<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

The beauty of this job...

先日、会社の海外本社からCEOが来日し、日本人の営業関連社員400人程に、仕事について話すかなりざっくばらんな「対話式」セッションがあり、その通訳を行いました。

そもそも他の大きなイベントで来日し、その機会を利用して作られたセッションの場。打ち合せの時間もなく「ではどうぞ~」と会場に招き入れられ、ノートとマイクだけ持ってぶっつけ本番で臨みます^^;

いくつかの難しさは明白でした(^^まず、参加者に対してCEOの英語を逐次で日本語通訳しますが、「対話式」なので、会場の参加者からでてきたに日本語の質問は、ウィスパリング(耳元でささやく同時通訳)でCEOに英語で伝えます。通訳は私ひとり、マイクはハンドマイク、立ったまま、ノートは手持ち、となると、スタート時ですでに小道具のアレンジに読み違いがあった感が^^;;

CEOは情熱溢れる人で、とても早口。セッションを企画した部門から通訳の私への依頼は、「できるだけ双方向のコミュニケーションにして、CEOの情熱とメッセージを社員に伝えてほしい」というもの。だから「講演の後で質疑応答」ではなく、話しつつ、質問に答えるという形となりました。
e0151091_2153166.jpg

人の声というのは話者の後ろに回ってしまうと、驚くほど聞こえなくなります。質問を受ければ、時には観客席に入りこまんばかりの勢いで動き回るCEOの横にすかさず回りこみつつ、マイクを片手に全身で聞き取りながらメモをとります。1時間程のセッションが終わるころには、ノートの紙は床に落ち、最初はマイクのケアをしてくれていた舞台進行の人も、途中で諦めたらしくどこかへ行ってしまい(笑)

前々日からみっしりと通訳が立て込んでいて、そろそろ脳みその動きが気持ちについて行かなくなっていたセッション終盤、ふとアタマが真っ白になり、同じフレーズを聞き返しても、全く意味がアタマに入って'こない事がありました。社内イベントとはいえ、悪夢ですよ。

けれどそのCEOは、It's my fault(私がいけないんだ)、と言って、べつの言い方をしてくれました。もちろんCEOのfaultであるはずがありません。完全な私のfaultです。

that's okay. Don't worry.なんてことも言えたと思うのです。けれどそこでそうは言わずにIt' my faultと言った。この言葉の違いは私にとってとても大きかったのです。

That's okay. Don't worry.では、私のfaultであることを相手は認めたことになるでしょう。「でも、いいよ」ということです。けれどIt's my faultというと、「キミは悪くない(もちろん悪いのだが)、だからいいんだよ」という意味になります。あの時、CEOは、真っ白になって申し訳ない思いでパツパツになっていた私に、「逃げ道」を残してくれようとしたのではないかと。

このCEOという人は、結構な立場の人で、世界27カ国で展開しているビジネスのトップ。その人が営業の現場の人たちに等身大で語り、通訳の間違いにも「自分のせいだ」という。

通訳を通して、普段の自分の立場であれば、決して会うことのないような人と間近に接して、その人の奥深さに触れた時、あ~、この仕事やってて良かった、と思うものです。「冥利に尽きる」という日本語がありますが、私はもっと単純な英語Beauty of the job、という言い方が、なんだか現状にしっくり来る気がして、とても好きです。

ま、通訳のできなさ加減は、それとは別にきっちり反省しなければなりませんが、ね。

セッション後、「大変な状況の中、メッセージと情熱を伝える通訳をしてくれてありがとう」と、担当部署からはもったいないねぎらいの言葉が。へこむこともあっても、こんな言葉を頂く事があると、どこまでも高い木に登ろう、という気になってしまうものだから、厚かましくも続けていられるんですよね、この仕事^^
by nicecuppatea | 2012-02-26 19:44 | 会社でのこと(通訳) | Comments(0)

自分はどれほど輝ける?

先日、会社の現場で、投資家向けの英文資料に載せる写真の撮影がありました。

カメラマンさんは米国から来日し、日本人のモデルさんも入っての撮影だったので、その日は通訳として一日現場に同行することに。

さまざまな現場の通訳に接する機会がありましたが、プロのカメラマンさんが現場で人物の撮影するのに居合わせたのは初めてでした。

カメラマンさんの微妙なリクエストに答えて、自然で、あたかも動いているような表情や笑顔のまま「制止」できるモデルさんの「技」、初めて見た^^

でも、もっと驚いたのは、モデルさんでもない、普通の社員が、普段働いている職場で、カメラマンさんにとってもらった写真。

「プロが、プロの機材と技を使って撮った写真だから綺麗にとれるでしょ」、と、たいがいの人はいうかもしれません。でも、私は「いや、そんな簡単なことじゃないでしょう」と思うほど、その写真に心を動かされたのです。

写真のことなんて何も知らないけれど、きっと光の加減や、色、シャッターのスピードなど、まず、「周りの環境」を最新の注意を払って最善に整えるのでしょう。

そこへ、自身もカメラマンさんであるアシスタントの人が、被写体となっているパートさんに、色々と声をかけるんです。「楽しかった時のこと、思い出してみましょう」「あっ、今の表情、すっごい綺麗ですよ!」などなど。

社員のほとんどは主婦のパートさん。おそらく、あまり普段「今の表情、すっごく綺麗!」なーんて言われる機会はないことでしょう。もっといえば、忙しく立ち働いている職場で、上司の人、お客様に、感謝の言葉や、おほめの言葉をもらう機会がどれほどあることでしょうか。

そんなことをして出来上がった写真は、おそらくその人の「最高」の瞬間を切り取った写真。
それを見た、女性のパートさんは、「私がこんなに綺麗にとってもらえるなんて・・・」といって涙ぐんでいました。

自分でも考えたこのとなかった、自分の美しいところ、見る事ができたんでしょうね。

たかが写真と思うなかれ。

同じだと思うんですよね、他の事も。回りの環境を整えて、その人の潜在性が外に出てくるように、その人の良いところを見つけて、それを声に出して本人に伝える・・・そうすることで、自分でも信じられないくらいの、自分の持っている「良いところ」って、外へ向かって発揮されるんじゃないでしょうかね。

会社にいると、えてして「これができていない」「あれができていない」「これではだめ」「もっとこうして」というような言葉ばかりが耳に入ってきます。自分にも、他人にも。
でも、本当は、その人が自分の潜在能力を、自分でも驚くぐらい、最大限発揮できて初めて、組織も最大限能力を発揮できるもの。

そう考えたら、組織うんぬん、て言う前に、どうやったら「この人」が一番幸せになるんだろう、どうやったら持ちモノが最大限発揮できるだろう、って回りの人が考えて、それが発揮できるような環境を整えたり、引き出してあげよう、って思う事が、ホント、大事だよなー

・・・なんてことを、写真をみて、考えたのでした。
by nicecuppatea | 2012-02-19 20:03 | 会社でのこと(通訳) | Comments(2)

再び引っ越し

新年があけて、あっという間にひと月以上が経ちました。実は正月早々の1月8日、100メートルほど離れた家に引っ越しをしました。理由はいろいろあったのですが。
e0151091_2033531.jpg

生まれて初めて本格的な引っ越しをした2年前、自分がいかに「過去のもの」を抱えているかに、初めて気が付きました。高校卒業の時にクラブの後輩からもらった寄せ書き、大学時代、教育実習に行った先の小学校の女の子に記念にもらったキーホルダー、数えきれない年賀状やクリスマスカード…。

みんな大切な思い出ではあるのだけど、ある意味、いい事だけでなく、じくじくした想いや情念みたいなものも捨てられずに、全てを持ったままで今まで来たような…そんな感じもしたのです。

「捨てる」という作業は、きっと何かを「断ち切る」作業とも関係していて、自分はそれが苦手な性分なんだと再確認。過去を手放すことも自分には必要な作業だと思えてきて、ある程度処分しよう、と決めました。

もう自分では使えないけれど、まだ使い切っていないキャラクター付きのノート、色鉛筆や旅先で買った絵葉書や、ぬいぐるみなどは、子供の活動に使い切ってくれる西日本にある児童館へ寄付、衣類はリサイクルショップに、そして昔の年賀状は、もう十分、長い時間一緒に過ごした、と考えて、感謝をこめてしかるべき方法で処分をすることにしました。

考えてみると、今まで持っていたもののほとんどは、別に「自分で持っていたい」わけではなく、「そのもの」が使いきれなくて捨てられていく、ということが忍びないだけで。モノが「流れていく先」を見つけさえすれば、輸送費とか、多少のお金はかかっても結構手離れはいいもんだな、と実感。

2年して荷物を見直してみると、まだまだある不要な服、小物、本…。年とともに、少しづつでも身軽になっていければいいかな、とも思う、今日この頃です。
by nicecuppatea | 2012-02-18 20:10 | 暮らしのアイデア | Comments(0)