親。無理ならすぐに引き取るつもりでしたが先日様子を見に行ってみると、なんだかんだでもう不可欠な家族の一部のようにも見えました。
e0151091_20427100.jpg

目下の最大のおもちゃは、スーパーのレジ袋を結んで丸めたもの。それを投げるとワンコのように取りに行って、くわえて戻ってくる!それも何度も繰り返します。あまりにはしっこくて、私のカメラではとらえるのは無理^^;

前世は犬か?

…と思ったら、お留守番の時に入るケージの中には、棚に飾ってあった、和綿のドライフラワーを一つづつとっておもちゃのように遊び、ガクからとれたコットンボールを大事に自分のケージのひとところに集めていました。
e0151091_20412865.jpg

前世はリスか?

いずれにしても、これからも興味の尽きない生命体♪

元気に大きくなるのだよ。
by nicecuppatea | 2014-09-20 20:43 | ムギのこと | Comments(0)

秋の週末を満喫

今年は本当に秋の訪れが早いカンジです。暑さが苦手なワンズにとっては嬉しい限り♪

先週末、山梨ドライブから帰ってきた翌日は久しぶりに河原に。前日に買ったイエローピーチやブドウをおやつに持って。お二人さん、涼しくなるとテキメンに元気になります。我が家での最近の権蔵のニックネームは「スベスベマンジュウガニ」(笑)つるんとして真ん丸なカンジが、最近ちょっと体重増えすぎた?感のある、黒光りしている権蔵の雰囲気にぴったり。ちょっと体が重たくなったか?と思ったけれど、走らせると早い早い。スタミナはさすが。
e0151091_21555329.jpg

久しぶりに満足げな表情♪ この写真の前に、久しぶりに川で泳いだし。ちょっと流れが強くて、若い時みたいにはいかずかなり流されてたけど、笑ってた。助けに行ったダンナのみが擦り傷だらけで大慌て(笑)
e0151091_21564914.jpg

e0151091_2157587.jpg

これから、もっともっと、楽しい散歩に行こう。

畑でも秋の作業が始まっています。今年たくさんの実をならせてくれたブルーベリーも剪定済み(オーナーさんが^^)今年もこんなに枝が伸びたんだなぁ。
e0151091_2158419.jpg

昨年同様、まっすぐの徒長枝をバスケットの素材用に回収。ブルーベリーの枝がバスケットに使えるなんて、思わないでしょう?
e0151091_21595824.jpg

でも、曲げてみるとこんなに曲がるんです!
e0151091_2201316.jpg

ウチにある一番大きなお鍋の鍋肌を添わせるように入れていくとなんと、ブルーベリーの長い枝は丸いお鍋に何本も収められるのです♪
e0151091_2203461.jpg

こうして茹でておけば、大き目のバスケットのつやつやで頑丈なフレームに使えます。

本格的にカゴ編みシーズンです♡
by nicecuppatea | 2014-09-17 22:01 | 里と野山 | Comments(2)

山梨日和り

ブドウを食べに日帰りドライブに山梨に行ったこの週末。久しぶりのブドウ園と河原でここのところ散歩のペースが遅くなってきてたピーチもちょっと挙がり気味♪

今日はお昼も河原。青空の下、芝生の上のゴハンはいいよね、おふたりさん。
e0151091_17443456.jpg

河原といえば、葛(笑)芝生の横に、最近刈ったばかりに見える葛の土手がありました。

葛は夏の間旺盛に茂りまくり、涼しくなってくる頃に、夏の間にぐんぐん伸びたグリーンのツルの皮が茶色くなりはじめ、「木質化」してきます。かご編みに使う葛はそういう茶色いツル。葉っぱを落として使うから、やはり一番の採り時は冬、ということになります。が、ヒトが機械で茂った部分を伐採してくれたここの土手は、下の方に伸びている古めのツルが地表にでていて採りやすくなってるのを発見~
e0151091_1748131.jpg

ということで、しばしダンナとP、権蔵を残して、土手で時間を忘れてツル回収。まだ平日の金曜日で散歩しているヒトも少なかったとはいえ、田舎は、不思議な事しているヒトには見知らぬヒトでも遠慮なく話しかける土地柄。がんがんツルを巻いていたら、

「なにょ~とってるで?(※訳:なにをとってるんだい?)」と話しかけてくるヒトが複数(笑)

ちなみに50メート先の日陰でワンズとともに私を待ってたダンナも、

「で、あのおばさん、なにしてるで?」と通りがかりのおじいさんに話しかけられ、うつむき加減で「ウチの奥さんです。カゴ編みようにツルとってるんです。」と説明してくれたらしい(^^;悪いと思ったのか、そのおじいさん、ツルとりを手伝いに来てくれてしばし、肉体労働につきあってくれました。当たり前だけど、やっぱり私、おばさんに見えるんだわ(爆)そりゃ、オバサン以外の何物でもない、ってのが現実なんですけど、気だけは若いもので、自己認識が現実とブレまくりの今日この頃です。

で、これが二人の労働の結果。かなり待たせてしまったお二人さんとだんなさん。最終的には私の散歩になってしまったっぽい。ごめんね。
e0151091_1746816.jpg

ウチにはまだブラックベリーのツルもあるし、ベリーが終わった途端、あちこちから素材をとってくるんで、家が散らかりっぱなし。整理する意味でも、帰ってきてすぐ、大き目のカゴを二つ同時に作り始めました。
e0151091_17463420.jpg

明日はひたすら、編みつづけよう。
by nicecuppatea | 2014-09-14 17:55 | 編み素材集め | Comments(2)