<   2013年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ツルの素性

数週間前からめっきり涼しくなって、昨日、狭山市楽市楽座のクラフト市に出店しましたが、外にいるだけでさわやかな気候となりました。

「カゴってなにか、秋のモノだよね」という言葉を聞くことがあります。昨日はなんとなくそれを実感できるような一日でした。一日の終わりに残ったのは、ほぼこの小さなプレート一枚。裂いて編み込んだ枝は、夏にたくさん実をつけてくれた、畑のブルーベリーの剪定枝。裏返すと、枝の皮にはほんのりと紫の色が残ります。
e0151091_1974548.jpg

店を覗いて下さる方が時々言われるのが、「最近は、ツルも少なくなったわよね~」というようなこと。

なんとなく、自然のツルで編んだカゴ、というと、山奥深くにある貴重な素材を集めて作った貴重なもの、そして、そういう自然の素材はだんだん減っているもの、という考えが、フツーにあるのかもしれません。

実はそんなこともないんですよ。

私のカゴの材料は、見たところ可燃ごみみたいなもんです(笑)道路脇の葛、駐車場横の電信柱にからまっているヒメツヅラフジ。(かなり、郊外型の風景には間違いありませんが)、公園で剪定されたカワヤナギの枝や、台風で落ちたシダレヤナギの枝。それにもちろん、畑から出た剪定枝や、トウモロコシの皮も。

また、放置された畑や、管理の手が行き届かなくなった河原、山里の道沿いなどでは、人の手が入らなくなったり、足が踏み入れられなくなると、真っ先にに繁茂していくのがツルの様な気がします。

当然、厄介者扱いされることが多いような。周りを覆い尽くすと、下の木を枯らしたり、伐採しようとしてもものすごく労力がいったりするから。

昨日、掲載したシダレヤナギのバスケットは、東京都足立区のとある公園のシダレヤナギの落ちた枝が素材でした。それを、買って下さった方に伝えたら、面白がってくれて。これからは、バスケットを作る時のツルの「素性」もお知らせできれば、面白いかなぁと思い始めました。

材料を採れば採るほど、編めば編むほど、環境の保全や美化にも役に立つ、というようなことになればいいなと思います。来週日曜日の入間市「ジョンソンタウン」のマルシェ出店に向けて、人目も気にせず、編みつづけよう♪
by nicecuppatea | 2013-09-30 19:17 | Willow Cottage | Comments(0)

ヤナギ眼

ここのところ、かご編み生活も色々な経験があり、充実していますが、平日の仕事のほうでも色々なところに行く機会があり、なかなか変化に富んでいます。

昨日、伺う約束をしている場所へ、駅から400メートルの道を急ぎ足で向かっていました。、と、道のわきの公園に大きなシダレヤナギの木を発見!
e0151091_19285613.jpg

あの枝のさらさらとしたシルエット、特徴的な葉の裏の白みによって、全体的にうす白いグリーンにみえるキャノピー。私はどこを歩いていても、意識をしていなくても、なんだかヤナギの木は「レーダー」にひっかかるようになっているらしい^^枝は葉を取って保存すれば、採った季節によって、様々な色で艶のある素敵な編み材になります。…ということで、木を見つければ即、その下に枝が落ちていないか、確認するクセが。

こんな状態を我が家では「ヤナギ眼」、などと呼んでいます・笑

で、昨日の道すがら。急いでいたので、あたりだけつけてとりあえず仕事へ。帰りがけに、早速木の下をチェックすると先日の荒天によるものか、けっこうたくさん枝が落ちてました♪
e0151091_19294290.jpg

葉っぱを落として。
e0151091_19302273.jpg

この細いヤナギの枝で、ちっちゃなバスケットを。
e0151091_19312719.jpg

いったい、仕事、真剣にやってんのか?と、言われそうですが(^^;仕事も、かご編みも、できるだけ。

このヤナギのミニバスケットは、今日の狭山市楽市楽座で、無事、嫁入りしました♡その様子などはまた後日。
by nicecuppatea | 2013-09-28 19:37 | バスケット編み | Comments(0)

ミニバスケットづくり講習、開催しました・・・

がらにもなく、先週土曜日から何となく口数が少なくなり、そのつもりはなかったのだけど後になってみれば随分緊張していた、らしい(ダンナの指摘)

・・・ということで、昨日の午後、入間市の一軒家雑貨カフェ「il paraiso」さんで場所を提供頂き、9人の方々と一緒に手の平に乗るほどの「ミニバスケットづくり講習」を行いました。

「うまく伝わるかな?」「時間内にみんな出来上がるかな?」「楽しいって思ってくれるかな?」、と考えだせばキリがなく^^

一旦始まると、やはり思ってもみないことがでてくるもの。材料は事前に切っておいたものの、作っているバスケットが思ったより大きくなった、私が作っている見本が小さすぎてよく見えない、(カフェの床や壁もアースカラーなので)「保護色」すぎて見えない、説明書を読むとなおさらわからなくなる(だめじゃん、それじゃあ)・・・

とりわけ作り始めの頃はまだどんなバスケットになるのか、形が想像できなくて、ちょっと難しいところがあると元気がなくなりがち。。。

ようやっと枠ができて、取っ手ができて、カゴの芯となる部分が全部できると、カゴらしく見えてきて、俄然、みんな愛着が湧いてきます。「あ~、なんか、らしくなってきた!」という声が聞こえ始めて、素人講師もようやっとちょっとホッとします・笑

今回作った「フレームバスケット」は、先にバスケットの骨組みを全部作って、最後に「カゴ」部分を編みながら埋めていく、という順序で作るもの。かご作りの醍醐味はこの最後の「カゴ」部分に色々な色や素材のツルや葉を使って、デザインを考えながら編み進めていくこと。でも、みんながその作業に入った時は、3時間のコースのうち1時間ぐらいしか残っておらず。。。

最後は、みなさん時間内に終了しようと、一心不乱、黙々と編み進めていらっしゃいました。本当は、この作業こそ急がず、色々な色のコンビを考えながら楽しんでやってもらいたいところ。素人講師の読みの甘さ、お詫びしなければ。
e0151091_204581.jpg

ドキドキしましたが、最後に「わぁ、うれしい、こんなカゴができたー!」なんて声が聞こえたりすると、ひとりで好きにつくっている時や、自分の作ったものを買って頂いた時とはまた全然違った、宝物をもらった気になります。手の平大のカゴが、たくさんできました。
e0151091_20454350.jpg

編んでいる最中に「やっぱり、何も考えないで無心にやることなのね」「すごく無になっているような、集中しているような」なんて言葉を聞いていると、きっと自分がカゴを編みつづけてしまう理由もこんな感じなんだろうな、と改めて思ったり。

終わってみると、やはり緊張とおしゃべりでノドがカラカラだったようで、帰りの駅でマク◯ナルドのフロートを一気飲み。ぷは~、よかった!!

ご協力いただいたみなさん、ありがとーございました!!
by nicecuppatea | 2013-09-24 20:46 | Willow Cottage | Comments(0)

枯れ枝と枯れ草と、錆びたワイヤー

「今週こそ徹底的に草むしりするぞ~!」と手ぐすねひいて待っていたこの週末。ふたを開けてみればドンピシャで台風が。

天気のことは文句を言っても仕方がない…ので、早々に気持ちを切り替え、引越してきてから半年以上物置然としている部屋の片づけをすることに。

前の家は賃貸でしたが、集積材の木材の表面をそのままにした壁面にフックやボルトなど、好き放題打ってもよかったので、輪っかにしたツルや束にした麦穂など、私の所有物の収納にはうってつけでした。

今の所は賃貸の普通のマンション。ボルトの壁面取り付けなどは基本、NGです。結果、かご編み素材が、部屋の真ん中に山積みになったまま早9か月。

最近、カーペット用の画鋲、という長くて丈夫な画鋲を発見。で、それを使って、ワイヤーを張り、何とか重くならない程度のツルをひっかけて壁面に収納できるようにすることにしました。

素材をひっかけるS字フックは、100円ショップに行けば簡単に買えるのだろうけど、何か、ただ買う、っていうオプションは面白くない気がして。そもそも、枯れ枝や枯れ草を吊るすのに、新しい収納グッズはなんだかあんまり相性が良くない気もするし。

以前住んでいた家の前庭を耕して畑にしようとしたら、家を建てた時に埋めたのだろうと思われる看板やプラスチック素材、木材など「産業廃棄物?」と思われるようなものが多数発掘されました。その中に古くて太いワイヤーも。

「こんなの、埋めないで廃棄処分しないといけないもんじゃないの?!」と文句言いつつ、ワイヤーの錆び加減が何となく捨てがたく、それだけとっておいたのです。引っ越しの際もこの「ゴミ」は捨てずに持ってきました。

引っ越しって普通は「何が捨てられるか」、って考えてできるだけ「ゴミ」にするのが一般的なんでしょうけど^^

…ということで、古いワイヤーを短く切ってペンチで端っこを処理しながら様々なサイズのS字フックをつくってみました。
e0151091_19292579.jpg

行き場のなかった麦穂、タカキビの穂、山葡萄のツルなどが、錆びたワイヤーで吊るされてようやっと居場所を見つけた感じ。錆びたワイヤーも、再び役立つ場所を見つけました。
e0151091_1933229.jpg

雨の日、ってのはやっぱり、生活に必要なんですね~。
by nicecuppatea | 2013-09-16 19:54 | 暮らしのアイデア | Comments(2)

夏の終わり

まるで終わることのないように思われた厳しい夏も、時期が来れば終わるものだ・・・と、改めて感じた今年。

屋上のコンテナに植えてある、キュウリやゴーヤの葉が、朝、水をあげ忘れても、夜、しなびてなかったり。

一時期、葉が黄色くなって、成長の止まっていたつるなしインゲンが、また新しい葉や花をつけ始めたり。

早朝、真夜中と、暗闇でも、昼と同じように蒸し暑く、聞こえていたセミの声も、気がつくと、秋の虫の声に変わっていたり。

ブルーベリー収穫最盛期の1か月ほど前、朝4時に車で畑に行こうとしたら、クルマのタイヤの上で羽化したばかりのアブラゼミが羽を乾かしている最中でした。いったい、どこから歩いてきたのか。
e0151091_19361255.jpg

最近では気が付くと、道のいたるところで命を終えたセミの姿が。

季節は、間違いなく進んでいるのですねー。
by nicecuppatea | 2013-09-12 19:36 | 暮らしのアイデア | Comments(0)

バスケットの素材探し

さて、そろそろ、人生初体験の「バスケット編み講座」開催の日が近づいてきました。

「自由にやってみたらどうですか?」

というアドバイスを頂き、カッチカチになっていたアタマをなんとか柔らかくしようと、どうやったら「自由に」なるか考えてみてます。

素材を色々試してみる、っていうのはどうかな。

…ということで、小さなバスケットをつくるのに、何か編み込めるものはないかな~、とピーチとの散歩道でキョロキョロします。

で、見つけたのが道沿いに生えていたカエデ系の木。この葉っぱの柄がピンクっぽくて、すらりと長い。
e0151091_2026241.jpg

ちょっと生だと折れやすいけれど、乾かして水に浸してみたら、編めるのではないかしら。

葉っぱを取り除いて柄だけ集めて。。。
e0151091_2026449.jpg

取り除いた葉っぱで、ちょっと遊んでみた。
e0151091_20265960.jpg

ごめんね、ピーチ。

乾かしてみたらちょっと赤が茶色になってしまったけど。その他に、自家菜園で育てたトウモロコシの皮、公園で剪定してたヤナギの枝なんかを、集めてみました。
e0151091_20292535.jpg

「素材を自由に使うミニバスケット」ができたら、楽しいかな、と今は思っています。
by nicecuppatea | 2013-09-11 20:30 | バスケット編み | Comments(0)

イギリスの森とトトロの森の共通点

つい先日、宮崎駿監督の「引退」が、ニュースを賑わせていましたね。

正直、この年になるまで、ジブリ映画をきちんと観たことは一度もないのですが、たまたま、自分が引っ越してきた場所が「トトロのふるさと」と言われているエリアである、ということで、最近になって、身近に感じることが多くなってきました。

毎日のように、ピーチの散歩に行ったり、ジョギングで通る場所が「トトロの森」と言われるところ。よく知らないのですが、このあたりの里山は基金が買い取って、保全を行っているらしいのです。先日も、森の中をピーチと散歩していると、

「萌芽更新中」

の張り紙がありました。あたりの斜面では、直径20センチ以上の落葉樹が根元近くから綺麗に伐採されています。それを見て「この雑木林にはよく手が入っている」ことを理解しました。実は、この作業には、私自身、思うところがありました^^

15年ほど前、私は当時住んでいたイギリス南部の、環境保全団体の活動で、これと同じ作業をやることになり、「なんで木を保護するのに、木を切るんだ?」という疑問を晴らせずにいました。

森林保護といえば、白神山地のブナ林や、屋久島の縄文杉みたいな「原生林」を「できるだけさわらないでおく」ことだと思っていた当時の私。でも、イギリスの自然は、全てが人の手の入っている、いわゆる「雑木林」。つまり、人がそばで生活し、森に入り、活用することで、生かされてきた自然だったのです。そこでは、オークや、ヘーゼルといった落葉樹は、数十年のサイクルで、根本から伐採する(coppisingと呼ばれていました)ことで、萌芽を伸ばし、定期的に切り出すまっすぐな枝は、薪やクラフトに利用され、木は寿命を延ばし、森は健康を保っていたのです。

手の入った森、っていうのはこんな感じ。
e0151091_19461996.jpg

そんな理論を知らなかった私は、いくら英語で説明をきいても、自分の持っている日本語の知識と繋がらず、当時まだそれほど情報が多くなかったインターネット上で、日本語の関連情報を検索しまくりました。そして、この素朴な疑問に答えてくれたのが、早稲田大学の所沢キャンパスで、里山や雑木林の保全を行っている研究室の書いているレポートでした。

どこの誰ともわからない、外国にいる学生の送ってきた長ったらしい質問に、その研究室の方は、大変丁寧に、日本語で説明してくれました。それで初めて、その時イギリスで私が行っていたことが、日本の雑木林や里山の保全でも、同じように意義あることと考えられている、と理解したのです。

15年たった後、犬と散歩しながら、突然その記憶がよみがえりました。「そうだ、あれは、ここだったんだ!」と。

それで、そんな「人の身近にある自然」こそがトトロのふるさとなんだぁ、と初めて自分の中で「つながった!」気がして。

一度ぐらい、きちんと「となりのトトロ」でも観てみようかなぁ、と、遅まきながら思うのでした^^
by nicecuppatea | 2013-09-09 19:53 | イギリスでのこと(環境保全) | Comments(0)

バスケットの修繕

昨日、買って頂いたミニバスケットを修理したことを書きました。

この「修理」というのが、自分としても結構充実した気持ちを味わえる作業だなぁ、と最近思い始めています。

このバスケットは、2年半ほど前、近所の公園で拾ったシダレヤナギの枝をつかって作った手頃なサイズのバスケット。立て芯がスムーズに曲がらなくてとても人様に売れるようなものではなかったので、手元に置きました。で、使ってみたら結構野菜を入れるのに使い勝手の良いサイズで、畑と家の往復に使い倒されることに^^で、結果として、使いすぎて取っ手が切れた。。。
e0151091_20213798.jpg

しばらくこのままだったのですが、取っ手以外の素材はまだまだ元気だったので、意を決してほどいて編みなおすことにしました。

両端から編んでいく、編みはじめと逆で、まんなかからお湯につけてふやかして、ほどいていきます。
e0151091_20221782.jpg

フレームだけは曲がっていたり折れていたりしたので、家のそばでみつけたスイカズラの白くてつやつやのツルに取り換えて。

なんだか、単なる「枝」なんだけど、大事にほどいたりしていると、そのプロセスの間にそれまでよりもっと、自分にとっては大事なもののような気がしてきます。この枝、一本たりとも、捨てるもんか、と。おかしいですね^^;

で、大事にほどいた枯れ枝で、今度は小さなバスケット3つを作ってみました。今度は入れるものが、前より少し小さくなったけど。
e0151091_20223845.jpg

なんだか、作り直すごとに愛着は深くなるような。
by nicecuppatea | 2013-09-06 20:25 | Willow Cottage | Comments(0)

講習、やってみることになりました。

気が付けば、ツルや枝をとってきて自分で作ったバスケットを、マルシェやクラフト市などに定期的に出店するようになって1年が経ちました。妙に気が小さいところもある私が継続的に出店を続けてこられたのは「素敵ですね〜!」なーんて言って、私をその気にさせてくれる、たくさんの方々とお会いできたからこそ。中には毎回訪ねて下さる方もいらしたりして。

そんな方のおひとりから先日、また新たなご縁を頂きました。

「ぜひ、このバスケット作りのコースをやってください!」
「私の知っている素敵なカフェがあるんです。オーナーに話して、そこでコースができるか聞いてみます。」

最初の数回は、そんなお話をなんとな〜く、世間話風に聞いていました。それが春の終わりが近づいた頃、「あ、オーナーもやりたいって言っていました。カフェのサイトはここです。オーナーには話をしておいたので、一度連絡してみてください。では、よろしく〜♪」と言って、その方は帰って行かれました。

・・・。

そのお店も知らなければ、オーナーのお名前も知らない。よくよく考えてみたら、そう言ってくれたお客様のお名前も連絡先も聞いたことがなかったことに、あとから気づきました。

そんな、シャボン玉みたいにフワフワした話なのに、なぜか不可解に思うこともなく、教えてもらったカフェをサイトを検索して、自分でもびっくりしましたが、数週間後には、ふらりと会社を半日休んで、遠方から遊びに来ていた妹を誘い、そのカフェに限定ランチを食べに行っていました。

「あの・・・ツルとってきてカゴを作っているものですが」

ありがたいことに、その自己紹介で通じました^^; 「面白いと思うわよ。とにかく、一度、やってみましょうよ」という絶妙な励ましに、ふたたびその気になって、「秋に、3時間のミニバスケットづくりのコースを一回、やってみる」とその場で約束してしまったのでした。

「まさか〜応募してくれる人なんていないんじゃないの〜?!」と思っていたら、募集開始翌日「定員8人、埋まりました。」とのメールが。人から受け取ったメールでこんなに驚いたのは久しぶりです。

そして、その日がいよいよ数週間後に迫ってきました。

こうなって初めて気づく、いかに今まで何も考えないで作ってきたか(笑)全てが「だいたいこんな感じ」で。お金を頂いて、時間内に作って頂くなら、その時間で完成しないといけないし、そのためには最初からバスケットの大きさもある程度決めて、それに基づいて材料の採寸をして、それを人数分集めて…俄然、今までやったことのない作業が増えた感じです。

こんな、10センチぐらいのバスケットを作ることに決めたけれど、それでさえ、どれぐらいのスピードで作業が進むのか、皆目検討がつかなくて^^;;
e0151091_1947418.jpg


「せっかく自由に編むのが特徴のカゴなんだから、あまり『らしさ』を失わずに、気らーくにやった方が、良さがでるんじゃないですか?」と、最近とあるクラフト市でご一緒した出店者さんからアドバイスを頂きました。

確かに!ま、気らーくにはできないかもしれないけど、あまり縮こまらず、型にはめず、「何でも自由にできるんだ!」と思ってもらえるような時間になればいいなぁ、と考えるようになりました。とはいえ、「さて、ではどーすれば??」とまだ思案中です。

でも、きっとまた、終わった時には「新しい世界を見せてもらったなぁ〜!」と、自分が一番興奮しているんじゃないかなぁ(笑)
by nicecuppatea | 2013-09-05 19:54 | Willow Cottage | Comments(2)

ミニバスケットの修理

先日、マルシェに出店したとき、毎回バスケットを買って下さる方が、「これ、直りますか?」と、透明のケースを差し出されました。よくスーパーで、高級な果物が個包装ではいっているような容器の中に何か入っています。
e0151091_2051413.jpg

開けてみると、そこには私が去年、スギ科のラクウショウの皮でヤナギの小枝のフレームに編み込んだ、手の平に簡単にのるような小さなバスケットが。手にとって初めて、「あー、こんなの作ったっけ。。。」と思い出しました。

バスケットをよくみると、取っ手のフレームが数か所で折れていました。あまりちっちゃいバスケットだから、何かの影になると、見えなくて踏み潰してしまう・・・ことが自分でも多々あるので、多分そんなようなことがあったのでは^^と、想像しました。
e0151091_2082686.jpg

お預かりして、直してみようとしばらく眺めました。

フレームはバスケットの中でも一番最初につくる芯の部分になるので、そこが壊れてしまったら、表面的につなげたりして修理しても、見てくれも、強度も回復しません。

・・・ということで、すべてほどき直して、フレームを取り換えて、再び編んでみることにしました。

こんな枝やツルでつくったちっちゃなバスケットを、「直そう」と思うくらい大切にしてくれて、しかも壊れたものがそれ以上つぶれないように、容器に入れて大切にもってきてくれたことが、私にとっては、とても大きなことに思えました。

で、翌日月曜朝、さっそくバスケットを熱湯の中に。

二日目、火曜日の朝、電車の中で柔らかくなったバスケットをほどいて、フレームを再生。

そして今日、三日目水曜日の朝、行きの電車の中で編み直し始め、帰りの電車の中で完成~♪

基本、同じ素材のバスケットが再び生まれました。
e0151091_2065641.jpg

よろこんでくれると、いいな。
by nicecuppatea | 2013-09-04 20:09 | Willow Cottage | Comments(0)