<   2012年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

新たな素材でバスケットを

私が初めてバスケット編みを習ったのは、イギリス南部で地元の環境保全ボランティア団体が主催する、森林保全の様々な技術のトレーニングコースのひとつでした。

「環境保全でバスケット編み?」と思われるかも知れません。

イギリス南部に広がるのは、人の生活と共に昔から存在してきた、いわゆる雑木林のような森です。それらは、人の手が入らなくなると荒廃してしまいます。 へーゼル、ホーソン、ウィロー、メープルなどの木の枝は、イス、家畜用のフェンス、ホウキ、バスケット、薪、と様々な形で利用されてきました。

中でもしなやかな枝を持つ、へーゼルやウィローは、フェンスやバスケットを編む素材として重宝されたため、定期的に伐採と萌芽を繰り返され、森の手入れに一役かっていました。それがために「バスケット編みも環境保全に関わる技術のひとつ」という理論が成り立つわけです^^

イギリスは日本よりかなり緯度が高く、植生は日本の野山とは随分違います。日本ではよく見られるアケビや葛などはみられず、バスケットづくりには主にウィロー(ヤナギ)が使われます。私が習ったのも、ウィローを使ったフレームバスケットでした。

素材としてのウィローの魅力は、なんといっても色にバラエティがあり、細くても太くても強くしなやかで、乾くと見事な光沢が残ること。南西部のサマーセットなどに行くと、バスケット編みの素材として、ウィローを栽培している「ヤナギ畑」が延々と広がっています。

一方、日本の川原でヤナギを探してみても、同じようなものはなかなか見当たりません。その代わり土手は葛の青々とした蔓で覆われていたりして。

葛も魅力的なバスケット編みの素材です。太く、やわらかく、ごつごつした特長を生かし、ざっくり、ラフに、大き目のものを編む、というのが主な使われ方です。確かに、太くてやわらかくて、あっという間に編めるので、野菜入れ、マガジンラックなど、大きくてラフな感じがあうバスケットにむいています。
e0151091_2104387.jpg


でも、そのほかにも使い方ってあるんじゃないかなぁ。

と、英語でKudzuと入力してバスケット編みの情報を探してみると、アメリカのサイトで、皮をはぎ、真っ白でつよい繊維をつかって、アパラチアの伝統的なバスケットを編む工夫などが見つかりました。早速実践!
e0151091_2111991.jpg


本来、葛はアメリカにあった植物ではなく、東洋から持ち込まれて広がった、いわゆる「外来植物」。それを刈り取って有効にバスケット編みにつかっているのだから、ここでもバスケット編みは環境保全に貢献しているかも^^
by nicecuppatea | 2012-04-11 21:02 | Willow Cottage | Comments(2)

アオツヅラフジのバスケット

最近、週末のランニングで、今までと違う、森のような公園を走るようになりました。アップダウンも豊富で、あたかも山の中のような雰囲気。県下有数の高校駅伝チームなども、バスを仕立てて練習にきているのが見られます。

一応、私もダンナも、そこをランニング。1時間かけてゆっくり10キロほど走った後は、車に待たせておいたピーチをつれてあと1周、2キロの散歩。

その際、私はハサミ片手に、アオツヅラフジの細いツルを探します。これが、細いけれどなかなか丈夫。巻きついている木を絞め殺すように食い込んでいるものもあります。こういう巻きヅルは、バスケットを編む時には、他にはないアクセントになるので、取っ手などに使います。

デザインのアイデアが湧いたらすぐにやりたくなるタチで、翌日からさっそく様々な「あき時間」を利用して、バスケット製作にかかりました。

会社のお昼休み、お風呂で湯船に浸かっている間、通勤電車を待っている間。もう完全に不審者ですが、そのへんはもう。

あまり実用的じゃないかもしれないけれど、ドライフラワーとか木の実をいれたら、合わないかな。

e0151091_20292646.jpg

by nicecuppatea | 2012-04-03 20:30 | Willow Cottage | Comments(0)

樹皮の採集

最近、週末になるとひとしきりバスケット編みにいそしんでいますが、いそしんでも減らないほどに材料を集めている事も事実。私には貴重なバスケットの「素材」ですが、普通の人から見たら、庭木の剪定カスをまとめた「可燃ゴミ」と見えることでしょう^^

中には、素材として使うためには、手をかけなければならないものもあります。

その一つが「樹皮」。

この一帯の庭木を世話している庭師さんにお願いして、冬の剪定ででた、杉やモクレンのまっすぐな枝(小枝のでてないヤツ)を分けてくれるよう頼んだところ、数日後、玄関前に枝の山が。

これから「樹皮」をはいでバスケット編みの材料にしようと思っていたのです。去年、剪定後にもらったイチョウやモクレンの枝からきれいに樹皮がはがれ、とても扱い易いバスケット編みの材料となったので。

ところが、同じように樹皮をはいでみようとすると、これが全くはがれません。樹皮を使ったバスケットについて書いてある本を様々めくってみると、ひとつ、はっきりわかったことがありました。

そうか、冬の枝の皮ははげないのか。

私が前回樹皮をはいだのはまだ夏でした。その時期、木々は盛んに樹液をだして、根っこからそれが上がってくるので樹皮と幹の間に樹液が多く通っていて、つるりと皮が剥げるのだとか。

さながら風通しのよい夏服、といったところか。

冬場の木々は、いわば休眠状態で、樹液も上がってこないのだそう。だから樹皮と幹がぴったりついていて、うまく剥げないのだそうです。

さながら保温効果の高い機能性肌着、といったところでしょうかね。結局、強引にナイフで、樹皮を削る羽目になりました。なんだか申し訳ない。

あまり綺麗じゃないけど、短くて細い、樹皮のテープで、シダレヤナギのフレームの上につくったバスケットがこれ。ちょっと無理やり感が漂うなぁ。

e0151091_20342912.jpg

by nicecuppatea | 2012-04-03 20:23 | Willow Cottage | Comments(0)

白菜の菜の花

この冬、厳冬で野菜の値段が高騰する中、ウチの畑では白菜が豊作で、鍋や浅漬けに大活躍。家計を多いに助けてくれたものでした。

白菜は、畑で様々に姿を変える野菜です。

真冬の畑で白菜を見てみると、外葉が霜にあたって溶けて乾燥して、茶色くこわばり、白菜全体をザラザラの「カラ」のように覆います。縦長のそのシルエットは、さながら小さいお地蔵さんのようにも見えます。
不思議なもので、寒さがまだまだ厳しくても、年が明ける頃になると、なぜか白菜は春が近いことがわかるらしく、茶色い「カラ」を破って、中の葉っぱを、タンポポのように外へ広げようとします。

その力が中から湧いてきた「お地蔵さん」のシルエットは、縦長だったのが、外に向けて開こうとする中の葉の力で、だんだんボールのように丸くかわります。そして、ついにカラを破って中の若葉や花芽が顔を出す- 春の力の「勢い」を何よりも早く感じる、畑の変化です。

ウチの庭の片隅には、昨年秋に畑で抜いた白菜の「間引き菜」を、数株移植してあります。成長不良だったこの白菜たちは、食べられることなく冬を越し、これからは、おいしい「菜の花」を提供してくれます。

白菜の菜の花は、コクがあって、苦味が少なく、菜の花の中では絶品!ですよ。

e0151091_20191042.jpg

by nicecuppatea | 2012-04-03 20:19 | 畑&バスケット | Comments(0)