<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ご近所再発見

3年ほど前、田舎に引っ越してきたのは、週末ごとに都会と田舎の間を移動したりする生活をやめ、ゆったりとした時間を楽しむためでもあったはず、、、なのですが、やれ畑、ジョギング、マルシェ参加と、気がつけば休みの日ほど慌くて、月曜日は時に消耗しきっていたりする今日この頃。。。

「少しさぁ、何も予定入れない日も作ろうよ…」

ダンナの心の叫びにも聞こえ、それももっともかな、と思い、昨日は朝のジョギングだけしたら、買い物にも、畑にも行かず、お昼過ぎにコーヒーだけ持って、Pづれでゆっくり近所の散歩に出かけることに。

近くは市街化調整区域や、トラストの管理する里山があり、家から五分でうっそうとした森の中へ^^

さらに散歩コースの狭山湖は東京都の水がめのため、湖畔への立ち入りが制限されていることから、堤防(?)の上から眺めると、湖の周りは人工の建造物が一切なく、ウチから歩いて15分の距離にあるのに、どこぞの原野の風情。

湖近くの田舎道を歩きながらゲットしたのがこちら。
e0151091_2227337.jpg

明日はフキと竹の子と蕨の煮物かな。

湖畔を歩いていたらこんなのにも出くわして。
e0151091_22281457.jpg

望んで移り住んだとはいえ、こんな田舎感満載のところとは、今まで気づかず。

芝生の上でおやつももらったし、Pさんも結構満足げ。
e0151091_22293720.jpg

時にはゆっくり歩くってだけで、けっこう見過ごしていたものに気づくもんですねー。
by nicecuppatea | 2013-04-30 22:30 | 里と野山 | Comments(0)

家庭菜園戦線、遅れて参戦

私は、野菜を育てるのが大好きなんですが、自家菜園が上手にできるのか、というとそうではありません・・・。理由はいくつかあり;

①かご編み、マルシェ、ジョギング、と色々やり過ぎて、畑に向かう頃には、疲労困憊

②できれば種から野菜を育てたいくせに、春まだ浅い2月ごろから手間暇かけて育苗する甲斐性がなく、世間に苗の出回るGW頃、毎年「また遅くなった~!」と思いながら、夏野菜の種をまく

③毎度こぼれ種で畑のいたるところから生える、シソやとトマトを引き抜いて処分することができず、全部育てるので、全部使い切れず、畑の中はなかばジャングル状態

今年も、出遅れました^^;

が、じゃがいもだけは出遅れたお蔭で遅霜の被害にあわず、結果オーライ^^ ピリカ、北海こがね、ベニアカリ、インカのめざめ、と北海道の妹から送ってもらったバラエティある種イモで今年は楽しみ♪

畝もぐじゃぐじゃですが、芽かきもしない放任なので、これでウチ的には十分。
e0151091_21484912.jpg

で、こちらは今日の収穫。
e0151091_21491690.jpg

去年、種まきが遅くて大きくならなかった人参、深く耕さずまっすぐ伸びなかったゴボウ、まともな食材は、畑を借りたときから生えていたフキだけ(笑)

人参は、小さいくせにすでに花芽がついて、根が固くなり、太い牙を持つピーチでさえ真ん中が噛み切れずに苦心。
e0151091_21495323.jpg

ま、これからです(^。^)
by nicecuppatea | 2013-04-29 21:50 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(0)

クサクサした日には

なーんだか、物事がうまくいかない日、ってないですか。

ここ数日、自分のコントロール外の何か大きな動きのためにオフィスでの大半の時間をとられちゃったりして、それがまたかなり集中を要する仕事だったり。

で、頼むだけ頼まれて、なんだか最後はポイって感じだったように感じてしまったりして。また、こちらの時間などはあまりお構いなしに「簡単に頼んでくれるなぁ」みたいな仕事が立て続いたりして。「この仕事、前からわかっていたでしょう?もう少し早く頼んでくれれば、いくらでもうまくアレンジしてもっと効率よく、楽に仕事ができたのに…」って思っちゃったりして。

わかってるんですよ、仕事ってそんなこといっぱいあることぐらい。誰に対して怒ったってしょうがない。怒ることでもない、自分の気持ちのもっていきかたひとつの問題だって。

そういう時は、自分が「いい気分」になる状態に、一刻も早く自分を置くこと・・・それが自分がすぐ元気になって、他の誰にもイヤな思いをさせないで済む、一番良い方法、と仕事の中でいつしか確信するようになりました。

それはある日、仕事場のそばに、私の気分転換に持って来いの場所を見つけたからかもしれません。

で、お昼になっても仕事を続けて2時ごろにいったん区切りがついたところで、意を決してオフィスをでました。

外に出ると「こんなにまぶしいか」と思うほど。

15分ほど歩くと河原沿いにこんな場所が。
e0151091_21262381.jpg

もう靴も脱いで、靴下も脱いで、お弁当広げて!(^^)!

周りから見たら、会社員のおばさんがひとり、芝生で裸足で、お弁当食べてる?

・・・ってちょっと奇異に見られるかもしれません。でも、いいんです^^足の裏まで日に当たっていると、頭の中に色々と淀んでいたものが空っぽになっていくのが感じられます。

もちろん、作りかけのバスケットと携帯ヅルも持って行って、芝の上でしばし編み足します。やっぱり電車で編むより、気持ちいいわぁ。

もうちょっとで出来上がり。
e0151091_21264420.jpg

よし、明日もすっきり会社にいける!
by nicecuppatea | 2013-04-18 21:32 | 暮らしのアイデア | Comments(2)

4月のマルシェに参加しました

おとといの日曜日は、関東地方は暴風雨に見舞われる、とテレビ各局の天気予報が言っていた日。「不急不要の外出は避けるべきでしょう」と。

そんな日に、日がな野外マーケットをやる予定をたてるとは。

でも、ある意味、予想は外れ、当日は日焼けするほどの良い天気に。

「きっと雨で中止」といい加減に考えていた私は、陳列してみて初めて「売り物、少ないじゃん」と気づく始末。

最近素材のツルをかなり使い果たし、様々な種類のツルや枝が少しづつ残っているので、自然、色々なツルや枝を混ぜて編むバスケットが増えてきました。

こちらは、カワヤナギの芯に皮をむいたスイカズラや、ヒメツヅラフジ、ヤナギ、クズなどを単純に編み重ねたお皿。
e0151091_2173275.jpg

同じ枝やツルとはいえ、重ねながら編んでみると、様々な色や手触りのものがあるものだと、改めて気づかされます。

今回は、天気が悪いかもしれない、と持っていく陳列用の机やPOPも最小限にしたところ、写真をとるのもはばかられるような、しょぼい陳列に。
(・・・ということで、写真はありません<(_ _)>)

ちょっと見では何を売っているかわからないような陳列でしたが、そこは「看板犬」ピーチのおかげで、足を止めて下さる方々もいらっしゃいました。…と、いっても看板犬らしいことをしていたわけではなく、机の下にのべーっと寝そべっていただけなのですが(笑)その、余計な肩の力の抜けた看板犬ぶりが、かえって斬新だったらしく^^;

一緒に出店していた八百屋さんから、古くなって「小鳥用に」ととってあった、古い伊予かんをもらって、その時だけはテンションがあがっていました。
e0151091_2175340.jpg

来月に向けて、また通勤途中にせっせとかご編みにいそしむことにします^^
by nicecuppatea | 2013-04-09 21:12 | Willow Cottage | Comments(0)

お花見…だったらしい

東京は数日前に桜のピークを過ぎたようですが、我が家の周りは、昨日、おとといの週末が、ちょうど見ごろのようでした。

引越してきて初めての春。家の前がすべて桜並木で、寝室から満開の桜が見下ろせるのが、物件を見に来た時には気づかなかった、うれしい発見です。

とはいっても、やはり花見は満開の桜の咲く公園の下を歩きながらやってみたい。。。

と楽しみにしていた昨日、残念ながら天気予報はまったく加勢してくれず、肌寒い天気に冷たい雨。

「今年はもう見られないかな」と言いながら私は、月曜の朝を迎え、会社にでかけました。

昼頃ピーチから携帯にメールが。(もちろん、送っているのはダンナ)

「久しぶりに堤防までいきました」
e0151091_2274972.jpg

「桜がきれいです」
e0151091_22165875.jpg

「出店でソーセージを買いました」
e0151091_2281940.jpg

・・・って、ダメじゃん、そんなものあげちゃ!
と一応ダンナを怒ってみましたが。

まぁ、楽しそうな顔してるから、よしとするか。

花見は、いいねぇ。
by nicecuppatea | 2013-04-01 22:11 | ピーチ | Comments(0)