<   2013年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

片づけ下手の言い訳

まだ、引っ越し後の部屋の片づけが、ダラダラと続いています。人と比べると、本当にこういうのに時間がかかります。。。

世間では「断捨離」、「片づけの極意」などということがよく言われる今日この頃。私はそういうのがめっぽう苦手で。生活の中で、過去の良いものも、悪いものも、時間が経っても引き連れて行こうとしてしまいがちな性質で^^;

でも、ふと考えます。

何か「モノ」を手放すことがイヤなのか、というとそんな気もしないのですよね。使い切っていない、と感じるものを、無駄にしてしまうということに強い気持ちが働くだけで。

イギリスに住んでいた頃、かの地を自分にとってとても住み易いと感じた理由のひとつが、自分の使っているものに関して、「捨てる」という選択肢をとらなくても、大抵のモノが誰かの手に流れていくこと、そして自分も「新しいもの」ではなく、そういうナガレモノを安く買ったり、タダで調達して自分の生活空間を自由に作ることが、あらゆる場面でごく自然にできるようなシステムがあった、ということがあります。

ダンナの理解もあり、我が家は日本標準でみると、かなり中古や古材で手作りしたボロ家具が多くて、引っ越しの時はあちこちで机の脚がとれたりして、引っ越し屋さん泣かせ^^;;

中古品や手作りのものを使うということは、あらゆる面で手間がかかります。デザインや使い方、直し方を試行錯誤しながら考えるプロセスが必要だからです。

長いプロセスをかけるより、迅速に片付くように、新品の家具を買ってしまった方がずっと簡単で便利かも。でも、引っ越しを繰り返し、はからずも居住空間づくりについて、何度も考える機会ができた私は、どうもそれがしっくりこないなぁと感じることがよくありました。

考えてみるとこういう傾向は、なにも引っ越しの準備や後始末に限られたことではないと、最近気が付きました。仕事であれ、趣味であれ、どんな場面でも、捨てられようとするものや、有効に使われていないものが、うまく生かされて何かの役に立つ、ということに、一番の気持ち良さを感じているらしいのです。

可燃ごみみたいな枝や根っこでバスケットを作ることも、
耕作放棄地を借りて、生ごみを埋めながら野菜を作ることも、
そのままでいたら言葉の壁を越えずに、理解されない誰かの言葉を通訳して伝えることも、

どうも、根っこは自分の中では繋がっているような。

ん~、仕事の件は、こじつけ気味かな。

今日も、ゴミ袋いっぱいのツル採取が完了~♪
これが、モノの形になっていくのを自分で眺めて、一人ニヤニヤするのでした。。。

まあ、ツル採りに行かずに片づけすれば、もっと早く終わる、ということには、気づいているんですけどね。
e0151091_183172.jpg

by nicecuppatea | 2013-01-27 18:12 | もったいない | Comments(0)

楽市楽座に参加しました

二か月に一回の、このイベント。あれやこれやでバタバタしていて、はたと気付いた先週末、ほとんど手元にバスケットがないことに気づきました。

やおら近くの林や河原へ出かけてツルを集め、先週は、家では大きなバスケット、通勤中に小さなバスケット、とひたすら編み込み、何とか今日にこぎつけました。別に誰に頼まれてやっているわけでもないんですが^^

で、とってきたスイカズラのツルや、保存してあったイチョウの枝の皮、近所のワンコの散歩道でみつけたアケビの小ヅルなど、かき集めて違った色や感触を織り込むように、大小のバスケットに編み込んでいきました。

こちらは小さめのもの。スイカズラの白いツルに、白っぽいイチョウの皮を主に編んだ白っぽいバスケットは、今回初めて作ったもの。
e0151091_20561481.jpg

ところで最近、手作りの品で出店されている方と毎月のマルシェでご一緒したり、お付き合いをさせていただくことが多くなりました。手作りジュエリーや、フラワーアレンジメント、革製品や、スパイスなど、それぞれ思い入れを持って、丁寧に作られていることがよく伝わってきて、その方々から購入させていただくことも増えました。

こちらは、色やサイズなど、自分の好みを伝えて作って頂いた手縫いの革手帳カバー。それに丁寧に調合されたハーブやソルトのスパイスミックス。退社して就農する友人に、野菜によく合うスパイスとしてプレゼントしようと買い求め、自分で編んだカゴに入れてみました。
e0151091_2057159.jpg

手帳は、毎年本屋さんで購入していましたが、いつも年の始めに「表紙部分」を買い替えなければならなかったのが、何とも心地悪い気がしていました。かといって高価な革製カバーは値段の割に気に入ったものもなく。。。

「お時間さえ頂ければ」、と言って下さるその方に制作をお願いし、新年が明けてからはリフィルの手帳をリングで留めて裸のまま使い続け、革カバーの完成を待つこと1か月半。本日、好みのデザイン、厚みで作って頂いたこちらを頂きました。使い続けることによる色の変化や、修理が必要になった時、縫い目をほどきやすいようにとデザインを考慮した、「長年使うこと」を前提とした手帳カバーです♪

最近思うのは、「知っている人が作ってくれたもの」で身の回りを満たしていく幸せ、みたいなものです。「あの人が作ったもの」とか「自分のことを知っている人が作ってくれているんだ」と感じられるものには、普通のお店で「買う」、という作業には含まれない感情が加わります。

文房具、アクセサリー、スパイス・・・これからその幅が自分の日常生活の中でだんだん広がっていったら、心地よい空間が今よりもっと広げられるようで、楽しみです。
by nicecuppatea | 2013-01-26 20:59 | Willow Cottage | Comments(2)

河原にて

そろそろ普通に動き回れるようになってきて、早速ツルさがしに行きたくなり、近くの河原へでかけました。

河原にはカワヤナギの木が生えています。ヤナギはこの時期葉を落とし、種類によってレンガ色や黄土色っぽい、つやつやの枝だけがむき出しになっています。また土手には、同じく葉を落とし、ツルのしまった葛も♪

葦や葛、ソバがうっそうと茂っていて、川岸に近付けない夏場と違い、冬から新芽が芽吹く春の時期にかけて、木や草の葉が落ちているときは、川縁を歩くことができます。

正月から一度も雨が降っていなくて、川はかなり水かさが低くなっており、寒中水泳をしようと川の中へ入っていったピーチも、どこまで行っても足が立ってしまい、泳げなくて不満顔ですぐもどってきました。

水かさの多いときや、夏場はどれほど水位が上がっているのかわかりませんが、岸に生えているカワヤナギの木を見てみると川下に向かって大きく傾ぎ、枝という枝には葦の枯葉や、時には流れ着いたゴザやゴムのようなゴミまでもが、枝をたわませるように絡まって、その上にがっしりした葛のつるがあちこちから枝を覆うように這い上がっています。枯れた枝も多く、ヤナギはかなり可哀想な状態。
e0151091_20341274.jpg

私にとっては、ヤナギの枝も葛のツルも両方宝物。傾いでいるヤナギに絡みつく頑丈なツルをひとつひとつ取り除いていきます。これで、ヤナギも元気になって来年もたくさんの枝を伸ばしてくれれば。

頼まれればこの河原のヤナギと葛、ぜんぶ綺麗にしてもいいなぁ(笑)

とってきた葛は本来ならくるくる巻いて、乾かしてから水につけて使用するのですが、もうかなり乾いていたし、何よりすぐ編みたいので、早速編みはじめ。
e0151091_20391186.jpg

偶然綺麗な丸い輪っかができ、比較的左右対称なバスケットができた感じ。めずらしく^^;
e0151091_20392728.jpg

by nicecuppatea | 2013-01-14 20:41 | Willow Cottage | Comments(0)

今年最初のマルシェ参加

おととい日曜日は、今年初のマルシェに参加。腰も痛いし、寒いし、人も多くないだろうし。それでも参加とはなんと物好きな・・・

…と、最初は自分でも思いましたが、やはり終わってみれば、色々な人に会える機会があって、人の多い少ないではないなぁ。。。と改めて思わせてくれる一日となりました。

最近引越してきたマンション周りは葛だらけ♡手軽に材料があつめられたので、あるだけの葛を使って、手軽な四角いバスケットを作成。それだけだとおもしろくないなーと、私の宝物である「可燃ごみ」の保管してある紙袋をまさぐりました。宝物の可燃ごみ、とは、綺麗な色の木の枝とか、おもしろい形のつる、色のついた根っこなど…ま、幼稚園の子が集めている宝物と、ほぼ変わりません(笑)

すると、伐採をした直後の竹林で拾った湾曲した竹の根っこがふたつ。これを取っ手にしてみよう!
と、つけてみたのがこれ。
e0151091_21425957.jpg

はたして、マルシェでは、自転車で通りがかりの若い男性が「わぁ~!偶然来たけれどこんな素敵なものをみつけられて、よかったです!」なんて言って、買ってくださいました。

いやぁ、本当にうれしかったのはこちらですよ。

人が喜んでくれるのを見るのは、思った通りのバスケットができて自分が喜ぶよりずっと自分に対する影響力が強い・・・と感じる今日この頃です。

やっぱり、宝物は集め続けていて、正解♪
by nicecuppatea | 2013-01-08 21:44 | Willow Cottage | Comments(0)

エイミーの絵本

少し前のことになりますが、年末、イギリスの友人たちからのクリスマスカードが届きだした頃、ひときわ分厚い封筒が届きました。

差出人は、友人のエイミー。「新しい本を出したから、送ります。来年は、泊りにおいで」とありました。彼女はレンジャーである旦那さんとともに、自分の住んでいる自然保護地区の湿地帯をあるきながら、時には舟に乗りながら、その風景を、写真を撮るように、水彩画で描きとり、それを使って地元の自然を紹介している人。

そもそも私の「友人の友人」のフィアンセだった人。当時の彼氏(現在の旦那さん)は、なかなかのイケメンでしっかり遊んでいて、婚約当初は「ようやっとエイミーが彼を落ち着かせたか!」と友人ウチでも話題になるほどでした。

時は流れ、今では彼らも二人の子供のお父さん、お母さんに。

確かに「落ち着いた」のかもしれません。ただ、日本で生まれ育った私からみると、どんな日常の小さなことであっても人生を積極的に楽しもう、という彼らのアプローチは、私が子供の頃に見ていた「日本人の大人たち」とはずいぶん印象が違っています。

子供を差し置いてわがまま勝手をしているわけではないのだけど、子供と遊んでも、子供以上に小さなできごとを自分で心から楽しんでいる印象があります。それがたとえどんな「ナイトメア(悪夢)」であっても^^

たとえば、ピクニック用にたくさんのお弁当を準備して海辺に家族ででかけたところ、嵐にあってお弁当もなにも台無しに。。。それでも「も~、こんなにぐちょぐちょになちゃって(爆笑)」、旦那さんが大枚をはたいて、とんでもなアンティーク(つまりボロボロ)の「趣味の悪い」コートを買ってくると「あんな面白いものを買ってくるなんて、ほんと一緒にいて飽きないわ」

大げさかもしれませんが、これって、「人生の楽しみ方を知っている」ってことなんじゃないかと。

お金をかけるわけでもない。それほど派手なレジャーをするわけでもない。でも、日常の小さい出来事に対して「楽しかったか、そうでないか」ではなくて「どうやって楽しもう?」という積極的なかかわり方が見えます。

彼らだけでなく、イギリス人の友人たちを見ていると、「小さなことを楽しむ」ことにとても長けているなぁと感じます。

自然観察にでかけても、日本のように南北に広がった国土でもなく、緯度も高いので、イギリス全土でみられる植物も、爬虫類も、昆虫も、驚くほど地味~な柄の、控えめなサイズのものばかりで、それほど種類が多いわけでもありません。

それでも、彼らは小さな花の、虫眼鏡でみるような小さな花弁が「可憐で美しい!と心底感嘆したり、シジミチョウの羽根の微妙な色合いを愛でたりするのです。最初は、「そんなに感じ入るものかねぇ・・・」と正直、冷めた見方をしていた私ですが、そのうち「これって私の感性の方が彼らより硬直している、ってことかも」と、逆に気づかされました。

ワイルドすぎない、淡々としたものの中から、自分で「楽しむ種」を見つけているんですね。

東京のど真ん中で生活していると、もっとおいしいもの、もっと刺激のあるもの、もっと「すごいもの」、と自分をもっと刺激してくれるもの、をコンスタントに探していたところがあるような。でもそれって、けっこう受け身なアプローチだったのかな、と、イギリスで淡々とした生活を送る中で思うようになりました。

もう何年もご無沙汰しているイギリスのカントリーサイド。エイミーの水彩画を通して改めて見てみると、実は今まで思っても見なかったほど、ダイナミックにも見えきたりもして。
e0151091_22481536.jpg

by nicecuppatea | 2013-01-07 22:49 | イギリスでのこと(言葉・友人) | Comments(0)

一番最初のバスケット

新年おめでとうございます。

去年のラスト一か月は、フルマラソンから引っ越しまで、足腰の筋肉を硬直させるような出来事が自覚なしに続いたようで、仕事納めの頃から、どうにも脚の付け根が痛くなり、年末はほとんど歩けず寝て過ごす始末。。。ちょっと楽になり、家の片づけを…と段ボールなどを持ち上げると、とたんに症状は逆戻り。「痛いところでない部分の筋肉の硬直が原因で、股関節が痛むこともある」とかで、なんだか自分がよくわからない「自分の体のしくみ」に、年明け早々から翻弄されています^^;;

そんなことで、動かないでいると自然、身の回りで忙しい時はすっとばし、気にもかけてなかったことを、改めて書き留めたくなったりして。

まだうず高く積まれている段ボールの、そのまた上に雑然と積んである手作りのバスケット類。その中の一つを改めて眺めてみました。
e0151091_20411995.jpg

なんともアンバランスなバスケットですが・・・。これは14年前、イギリスのマンチェスターで、二日間かけて編んだ、初めての自作のウィローのバスケット。よく見ると、右側の編み芯はフレームの内側、左側の編み芯は外側にでていますが^^先生が気づいてくれた時にはすでに修復不可能なところまで編み進んでいたので、そのまま完成させました。

習ったのは、環境保全チャリティ「BTCV」が行っていた「ウッドランド・クラフトコース」の一環でした。前も書きましたが、イギリスの林の中でもコピス(Copice)と呼ばれるところなどは、日本の里山に似ていて、昔から人の生活の近くにあった雑木林です。ヘーゼル、イングリッシュ・オーク、ホーソン、エルダー、ウィローといった木々は、数年ごとに根元から伐採して枝を更新させます。

その作業はコピシング(Copicing)と呼ばれ、その結果切り株から伸びてくるまっすぐな枝は、家具や家畜用のフェンス、そしてバスケットづくりなどに利用されるのです。そのように「切り出した木の用途があること」が雑木林の保全につながるという考えからバスケット編みのコースも環境保全チャリティが行っています。

材料のウィロー(柳)は編む前に一週間水に浸してやわらかくします。その状態で編めるのは2日間。固くなった枝を再び水につけることもできますが、そうすると皮が破れたり、色があせたりします。いろいろと手間がかかりますが、それもまた楽しくて。

日本で竹を使った「やなぎごおり」が存在するように、イギリスでは卵入れから棺桶まで、あらゆる収納用具がウィローで編まれ、産業革命時代にその需要は最盛期を迎えたのだとか。日本の竹細工のように、伝統的で、地域の特徴のある編み方がたくさん残っているようです。

その深い世界を今年こそ改めてイギリスで覗いて見られればなぁ…。まぁ、新年なので、こんなことも考えます。

この、「初めてのバスケット」はキッチンでジャガイモを入れて使って14年。これからも生活の中で使い続けていこうと思います。

まあ、年の始めから長い文章になったこと…(笑)
by nicecuppatea | 2013-01-03 20:44 | イギリスでのこと(環境保全) | Comments(2)