カテゴリ:バスケット編み( 152 )

枝の形を生かしたミニチュアバスケット

「実りの秋」、なぜかカイシャでも「いつまでにこれを完成させる」「あれを形にする」ということが重なる季節となっています。忙しい、という感覚を持つことはありませんが、やりたいことを全部やろうと思うと、すきま時間をどう使おうか…といつも以上に考えるとき。

だから…ということではないのでしょうが、日頃の通勤かご編みでもわざわざ編み芯を切りそろえて編むバスケットより、「せっかく枝分かれしているブルーベリーの剪定枝があるのだから、そのままの形をつかってみたら?」とふと思いました。

右側から、4又にわかれてた枝を広げて、先っぽでまとめてみたら、ちょっとハート型っぽくなったので、その間を編んで埋めてみました。いったい何に使うカゴなんだ。いや、もはやカゴともいえないし、用途などあるわけないし。だって枝の形にそって編んでみただけなんだから(笑)
e0151091_15240940.jpg
こちらは二股のブルーベリーの小枝の先っぽをまとめて、葉っぱ型の輪っかにして、そこに取っ手をつけて周りを編んだミニチュアバスケット。
e0151091_15222260.jpg
用途は…?
e0151091_15224712.jpg

こんなガラスビンが入るなんて大きなバスケット!と思われるかもしれませんが、実はかごの一番広い幅が約10センチ。お土産にもらったオリーブオイルの小瓶にぴったりでしたー。まあ、実用出来では、ない(笑)

でも、電車の中で編む楽しみを味わうには充分♪




by nicecuppatea | 2017-10-05 20:23 | バスケット編み | Comments(0)

藤ヅルのウネウネを生かしたバスケット

数か月前のマーケットで、近所の方から山ほどのフジヅルを頂いたあと、嬉しい反面、ほぼまっすぐなところがないツルをどう使うか、なかなか頭を悩ませたものでした。

カゴを編むのに、市販の素材と比較して自然素材が面白いのは、まっすぐなもの、均一なものがないから。とはいえ、それはそのまま「むずかしさ」にもなります。

ツルは「地下茎」のようにまっすぐ横に長く伸びるものを除き、地上部分では「反時計回り」しながら上に上に伸びていくものが多いように思います。(種類によって違うのでしょうが…)だから大抵の場合、ツルの先っぽ部分から、「時計回り」によじりながら編んでいくと、自然の流れと同じねじれ具合になるからか、ぽきんと折れることなく編めることが多い…ような気がしています。

ただ、ここまでねじれてしまうと、いくら水につけてやわらかくしても、編めるようにはちょっとならないかも。
e0151091_21131425.jpg
そういう時は、ねじれをそのまま「生かす」ことを考える方が、最終的には自然な形のものができることが多い気がします。

ということで、ウネウネはそのままで、プレートを作ってみることにしました。何に使えるかは、分からないけど。手持ちのツルに限りがあり、様々な色のものを組み合わせて。
e0151091_21151334.jpg
e0151091_21164789.jpg
普通ならウネウネした部分は切り落としてしまって、できるだけ曲がっていないツルの部分だけを使い、まあるい形に近くしていくのが、自然素材でかごが綺麗に編める方法なのかもしれません。でも、ウネウネも含めてカゴを仕上げるほうが、終わってみるといびつではあるものの、なんというか、エネルギーを失わないまま形になるような…。

ちなみに、この写真を撮ろうと部屋の机にプレートを置いたら、右側にぐいぐいとあけびが映り込んできた。上の写真中、右下に見える毛玉がそれです。

かまってもらいたいモードらしい。
e0151091_21191697.jpg
e0151091_21202412.jpg
ねことかごって、結構、お互いが引き合っているような。カゴがいっぱいあるウチだからねこもいっぱいやって来たのかな。

まさかね^^



by nicecuppatea | 2017-07-04 21:34 | バスケット編み | Comments(0)

編んで、作って。

ゴールデンウィーク真っ最中、巷では渋滞のニュースなどをよく耳にしますがウチはべったりと地元に張り付いた生活^^

そろそろベランダ菜園だけでなく畑も始動して、すべてのものがぐんぐん成長してきました。ジョギング中でも、山の中でついつい目がいく山菜がふえてきたりして、私的にはしょーもないけど時間をかけたい細かい手仕事・庭仕事・山仕事が増えてきまして、ちょっとかご編みのペースが滞っています。つくづく、かご編みって農閑期の仕事なんだなぁと思います^^…が、今週末、5月7日(日)にジョンソンタウンのワンデーマーケットに出店予定ということで、また、「陳列が足りない~」といつもの出店前ラスト1週間を迎えているところです。

前回、前々回のマーケットで、ウネウネのフジヅルをたくさんいただいたのが、まだ屋上に放置されています。これをなんとかモノにしたい…と思っていると、どうもできるかごがみんなウネウネ(笑)こちらは、フジヅルに混じって入っていた短めのヤマブドウのツルを取っ手にしてつくったもの。
e0151091_20361862.jpg
ウネウネをどう組み合わせて座りをよくするか、編み始める前にツルの輪っかを上にしたり、下にしたり、斜めにしたりして、あれこれ考えます。上手くいかないことも多いのですが、最終的にすわりが良い形になると、その醍醐味はなかなかのもの。こちらはウネっとしたところをつかってワインボトル置きにどうかな。
e0151091_20360141.jpg
まあ、すべて用途は後付けなんですけどね(笑)

何度目かのベランダ菜園のDIYプロジェクトも進行中。ウチや近所から出ないエリアでも、まだまだ使いきれていない素材があふれています。ほぼ廃材でのガーデニングプロジェクトについては、また後日。

by nicecuppatea | 2017-05-04 20:42 | バスケット編み | Comments(0)

次世代へ引き継がれるカゴ

今日は久しぶりに朝から1日中雨。昨日マーケットも終わったし、今日はマーケット用のカゴ編み以外で、やりかけになっていたことをやる日にしました。

昨年1月、チビ太が旅立ったその晩、送り出しの為に一晩で編んだカゴ

しかし、火葬の際に骨以外の大きなモノが混じるのはNG、ということでウチから火葬場まで使ったのですが、一緒に火葬してもらうことはできず、そのままウチに持って帰ってきたのでした。

それから数か月のうちに、ウミ家が怒涛のように到来し、似たような柄のアケビ・ウズラの双子姉妹が寝床として使うようになって。
e0151091_19120430.jpg
これも、なるべくしてなったのか。

でもウチには似たようなカゴが他にもあって、場所も取るので、少し趣向の変わったものにすることにしました。なんだかんだで一度は棺として使ったものだけど、まぁ、ウチで同じ柄のモノたちに受け継がれるのだから、いいかな。
e0151091_19570656.jpg
ということで、ほどいて。
e0151091_19572736.jpg
底を小さめにして立ち上げて、入口をつけました。もう、成功の予感。
e0151091_19592493.jpg
試行錯誤でしたが、写真などで見る「ねこちぐら」を参考に、天井に向かってだんだんすぼめていきました。ほどいた分の籐を編み直し、使いきったところで終了。てっぺんは空洞のままにしました。ちょっとゆがんでいるのでひもで縛って形を修正中。
e0151091_20001294.jpg
そもそも、この編み材も、昨年楽市楽座に出店していた時に、「もう歳をとって編まなくなったから、使って下さる?」と通りかかりの年配の女性が話しかけてきて下さり、どっさりもらったもの。何かわからないけど、私もそれを使いきる使命を受け継いだような気がしてて。

色々と、流れていくもんだなぁ。

ちぐらもどき、使ってくれますように。






by nicecuppatea | 2017-03-26 20:03 | バスケット編み | Comments(0)

フジヅル使い尽くし

先日のジョンソンタウンのワンデーマーケットで、その前の月に山のようにフジヅルを持ってきてくださったご近所の方が、「使えるみたいだったので」、と再び台車一杯のフジヅルを持ってきてくださったのでした。
e0151091_15593666.jpg
ええ、喜んで使わせて頂きます!といった声が、ちょっと前より小さくなったかもしれない(笑)でも、もったいないから、使いきってくれるのがうれしい、と言って下さるその気持ちは、私もよーくわかる。ならば使いきって見せましょう!と、むしろ燃え上がり、いろいろと知恵を出しています。

ウネウネの太ヅルで、超座りの悪い大きなバスケットを。
e0151091_15590659.jpg
太いフジヅルは、組み合わせを考えながらフレームバスケットでできるだけ座りの良いものを作るようにするんですが、ちょっと太すぎるところをねじろうとすると、だいぶ外皮が割れたり剥げたりします。そういうところはできるだけカゴ編みには使わずに、別に使い道をさがします。
e0151091_15595531.jpg
e0151091_16001589.jpg
皮がむけると白くツルツルで、きれいなんだよなぁ。
e0151091_16015967.jpg
あ!
e0151091_16002405.jpg
ということで、同じく皮を剥くと真っ白になるスイカズラを使ってみることにします。右側のケバケバの輪っかが先日みかん園そばの歩道脇で回収した外皮がついたままのスイカズラのツルです。汚く見えるけど、剥くときれいになります。
e0151091_16022508.jpg
…ということで、完成。
e0151091_16003719.jpg
まぁ、何に使うか…わかりませんけど(^^

by nicecuppatea | 2017-03-12 16:07 | バスケット編み | Comments(0)

余りヅル使い切りバスケット

昨夜、ほぼ仕上がった四角いかご。早起きして取っ手をつけて完成しました~。
e0151091_19241559.jpg
さて、ひとつ編み上がったところで、レジ袋に残っているツル(カス?)はそのまま会社に持参。で昼休み、それらを全部机の上に出して並べてみて、「これだけ」で作れるミニチュアバスケット作成を今日の昼休みプロジェクトにしてみました。

質・量的に素材に上限がある中で、適材適所でツルを使い切りながらカゴのカタチにしていくのは、ちょっとしたゲーム感覚。残り枝っぽいものが、最後には形になっていく…その様子には毎回高揚します。自画自賛か。

ポイントは、残っている一番太く長いツルを取っ手の輪っか、同じくらいの長さで表面が傷ついてたりするのがあればそっちはフレーム用に利用することか。2つの輪っかを作ったところで残りの手持ちのツルを色・太さごとに分類。これだけでどんなことが出来るかな〜、ってあれこれアイデアをめぐらせて考えるのがこの遊びの醍醐味♪こういうこと繰り返していると、ウチの床に落ちている枝一本を、ゴミ箱に捨てられなくなってくるんですよね…
e0151091_20235284.jpg
輪っかを十字に留めて…
e0151091_20240705.jpg
次に太いツルを短く切って編み芯として左右に同じ本数づつ差し込みます。短めの硬い枝みたいのでも大丈夫。
e0151091_20253235.jpg
あとは残りヅルの細いもので左右から編み始め。ツルの色を考えてグラデーションにしたり、縞模様にしたり。左右から同じカラーパターンを使うとなんか良い気が^_^
e0151091_20260506.jpg
e0151091_20275785.jpg
底に近づくにつれて太めの編みづるにして。
e0151091_20282538.jpg
40分ほどで完成〜。細いツル(カス?)はみんなバスケットに編みこまれて、残ったのは太目のツヅラフジふた巻き程度だけ。なんだか部屋を片付けたのにも似た爽快感。
e0151091_20285339.jpg
確かに社内の昼食場所で隣のヒトの目はちょっと気になりましたが^_^、ささやかに充実感を噛みしめた昼休み(笑)


by nicecuppatea | 2017-02-24 18:38 | バスケット編み | Comments(0)

機織りのように

先日も少し書きましたが、ウチの近所の、畑や森の際のコンクリの塀や階段のそばに、ツヅラフジやスイカズラなどの地下茎が、あたかも部屋の机の裏をはしるケーブルのごとく、ぞっくりと束になって這っているのを見つけました。去年もこのそばでたくさん採ったんだけど、今年は去年以上に茂ってる…

畑の雑草は、「もう、また生えてる~!」と文句をいいながら刈るのですが、ツルが茂るのは、ワタシとしては大歓迎。ひと掴みして、えいっ!とひっぱるだけで良質の細くて均一なツルがごっそり♪

均等で細いツルがまとまって手に入った時は、織物をするように四角いバスケットを編みたくなります。

「織物をする」ようなのは原理だけであって、とっても簡単。

まず部屋の平らなところにたて糸にあたるまっすぐな木の枝を、動かないようにテープで貼り付け…
e0151091_21592994.jpg
そこに、上、下、上、下、と横糸の要領で、細いつるを渡していきます。
e0151091_22002346.jpg
底を編んだら3段編むごとに左右に「かごの高さ」になる分だけ残しておいた横糸を上に立ち上げて、再びひたすら、上、下、上、下…
e0151091_21345334.jpg
今回は奇数の縦糸を2本づつまとめて「よろけ編み」。
e0151091_21351428.jpg
真ん中を編むのは、ウチの傍に生えていた、見た目はヤナギのようだけど、高さは草のような植物の枝。会社の昼休み中に上を留めて本体完成。ええ、会社にも枝ツルを持参しました^_^
e0151091_22164390.jpg
あとは、取って付けのみ。

あのコンクリの階段脇の、雑草の溜まり場で見つけたもので、通勤路2往復ぐらいは楽しめたな〜

雑草ってったって、色、太さ、材質が全部違う。それを超シンプルな「機織り理論」で編み進んでいくだけで、何と何の素材を合わせても、作り手のセンス不足があっても、なんだか考え抜いたような配色…っぽくなる、そのすごさよ。


by nicecuppatea | 2017-02-23 22:42 | バスケット編み | Comments(0)

やることを増やし続ける日々

しばらくご無沙汰をしてしまいました(_ _)

先週中ごろ、毎年恒例の2日間の社内総会みたいのがあり、通訳者としてリハーサルから全部参加するため、3日間のビジネスホテル暮らしとなりました。

毎年、やっている仕事ではありますが、今年は内容のラインナップがちょっと変更になったからか例年に比べてなんだかスケジュールがあわただしい…単に歳を取って物覚えが悪くなったのか(^^;)

ここ数年は、ちょっと余裕をかましていて「ホテルライフを豊かにエンジョイ」なぞと考えて、入浴剤持って行ったり、ワインを持ち込んで夜はホットワインを作ってみたり、カゴ編み用のツルをもちこんだり…

今年もそうしよう!と、先週は家の傍のみかん園裏で目を付けていた「ツル場」を訪れました。コンクリの階段や壁の脇は、様々なツルの地下茎が束にしたケーブルのように走っていて、労多くせずたくさんのツルが採れます♪
e0151091_18533397.jpg
今回はめずらしくスイカズラの細くて長い地下茎がたくさん這っている場所を発見。バカバカしくもこの採りたてのツルを丸めて、茹でたものをビニール袋につめて、スーツケースの隅っこに突っ込んで出張に。

3日後、そのまま触ることなく持って帰ってきた(^^;;;;

その後ウチで皮を剥きました。スイカズラは茹でると薄クリーム色で、ツルッツルのつるが現れます。若いツルは弾力があり、折れにくく、何かと使えます。まず端材整理のために、小さなバスケットをひとつ。いつもどちらかというと森の地面そのままの色のバスケットに魅力を感じますが、あまり真っ白いのができたりすると、それはそれで面白く。
e0151091_18534977.jpg
「ツルを煮て、皮を剥く」とか、フツーは「しなくていいこと」ですよねぇ。でも私の「やることリスト」はそんなのばっかり。とってきたツルをほぐして輪っかに巻いたり、山でたくさん拾ったユズのマーマレードや種のローションをつくったり、野原でとったノビルを綺麗に洗って酢につけたり、ネコの壊した手作りのアイロン台を直したり…

結局自分でしょーもない仕事を増やしてバタバタしているのですよね。なぜか日曜日の夜はとりわけそんな感が強くなります。いつになったら追いつくのやら。

by nicecuppatea | 2017-02-19 19:01 | バスケット編み | Comments(0)

さし色

ここのところ朝、湖の周りをジョギングすると鼻の中まで冷たくなるような冷気^^

かご編み用の「ツルの収穫」には今のような時期が適期だとよく言われます。それは枝やツルに樹液が活発に吸い上げられていないので、「締まっている」からでしょう。こういう時に採ったものは乾かした後の縮み度合が少なく、乾いた時のツルの劣化も少ない気がします。

もう一つの冬のツルとりのお楽しみは、枝がきれいに色づくものがあること。ブラックベリーや野生のキイチゴのツルも、真冬の間はワインレッドになります。またモミジやカエデ系の枝も渋い紫色っぽくなったり、あざやかな赤になるものが。大抵はかごに編みこんでもその色がうっすら残るのです。

こちらは今朝のジョギング帰りに見つけたカエデの細枝。よく見たら鮮やかな赤色だったので、2,3本採ってきて今編んでいるバスケットに「差し色」で使ってみようかと。
e0151091_19234977.jpg
この間お友達のウチへ行って、真っ赤なローズヒップたくさん頂いてきたので、その色の記憶があったからかも。
e0151091_19240010.jpg
前の日には、先日入間市のマーケットに入った際、ついでに散歩したそばの公園で拾ったシダレヤナギで中ぐらいのバスケットを編んでみたけど、すこーし、足りなかった^^。こちらにも隙間に、ジョギング帰りに駐車場でとったまだ緑が瑞々しいツヅラフジ一本を差し色っぽく挿入。
e0151091_19241677.jpg
色々な自然の色を組み合わせて、簡単に、繊維を織るように色を重ねていけるかご編み、まだまだ楽しみは奥深いなあ。



by nicecuppatea | 2017-01-15 19:25 | バスケット編み | Comments(1)

雨に濡れた枝とツルで

今朝は昨日の夜からの雨つづき。大抵はハレより雨の方が、残念に思うことが多いものですが、私には趣味と実益を兼ねた楽しみが(^-^)

小雨の中で行ったジョギング帰り、雨に濡れたケヤキの枯れ枝と下の方で伐採されて枯れていたヒメツヅラフジのツルを、木の下から引っ張って回収^^
e0151091_18160453.jpg
枯れた枝やツルは晴れの日はポキッと折れてしまうのですが雨が降った後だとしんなりとして折れずに曲げられたり、引っ張れたりするんですよ。ラッキーな日のお宝です。ま、道ですれ違うヒトも、なぜ私がこの枯れ枝と枯れヅルを嬉々として持ち帰ろうとしているのか、わからないのではと思いますが…(笑)

ケヤキは固い木で、編み芯には適しませんが、若干の「たわみ」ぐらいならつけられるので、細めの枝のところを選べばバスケットのスポークに使えます。ちょうど少し大き目のバスケットのスポークが不足してたんだ。

ということで、残っていた最後の太いフジヅルを取っ手に、しめったヒメツヅラフジでフレームを固定して、ケヤキの枝でスポークを。
e0151091_18192790.jpg
真ん中は、この間みかん園のそばで採った葛のツルをつかってみよう。
e0151091_18194313.jpg
葛はふと柔らかく、あっという間に編み進められます。数時間で完成。
e0151091_18195779.jpg
1月第4土曜日は狭山市の楽市楽座に出店予定です。ここは「手作り市」ということで出展者はみな、自分で作ったものを出店しており、来場される方々も手作り好きの方が多いためか、毎回多くのカゴをお嫁入りさせて頂いています。

毎回のポスターにはカゴの写真を載せてくださったり、「看板犬」として権蔵の写真を載せてくださったり。お客様の中には「ああ、ポスターのワンちゃんですね」と言って下さる方もいらっしゃいます。

ポスターに乗るのはいつも権蔵だったのですが、11月にピーチが旅立ったと知った事務局の方からのPへのオマージュか、1月・3月開催のポスターでは初めてピーチがポスターに登場してます。マーケットに出店すると、いつも人目を引く容貌の権蔵の陰に隠れて後ろから私たちを見ていたピーチ。最後に「ポスター犬」が実現。ありがとうございました。
e0151091_18125911.jpg
さあ張り切ってたくさんかごを編んで、持っていきますよ。

by nicecuppatea | 2017-01-09 18:31 | バスケット編み | Comments(0)