<   2010年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

通勤電車で籠を編む

最近会社の様相がちょっと変わって、前にも増して余裕がなくなってます。で、前にも増してバスケットを編みたい欲望は強く、編む時間は少なくなってます^^;

解決策として最近、満員の通勤電車でミニバスケットを編んでます…満員電車では、人は他人に興味を示さないので、あまり恥ずかしい思いもせず風変わりなこともできるわけです。短めの素材を肩掛けの布バックに詰めて、電車の隅っこで壁にもたれかかるように立ち、手元でこちょこちょ編んでます。

これが、たのしい!

小一時間でできあがるし、大きなバスケットにはならない、きれいで細く短い素材が使えてます。飴色の針のような松の葉、真っ赤に色づいたカエデの葉っぱの柄、茶色のビロードのような手触りの胡桃の葉っぱの柄など。

今は松葉と胡桃の葉っぱのコンビネーションに凝っています。
e0151091_21201988.jpg

こちらのフレームはヤナギの枝をくるっと丸めて。
e0151091_21192624.jpg


問題はいくら作っても実用的な使い道が見つからないことかな(^^
でも、楽しく編むのがいちばん。
by nicecuppatea | 2010-12-16 21:21 | バスケット編み | Comments(4)

冬のフェンス編み

早いもので、この地に越してきて8ヶ月。春夏秋が過ぎ、家庭菜園的には、ほぼ一年が終わったともいえます。

ということで、このシーズン頑張ってくれた畑の「柵」を修繕することに。
これは、越して来て最初に、家の前のなだらかな傾斜のある小さいスペースを家庭菜園にするのに「段々畑」風に作ったもの。かつてイギリスで習った生け垣やフェンスづくりの方法を真似て、街路樹の剪定枝をもらってきて編み込んで作ったものでした。

梅雨や暑い夏を過ぎ、枝葉はすっかり土に還り、編み込んだ部分はスカスカに。
e0151091_2049811.jpg

折しも枝を編むという変わった趣味を持つ住人がいると知った地域の植木職人さんが家の前にどっさりとモクレンの剪定枝を置いていってくれました。
e0151091_20495872.jpg

…ということで、今年はモクレンの枝で柵を編むことにしました。
e0151091_2051045.jpg

たくさん枝があったから外周の柵も追加。
e0151091_20515613.jpg

これで、来シーズンの菜園への準備が、ひとつ終了。そしてようやっと玄関前に山積みされて久しかったモクレンの枝が、片付きました^^
by nicecuppatea | 2010-12-16 20:54 | バスケット編み | Comments(4)