「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

今日もトレーニング、続きます

流血沙汰?に近い出来事があって、3日。とりあえずその後、家が揺れるような出来事は起きずに済んでいます(^^;

今週末は、毎月恒例入間市ジョンソンタウンのワンデイマーケットに出店予定!

毎年(というか去年始めたばっかりだけど)クリスマス前の最後のマーケットでは、バスケットと共に、木の皮で編んだトナカイや、柳の枝とワラでつくったお星さま、といった「ほんわか系」のものを携えて出店していました。

ほんわか系のイベントの最中に、流血沙汰が起きませんように(><)

権蔵に噛まれた日以降、ダンナの「トレーニング」にも熱が入っています。ごはんに口を付けてガツガツ食べだしてから「待てっ!!!」と大声で叫ぶと、とりあえず途中で食べるのをやめるようになりました。
e0151091_20355772.jpg

ただ、きっと食べるのをやめることができても、「自分の食べ物に人の手が近づいてきた」という状況には反応しないではいられなくなっちゃうのかもしれません。そこんとこはまだちょっと信頼ができず、トレーニングに至っていません^^

比べちゃいけない、とわかっていても、「こーしてみると、ピーチって全然いやしくなんかなかったんだな〜」と、ついつい一日に何度か思ってしまいます。こんなに食べ物に執着が強い犬は他にいない、ぐらいに思っていたのに。活発だった若犬の頃は、私がトイレに入った数分の隙に、買い物袋の中の豚ひれ肉一本ごと飲み込もうとしていたり(トイレからでてきたら最後の2センチぐらいだけ口からでていて、あわてて全部飲み込もうとしてた)、卵10個ごと食べちゃったり(見事に姿を消していたので、「私が買い忘れたんだっけ」と思っていたら部屋の端でぺしゃんこになったカラのプラケースを発見。翌日のウ○コが白かったという動かぬ証拠で犯人と確定)、「武勇伝」の枚挙にいとまがありませんでした。

「バセットハウンド」「性質」で検索するとでてくる情報は、穏やか、楽観的、歩くのがゆっくり、散歩もほとんど必要ない(でもそんな犬いるのか)、穏やかだけど強情でしつけはほとんど入らない、など。

今の権蔵は、およそすべてがこの逆(笑)ただひとつ合っているのは「体臭が強い」というもの。そこだけ合ってるなんて。

ということは、やはり彼本来の持っている性質というよりは、それまでの生活環境や経験によって、今の彼の行動形態がつくられたんでしょうかね。

これは追々、観察を続けていきたいと思います。

さて、あさってに備えて、明日はたくさん編みたいところ。でも気温が急激に落ちてきたこの頃、できるだけ早くに畑に残っているサトイモとサツマイモも収穫したい。先週末は、サツマイモ2株、サトイモ一株と、採り忘れからでてきた二度目のジャガイモだけを収穫。
e0151091_2040229.jpg

まだまだたくさんあるのに霜にあたったらダメになっちゃう。

昨年まで、サツマイモ掘ったら畑で焼き芋が恒例でした。ピーチは優秀な「たき火番」。中にイモが入っている、とわかったらたき火の前から一歩も動かず、芋が出てくるまで見張っているので^^それ見て「ピーチの食べ物への執着は、すごいね〜」なんて言っていたんですけどね(笑)

権蔵ならたき火番どころか、火の中に飛び込むかも。
by nicecuppatea | 2013-11-29 20:40 | 権蔵日記 | Comments(0)

山葡萄のベッド

ワンコばかりにかかずらわっている印象なので、ちょっとはバスケットも…と思い、想定外のダブル投稿^^

先日宿泊した山中湖畔の宿。ひどいノド風邪でしたが、気分が上がるようなツルや実をたくさん見つけて、とても宿にこもってなどいられません~♪

大好きな山葡萄は、すでにたくさん落ち葉の上に落ちていました。結構房がすぐツルから離れてしまうんですねー。もう、シーズンも終わり、ということでしょうか。

そんな、落ち葉の上の山葡萄の「おふとん」みたいなものが出来ないかなー、ということでカラマツの実やライケンを編み込んでみました。
e0151091_21504572.jpg

ライケンって、日本語でなんていうのかな。コケの一種だと思うけど、イギリスにこれだけを研究している友人がいましたっけ。なんでも、空気の綺麗なところでないと大きく成長しないのだとか。何にせよ、とーっても地味な植物です。でも、乾いても綺麗に色を留めるので、柔らかいカラマツの枝にまとわりついたライケンは、バスケットのアクセントに編み込むこともできる!と最近気づきました。

秋の恵みやクリスマスの楽しみをいっぱい携えて、週末のJohnsonマーケットに行ければと思っています。
by nicecuppatea | 2013-11-27 21:51 | おいしい実 | Comments(0)

若干、修羅場ぎみ

なんだか最近ワンコブログみたいになっています。

今日午前中、マシンガントークのインド人の通訳を3時間終わって、ふぬけ状態で席に帰ってきたら「食べてるごはんに手を出したら、権蔵に内出血するほど、しこたま噛まれた」と、怒りの収まらぬダンナからのメールを発見(- -;)

聞くところによると状況はこうでした。

ご飯の食べ方があまりうまくない権蔵が、ごはんボウルの際に押し麦やらオカラやらを残しているのでそれを手でこそげてあげようとしたら、そこに唸ってかみついたのだそう。怒って叩いたらさらに激昂して胸にまで飛び上がって噛みついてきたのだそうだ。

怒って叩くダンナ、そこにどこからか飛んできて、ダンナの加勢をして権蔵に猫パンチの連打を食らわせるチビ太、争い事が嫌いで、なだめようと固まったまましっぽを振り続けるピーチ…。以降、午後は権蔵を一切無視。夕方のごはんで初めて言葉をかけたそうです。

話を聞いて軽く脱力(^^;

権蔵は普段はストーカーみたいに人につきまとって、なでられたくて、お腹も見せるし、マズルも触らせます。
e0151091_21343692.jpg

ただ、こと食べ物になると犬が変わる…ということに、我々も気づいていました。

とにかく食べ物に対する執着心がハンパないのです。それでも「待て!」と私たちがマンションの階下まで聞こえるぐらいの大声でコマンドをだすと、なんとかこらえます。ただ、一度口をつけてしまった食べ物に関しては、どうしても歯止めが利かなくなるみたいで…。

私たちは日常生活で気を付ければいいかもしれないけど、もし、クラフト市なんかに連れて行って子供さんがお菓子もって触りに来て、不運に不運が重なってしまったら。。。ガス室行きをなんとか阻止した私たちが、権蔵のガス室行きを余儀なくさせるようなことがあったら、と思うと・・・。

ダンナは、湿疹ぎみの権蔵を昨日も獣医さんに連れて行き、今日も「食べ方が下手だから」と良かれと思ってやったことがこんな顛末になり、まさに「飼い犬に手を噛まれた」状態。なんだか不憫になり(笑)

まぁ、どのみち、簡単ではないってことですね。実際のところ、保護犬で噛みぐせがないなんて事例のほうが、珍しいぐらいでしょう、きっと。どこかで人間に裏切られたことがある犬のはずだから。この先どうなるのかわからないけど、願うのは私たちがゴンを嫌いになることなく、少しづつでもゴンが人間への信頼を取り戻してくれる・・・ような、せめて傾向がみられるようになれば、なぁ。

夜のゴンは神妙です。ちょっとしょんぼりしてるみたい。でも、明らかに今のところ、言うことをよく聞いています。状況を聞くと凄惨でしたが(^^;通るべき、必要なプロセスだったのかもしれません。
by nicecuppatea | 2013-11-27 21:38 | 権蔵日記 | Comments(4)

ワンコとの歴史

ピーチは私たちが初めて飼った犬です。生後6か月を過ぎた頃から定期的に、しつけのためのグループトレーニングに飼い主共々参加して、犬とどうやって意思疎通をしていくのか、飼い主の方が、文字通り体で学びました。

トレーニングは主に「呼び戻し」と「待て」ができて、おやつやおもちゃのリリースができるように繰り返し練習する、というもの。他の仔は「おいで!」と飼い主が呼ぶと、喜んで走ってくるのに、Pは「お前がこっち来い!」ぐらいの雰囲気で、笑いながら向こうの方に立ちはだかったまま(汗)捕まえに行くと、すんでのところでヒュッと逃げて、決してつかまらない仔でした。。。

ある日、30分もつかまらなくて、他の仔のレッスンは終わっているのに全員が「ピーチちゃん待ち」^^;トレーナーさんが走っていって、「追いかけっこ」を楽しむピーチのしっぽをとっさにつかむと、私に向かって「今!叱って下さい!」

私はつかつかとピーチに歩み寄り、ほっぺたをつかむと体を仰向けにひっくり返し、「なんで戻ってこないの〜〜!!!!」と周りの飼い主さんもびっくりの大声で叱りました。「来いって言ったら来るのー!!」と何回も叫ぶように言い聞かせているうちに、伝わらないのが悲しくて涙まででてきて(T_T)

最初は「あ、かまってくれてる〜〜♪」みたいに体を仰向けにされても笑顔でしっぽを振っていたPですが、だんだん私の殺気に押されてしっぽがぴゅ〜っと股間に入り始めて、泣き顔になりました^^

その後もう一度放して、「おいで!」と呼ぶと、悲しい顔してトコトコ、今度はまっすぐ私のところに戻ってきました。その日が「この仔と意思疎通ができた」と感じた、最初の日でした。

以来10年以上、トレーナーさんをして「ピーチちゃんは面白いね〜、珍しいですよ、こういうラブ」と言わしめた彼女のちょっとナナメから物を見る性質は変わりませんが、「犬初心者」の私たち夫婦は、そのピーチの特徴を「犬って、そういうものなんだ」と受け止めてきたのです。

考えてみるとこうしてゆっくり、じっくり関係を作ってきたんでしょうね。
e0151091_2132541.jpg

今では夫婦喧嘩をすると、ダンナの肩に手(肉球)を置いてたしなめるほど、私たち夫婦の機敏まで理解している様子。本当に「ピーチはカスガイ」。

権蔵が来て、改めて感じました。人間の場合でもそうでしょうが、「生きるか死ぬか」という状況では「その人(犬)を助ける」ことに全く疑問はわかないけれど、実際家族として一緒に生活を始めた時、1日目からピーチと同じレベルでかわいがれるか、というと、それは別の問題。私ら、そんな聖人君子ではない(笑)吠え続けても、Pを押しのけて食べ物を奪っても、おそそをしても、「苦労した犬だからね」と全てを広い心で受け入れる、なんてとてもできない、と思い知ったのです。それはピーチとの生活に長い相互理解の歴史があるのに比べて、権蔵とはそれがまだ皆無だからではないでしょうか。

ただ、これは本当にラッキー以外の何物でもないのですが、権蔵は過去に「人と相互理解」ができていた犬のようなのです。(なおさら、そんな犬がなぜ捨てられたのか。。。ということになりますが)

「待て」といえば待つ、叱ればわかる、トイレも部屋のシーツをすぐに覚えた、呼べば走ってこっちにくる・・・そういうことができる犬だということが徐々にわかってきて、まだ数日ではありますが、初日と比べると確かに権蔵との意思疎通ができるようになってきた、という実感が持てます。

といっても、例えば子供がそばに来た時、「噛まないから大丈夫よ」と、本当に言えるかどうか、まだわかりません。とにかく彼のそれまでの「歴史」が全くわからないのですから。でも、ウチでの「歴史」は、少しづつですが、確かに作られ初めています。まだまだPと比べると、無きに等しいくらい短いですけど。本当に共有する歴史が「ゼロ」だった時とは大きく違ってきている事だけは、確かです。

まーだ、遠い道のりですけどね〜。
by nicecuppatea | 2013-11-26 21:34 | 権蔵日記 | Comments(2)

権蔵若犬説?

クラフト市にも出ず、マラソンにも出ず、なのになぜこれほど疲れているのか…(笑)権蔵のおかげです。

アイツはウチで看取ろう、きっと老い先短いから…というのが、そもそもの考え方でした。保健所の記載にも10歳とあったし、階下の獣医さんも10歳以上、といっていたのですが。。。

もともとあばらがすける程ガリガリ。去勢してなくて男の持ち物もだらーり(?)。お腹にはイボとかもたくさんあり、顔は白髪だらけ。しかも体中ほこりっぽくすすけていたので、どう見てもおじいさん犬だったのですが。

とりあえずシャンプーしたら顔の白髪はともかく、体を覆う毛はまだまだつやつやの黒。ビーグルとかだと、苦労すると(?)4歳くらいから白髪交じりになる仔もいるし。

そう思ってみると、そのハイパーぶりたるや、まるで仔犬。
e0151091_1885053.jpg

全く休むことなく、食べ物の雰囲気を感じるや、長ーい体を伸ばして、どこまでもアタマを突っ込んでくる。このイヤシサはピーチなんてもんじゃあ、ありません。朝のコーヒーにミルクをちょっと入れたら、ちょっと目を離した内にそれすら飲んでた^^;

ちょっと気になるのは、口に入れたものを出させようとすると「う”~~」と唸って、歯を人の手にもあててくること。夫婦二人で「いけなーい!」「ノー!!」と叱りまくり。でもそうするとよく言うことを聞きます。このカンジ、Pが子供の頃にそっくりだ~…やっぱ、若いんじゃ。。。

しばらく静かに年を取っていくPと歩調を合わせ、(犬との生活ということに関しては)静かに生活を送っていた私たち。まだこの変化に順応できないでいます。

まあ、まだ1週間だから…。

とにかく、ものすごい勢いで何でも食べるので、もう、お金かけていられません。、今日は人参の間引き菜、大根葉、ようやっと収穫したサツマイモの小さかったの、などなど畑でとれた食べられるモノ全てを煮て、ミキサーにかけて、特製野菜スープに。これでかさ増し!
e0151091_1835997.jpg

おやつは、最近かぼちゃを薄切りにして煮て、半乾きにしたもの。「にぼし」からグレードダウン(笑)

あ、ところで山中湖は綺麗でした。いつもジョギングで見ている富士山が目の前に。
e0151091_1854239.jpg

雑木林のまわりには秋のサインがたくさん。ヤマブドウがなっていて、若干興奮(笑)
e0151091_1862218.jpg

秋の林は実りが多いのでしょう。松ぼっくりやクルミをリスが食べた後が。
e0151091_1865641.jpg

私は実ではなく、大量のアケビのランナーを。
e0151091_187344.jpg

大収穫~♪
by nicecuppatea | 2013-11-25 18:08 | 権蔵日記 | Comments(0)

あなどるなかれ権蔵

殺されるなんて考えられないから、とにかくウチでワンコを引き取ろう。

・・・という考えを、甘い~、と考える人もいるでしょう。そして、私たちも少なからず、「やはり甘くはない」、と今^^

きっと、かわいがられていたのではないか・・・と思ったと言いましたが、まあとにかく、人がそばにいないと大変。

家じゅう、どこに行くのも必ずピタッとついてくる、座ればアタマをなでてとアタマを手の下に突っ込んでくる。人がいる間は全く落ち着くことがなく、とにかく人について歩きます。少しは落ち着かないと…、と思ってケージの中にいれると、

ひ~ん、ひ~ん・・・うぅ~うぉんっ!

と人間からずーっと目を離さずに啼き続けます。「分離不安」というのでしょうか。ピーチが仔犬の頃を思い出しました。それに人間が反応してしまうと無駄吠えは直らない・・・と、初心者飼い主の私たちは訓練士の方から訓練されたものです。ですから今回もひたすら無視。ただ、権蔵はもう大人。しかも老犬に近いはず。これで、わかってくれるようになるのか・・・。まだまだ、普通の精神状態でもないだろうし。それ以外にも様々な問題がありますが、それはまた追々。

家で様々な状況につきあい、夜はそばに寝て、まだシモの信頼がおけないので、1日5回も散歩に連れ出すダンナもちょっと煮詰まり気味。

それまでのヤツの苦労(たぶん)を考えたら、それもこれもすべて受け入れてあげるべきなのでしょう。が、先住犬のピーチとのバランスも考えないと。彼女も、そろそろ落ち着きたい11歳。そうそう簡単にあとから来た男犬を受け入れるか。

まあ、まだ6日。これから、少しづつ、でしょうね。でも、とりあえずこんな感じで大人しくするようにはなった。
e0151091_10512129.jpg

寝てるとき以外、ずーっとソワソワと動いているので私のカメラじゃ、ピントの合った写真がとれません^^

本当は今日は狭山の楽市楽座に出店予定の日でした。しかも明日は富士山マラソン参加を予定していました。が、カイシャでどうやら風邪をもらい、おとといからほとんど声が出ず。仕事はしゃべることなのに。これじゃダメじゃん!!

とりあえず仕事中は不思議と何とか声ってでるものなんですよね。ただ、終わるとその反動で青◯美奈か森◯一か、とはダンナの談(歳がわかりますね)

来週は火曜日以降、ビジターもいたり、小難しい(?)社内会議もあり、「声が出ません」では済まないので、ここはめずらしく大人の決断。出店もマラソンもやめよう、と。クリスマス前で一生懸命編んだのになぁ~(涙)

あ、でも山中湖の泊りには行くんですよ(笑)、宿泊にお金も払っちゃったし、ツルなども取れる場所だし。それが一番だったりして。

これから年末に向けて、まだまだ、出店や、オーダー頂いたもの、かご編みコースの実施などを予定しているので、作ったものを持っていく場所もまだ、いろいろあるでしょう。

実際、今週は権蔵にかかりきりで、仕上げるつもりのバスケットもどれもちょーっとずつ、未完成。山中湖で完成させるとしましょう^^
e0151091_1052559.jpg

by nicecuppatea | 2013-11-23 10:35 | 権蔵日記 | Comments(2)

権蔵がやってきた

・・・ということで、今日、「彼」が家にやってきました。
e0151091_2025059.jpg

名前、どうする?という話をする前に、かれこれ3日ほど、ダンナと二人、どちらからともなく彼のことを

権蔵

と呼んで話をしていたので、自然と、彼の名前は権蔵になりました。

ダンナは、「白髪だらけだし、歯は黄色いし、匂いはきついし、毛は薄ちゃけて模様がはっきりしないし、ぜったいピーチより年上!」と言っていましたが、家に連れ帰って早速シャンプーしてみると、薄汚れていた毛は綺麗な白・黒・茶のコントラストを取り戻しました。権蔵、もしかしたらもっと若いのかも。

静かに風呂に入るし、耳掃除も嫌がらず、マズルも触らせるし、人が好き。最初は「種犬」かなにかで、用済みで捨てられたのか?と思ったけど、どうもそうでもないよう。

しかも、ごはんをやるときに気づいた。権蔵、「待て」ができる!きっと、きちんとペットとしてかわいがられていたのではないか。。。そう思うとなおさら、どんな理由で捨てられたのだろう、と気になります。いったい何歳で、どこから来て、なぜ保健所に行く顛末となったのか、今となってはわかることは何一つありません。結構、どこかでかわいがられていて、飼い主は必死に探してたりして^^;それならそれで、喜んで手元に返すのですが。

家に来た権蔵は明らかに、興奮状態。シャンプー上がりで、そのまま階下の獣医さんに連れて行きました。先生によるとガリガリ。あばらが見えて、お尻の骨もでています。だからかどうかわかりませんが、とにかく腹っぺらし!!ピーチ以上の食欲を見せる他の犬種の犬がいたとは。

ごはんを食べた後もまだほしいほしい、というので、ピーチも一緒に食べられるように、とりあえず畑からとってきていた野菜、葉物、家にある押し麦、すりごま、などなどを寸胴で煮て「特製野菜リゾット」をつくりました。
e0151091_2018114.jpg

残さず食べてくれた♪

犬にあまり詳しいわけではないけれど、権蔵は明らかに、うれしそうです。家の中でもギャロップしているみたいです。彼なりに喜んでいるのかな。夜、ダンナとピーチ、権蔵を連れて散歩に出ました。ダンナとピーチがちょっと先に行って見えなくなると、必死に探してついていこうとしているのがわかります。彼なりに、もう捨てられまいと一生懸命なのかもしれません。

とりあえず、ちょっとエッチな男犬に匂いをかがれてピーチが「う~~」と言う以外は、血で血を洗うような争いは勃発しなくて一安心。チビ太なんて、全然平気だったし。
e0151091_2018494.jpg

家でトイレどうする、とか、留守の時は、とか、まだまだ考えればきりはないけど、第一日目が終わろうとしていて、とりあえず、ほっとしています。

家についてからずっとハイパーでしたが、ようやっと、ケージの中で落ち着いてくれました。作ったクッションの上で寝てくれた♪
e0151091_20351768.jpg

これからですよ。
by nicecuppatea | 2013-11-19 20:21 | 権蔵日記 | Comments(4)

あわただしい中ではありますが

「彼」が来ることになり、昨日はあわただしく買い物に走りました。大きめのクレート、エサ入れ、水入れなど。決して大きな部屋ではないですから、クレートをどこに置くかも問題。きっと放置されていた犬だったら室内での排泄のクセはついていないだろうけれど、一応部屋用トイレの場所も確保したい。

そんなことでばたばたと片づけたら、引っ越してかれこれ1年、片付かなかった「物置部屋」が見事にフツーの「部屋」になりました^^

なんだ、やっぱり「片づけるスペースがない」わけじゃなかったんだ(笑)追い詰められないと何事も動かないタチなので、こういう事でもないと、部屋の片づけは進みません(笑)「彼」に感謝ですね。

片づけるものは収納にいれたり壁に掛けたりして、それでも片づけられず残ったのが、カゴ用の可燃ごみ、いや素材。ケヤキや山葡萄の皮とか、トウモロコシの皮、割いた葛のツルなど。つまり、アケビとかツヅラフジのツルはもう手元にほとんどないけど、「編む材料はまだ家にたくさんあるんだ」ってこと。「ツルがない〜!!!」と言いながら、早くツル採りに行かないと!とダンナを脅迫していましたが、ここでも新たな事実が明白になりました。

家にあるもの、使えばいいじゃん!!

ということで、今は麦わらを三つ編みに編んで、ちょっとクリスマスカラーっぽい、小さなバスケットを作成中。

麦わらって、「茶色」だと思っていませんでしたか?私はそうでした。でも編んでみると「金色」だということに気づきます。赤い実を飾ったら、めでたい色のバスケットになるんじゃないかな。
e0151091_218165.jpg

by nicecuppatea | 2013-11-18 21:08 | 権蔵日記 | Comments(0)

「彼」が来る

突然ですが、来週から新たな仲間が、家族に加わることになりそうです。これは自分たちで計画したこと、というよりむしろ「天から降ってきたこと」と感じてます。少なくとも私たち夫婦は。

事の発端は12日(火)。ダンナが市のスポーツセンターに行くと、建物の外で係員風の人が一匹の結構歳とった感じの犬を、工事用の紐みたいので、繋いでいたのを見つけました。

「何か」を感じたダンナがそばで話を聞くと「迷い犬」とのこと。近くによるとバセット・ハウンドで、その仔は嬉しそうにダンナの脚によじ登ってきてダンナはアタマをなでたんだそうです。

スポーツセンターでの運動後、そこを通りかかると、既に犬の姿はなくもう警察に届けられた後だったとのこと。

さらに「何か」を感じたダンナは、(よせばいいのに)帰宅後、市の保健所のHPを覗いてみると、そこになんと彼がすでに「保護犬」として写真付きで載っていたのだそうです。保護期間は12日(火)から15日(金)。つまり保護からたった3日後には処分されてしまう、ということだったのです。

カイシャから帰ってきてその話を聞いた私は、ダンナともども言葉少なになり、どこか、引き取ってくれる可能性があるところがないか、サイトを探しましたが、わかったのは、どこも保護する場所はキャパがいっぱい。埼玉だけで年間800匹ものワンコが「処分」されているという事実でした。

うちには11歳のピーチがいるし、マンションだし、恐竜の肌のようなごつごつしたゴーヤを見ただけで膀胱炎になるほど臆病なチビ太がいる・・・とてももう一匹なんて。しかもオスの老犬。でも自分が飼えなくて人に「飼える人いませんかー!!」なんて情報をそこかしこに投げかけるのも無責任だし。

「結局、できることはないんだよ。オレ達、罪深いんだよ」とダンナ。

なんとなく、二人とも意識的に言葉に出さず、出来ることなら忘れたい、と考えているようでした。

翌日、意識的にその話をせず、私は朝、出勤しました。関係ない事でダンナからメールが来ても「彼のこと」は触れていない・・・ということは良いニュース(「飼い主がみつかりました」と、サイトから彼の写真が消えていた、とか)はないんだろうな、と。仕事中はそれでもどうにか、考えないでいられます。

仕事が終わると、もう、どうしたってそのことが頭から離れず、他のことが考えられなくなってしまいました。

どう見たって器量が良くはない。年中「あっかんべー」してるみたいな顔だったし。しかも歳で、歯も黄色いし、体臭も強め、だったとか(苦笑)

きっと迷い犬ではなく、捨てられたと考えるのが妥当でしょう。こんな感じだと引き取り手がでてくるとは考えづらいだろうなぁ。

ーと思うにつけ、ダンナの脚をよじ登ってきたであろう時の「顔」を思い浮かべてしまい。。。「オレなんか実際、アタマなでちゃってるんだよ」とダンナ。

なぜか、胸がつぶれそうでした。

ダンナもどうやら同じ気持である、とわかった時、どちらからともなく、とにかく金曜より前にウチに引き取りたいと、保健所に意思表示しよう、ということになりました。

ピーチと仲良くやれるか、チビ太はどうなっちゃうだろう。病気持ちかもしれないし、吠えるかもしれない。二匹を分離するならスペースは足りるだろうか・・・考えればきりはないけど、今は保健所から連れ出さなければ二日後には殺される。

実は保健所のHPにはもう一匹ワンコの写真が一緒に載っていました。しっぽは完全にはいっちゃってて、怯えていました。その仔に対して、私たちができることは何もありません。結局、罪深いことに変わりありません。

ただ、たまたま触ってしまった、撫でてしまった「彼」に、できることをしたい。できることは本当に限られていますが。

無力さもわかったうえで、とりあえず自分たちにできること、やろうというのが私たちの気持ちでした。多分に自分本位な考え方かもしれませんが。

考えれば、考えるほど、きっと、簡単では済まないと思います(^^;;まぁ、決めたんだからどうにかするしかないですね。諸々あって、来週引き取りができそうです。またおいおいご報告していこうと思います。

古いワンコ用クッションも、珍しくお裁縫でパンヤを足して、受け入れ準備!
e0151091_17584798.jpg

by nicecuppatea | 2013-11-17 18:00 | 権蔵日記 | Comments(0)

嵐の予感…

諸々ありまして、近々のうちに生活に変化がでそうな気配です。ま、世間的に言ったら大したことではないのですが^^

願うらくはこれが「良い」変化につながりますように。

どちらにしても「それ」が起こったら我が家のフツーの生活の仕方、お金や時間の使い方を色々と見直さないといけなくなるでしょう。

カイシャでも誰かが言ってました。「変化」自体に良いも悪いもない、それを良くするのも悪くするのも、自分の心もちと、「それに対して何するか」次第。

確かに言えることはスペースもお金も、もっといるようになる、そして何をやるにももっと時間の割り振りを考える必要がでてくる~・・・ということ。

片づけ、節約、時間の割り振り。どれも今まであまり得意ではありませんでした。これからは今まで「これくらいでいっか」と思っていたレベルより一ランク上の片づけや節約を目指さないといけなくなりそう。

それって、考えようによってはとってもありがたいこと♪

ゆったり時間を過ごすはずの「かご編み」の効率化(カイシャみたいな言葉だけど・苦笑)を目指す、ってのもなんだか変だけど、それでも今から「時間を有効に使ってカゴ、編みためよう!」と思って今週、編んだカゴたち。来週末の狭山市楽市楽座に向けて…。
e0151091_19593061.jpg

こちらは午後にダンナとPと散歩した入間川の河川敷で集めたノイバラの実。「Pの散歩」のはずだったけど、毎度のことでだいぶPを待たせたのは私の方^^;
e0151091_2001350.jpg

クリスマスのリース、トナカイの鼻、とこれからいろんなクラフトで活躍してくれるはず。そろそろクリスマス・オーナメントを編み始めましょうかね。
by nicecuppatea | 2013-11-16 20:02 | バスケット編み | Comments(2)