「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ブラックベリーのバスケット

まだまだわが野菜&ベリー畑は雑草園みたいな様相。雑草と伸び放題のブラックベリーのツルとミニトマトの枝が絡み合って、ブラックベリーのツルにトマトがなっているみたいに見えます。

ブラックベリーのツルはBrambleと呼ばれ、イギリスにいた頃は道端、線路の脇、荒れ地、といたるところに生えていて、夏場はるのを見ました。ツルはトゲトゲで痛いし、夏場は一日10センチ近く伸びるという説も。地下茎で伸びて旺盛に茂るので、他の植物を覆い隠してしまい、一度根付くと、それを完全除去することは難しく、実のなる晩夏以外は、正直厄介モノ扱いでした。

ウチの品種は、実は瑞々しく、ツルのトゲも少なく、Brambleとしてはお行儀が良いほう(笑)でも、ウチの畑でもだんだんその扱いに近づいてきたような…

先日かりとったブラックベリーのツル、トゲの刺さらない強いゴム手袋で葉っぱとトゲをしごき落とし、さっとゆでてみて、ジョギング帰りにみつけたありあわせの太い葛を2本あわせた取っ手と、台風の日に拾った太目のヤナギの枝をフレームに使用。ヤナギのフレームは半分折れかかったので、編んでいる最中は、ガムテープで補強して対応。要は、なんでもあるものをすべて使うことが目的のバスケット。
e0151091_20181038.jpg

あまりしなやかではなく、強度はそれほどでもなさそうだけど、360度ぐらいに曲げてもポキッと折れることはありません。色はちょっと黄金色っぽくて今までのツルにないカンジ。何より畑に潤沢にあるのがうれしい♪
e0151091_2018164.jpg

これがうまく使える用だったら、しばらくはブラックベリーのバスケットが続くかも(^^
by nicecuppatea | 2014-08-30 20:21 | バスケット編み | Comments(2)

かごシーズンに向けて

来月の入間市ジョンソンタウンのワンデーマーケットまで、あと10日ほど。

あれほど採れたブルーベリーの収穫もあっという間に減り、次のマーケットの日まで、収穫はもたなそうな雰囲気。

ーとなるとカゴがいります。

とはいえ、この夏は山にも海にも遊びに行かず、ひたすら畑に通う日々。近所でツルを採集する元気も残っていないような状態が続いていて、カゴが編めてないだけでなく、そもそもの材料が枯渇。

とりあえず、一番身近なツル、ということで畑のブラックベリーのツルを剪定がてら集めてみました。
e0151091_21415262.jpg

長いけど結構もろい…あまりしなやかに曲がらないので、ちょっとづつお湯に付けて見ることにします。水分が多そうだから、さっ!と。

結構長いし、太いし、うまく使えれば剪定と合わせて一石二鳥!

それでも店先を埋めるほどのカゴは編めまい…その時は、これ。
e0151091_2143437.jpg

6月~7月、家の周りのあちこちで咲いたアジサイの花。枯れる直前に花を回収してドライフラワーにしました。色々な階層のブルーや紫、グリーンが絶妙な風合いで混じっていて、さながらオパールのよう。地面のような色をした黒っぽいかごに合うような。

しょぼい店先をゴージャスに埋めてくれたら♪
by nicecuppatea | 2014-08-27 21:43 | 畑&バスケット | Comments(3)

秋の始まり

最近、やれムギだ、ベリーだと、様々な事が家庭で話題になり、その中であまり存在感を発揮していなかったおふたりさん。結構欲求不満をためています。
e0151091_20252099.jpg

ただ、気温が37度もあると、暑さに弱いラブに外は、きつい。7月に12歳になり、朝5時台に散歩に出てもだいぶあえいでいるので、自然、夏は一緒に行うイベントは少なめ。

ただ、今年の夏は確かにお留守番が多かったなー。

…ということで、少し秋めいた今日、会社も休みを取ったので、早朝畑に行く際、ワンズも同行させることに。

権蔵をクルマの後ろでクレートに入ると、

ぴひょ~~り!

と、悲しそうな声で鳴き続けるので、試しにクレートなしで乗せてみた。
e0151091_20261496.jpg

ん~…あまりかわらなかったかな。

こちらの方は日ごろためていた不満をきちんと表現されました(^^;
e0151091_20272538.jpg

畑には冬採りのジャガイモを植え、聖護院大根の種まきも終えました。こういう時だけ、「雨、降って~!」と思う、ゲンキンな私。

ほぼ昼間に聞こえてくるセミの声はツクツクボウシになり、夜も聞こえていたセミの声は気が付けばり~り~というコオロギ系の虫の声に変わっています。

なんとなく、私的には今日が秋の第一日め。
by nicecuppatea | 2014-08-25 20:28 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(0)

今年最後のベリーのマーケット販売

まるで大学時代の部活の夏練のような激しさで過ぎて行った、今年のブルーベリー摘み。

ベリーを摘むこと、仕事をすること以外では、できるだけ体力を温存…したかったのだけれど、とりあえず朝のジョギングだけは出来る限り続けて、体重が「これ以上」増えるのを(気持的に)抑制。

ただ汗をかくことが多かったので、いい歳して熱中症で担ぎ込まれるような失態だけは避けたく、麦茶、スポーツドリンクを浴びるほど飲みつづけ、結果水太り(笑)

とはいえ、畑での水分補給はこれに勝るものなし!
e0151091_20253058.jpg

5本植えたのに、4本は枯れたり、鳥に引っこ抜かれたりして育たなかった小玉スイカの苗。ただ、一本残った苗が、我々二人の畑での水分補給には十分なスイカの実を提供してくれました。

あまーーい!!
e0151091_2026490.jpg

…と、常にテンションを上げっぱなしだった7月8月ですが、今年のブルーベリーシーズンにも終わりが見えてきました。

昨日は武蔵野団地という地元の団地グラウンドでおこなわれた「むさしの縁日」さんにご縁あって紹介頂き、参加しました。今年のベリーシーズン最後のイベント出店となりました。
e0151091_20265338.jpg

自主イベントとして今年が初めての実施ということで、主催者の方のツテで出店された方々が、焼きそば、かき氷、ビールといった伝統的出店の向かい側に並びます。手編みカゴとブルーベリーの我々の他、地元産の無農薬野菜、有機コーヒー、LOHASなリフォームやさんのご紹介など、なんだかエコなラインナップ(笑)

ちょっと縁日の出店としては個性的だったかもしれないけど(^^;甚平をきた子供たちにたっぷりベリーの試食もしてもらえてよかった。

お隣で出店されていたリフォーム会社さんの「体験コーナー」で「珪藻土(しっくいみたいな塗り壁の素材)塗り」ができるということだったので、この機に乗じて、珪藻土とタイルでWillow Cottageのプレートなんかつくってみました。
e0151091_20271587.jpg

来週あたりから、そろそろかご編みに戻るために素材の準備を始めようと思います^^
by nicecuppatea | 2014-08-24 20:30 | おいしい実 | Comments(0)

エコトコ・ファーマーズ・マーケットに参加させて頂きました

昨日は所沢市の「エコトコ・ファーマーズマーケット」に、農家の方々に交じって参加させて頂きました。

ここのところ週末になるとどこかのマーケットなどで直接販売させて頂く週が続いています。が、先週の日曜日は台風、その前の週は36度の猛暑で、今一歩人が外を歩きたい…と感じるようなタイミングでの週末を迎えていません(笑)

一粒づつ摘んだベリーは週末に向けて徐々に、我が家の冷蔵庫、保冷バック、居間の冷房の直下、と様々な場所を占領していきます。土曜日はもう「もうこれ以上ウチにどこにもベリーの置き場がない」くらいの状況になり、日曜日にそれらをすべて箱につめて、マーケットに持っていく、というサイクル。

ここ二週間ほど、その大半が残り、家に持ち帰ってくるという状況が続きました。まだまだ新鮮なベリーは、そのままビニール袋に詰めて、オフシーズン用の冷凍パックにします。購入した時はかなり大きく見えたストッカー型の冷凍庫ですが、もう寸分の隙もないくらい。

…という状況で参加した昨日のマーケット。35キロ以上のパックと、まだパックにしていない「え、これ試食用?」と驚くようなザル積みのベリーを携えて参加。
e0151091_21135095.jpg

お盆休み最後の日の夕方のスーパーの入り口が会場。夕方4時から夜8時までの開催で、最初の2時間ぐらいはひっきりなしにお客様が来て下さり、「これは全部売れちゃうかも!!」と、期待大!

ただ、考えていなかったのですが、ベリーって夜店で買うってイメージ、ないですよね〜(笑)夜になって、白熱灯に照らされたマーケットは素敵だけど、売っているものは果たしてベリーなのか、黒豆なのか、判別不能な感じに(^^;
e0151091_21142018.jpg

結局、冷蔵庫が3分の2が埋まる程度のベリーを再び家に持ち帰り。。。でも!結果として26キロもの旬のベリーを色々な方に買って頂くことができたなんて、改めて考えてみるとすごいことです。単純に我々夫婦が「レベル感」を理解せずにむちゃくちゃな量を持ち込んだのかも(笑)まだまだ「だいたいこのへん」がわからなくて無茶をして疲弊する我々夫婦なのでした。

さぁて、どうやって冷凍庫につめようかな〜。
by nicecuppatea | 2014-08-18 21:16 | おいしい実 | Comments(2)

成行き上…

先日会社からの帰り道、急行で席をゲットして座って帰る道すがらのことです。

結構混んでいたのですが、座った私は性懲りもなく、ちまちまと手元で小さなカゴを編み始めました。
e0151091_20175076.jpg

すると次の駅で、二歳ぐらいの男の子を抱っこした若いお母さんが乗ってきました。さすがに席を立って「どうぞ」とすすめたところ、「あ、いいです。この子、座るとじたばた動くので…」と固辞されました。

「そうですか。では…」と席に改めて座った私。ふたたびカゴを編む手を動かし始めました。

その後、電車は停車するたびにどんどん混んで満員状態に。先ほどのお母さんは子供を抱いて私の真ん前に立っています(^^;もちろん、あとから電車に乗ってきた人は、「なんだぁ?あの女。カゴなんて編んでないで席譲ってやれよ!」と思ったに違いない(笑)でも…座らないからいいって言われたんだけど(泣)

そうこうするうちに、私の隣に座っていた男性が電車から降り、その席が空きました。もちろん、子供さんを抱いた女の人は座らない。。。でも、周りの人だってその女の人を差し置いて座る気になれない、と考えたのでしょう。誰も座る気配がありません。

結果、満員なのに私の隣の席だけ誰も座らないで空いている、という奇妙な状況になりました。

男の子を抱いた女の人もそれに気づいたのでしょう。しばらくたって、周りを見て、結局、私の隣に座りました。

っえぇぇ〜…やっぱ座りたかったのか。

私、子連れの方に満員電車で席を譲らず、泰然とカゴを編んでいた、変人で、かつ極悪非道人…って図だなぁ(^^;;; さすがになんかわからないけど、編みかけのカゴをカバンにしまってしまいました(笑)
by nicecuppatea | 2014-08-14 20:19 | バスケット編み | Comments(1)

新たなバスケット・プロジェクト

まだまだ全力のベリー摘みですが、そろそろ秋の気配も感じられるようになってきました。ベリーシーズンはピークを過ぎるとあっという間に終わるもの。そろそろ「かご編み復帰」も考えないとなりません。

そんなことを考えていた先日の週末、オーナーさんの畑を手伝っていた人に「雑木林の葦で竹籠みたいのが編めるよ」と聞きました。カゴって、フツーにみんな、結構編んでるんだ(笑)なぜ私は今までトライしなかったのか。。。今の畑の端はこんな感じの雑木林。
e0151091_21542823.jpg

ということで、こんなところですが、何本か葦を切り、
e0151091_21545433.jpg

それを割ってみた。
e0151091_21551329.jpg

ヤナギやヘーゼルを割る「スプリント」と同じ要領だと実感。
e0151091_21553619.jpg

よく竹細工の「竹ひごを引く」のは高い技術がいる、とものの本には書いてありますが、あまり「伝統工芸で大変そう」と敬遠しないで「なんちゃって」で色々試してみればいい…と思い至り、先日、再び電車の中で実践。
e0151091_2156188.jpg

できた〜〜!

電車で竹ひご引く人は少ないでしょうが(爆)、まあ、夏休みはいろんな人が電車に乗ってるものだから、いいか。

先週末の台風でベリーは売れなかったけれど、大風で折れたシダレヤナギの枝という、いわば「台風の贈り物」はゲット!おとといの昼休みに1キロ以上歩いて河原に拾いに行ったら少々熱中症ぎみ(^^;
e0151091_21562933.jpg

この葦とヤナギで、和洋折衷のミニバスケットのデザインを考えるのをこの秋の楽しみとしよう!
by nicecuppatea | 2014-08-13 21:58 | バスケット編み | Comments(0)

まだまだ最盛期…

まったく余裕のない日々が続く今日この頃。朝起きて、ベリー摘んで(最近は寝過ごして畑に行けないことも…)、会社行って、帰ってきて、ベリー詰めて、寝る。。。それだけの日々が続きます(^^

最盛期の今、とても摘みきれない真っ青になった木を目の前に、ダンナが毎日一粒づつ、6キロぐらい収穫してくるので、それをどのようにスペースを使って1週間保管して、週末にオープンマーケットなどで販売するか。それだけに傾注する日々。

オーナーさんが、「ベリー摘みながら食べてよ〜」とベリー畑の隣に植えてくれたミニトマト、何種類もあって豊作です。摘んでみるとこれもかわいいので、青だらけの店先に赤い色を足すべく、こちらも店頭に並べることにしました。
e0151091_20405830.jpg

先週日曜日は特別にジョンソンタウンのCaf・ Marcusさんの前で販売させて頂けることになり大喜びして、気合いれて摘みました。

が。当日はどんぴしゃで台風到来。

誰か、買って下さい…
e0151091_20433394.jpg

同情票もあり、それでも若干の販売が実現。台風の中、買って下さったお客様、本当にありがとうございます<(_ _)>その日販売できなかった分は全て冷凍に。シーズンオフのお菓子屋さんやパン屋さんからの需要に備えます。すでに150リットルの冷凍庫は満杯です。そもそもこんなに冷凍ベリーの需要はあるのか(笑)

今週末は所沢のエコトコ・ファーマーズマーケットに出店予定です。雨、降らないといいなぁ。
by nicecuppatea | 2014-08-12 20:44 | おいしい実 | Comments(0)

ジョンソンワンデーマーケットそしてその先…

先週末は酷暑の中、入間市ジョンソンタウンのワンデーマーケットに参加。終日かけて30キロ近くのブルーベリーを野外販売。ちなみに気温は36度前後。テントの下にいたとはいえ、よく熱中症にもならずに1日終えたと思います。

先週、ブルーベリーの収穫が最盛期になってきたこともあり、ダンナは毎日、私は週初めに会社の休みをとり、その日は毎日、完熟ベリーを摘み取りました。毎日5キロ前後を収穫し、そのたびに冷蔵庫の隙間や、家にある保冷箱を駆使してそれを保管。もうウチ中がベリーに占領されて置き場所がない〜!って感じになったところでようやっと日曜日を迎えました。

そこに畑のオーナーさんが「これも売ってよ〜」と大きなザル二杯分のベリーを持参(^^; 自分たちが持ってきた分だけでも完売が難しいと思っていた私達には大きすぎるプレゼント(笑)しかし店頭に飾ると迫力十分!
e0151091_21231318.jpg

「フェイスブックに載せていいですか?」とそこだけ写真をとりに来られる方もいらっしゃったり。時には手編みのカゴにベリーを詰め、そのまま販売したりもしました。
e0151091_21233163.jpg

しかし如何せん、暑すぎた…。こんなに扱ったら、野外イベントで買い物に行きたいなんて、考えないだろうなぁと思います。会場の人はまばら、売り子はフラフラ(笑)それを考えれば、持ち込んだパックに若干売れ残りはでましたが、まぁ、よく売れた方でしょう。「こんな量のブルーベリー見たことない!」という周りの方々の温かいサポートのお蔭で、イレギュラーではありますが、今週日曜日もジョンソンタウンの同じ場所で、ベリーを販売させて頂くことになりました。ありがたいことです。しかし今度は台風直撃の日曜日か…なかなかうまくいかないものですね。

とても短い旬、大量の収穫。これを解決するにはやはり加工品にして通年で消費できるようにするしかないのかも。なにか珍しいアイデアを広げたいなと思います。とりあえず今のシーズンが終わって、ほっとしたら…(笑)

きどき家の周りの雑木林から聞こえる蝉の声にツクツクボウシが混じっています。こんなに暑くても季節は確実に秋に向かって進んでいるんですね。
by nicecuppatea | 2014-08-08 21:25 | おいしい実 | Comments(0)

明日ジョンソンタウンのマーケットに出店します

ムギがウチからいなくなって3日。まだまだ「ムギロス」から回復できていませんが、それについての詳細はまたいずれ…。

とりあえず、あとからあとから実るブルーベリーをひたすら収穫する、という作業があってよかったというか。うだるような暑さが戻ってきましたが、明日は入間市ジョンソンタウンのワンデーマーケットに出店予定です。このブルーベリー最盛期、頑張って出来る限りたくさんのベリーを摘んで持ってい行こうと、今週は摘んだベリーの冷蔵保管に知恵を絞りました。

もはやウチの冷蔵庫の中はブルーベリーのみ(笑)
e0151091_20311348.jpg

大きな梅干し用のザル3枚、あらんかぎりの保冷箱全てに入って部屋を占領しています。もはや私のつくったザルなどでは大きさ不足で。。。
e0151091_20313238.jpg

あまりの量に、どうやってマーケット会場までベリーを持っていくかもまだよい方法が見つかっていませんが…っというか、まだパック詰めが明日までに終わるかわからないくらい(^^;今もパック詰めを続けています。

明日も気温36度の予想(- -;)そんな時に野外イベントに来てくれるお客様が果たしていらっしゃるのか…でも、せっかく来て頂いた方にはうんとサービスするつもりで、家中のベリーをもって向かいたいと思います!
by nicecuppatea | 2014-08-02 20:32 | Willow Cottage | Comments(4)