カテゴリ:里と野山( 29 )

春を思わせるもの

巷は桜が満開。そこに暖かい風がふいて、ヒトは「春だなあ~」と心底感じるものではないかと思います。

畑をやるヒトであれば、春は「花芽」の季節。菜の花だけでなく、白菜や、のらぼうなども花芽を延ばしてくるので、それ摘み取り摘み取り、むしゃむしゃと食べて体にエネルギーを取り込むのが、春。

ただ、我が家(というかワタシ)の春のサインは…

じゃ~ん。
e0151091_15285371.jpg
春だというのにキノコ♪さすがに知らないキノコに手を付ける勇気はないけれど、見た目他のものと間違いようがないほど特徴的なこの2種類なら^^;

アミガサダケは毎年春になると我が家(というかワタシ)が、道を歩く時必ずレーダーをオンにしながら、いつなんどきも薄ーく探し続けているモノ。毎年この時期に書いている気がするので、もし「えぇっ?!こんなものどうするの?!」と思われるかたがいらっしゃったら、過去の経緯はこちらで^^

春は、キノコが楽しいな^^





by nicecuppatea | 2017-04-07 20:48 | 里と野山 | Comments(0)

冬に後戻り

少しづつ春っぽくなった…というか、少しづつ眼がしらがかゆくなってきたことで春の到来を感じている今日この頃でしたが、今朝まだ暗い時間にワンズの散歩に出ようと玄関をあけると、一面また真っ白で、思いのほか外が明るく見えた!

アスファルトの道路の上には積もっていなかったけれど、それ以外は降ったばかりのような雪が1-2センチ積もっていました。朝のテレビを見ながら東京の天気をみて「天気は大丈夫」と思っていた私。まだ自分を東京人だと思っているのか。

つい先週末は、散歩道で梅が満開で「春だなぁ~♪」なんて思っていたのに。
e0151091_20570348.jpg
今日はあたかもスキー場のよう。
e0151091_20581999.jpg
もう少しの辛抱か。

今日も電車で、一つ、完成~。唐辛子一本なら入るよ^^
e0151091_20582961.jpg


by nicecuppatea | 2016-02-25 21:00 | 里と野山 | Comments(0)

地元密着の週末

先週まで4週間ほど、集中してかご編んだりマーケットの準備をしたりしていて、なんだか土日が終わるとむしろ疲労が蓄積する週が続いていました。そんなこともあり先週5日間はいっさいつるに手を付けず少しリラックス。今日は意識的に何の予定もいれませんでした。

で、3時にはいつものワンズとの散歩。うちから5分先の林に入る前、手前にある地元のお茶屋さんがやっているみかん園に立ち寄りました。
e0151091_20184254.jpg
毎年この時期の恒例。一袋分、自分でとってつめて500円。木の下のほうについた、下を向いてついている小さくて平たい実がいいんだって。桃とは正反対だ(笑)
e0151091_20190601.jpg
巷には色がたくさん。この辺りは狭山茶の産地でお茶畑が多いのですが、お茶のそばには柑橘系のものが多いんでしょうかね。
e0151091_20204359.jpg
e0151091_20192777.jpg
もちろん紅葉の赤も際立ってます。
e0151091_20194153.jpg
帰ってくる際には、袋いっぱいのみかんと一緒に、途中の山道で拾ったかりんとゆずも持って帰ってきた。どちらも台所で芳香を放っています。
e0151091_20195651.jpg
「年末年始のお休みはどこかに行かれるんですか?」と時々聞かれる時期になりました。そうねぇ…

たぶん、掃除して、年賀状書いて、近くの地元食材のレストランでささやかに忘年の宴をして、初走りの日に近くの神社で初詣して、ワンズと一緒に畑で焼き芋やって、湖の周りをジョギングして…

なんとなく今日、どこにも行く必要はないかな、と思いました。



by nicecuppatea | 2015-12-12 20:23 | 里と野山 | Comments(0)

クリスマス準備の割に…

一日中雨だと思っていたら、お昼過ぎから初秋のような暖かい快晴になったので、近くの入間川にGO。

河原にノイバラの実がたくさん生えているのを知っているので、毎年クリスマス前のマーケットの少し前に小さいノイバラのローズヒップを採るのがこの時期の我が家のイベント。我が家の、と言っても「やる!」と言っているのは私だけでダンナもワンズも私に付き合うだけなのですが(^^;

久しぶりに行ってみたら、河原が整備されていて、川岸まで下りやすくなっていたので、水辺までワンズと一緒に下りていってみると…
e0151091_19534712.jpg
e0151091_19540386.jpg
13歳4か月。でもまだまだ行けるね!今日は日差しもでて暑いぐらいだったからちょうどよかった。権蔵は、足をちょっとぬらしただけで帰ってきた。

周りの芝生に二人とも気分が上がったみたいで、ボールの取りっこ。ピーチ、まだ負けない。というか、ごんちゃん、ちょっとドン臭い。
e0151091_19572857.jpg
ピーチ走る!
e0151091_19542226.jpg
権蔵も走る!
e0151091_19574632.jpg
河原が整備されてしまい、いつもの年ほどたくさんのローズヒップはなかったけれど、みんなが楽しかったみたいだからいいか。
e0151091_19591623.jpg
それにしてもクリスマス前のローズヒップ取りで、ダウンも着なくて、汗かきながら…って、やっぱりちょっと変?

by nicecuppatea | 2015-11-15 20:00 | 里と野山 | Comments(0)

ハイパーな週末第2日

さて前日は祭りの出店でバカバカしいほどにお金を使ってしまい若干後悔の念。お金は無くなったが脂肪はたまった気がする。でも筋肉痛で走れそうな気がしない…

…ので、翌日は走らずに歩いて湖一周しながら、いつも気になってる「お宝」を収穫することに♪

いつも走っているけれど、きっと歩きながら目を凝らせばツルとか実とか、欲しいものがたくさんありそうな里山がウチの目の前から広がっているのだから。この機会にそれらを採りながら12キロ、歩いてみようということでおにぎりと卵焼き・ウインナーとお茶をリュックにつめて、枝切狭ももってGo!

ウチから10分ほどのところで。
e0151091_21593527.jpg
これ、クルミです。水につけて周りの果肉を落とすときれいになります。

「ミツバアケビ?」と思って目を止めたマメ科のツル。なんか綺麗な紫の莢が一杯ついていて思わず採集!食べられないだろうけどドライフラワーにしたらどうかなあ。
e0151091_22001314.jpg
「完璧な形のヤマブドウ」も発見。ほんわか手に持って潰すことなく持って帰ってきた^^ これもドライにしつつ、種を植えてみたいですね。屋上がヤマブドウのツルで一杯になったら、それこそ私の理想の園♡
e0151091_21595794.jpg
ダンナと私のリュックに詰め込んで帰ってきたアケビのつる。
e0151091_22002447.jpg
来週以降11月に3回あるマーケットにむけてこれからこれらを形にしていきます。
e0151091_22052981.jpg




by nicecuppatea | 2015-10-26 19:45 | 里と野山 | Comments(0)

近所の秋

先週末、布団を秋冬用のものに変える前に、近くのランドリーに洗いに行きました(ダンナが)。

しばらくすると息せき切って帰ってきましたが、その後ろにまるで少女漫画のように羽毛がフワフワとたくさん飛んでいました(笑)

どうやら羽毛布団の端が破れていたらしく、乾燥機の中で破裂してしまったらしく…

動員命令がかかり私も一緒にレジ袋とガムテープを持ってもう一度ランドリーに。乾燥ドラムの中を見るとなんだか夢の中のようにフワフワの羽毛がいっぱい♪

このままではしょうがないので取れるだけドラムの中をガムテープで取って、もう一度水を流してきれいにすることに。洗濯代が2回分かかっちゃうけど、仕方あるまい。

でもただ待っているのも芸がない。あ、さっき車で通ってきたところにクサギが一杯生えていたね。どうせ時間があるから採りに行こうか、とダンナを強引に誘い、散歩に。急いでいたので短パンでウチを出てきてしまったけれど、週末の早朝でまだ人もまばらだからまあいいや。

今年のクサギは実付きがいいね。
e0151091_19332629.jpg
「洗濯が高くついたなー」と浮かないダンナですが、私はむしろラッキー。近所でもゆっくり歩けば色々秋が見つかるものです。

畑では秋生りのラズベリーがちょっとだけ。もっといっぱいこの株が欲しい。
e0151091_19385398.jpg


by nicecuppatea | 2015-10-20 19:40 | 里と野山 | Comments(0)

カゴ屋にもどります

さて、富士の麓の村で通訳仕事が終わった翌日には、帰宅の途につきましたが、チェックアウトまでの1時間半、目を皿のようにして山の中へ(笑)

泊まっているロッジの裏手の生垣沿いに這っていたランナーを目ざとく発見!
アケビです~
e0151091_19000523.jpg
この魔法の杖みたいなのはヤマユリの種。ドライにすると形が面白いので。
e0151091_18593044.jpg
ガクアジサイもまだ花が残っていたので。
e0151091_19005563.jpg
ヤマブドウもウチの傍で見つけるのより大きい♪ ちなみにこれ、大切に自宅まで持ち帰ったのですが、隙を見てマズルを延ばしてきたピーチにあっという間に食べられてしまいました。最近そんなことしなかったのに。まだちょっといつもと違うピーチ^^;
e0151091_19003573.jpg
なんだかんだでツルも短時間に集中して結構集めた♡この集中力を仕事で発揮できれば。
e0151091_19075126.jpg
11月は1日の入間市ジョンソンタウン・ワンデーマーケットの後、狭山の市も2週末連続の予定。さて、これからこれらをどう使うか、考えるのが楽しみです。

今日からカゴ屋に戻ります~




by nicecuppatea | 2015-10-18 19:12 | 里と野山 | Comments(2)

ヒメツヅラフジふたたび

先日、フルーツ王国を訪れた際、久しぶりに墓参りに行ったら、ご先祖様がいいものをくれました。

お墓の周りの草刈をしてお彼岸に誰かが刈っていったものかも。ヒメツヅラフジの巻き付いたナンテンの木がお寺の隅の雑草を捨てる場所においてあったのです。青い実がごっそりついていたので、私の「つづら目」レーダーにひっかかりました^^ ブドウを買いに行ったのにやっぱりツヅラフジか(笑)

注目すべきはその実の量!これだけのツルにこんなに実が付いているの、初めて見た~!
e0151091_20060941.jpg
そして、こんなに長い実も初めて見た~!もともと、こんな形の実だったのか?お隣のリンゴと比べれば一目瞭然。
e0151091_20061917.jpg
クシャクシャに絡まっていたヒメツヅラフジのツルを、イヤ~な顔をするダンナをよそに、そーっとそのまま車に乗せてウチに持ち帰り、実を落とさないように丁寧に解きほぐして、部屋のあちこちで乾かす。机の上にも。
e0151091_20484278.jpg
窓際にも。
e0151091_20062605.jpg
もう最近は、ツヅラフジの写真ばかり撮っている気がする(笑)写真ばかりじゃ、この可愛らしさは伝わらないなぁ。

この「房」の魅力を引き立たせるためにリースじゃなくてバスケットの縁に編みこんでみたいなぁ。次のバスケット・プロジェクトは、それだ。

by nicecuppatea | 2015-10-01 19:33 | 里と野山 | Comments(2)

「○○場」のこと

今日も週末恒例の多摩湖周回ジョギング。

ジョギングロード上にも、クルミの落ちてる場所、アケビの実がなっている場所、ヤマブドウの実のなる場所などがあり、全て私のアタマにインプットされてます。走っているとはいえ、そこに実がある限り素通りすることは許されません(笑)

今日は、先日ダンナがみつけた新しい「アケビ場(ば)」、つまりアケビの実のなっている場所を見上げていたら、そばに丁度いいアケビヅルが。ジョギング中というのに、ついつい力任せに収穫。クルクルと巻いてだんなが腕に通して残りをラン。途中ですれ違う女性ランナーなどからは「微笑ましい」というカンジで温かい笑みを返されたらしく、ハードボイルドを目指すダンナとしては不本意だったらしい。

ほかにも「クルミ場」「ヤマブドウ場」など数々あり、その度に見つけたものをポケットに。

帰宅してダンナと私が持って走っていたものを全て出してみたらこんなに。
e0151091_17482511.jpg
アケビはすでに来週、週中に編み進めるべきバスケットのフレームに。今日中に週中に電車に持ち込むミニチュアのフレームをたくさん作っておこう。
e0151091_17483432.jpg
それにしてもこんな拾いものばっかりしてジョギングしてるからでしょうか。シルバーウィーク中からトータルで70キロも走っているのに、体重が1キロも減らない私ってどうなの…。



by nicecuppatea | 2015-09-27 17:51 | 里と野山 | Comments(2)

土に還っていく

朝のワンズの散歩の時に草の間から小さな朱色が覗きました。そういえばここにはこの間までホオズキが生えていた。
e0151091_14362054.jpg
普通、ホオズキがカワイイ、といわれるのは朱色の「皮」が付いた実がたわわに緑の木についている時。でもこれは、皮のまわりの柔らかい細胞がすでに全て分解されて、編みの目のような硬い繊維だけがレースのように残っているモノ。なんだかランタンの中に小さい灯が見える用で、私にはこのほうが趣があるような気が。

この夏中、たくさんのアジサイのドライフラワーを作りましたが、結構きれいにできないものもありました。花の切り時が早すぎるとドライにしたら花びらがしわしわに縮んでしまったり、乾かしている間に花びらが日に焼けて色が抜けてしまったり。それは屋上の生ゴミ菜園の肥やしに。

気が付いたらアジサイの花が堆肥の上で土になる一歩手前。
e0151091_14362951.jpg
ゴミとはとても呼べない繊細さ^^

私の作ったカゴも、出来ることなら同じように庭の隅や、コンテナの上や、道端の植え込みの根元などでゆっくり、土に還っていって欲しいものです。

by nicecuppatea | 2015-09-15 13:09 | 里と野山 | Comments(0)