「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:バスケット編み( 145 )

枯枝と枯葉と…

通勤かご編みを再開して数日。

昨日来持ち歩いている、コンビニでランチを買うともらうぐらいの大きさのレジ袋に残っていたのは、シダレヤナギの細枝一本、ほそーいスイカズラのつる、この間フレームバスケットを編んだときにゴミとして出たヤマブドウのツルの短い皮、駐車場で先週末にとったヒメツヅラフジの細づる、名前もわからないけどまっすぐで柔らかかった何かの木の細枝、そして2日前に水に一度つけたトウモロコシの皮。早く編まないとかびちゃうぞ。

いかにもありあわせの感じで色が全部違う素材ですが、シダレヤナギと名無しの枝、ヒメツヅラフジでフレームを。ちなみにバスケットの大きさはSサイズの温州ミカンぐらい(わかりづらいな)。
e0151091_22230027.jpg
こんなのを手元でチマチマやっていると会社までの通勤時間もあっという間。で、あっという間に完成。
e0151091_22231531.jpg
ブドウの皮、トウモロコシの皮、細いスイカズラの順に編み込み、残っていたヤマブドウのツル皮、トウモロコシの皮はすべて消費。
e0151091_22232386.jpg
夏が過ぎ去り、通勤かご編みを再開してみたら、あっという間に枯枝や枯葉を組み合わせてみながら、いろいろな織り込みデザインを考える安上がりかつ無限の楽しみが感覚に戻ってきました。






by nicecuppatea | 2015-08-28 22:27 | バスケット編み | Comments(0)

そしてまた普通のかご編み生活

先日月曜日は、仕事上の経験を聞かせてほしい…というリクエストをいただき、山陰のある街まで一人出張。旅好きの私としては気楽なもの♪

昔、旅行会社で添乗の仕事をしていた時、上司に「お金を払ってくれているお客様より添乗員のほうが楽しんでいるじゃないか!」と怒られたものです。添乗、出張、そしてプライベートと、飛行機を利用することが少ないほうではなかったと思うけれど、この歳になっても離陸と着陸の時にはついつい一番近くの窓から「外が見えるかな…」とドキドキしてしまうのは変わりません。窓際に座っている子供が、離陸の時に外を見ないでゲームなんかしていると、「なんで外見ないわけ?」とちょっと不満に感じたりします。
e0151091_21212214.jpg
それなりにお仕事が終わり、翌日台風で大変な思いで帰ってくることになることも知らず、その日の夜は地元の海の幸など紹介いただいて、至福の時を過ごしました。
e0151091_21213436.jpg
欠航前最後のフライトとなった早朝のフライトにぎりぎり予約を変更。それにしても軒並み欠航、小さな空港は「きっとこんなに人がいるのは珍しいんだろうなぁ」という大混雑。
e0151091_22080523.jpg
寝不足のまま帰京~。なんなら翌日まで泊まってもよかったか。。。

仕事では、8月に予定していた主だったイベントもおわり、家ではブルーベリーの収穫シーズンも終了し、ふたたびかご屋に戻る時期になりました。

先日玄関の掃除をしたとき、手編みの籠にハニーサックルの白いツルを輪っかにしてディスプレイしてあるのを見て、「これ、玄関のディスプレイじゃないよな」と、ようやっと自覚しました(笑)

実はこれ、15年もまえ、イギリスにいたときに里山保全作業中に刈り取って、きれいにゆでて皮をむいたもの。気が付いたらもう15年。なんだか使ってしまうと思い出がなくなってしまうような気がして、なかなか手を付けられないでいたのです。

イギリスで集めたかご編み用素材は、今の私のものすごく大きな部分を形作ってくれたかの地の里山での活動や友達、その景色や手習いしたクラフト、ほぼすべてのものにつながっているもの。人から見たらただの枯枝なんですけどね。
e0151091_21215951.jpg
もう、そんな歳でもないでしょう、と、今回フツーの素材と同じように、使い切ろうと思いました。で、皮をむいたハニーサックルの小さいクリーム色のバスケットを編んでいます。
e0151091_21214777.jpg
やっぱり思い出の「物質」に固執するのも、若いうちぐらいにしときたいもんですよねー^^もうそろそろ、手離れしてもよい時期かな、と思えてきました。




by nicecuppatea | 2015-08-27 21:27 | バスケット編み | Comments(0)

特大ねこカゴ

昨日途中になったねこカゴですが、今日なんとか完成。思ったより大きくなっちゃって…明日もう少し端っこの処理をして終了。
e0151091_21215848.jpg
チビ太はこういうの中がチクチクして入らなかったけど、昔、チョータは入ったもの。。。
e0151091_21201788.jpg
入ってくれますように…♪

by nicecuppatea | 2015-06-28 21:22 | バスケット編み | Comments(0)

ねこカゴ

先月の狭山市楽市楽座。お隣でいつも出店されている方のブースでは、私が以前につくった葛の大きい平皿を使って下さっています。
e0151091_13074651.jpg
採りたての葛で編んで、数か月後、ツルが痩せてきた後、さらに取っ手を作りなおしたり、と大事に長いこと下さってくれているモノ。
e0151091_13090956.jpg
それをみられたお客様が、「ウチの猫の寝床用のかごにこれ、作ってください。3つね。」さすがにこれから数か月、ベリー繁忙のためカゴ屋は休業の予定だったので安請け合いする気になれず「えっ、えーっと…ちょっと時間を頂きますけど」「いいですよー、気長に待ってますから。」

そんな会話がありまして。ただ依頼を受けたら、いくら気楽に待っていますといわれてもそうそう待たすわけには…

ツルの量が多くてなかなか必要な量を水で戻すことができません。この暑いのに鍋で何度も沸騰させれば、それでなくても西日が当たってすでに真夏のように暑い我が家はどうなるかわからないし。雨だ!と思えば屋上に出して雨に当ててみたりもしたのですが、ついつい忙しくて翌日晴れなのに取り込み忘れると、結局ツルはカチカチのまま。。。

とりあえず、昨日の雨でだいぶ戻ったツルを家の中へ。
e0151091_21024472.jpg
ここまでできたところで、腰痛悪化。今日はもう無理~…
e0151091_21054483.jpg
変な恰好で地べたに這いつくばってラズベリー採っているからだろうなぁ。

一日中曇天でしたが、夕方になってようやく夕焼け。
e0151091_21030690.jpg
明日は晴れたら畑だ!今朝は、腰が痛いなぁ、と思いつつ、畑で色づいたベリーを見たら気分が上がってしまい、這いつくばってたくさん採ってしまいました。やはり悪化。でも明日も腰が痛くても黄ラズだけは…



by nicecuppatea | 2015-06-27 21:06 | バスケット編み | Comments(0)

ブラックベリーのかご

以前書いた通り、今年は畑のブラックベリーの藪が「緑の海」と化して、そばにある全てのものを呑みこむように、地を這うツルが四方八方に伸びています。
e0151091_1222579.jpg

正確にはブラックベリーは「ツル」ではないですね。でも「枝」でもない。その中間のカンジで、英語ではケイン(Cane)と呼んでいましたので、ここでもそのままの呼称を使いますか。

傍に植えたばかりの和綿などがあるけれど、1週間見ないとそこに長—い指がどんどん伸びるように手前にあるブラックベリーの藪からケインが放射状に延びて、迫ってきます。

大抵はこのおっそろしく早い成長が手におえなくてブラックベリーの栽培は諦める人が多いらしいですが…。

私は来年の実がなるケインだから…とか、お構いなしで実がついていない伸びてきたばかりのケインをバチバチ切りまくり。で、厚いゴム手袋をして、ケインを頭からしごいて葉やトゲを落とし、灼熱のウチの屋上に放置すること数日。いい具合に水分が抜けてケインが細くなり、編みごろに。

「お店に置いて下さるベリーを陳列できる四角いカゴをベリーの枝で編みますよ」と、いつもベリーを売っていただいているお店に伝え、ブルーベリーのパックの大きさを図って、それに合うかごを編み始めました。

が。編んでいる途中でケインを締めすぎたらしく、出来上がってみたらカゴが思ったより小さくなってて、パッケージがきっちきちでビミョーに斜めにしか入らない^^; 楽しみにしていて下さったお店にはこれは差し上げることにして、また別のを編みますか。

いいんです。この季節、編み材は無限に伸びまくってますから(笑)編んでみたら太くて、折れなくて、ケインは結構扱いやすい。太いから大きめのカゴもサクサク編めるし。ざっくりしたイメージの大きなものを編むのなら結構使えます。
e0151091_12224212.jpg

これからはいくらワサワサとケインが伸びてきても、大らかな気持ちで見守っていられそうです。
by nicecuppatea | 2015-06-23 12:23 | バスケット編み | Comments(0)

それでも編む

今日は朝9時から夕方6時まで会議通訳の日〜💧

もちろん仕事は好きなのですが、これだけ長い時間同時通訳を続けてやると若干のやり過ぎ感に襲われます…脳ミソの液状化を実感するというか^_^;

このまま帰って、ご飯食べて、散歩いったら今日はそれで終わるなあ。それだけじゃやだなあ。

そうだ。うんと小さいプロジェクトをやろう🎵

在来線で始め…
e0151091_21593235.jpg
私鉄駅を降りる頃、ベースがほぼ形になり…
e0151091_21594818.jpg
自宅で15分で仕上げ!
e0151091_22004901.jpg
今日は、トウモロコシの皮とレモングラスの葉っぱ持って出て、よかったなぁ。

by nicecuppatea | 2015-05-20 19:12 | バスケット編み | Comments(0)

週中かご編み

水曜日、木曜日というのは会社勤めをしていると週末へのターニングポイントと感じられるタイミング。今週はその水・木にけっこう朝イチから会議だの外出だのの予定が入ってまして、帰りの電車でなんかどうもいつもより疲れてるなぁ…などと思いつつ爆睡。

でも帰りの電車で10分でも追加睡眠をとると、ウチに帰った後の元気が長続きします(^^

で、週中というのに夕食後に大き目のバスケット編みの続きを。
e0151091_21134192.jpg
3月に採ってきたツルの中でも親指ぐらいある太目のアケビのツルをフレームにしたバスケット。太いツルで編めば、それだけ編み目が少ないから、大きい割にすぐ仕上がるのでは?と聞かれ、確かにそうかもしれないけど、やっててそう実感することはないなあ…などとぼーっと考えていた今日この頃。改めて大きなバスケットを編んでいて思ったけれど、太目のツルはもはや木。それを指のチカラでグイグイ曲げながら編むのは結構パワーを要するのです。細ーいつるで車中ちまちま編むのと比べると、やはり大きなバスケットの方が、時間もかかるし、消耗もするのですね。

でもそういうバスケットってがっしりとして、出来上がりはもはや日曜大工の作品のよう。「できた~!」感も強いです。

ただ、そんな感じに夜半まで浸っていると明日、あさってを乗り切るのにパワー不足になってしまうので、できるだけ入り込み過ぎないようにして早く寝るのが週中の秘訣ですかね。



by nicecuppatea | 2015-05-13 21:15 | バスケット編み | Comments(2)

もう一つ、残りの素材で…

この間、2週間前の講習用に準備したサクラの枝などの、残りの素材を使いきった!…と書きましたが、まだありました。
e0151091_19225669.jpg
この輪っかは、フレーム用に準備したもの。実はサクラの枝ではなくもうちょっと細いものでしたが、名前がわからず。でも、これも公園の木。

8名定員で6名で実施したので、用意した輪っかが二つ余りました。どうしようか…と考えて、そのフレームを十字に組み合わせて、いつもの形のフレームバスケットにすることにしました。
e0151091_21083424.jpg
けっこうすっきりした細さの枝なので、あまりごっつくて太目のツヅラフジではなく、シュッとした枝の印象であるシダレヤナギなど、細めのツルを主に使っています。
e0151091_21090553.jpg
難点は、編み芯が細いと、いくら編んでも、なかなか先に進まないこと.

e0151091_21091816.jpg
週末日曜日は、毎月恒例ジョンソンタウンのワンデーマーケットです。ここしばらくで例がないぐらいバスケットが編みたまりました♪ 前回2回、あまり売れなかったからだけど(^^;

by nicecuppatea | 2015-05-01 21:09 | バスケット編み | Comments(0)

サクラづくし

先週月曜日に稲荷山公園で行った平皿編み講座。どんな素材を中心に編もうか、色々と考えた結果、稲荷山の名物、サクラをメインにすることに。素材は細い枝やそれを二つに裂いたもの、そして根っこの皮など。写真左が根っこです。
e0151091_17421699.jpg
講座の前は、くれぐれも「素材が足りない」ってことだけにはならないように…とたくさんの枝を準備します。だからたいていの場合は終わった後にかなりの素材が残ることになります。枝のほとんどは公園にお返ししてきましたが、裂いた枝や、ウチで皮を剥いた根っこの「幹」など、バラバラの素材が部屋に散らばり続けること1週間。今週末はこれらを使ったカゴを作って、ついでに少し部屋も整頓しようと。

根っこは、公園の管理のおじさんが切り取って剪定した枝などといっしょに積んであったもの。多分、斜面とかでむき出しになったりしていたものを切ったのでは。使いたかったのは皮の部分。茹でて、剥いで、細長く切って、先日の平皿編みの時「アクセント」として使用。

残った根っこの「幹」の方は、捨ててもいいんだけど、とりあえず茹でて皮を剥いでから、柔らかいウチに、とにかくここまで曲げた。拾ったときは柔らかかったけど、一度乾いたら茹でても容易に柔らかくなりませんでした。
e0151091_17424995.jpg
なんかこういうごつごつグネグネはできるだけ見える形でかごにした方がいい。で、バスケットの縁にすることにしました。本体のバスケットは、ウィッカーワークといわれる底から編上げる形で、根っこの輪っかの大きさに合わせて楕円形にあんでみます。
e0151091_17431274.jpg
だいたい縁にする輪っかの大きさぐらいになったら、縦芯で輪っかに取り付けていきます。正直、くっつけかたは適当(^^;
e0151091_17450798.jpg
なんか、自然っぽくてイメージに近いものが完成。
e0151091_17432565.jpg
残った枝や二つに割った枝は、ミニプレートに。
e0151091_17433461.jpg
ウチにたまっていたサクラ関連の素材がすべてなくなり、ツルや縦芯を切りそろえた端っこなどは全て屋上菜園に撒く。ごみの日に出すようなゴミはでなかったけど、部屋がだいぶすっきり。こうして部屋がだんだん片付いていくのが、理想♪

ま、散らかるものが無くなれば、また拾ってきちゃうんですけどね~(^^;

by nicecuppatea | 2015-04-26 17:46 | バスケット編み | Comments(6)

時間を埋めて

今日も食べ過ぎた…という夕飯の後。カロリー消費のためお風呂場で「足湯」につかることにしました。もちろん、できるだけ長いこと浸かっていたい…。

ってことで、余った茶色いツルの直径5センチの輪っかひとつ、直径2-3ミリのツル50センチほど、細くて短いヒメツヅラフジの先っぽ数本、レモングラスの葉っぱ10本ほどを、お湯につけてしばし放置。

それを手元に足湯に(^^;

ちいさい茶色い輪っかを持ち手に、直径2-3ミリのツルでフレームの輪っか、縦芯を切り出し、細くて短いヒメツヅラフジで編み始めました。

後は、レモングラスの葉っぱをねじりながら、縦芯の間を埋めていくつもり。
e0151091_20444088.jpg
足湯もこんなのが手元にあると、長いこと浸かっていられます(^_^)
e0151091_21221077.jpg

by nicecuppatea | 2015-04-14 20:45 | バスケット編み | Comments(0)