カテゴリ:バスケット編み( 152 )

ツルはどこにでもあるし、どこでも編める

今週末11月1日(日)は入間市ジョンソンタウンのワンデイマーケットに手編みのカゴやドライフラワーなどで出店予定です。ただいま、野山から持って来たものを形にする作業の真っ最中!主に通勤電車の中でだけど…

昨日、通訳業務があるということで、郊外の倉庫まで。不便なところだったけど急遽参加者が増えてしまい、クルマに乗りきれなくなったとかで「すみませんが通訳さんは公共交通機関で来てもらえませんか?」

ええ、全然構いません…と言って調べたところ電車で乗り変えもしながら片道40分、で最寄駅からバスでさらに10分、その先徒歩700メートル…うーん、ちょっと残念ではありますが(^^;;

帰りもみなさんを見送ったあと、じゃぁ、ゆっくり歩いて帰るか。仕事も終わり、周りに人もいないとついつい周りの街路樹や畑に目が行きます。で、バス停の前の植え込みでは「お、細いのあった!」とおなじみヒメツヅラフジの細づるを発見!
e0151091_19102673.jpg
このために私は今日歩いてきたのだ!(笑)

ということで、今日見つけたツルの茶色いところ、黄色いところ、グリーンのところをだんだんに編み込んでみた。某私鉄線の駅で完成。「葉っぱ」みたいなもん。
e0151091_19121788.jpg
会社でのランチ時間にはトウモロコシの皮をひねり…^^
e0151091_19120341.jpg
今週末のマーケットに向けて、すべての時間を見つけながらいろいろな形ができてくればと思います♪

by nicecuppatea | 2015-10-27 19:23 | バスケット編み | Comments(0)

ゆっくりと編み初め

「かご屋に戻る」…と言ってもあれやこれやをやっているとなかなか編み進みません。

先日採ってきたアケビのツルの中でも細くて枝分かれしている端材みたいなのを先に編もうと通勤用に小さなバスケットを。

端材であってもアケビは優秀♪ しなやかさ、強さ、どちらを取っても他のツルと違いますねー。昔からこのツルがかご編みに使われていたことの理由がよくわかります。なんとなく編んでも簡単に形になるというか。

ただいま「素材部屋」にはドライフラワー、様々な木の実、色々なツルでいっぱい。背景も賑やかです。
e0151091_21265165.jpg
明日はジョギングで入間市の万燈祭りを見に行く予定。
走った後の一杯が今から楽しみだ^^



by nicecuppatea | 2015-10-23 21:27 | バスケット編み | Comments(0)

仕事中でも編む…山だもの。

ここのところ、先日までの救助犬のトレーニングで感じたつれづれを書かせて頂いてます。こんな場所でやっていました^^
e0151091_19451378.jpg
いつもこの景色は、かご編みの素材集めやワンズとのゆったり休暇なんかで見る景色。滞在中に富士山の初冠雪があり、絵葉書に見る通りの正当な富士山が朝食のテーブルからも見えました。

普段なら朝ごはんが終わったら嬉々として森の中に宝物を探しに出かけていくのですが、今日は朝食が終わったらそこから資料をもって仕事に直行。その途中に「あ、アケビのランナーだ」「お、サワグルミ!」と色々目につきます。

そんな私でも、仕事中は集中するんですよ、仕事に^^ いつもと違うトピックだし、社内で通訳の仕事をしていると、通訳する人は決まってくるからついつい、その人の英語にだけ慣れてしまい、他の言い方やアクセントがあったとたんに聞きとれなくなる傾向も強くなり…たまに会社の外で通訳する機会なんかがあると、それなりに緊張して、一日終わってみると結構どっと力が抜けるカンジです。

そんなカンジで宿に帰ってきてみて、机で見つけたもの^^;
e0151091_19382460.jpg
テラスで見つけたもの^^;;
e0151091_19390151.jpg
かなり頑張ってダンナが採ってきてくれたらしい。栗拾いする柄じゃないんだが。ありがとうね^^

あまり私があちこちに気を散らすのをみて、自分がとっておけば私があまり気を散らさないんじゃないか…と考えた末のことだったらしい。しかしそれを見た私は「私も明日の朝、行ってみる~!」と言いだして、むしろ逆効果(笑)

ほぼほぼ仕事が終わった日、ちょっと夜頑張って、お世話になった講師へ、主に宿の周りでダンナが採ってきてくれたアケビのツルを使ってプレートを編んでみました。フレームはこんなスタートで。
e0151091_19433075.jpg
アケビだけで綺麗に編むのもいいけど、せっかくだから一緒に過ごした湖畔の森の雰囲気みたいのをできるだけ再現できないかとヤマブドウのツル、ライケン、カラマツの実、ノイバラの実などをごっちゃに混ぜてみた。
e0151091_19452583.jpg
差し出してみると「え?これ、こっちに来て仕事が終わってから編んだの?ここ数日で?!夜?!」ええまあ…仕事に熱心じゃないカンジに思われたかも^^


by nicecuppatea | 2015-10-15 20:10 | バスケット編み | Comments(0)

懸案のバスケット・プロジェクト

先日、お墓参りの時にどっさり実のついたヒメツヅラフジを見つけたので、それを編み込んだバスケットを編んでみよう!と先日書きました。

で、それにトライ♪

せっかくヒメツヅラフジの実を編み込むんだから、ツルもヒメツヅラフジを使ったら、生えてる時のイメージに近くなるかなと思い、そうしてみました。細くて柔らかめのツルだから、あまり大きいカゴには向かなそう。これで片手にちょうど乗るサイズ。
e0151091_21294378.jpg
それにしても編んでいる間にも実がポロポロ落ちるし、編み上がった後でも雑に使うと実が少しづつ落ちていく。一体このカゴに用途はあるんだろうか(笑)

いや、そんなことはいいのだ。ただ作りたくて作っただけなんだから。

これから10日ほど、カゴ屋はお休みして別のことの準備をします。詳しくはまたいずれ♫

by nicecuppatea | 2015-10-05 19:37 | バスケット編み | Comments(0)

畑のもので編むバスケット

昨日の畑での主な収穫。
e0151091_19092368.jpg
カボチャ…しかないように見えますが、端っこにあるものが結構活躍した本日。

左側のものはレモングラス。奥にあるのはブラックベリーのツルです。

お天気が怪しいですが、今のところ今週土曜日は狭山市楽市楽座に出店予定です。これから週末にかけて編み上げるバスケットは何を素材にしようか…。で、伸び放題でお隣の畑に浸出しかけているブラックベリーのシュートと、剪定したブルーベリーの枝、そして大株に育った割にあまり使っていないレモングラスの葉っぱを組み合わせて使ってみることに。

取っ手にはちょっと残っていたヤマブドウのツルを使って、縦芯にブルーベリー、ちょっとだけ残っていたヤマフジの硬い枝、太短い葛のツルなど、少しづつ残っているものを残さず使用。レモングラスは刈って数日。まだまだグリーンで結構水分を含んでいます。ねじりながら編んでいるだけでものすごいレモンの匂い。

e0151091_19590809.jpg
水分が多くて柔らかい根本あたりと、とても細い葉先はカット。これは乾燥ミントやレモンバーベナと合わせてハーブティに使おう。
e0151091_19592076.jpg
バスケット編みの余り素材がお茶になるとは^^もちろん飲んだ後の茶葉は畑の肥やしに。えげつないほど無駄がでません(笑)

今隙間があいているところはバスケットの強度を増すためにレモングラスの葉が乾燥してきた明日以降、ブラックベリーのツルで編み足します。

もうひとつ、ブラックベリーのツルで中ぐらいのバスケットも仕上げ。中がカスカスの軽くてあまり固くないツルですが、軽く茹でると似つかわしくない鉛のような重厚な色の光沢がでます。押しつぶしながらゆっくり丁寧に編むと、結構きれいに編めます。茹でたツルでほぼ編んで茶色く仕上がっていたバスケットの最後の一部分を昨日採ってきて半乾きだった緑のツルで編み足しました。同じ植物でも準備の仕方でツルの色が変わるのも面白いです。
e0151091_19593691.jpg
明日は会社かー。脳みそを会社モードに戻すのが大変だ。

by nicecuppatea | 2015-09-23 20:06 | バスケット編み | Comments(0)

フジヅルの剪定枝のバスケット

さて、昨日出店したジョンソンタウンのワンデーマーケット。

お昼過ぎに来られたお客様が「どんなツルでも使えるの?」
「はい、河原の葛とか、公園のシダレヤナギとか。山奥まで良いツルを採りに行かなくても、色々使えます」
「フジヅルは編めます?」
「硬いけれど、良いバスケットが編めますよ」
「そう、じゃあ今度持ってくるわね。ウチに大きな藤棚があるの」
「そうですか。じゃあ今度もし機会があったら、ぜひ!」

そしたら約1時間後、これが届きました。
e0151091_21294434.jpg
腰の高さぐらいまである結構大き目な段ボールに「今切ってきたのよ」というフジヅルが葉っぱが付いたままたくさんはいっています。

「ありがとうございます~!」という私を横目にダンナはきっと思っていたに違いない。「2匹のワンコと机と売れ残りのかごの上にこれ、どうやってクルマに積むんだ?!」と。いや私もちょっと思ったけど(笑)

車に乗せるのは無理と思ったので、それからひたすら葉っぱとり。とにかく早く形にしちゃいましょう、と頂いたものだけで行けるところまで編んでみることに。
e0151091_21300936.jpg
輪っかになるほどツルが長くないから苦肉の策で二股のつるを輪っかにまるめて取っ手を作ります。いらないところにでっぱりがありますが、まあこれはこれで個性になるでしょう。
e0151091_21095589.jpg
足りなくなったところはまたウチにある素材を探して埋めることにします。

こういうものを作りたいから、それ用の材料を集めよう、という思考プロセスが普通だと思うけど、「あるもので何ができるか」というところからスタートして編むと、時に自分のもっているアイデアの中に存在しないものになりますよね。

最初はちょっと面食らったプレゼントでしたが、やはり、なんでも、ありがたい!

by nicecuppatea | 2015-09-07 21:37 | バスケット編み | Comments(2)

雨と枯れ木を利用して

降り続く雨。鬱々とするのでなく、何かワクワクできないものか。

そうだ、有り余る雨水にツルをつけてこの土曜日を編み三昧にすればいいじゃないか♪ということで、屋上にて。
e0151091_21125859.jpg
これで、会社にいる間も「降り続け~!」と前向きな気持ちで雨を迎え入れられます。

さっさと柔らかくなった細いシダレヤナギと、レモングラスの葉。朝電車に乗る前にレジ袋へ投入して出勤。
e0151091_21131574.jpg
これ持って会社行く女。傍にいる人が見たらちょっと距離を置きたくなる危ないヒトになっています。

持っている硬い枝はこれだけ。これだけで出来るとなると形や大きさは限られますね。こんな感じか。
e0151091_21153599.jpg
私鉄を降りるまでに仕上げたくて電車で集中しましたが、降りたところでここまで。結構、集中した(^_^)
e0151091_21140507.jpg
帰りの電車は爆睡。帰宅して仕上げ♪
e0151091_21141630.jpg
昨日、「散歩の途中に落ちてた」と言ってダンナが拾って来てくれたトチノミ。これも雨のお蔭かな。
e0151091_21142704.jpg
全然そういう系のヒトではないのですが、長年観察してきた私の行動パターンで、ワタシなら「これを拾うだろう」とプロファイルしたらしい。相変わらずプロファイリング能力冴えわたってます。

お決まり。
e0151091_21143965.jpg
この茶色いツルツル、フクフク感、秋ですね~。

by nicecuppatea | 2015-09-03 21:28 | バスケット編み | Comments(0)

枯枝と枯葉と…

通勤かご編みを再開して数日。

昨日来持ち歩いている、コンビニでランチを買うともらうぐらいの大きさのレジ袋に残っていたのは、シダレヤナギの細枝一本、ほそーいスイカズラのつる、この間フレームバスケットを編んだときにゴミとして出たヤマブドウのツルの短い皮、駐車場で先週末にとったヒメツヅラフジの細づる、名前もわからないけどまっすぐで柔らかかった何かの木の細枝、そして2日前に水に一度つけたトウモロコシの皮。早く編まないとかびちゃうぞ。

いかにもありあわせの感じで色が全部違う素材ですが、シダレヤナギと名無しの枝、ヒメツヅラフジでフレームを。ちなみにバスケットの大きさはSサイズの温州ミカンぐらい(わかりづらいな)。
e0151091_22230027.jpg
こんなのを手元でチマチマやっていると会社までの通勤時間もあっという間。で、あっという間に完成。
e0151091_22231531.jpg
ブドウの皮、トウモロコシの皮、細いスイカズラの順に編み込み、残っていたヤマブドウのツル皮、トウモロコシの皮はすべて消費。
e0151091_22232386.jpg
夏が過ぎ去り、通勤かご編みを再開してみたら、あっという間に枯枝や枯葉を組み合わせてみながら、いろいろな織り込みデザインを考える安上がりかつ無限の楽しみが感覚に戻ってきました。






by nicecuppatea | 2015-08-28 22:27 | バスケット編み | Comments(0)

そしてまた普通のかご編み生活

先日月曜日は、仕事上の経験を聞かせてほしい…というリクエストをいただき、山陰のある街まで一人出張。旅好きの私としては気楽なもの♪

昔、旅行会社で添乗の仕事をしていた時、上司に「お金を払ってくれているお客様より添乗員のほうが楽しんでいるじゃないか!」と怒られたものです。添乗、出張、そしてプライベートと、飛行機を利用することが少ないほうではなかったと思うけれど、この歳になっても離陸と着陸の時にはついつい一番近くの窓から「外が見えるかな…」とドキドキしてしまうのは変わりません。窓際に座っている子供が、離陸の時に外を見ないでゲームなんかしていると、「なんで外見ないわけ?」とちょっと不満に感じたりします。
e0151091_21212214.jpg
それなりにお仕事が終わり、翌日台風で大変な思いで帰ってくることになることも知らず、その日の夜は地元の海の幸など紹介いただいて、至福の時を過ごしました。
e0151091_21213436.jpg
欠航前最後のフライトとなった早朝のフライトにぎりぎり予約を変更。それにしても軒並み欠航、小さな空港は「きっとこんなに人がいるのは珍しいんだろうなぁ」という大混雑。
e0151091_22080523.jpg
寝不足のまま帰京~。なんなら翌日まで泊まってもよかったか。。。

仕事では、8月に予定していた主だったイベントもおわり、家ではブルーベリーの収穫シーズンも終了し、ふたたびかご屋に戻る時期になりました。

先日玄関の掃除をしたとき、手編みの籠にハニーサックルの白いツルを輪っかにしてディスプレイしてあるのを見て、「これ、玄関のディスプレイじゃないよな」と、ようやっと自覚しました(笑)

実はこれ、15年もまえ、イギリスにいたときに里山保全作業中に刈り取って、きれいにゆでて皮をむいたもの。気が付いたらもう15年。なんだか使ってしまうと思い出がなくなってしまうような気がして、なかなか手を付けられないでいたのです。

イギリスで集めたかご編み用素材は、今の私のものすごく大きな部分を形作ってくれたかの地の里山での活動や友達、その景色や手習いしたクラフト、ほぼすべてのものにつながっているもの。人から見たらただの枯枝なんですけどね。
e0151091_21215951.jpg
もう、そんな歳でもないでしょう、と、今回フツーの素材と同じように、使い切ろうと思いました。で、皮をむいたハニーサックルの小さいクリーム色のバスケットを編んでいます。
e0151091_21214777.jpg
やっぱり思い出の「物質」に固執するのも、若いうちぐらいにしときたいもんですよねー^^もうそろそろ、手離れしてもよい時期かな、と思えてきました。




by nicecuppatea | 2015-08-27 21:27 | バスケット編み | Comments(0)

特大ねこカゴ

昨日途中になったねこカゴですが、今日なんとか完成。思ったより大きくなっちゃって…明日もう少し端っこの処理をして終了。
e0151091_21215848.jpg
チビ太はこういうの中がチクチクして入らなかったけど、昔、チョータは入ったもの。。。
e0151091_21201788.jpg
入ってくれますように…♪

by nicecuppatea | 2015-06-28 21:22 | バスケット編み | Comments(0)