「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:バスケット編み( 145 )

販売品で非売品を編む

半年ほど前、狭山市楽市楽座で野のツルで編んだカゴを売っていたら、おばあさんが近づいてきて「もう年を取ってカゴを編まなくなったので、ウチにある籐をもらって下さる?」といって大量のラタンを持ってこられたことがありました。

それまで趣味で編んでいたのでしょうか。それが、目が疲れるとか力が入らなくなったとかで、もう自分が編むのは諦めたけど、それまで大事にためてきた素材は捨てられない…というようなことではないかなーと。

e0151091_21100232.jpg
そんな気持ちはよく理解できます。自分もそうであれば有効に使ってくれそうなところに託すと思うし。であれば、それを有効に使う…ということは、誰にも言われていないけど、私が託されたこと…のような気がしてしまい(笑)


自分だったらたぶん買わない素材。それに私がマーケットに出店するカゴは「買った素材は使わない」と、これまた勝手に自分で作ったルールに基づいてます^^ でも、何となく「託された感」を感じてこのラタンでなんか役に立つものを作りたくなり…で、いつも自分たちが使えるような、山のようなランニングウェア入れを編ませて頂こうかと。

怒涛のマーケット月間が終わったので、きら~くに編み始めました。
市販のラタンは均一だし、すぐ柔らかくなるし、扱いやすいこと♪

大きな楕円形にしたい…というざっくりしたアイデアだけで、適当な縦横の編み芯の数・長さで編み始めました。底を編んで、求める大きさになったら壁面を立ち上げるタイプのカゴ。楕円の底をあみつつ、ちょっと丸くなりすぎたなーと思ったら少し横だけ編み進めて楕円っぽくしてみたり。たぶんミツバチが巣をつくるときにひとつひとつのハニカムをランダムに広げていくみたいな気楽さ。

e0151091_21101673.jpg
気の向くままにのんびり仕上げていこうかと思います。これはこれで、贅沢な。


by nicecuppatea | 2015-12-16 21:20 | バスケット編み | Comments(4)

久しぶりに通勤かごあみ中継^^

持ち歩くレジ袋の中の湿らせたつるが減ってきました。

そうなると、それを使い切るような小さい小さいバスケットを通勤時間内にひとつ編んでみたくなるのです。

こちら、朝の電車のベンチで。こんなツルや木の皮のがあったので、それらを手元に出しやすいポケットとかにいれて電車に乗車!
e0151091_16334586.jpg
ちなみにこれらは、アケビのツルのこま切れを裂いたもの、スイカズラを剥いたもの、シダレヤナギを輪っかにしたもの、杉の仲間のラクウショウの木の皮。

車両の中ではあまりパシャパシャと音を出して写真撮るのも何なので、ひっそりと編み続け、会社の最寄り駅に着いたときは…
e0151091_22062564.jpg

で、夜、最寄り駅についたときには完成!
e0151091_22141865.jpg
今日初めて、朝のSK線のホームで電車待っていながら手元でちまちま編んでいたら、同じ通勤風の急いでいる女性から「えぇっ、これ、何のツルですか?」と声をかけられました。「あぁ、アケビ…それに杉の皮?へぇ~!」と驚きながら反対側のホームの電車の中にそのまま吸い込まれていきました(^^; あんなに急ぎながら、興味を持ってくれた方がいらしたのは嬉しい♪ せめてこのブログのタイトルでもお伝えすればよかった(笑)


by nicecuppatea | 2015-11-13 22:14 | バスケット編み | Comments(0)

雨の日は編み編み…

少し前になりますが、日曜日、関東地方は終日雨。先週はなんだかんだで家にいる時間がいつもより少なく、ちょっとカゴ編みから遠ざかりましたが、ハロウィンも終わり、そろそろクリスマスが視野に入ってくる時期。不思議とクリスマス近くになるとカゴを買ってくださる方っていつもより多くなってくるので、今年も張り切って編みためようと気合を入れているところです。

気が付いたら細めの長いツルが随分たまってきていたので、久しぶりによろけ編みの手提げタイプのバスケットを編んでみました。
e0151091_17094102.jpg
縦芯をたくさん切って、差し込んで、形作るところまでが面倒なんだけど、細いシダレヤナギをよじりながら編みだしてみると、楽し~♪

この間道で拾ってみた名前をしらない木の花みたいののドライフラワーを。
e0151091_17082423.jpg
雨だからお散歩も短め。みんなまったり^^
e0151091_17092666.jpg
e0151091_17084521.jpg
雨はまだ降り続いている(-_-) 「散歩だよ〜」と言った時のワンズの面倒臭そうな顔かおも
by nicecuppatea | 2015-11-10 18:53 | バスケット編み | Comments(2)

ツルはどこにでもあるし、どこでも編める

今週末11月1日(日)は入間市ジョンソンタウンのワンデイマーケットに手編みのカゴやドライフラワーなどで出店予定です。ただいま、野山から持って来たものを形にする作業の真っ最中!主に通勤電車の中でだけど…

昨日、通訳業務があるということで、郊外の倉庫まで。不便なところだったけど急遽参加者が増えてしまい、クルマに乗りきれなくなったとかで「すみませんが通訳さんは公共交通機関で来てもらえませんか?」

ええ、全然構いません…と言って調べたところ電車で乗り変えもしながら片道40分、で最寄駅からバスでさらに10分、その先徒歩700メートル…うーん、ちょっと残念ではありますが(^^;;

帰りもみなさんを見送ったあと、じゃぁ、ゆっくり歩いて帰るか。仕事も終わり、周りに人もいないとついつい周りの街路樹や畑に目が行きます。で、バス停の前の植え込みでは「お、細いのあった!」とおなじみヒメツヅラフジの細づるを発見!
e0151091_19102673.jpg
このために私は今日歩いてきたのだ!(笑)

ということで、今日見つけたツルの茶色いところ、黄色いところ、グリーンのところをだんだんに編み込んでみた。某私鉄線の駅で完成。「葉っぱ」みたいなもん。
e0151091_19121788.jpg
会社でのランチ時間にはトウモロコシの皮をひねり…^^
e0151091_19120341.jpg
今週末のマーケットに向けて、すべての時間を見つけながらいろいろな形ができてくればと思います♪

by nicecuppatea | 2015-10-27 19:23 | バスケット編み | Comments(0)

ゆっくりと編み初め

「かご屋に戻る」…と言ってもあれやこれやをやっているとなかなか編み進みません。

先日採ってきたアケビのツルの中でも細くて枝分かれしている端材みたいなのを先に編もうと通勤用に小さなバスケットを。

端材であってもアケビは優秀♪ しなやかさ、強さ、どちらを取っても他のツルと違いますねー。昔からこのツルがかご編みに使われていたことの理由がよくわかります。なんとなく編んでも簡単に形になるというか。

ただいま「素材部屋」にはドライフラワー、様々な木の実、色々なツルでいっぱい。背景も賑やかです。
e0151091_21265165.jpg
明日はジョギングで入間市の万燈祭りを見に行く予定。
走った後の一杯が今から楽しみだ^^



by nicecuppatea | 2015-10-23 21:27 | バスケット編み | Comments(0)

仕事中でも編む…山だもの。

ここのところ、先日までの救助犬のトレーニングで感じたつれづれを書かせて頂いてます。こんな場所でやっていました^^
e0151091_19451378.jpg
いつもこの景色は、かご編みの素材集めやワンズとのゆったり休暇なんかで見る景色。滞在中に富士山の初冠雪があり、絵葉書に見る通りの正当な富士山が朝食のテーブルからも見えました。

普段なら朝ごはんが終わったら嬉々として森の中に宝物を探しに出かけていくのですが、今日は朝食が終わったらそこから資料をもって仕事に直行。その途中に「あ、アケビのランナーだ」「お、サワグルミ!」と色々目につきます。

そんな私でも、仕事中は集中するんですよ、仕事に^^ いつもと違うトピックだし、社内で通訳の仕事をしていると、通訳する人は決まってくるからついつい、その人の英語にだけ慣れてしまい、他の言い方やアクセントがあったとたんに聞きとれなくなる傾向も強くなり…たまに会社の外で通訳する機会なんかがあると、それなりに緊張して、一日終わってみると結構どっと力が抜けるカンジです。

そんなカンジで宿に帰ってきてみて、机で見つけたもの^^;
e0151091_19382460.jpg
テラスで見つけたもの^^;;
e0151091_19390151.jpg
かなり頑張ってダンナが採ってきてくれたらしい。栗拾いする柄じゃないんだが。ありがとうね^^

あまり私があちこちに気を散らすのをみて、自分がとっておけば私があまり気を散らさないんじゃないか…と考えた末のことだったらしい。しかしそれを見た私は「私も明日の朝、行ってみる~!」と言いだして、むしろ逆効果(笑)

ほぼほぼ仕事が終わった日、ちょっと夜頑張って、お世話になった講師へ、主に宿の周りでダンナが採ってきてくれたアケビのツルを使ってプレートを編んでみました。フレームはこんなスタートで。
e0151091_19433075.jpg
アケビだけで綺麗に編むのもいいけど、せっかくだから一緒に過ごした湖畔の森の雰囲気みたいのをできるだけ再現できないかとヤマブドウのツル、ライケン、カラマツの実、ノイバラの実などをごっちゃに混ぜてみた。
e0151091_19452583.jpg
差し出してみると「え?これ、こっちに来て仕事が終わってから編んだの?ここ数日で?!夜?!」ええまあ…仕事に熱心じゃないカンジに思われたかも^^


by nicecuppatea | 2015-10-15 20:10 | バスケット編み | Comments(0)

懸案のバスケット・プロジェクト

先日、お墓参りの時にどっさり実のついたヒメツヅラフジを見つけたので、それを編み込んだバスケットを編んでみよう!と先日書きました。

で、それにトライ♪

せっかくヒメツヅラフジの実を編み込むんだから、ツルもヒメツヅラフジを使ったら、生えてる時のイメージに近くなるかなと思い、そうしてみました。細くて柔らかめのツルだから、あまり大きいカゴには向かなそう。これで片手にちょうど乗るサイズ。
e0151091_21294378.jpg
それにしても編んでいる間にも実がポロポロ落ちるし、編み上がった後でも雑に使うと実が少しづつ落ちていく。一体このカゴに用途はあるんだろうか(笑)

いや、そんなことはいいのだ。ただ作りたくて作っただけなんだから。

これから10日ほど、カゴ屋はお休みして別のことの準備をします。詳しくはまたいずれ♫

by nicecuppatea | 2015-10-05 19:37 | バスケット編み | Comments(0)

畑のもので編むバスケット

昨日の畑での主な収穫。
e0151091_19092368.jpg
カボチャ…しかないように見えますが、端っこにあるものが結構活躍した本日。

左側のものはレモングラス。奥にあるのはブラックベリーのツルです。

お天気が怪しいですが、今のところ今週土曜日は狭山市楽市楽座に出店予定です。これから週末にかけて編み上げるバスケットは何を素材にしようか…。で、伸び放題でお隣の畑に浸出しかけているブラックベリーのシュートと、剪定したブルーベリーの枝、そして大株に育った割にあまり使っていないレモングラスの葉っぱを組み合わせて使ってみることに。

取っ手にはちょっと残っていたヤマブドウのツルを使って、縦芯にブルーベリー、ちょっとだけ残っていたヤマフジの硬い枝、太短い葛のツルなど、少しづつ残っているものを残さず使用。レモングラスは刈って数日。まだまだグリーンで結構水分を含んでいます。ねじりながら編んでいるだけでものすごいレモンの匂い。

e0151091_19590809.jpg
水分が多くて柔らかい根本あたりと、とても細い葉先はカット。これは乾燥ミントやレモンバーベナと合わせてハーブティに使おう。
e0151091_19592076.jpg
バスケット編みの余り素材がお茶になるとは^^もちろん飲んだ後の茶葉は畑の肥やしに。えげつないほど無駄がでません(笑)

今隙間があいているところはバスケットの強度を増すためにレモングラスの葉が乾燥してきた明日以降、ブラックベリーのツルで編み足します。

もうひとつ、ブラックベリーのツルで中ぐらいのバスケットも仕上げ。中がカスカスの軽くてあまり固くないツルですが、軽く茹でると似つかわしくない鉛のような重厚な色の光沢がでます。押しつぶしながらゆっくり丁寧に編むと、結構きれいに編めます。茹でたツルでほぼ編んで茶色く仕上がっていたバスケットの最後の一部分を昨日採ってきて半乾きだった緑のツルで編み足しました。同じ植物でも準備の仕方でツルの色が変わるのも面白いです。
e0151091_19593691.jpg
明日は会社かー。脳みそを会社モードに戻すのが大変だ。

by nicecuppatea | 2015-09-23 20:06 | バスケット編み | Comments(0)

フジヅルの剪定枝のバスケット

さて、昨日出店したジョンソンタウンのワンデーマーケット。

お昼過ぎに来られたお客様が「どんなツルでも使えるの?」
「はい、河原の葛とか、公園のシダレヤナギとか。山奥まで良いツルを採りに行かなくても、色々使えます」
「フジヅルは編めます?」
「硬いけれど、良いバスケットが編めますよ」
「そう、じゃあ今度持ってくるわね。ウチに大きな藤棚があるの」
「そうですか。じゃあ今度もし機会があったら、ぜひ!」

そしたら約1時間後、これが届きました。
e0151091_21294434.jpg
腰の高さぐらいまである結構大き目な段ボールに「今切ってきたのよ」というフジヅルが葉っぱが付いたままたくさんはいっています。

「ありがとうございます~!」という私を横目にダンナはきっと思っていたに違いない。「2匹のワンコと机と売れ残りのかごの上にこれ、どうやってクルマに積むんだ?!」と。いや私もちょっと思ったけど(笑)

車に乗せるのは無理と思ったので、それからひたすら葉っぱとり。とにかく早く形にしちゃいましょう、と頂いたものだけで行けるところまで編んでみることに。
e0151091_21300936.jpg
輪っかになるほどツルが長くないから苦肉の策で二股のつるを輪っかにまるめて取っ手を作ります。いらないところにでっぱりがありますが、まあこれはこれで個性になるでしょう。
e0151091_21095589.jpg
足りなくなったところはまたウチにある素材を探して埋めることにします。

こういうものを作りたいから、それ用の材料を集めよう、という思考プロセスが普通だと思うけど、「あるもので何ができるか」というところからスタートして編むと、時に自分のもっているアイデアの中に存在しないものになりますよね。

最初はちょっと面食らったプレゼントでしたが、やはり、なんでも、ありがたい!

by nicecuppatea | 2015-09-07 21:37 | バスケット編み | Comments(2)

雨と枯れ木を利用して

降り続く雨。鬱々とするのでなく、何かワクワクできないものか。

そうだ、有り余る雨水にツルをつけてこの土曜日を編み三昧にすればいいじゃないか♪ということで、屋上にて。
e0151091_21125859.jpg
これで、会社にいる間も「降り続け~!」と前向きな気持ちで雨を迎え入れられます。

さっさと柔らかくなった細いシダレヤナギと、レモングラスの葉。朝電車に乗る前にレジ袋へ投入して出勤。
e0151091_21131574.jpg
これ持って会社行く女。傍にいる人が見たらちょっと距離を置きたくなる危ないヒトになっています。

持っている硬い枝はこれだけ。これだけで出来るとなると形や大きさは限られますね。こんな感じか。
e0151091_21153599.jpg
私鉄を降りるまでに仕上げたくて電車で集中しましたが、降りたところでここまで。結構、集中した(^_^)
e0151091_21140507.jpg
帰りの電車は爆睡。帰宅して仕上げ♪
e0151091_21141630.jpg
昨日、「散歩の途中に落ちてた」と言ってダンナが拾って来てくれたトチノミ。これも雨のお蔭かな。
e0151091_21142704.jpg
全然そういう系のヒトではないのですが、長年観察してきた私の行動パターンで、ワタシなら「これを拾うだろう」とプロファイルしたらしい。相変わらずプロファイリング能力冴えわたってます。

お決まり。
e0151091_21143965.jpg
この茶色いツルツル、フクフク感、秋ですね~。

by nicecuppatea | 2015-09-03 21:28 | バスケット編み | Comments(0)