カテゴリ:畑の野菜・くだもの&いきもの( 83 )

梅しそ使い尽くし

ここ1週間ほど「熱暑の日々」とは言っても、カイシャに通勤している平日は日が当たらないオフィス内の、冷房がキンキンに効いているところで数時間、微動だにせずパソコンを見つめていることもあり、夏の生命力など、あまり身近に感じることがありませんでした。

ようやっと、プチ夏休みのこの連休で夏のエネルギーを体感しています。

雑草の海となった畑は、連日手鉋で地道に草刈り。数分でジーパンも濡れるほど汗が出てきます。昔、漢方を売るカイシャにいたダンナによると、私みたいにカラダの中に水が溜まりやすい体質を「水毒」と言うのだそうな。イヤな名前だけど、そう聞いた後、顔からも汗がどんどん滴り落ちる状況で草刈をしていると、なんだか体から悪いものが全部出ていっているみたいで、爽快。

この畑作業に欠かせないのが、自家製「シソジュース」。畑の脇に生えている赤紫蘇の葉を煮だして、砂糖とクエン酸を加えたもの。これをペットボトルに入れて冷凍にして畑に持参。
e0151091_07160096.jpg
煮出した後の紫蘇は、捨てるのがもったいないので、よく水気を絞ってから昨年の梅干しをつけた残りの「赤梅酢」に漬け込むと、茶色っぽかった葉っぱが鮮やかなえんじ色になります。
e0151091_18400437.jpg
これで、普通は生の赤紫蘇の葉でつくる「ゆかり」みたいなものを作れないかと。漬け込んだ後は屋上で天日干し。
e0151091_18402007.jpg
と、同時に、塩漬け中だった今年の梅干し用の梅も、暑い日が続くのでそろそろベランダで土用干しを。
e0151091_18393193.jpg
この葉っぱの上で干して滴り落ちる梅酢を葉っぱに吸わせます。こうすると半乾きの梅の皮がかごにくっついて破れなくて好都合♪
e0151091_18394761.jpg
毎日列島での最高気温を記録しているエリアからそう遠くない内陸部の、西向きの大きな窓のある3Fに住んでいる我が家。午後の暑さは冷房をつけても体にこたえるほど。でもこの暑さで、ベランダでは、どんな干し野菜もあっという間♪

こんな熱波の屋上にも、エネルギーを取り込んでぐんぐん成長する野菜があるんです。きっと、これを食べたら体にそのエネルギーが体に入ってきてくれるに違いない。その紹介はまた後ほど。

by nicecuppatea | 2017-07-17 07:30 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(0)

すでに雑草に負ける日々

まとまった雨が降った後にぐんと気温が高くなった今日この頃。この気候の組み合わせは雑草がぐんと繁るパターン。

もう、なにがなんだかわかりませんが、真ん中にあるのは野菜を植えてある畑に一本あるブルーベリーの木。その左側にネギ、右側にはラズベリーが植えてあるのですが、全ては今や雑草の海に沈んでいこうとしています(T T)
e0151091_21223655.jpg
こんなになってしまったもう一つの理由は草刈機の不調。5年ほど前に中古品で譲り受けたものですが、もうそろそろ寿命のようで、エンジンのパワーがガクンと落ちて、草刈も進みません。草刈機が欲しい…とダンナがつぶやいていましたが、そんな言葉がこのヒトの口から出る日が来ようとは^^;;

雑草に埋もれたラズベリーは、面倒見きれていないのが如実に表れていて樹勢も去年より弱く、大きい実もあまりついていません。でも、とにかくなった実は何であれ、収穫。
e0151091_21231861.jpg
今年新たに借りた畑の区画は、昨年まで別のヒトにきちんと草むしりをされていただけあって、種が飛んでいないのか、しばらく放っておいても雑草がまったく生えてきません…けど、今年作っている人は素人だから、出来る野菜は大きすぎるか、小さすぎるか。
e0151091_21240677.jpg
なかなかまともなものが出来ないのを見かねたオーナーさんが自分の畑からざっくりとコリアンダーを刈って、持ってきてくれました。ウチのはアブラムシで全滅したんだった。
e0151091_21224920.jpg
ヒトに頂いたコリアンダー、自分で育てたチビなナスの素揚げに、茹でた鶏肉スライスを合わせて、昼は冷やし中華…
e0151091_21221752.jpg
夜はそれを100円のカレー缶詰や安売りキノコなどと合わせて、タイカレー風。
e0151091_21263716.jpg
ヒトサマの野菜や缶詰がメインとはいえ、これから夏本番を感じるメニューになりました。雑草に挑み、ベリーをとりつつ、野菜を食べる季節が始まります。





by nicecuppatea | 2017-07-09 21:32 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(0)

ズッキーニの苗の保護

ここ1週間ほど、どうも本調子でなくてせっかくの休みもひたすら時間が過ぎていくカンジで、畑日和でも今一歩アクセルがかからずにいたのですが、久しぶりによーく寝たところ、アメリカ出張前以来ぐらいのエネルギー充電が終了!

久しぶりに畑に行ってみたら、1か月前に植えたズッキーニの苗がその時より小っちゃくなってた(泣)

徹底的にほったらかしの私の畑作業をよく知っている畑のオーナーさんはニヤニヤしながら「手間かけないからだよ~」

なんでもズッキーニはウリ科の野菜の中でも苗の時にウリハムシというウリ科の葉っぱを好んで食べる小さな甲虫に葉っぱをレースのカーテンのようにボロボロに食べられてしまうと、勢いが付かなくて弱って枯れてしまうことが多いから、苗のうちは覆いをつけてムシから守ると、育ちが断然よくなるのだそうだ。

ごめんよ、ズッキーニ。旦那が張り切って苗をたくさん買ったのだが、数本はすでに滅びていた(T T)ちょっと遅いかもしれないけれど、畑の際に生えている篠竹を使って覆いを作ることに。こんな感じでざわざわと篠だけが生えているので…
e0151091_19583936.jpg
それを切ってきて葉を落とします。からみついていたスイカズラは別に収穫(^^
e0151091_19585819.jpg
弓のようにしならせて、麻ひもで下を縛り…
e0151091_19591798.jpg
その形のまま土に差し込みまして…
e0151091_19594575.jpg
不織布をかけて出来上がり。
e0151091_19595672.jpg
何となくですけど、ここは強風や強い日でりによる乾燥著しい畑なので、そんな天気からも守ってくれて、いいんじゃないか。

今まで、畑に植える野菜には最低限の手間しかかけず、結果として収穫も多くはありませんでした。それは別にポリシーだったわけではなく、ただ単に色々なことをやり過ぎて時間が十分にとれなかったから。

せめて、手を掛ければもうちょっと大きく育つ野菜には、もう少し優しくしてあげようかね。




by nicecuppatea | 2017-06-17 20:07 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(0)

大急ぎの春畑の植え付け

今週末は関東内陸部は季節外れの30度越え…カラッカラですが、来週土曜日から10日間ほど出張で不在にするので、なんとしても苗の植え付けを終えねば…。

ということで、先週に引き続き、黒いトウモロコシ「ブラックアステカ」や、トマト、タカキビなど、まだまだ植え付け作業の残る畑にGO。

ブラックアステカの他にも、毎年、食用というよりはドライフラワー用や粉用に赤や紫のトウモロコシを植えているのですが、いつもなかなか実が入らず、入ったものは虫食いという惨敗状態。去年、畑を借りているおじさんに「コツは早植え早採り」と教わり、今年はいつもよりだいぶ早く屋上で苗づくりをして土曜日にようやく植え付け。
e0151091_19494461.jpg
実は今日植え付けた畑は、おじさんから「もう少し広げる?」と言われて今年新たに拡大して借りたところ。去年までここを使っていた老齢のご夫婦が手をかけることが出来なくなって、受け継ぎました。ものすごく手をかけていたから土はフカフカ、雑草ひとつ生えていない優秀なハタケ♪さすが、私のところとは違います。

しかし、老夫婦は最後は体力的にきつかったのか、秋ジャガイモの収穫が甘く、4月、畑中から植えていないジャガイモが生えてきた(^^; 
e0151091_19500654.jpg
さすがに「自由行動」させておくわけにいかず、さりとて抜き去るのも忍びなく、通常ならあり得ない「整列植え替え」。
e0151091_19495523.jpg
自分で植えたのは左奥の、全体の4分の1の量。まあ、大きくならなくたっていいさ、とれたらそれだけおまけみたいなもんだもの。

おじさん、どうやら畑にミツバチを呼び込むつもりらしい。こんなものが。
e0151091_19502132.jpg

ミツバチ用の巣箱です。飛んでいるハチがこのおウチに気づき、気に入ってくれて、そこに住んでくれるのをひたすら待つという、なんとも読めない試み。

実は私はかつて「屋上でミツバチが飼えないか」と色々調べたぐらい、ミツバチを飼うことに興味ありあり。ここは私たちの畑とブルーベリーブッシュに隣接しているから、もう、自分で巣箱を設置した気分。ミツバチ、入らないかなぁ。

あ!

e0151091_19420986.jpg
ミツバチか…
e0151091_19423996.jpg
…と思いきや、ハナアブでした。ハチはもっとずっと目が小さい。

まあ、気長に待ちましょう。っていうかどっちにしても巣箱、ウチのじゃないし^^

気が付いたらグーズベリーがすでにたわわにトンボ玉みたいな若い実をつけていました。

e0151091_20121720.jpg
たくさんなってるんだけど、生食しても、加工してもどうも味がいまいち(笑)イギリスで食べたらおいしかったんだけどなぁ。最終的には自家使用でカイシャ用のおやつにするか。少しづつ実験開始。
e0151091_20123912.jpg
来週は雨が降ることを祈って…。




by nicecuppatea | 2017-05-21 20:24 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(0)

花芽と新芽と

暫く間があいてしまいましたが、季節は確実に進んでいるようで…冬の間、足が遠のいていた畑ですが、春分の日ぐらいを境に色々なものが加速度的に変わっていくので、最近は毎週末出向くようになりました。

おいしい実がなる花芽は、とっても地味^^どれが花だかわからないようなレッドカラントの花と…
e0151091_14260340.jpg
スズランのような花をたわわにつけて、忙しい夏を想起させるブルーベリー^^権蔵の脇に見えるヤツです。
e0151091_14200107.jpg
雑草もだいぶ伸びてきたので、来週あたりダンナが草刈機を使って畑の草を一気に刈るらしいから、その前に雑草に混じって畑のあちこちからでてきていた新芽や花芽を刈り取って、頂こう。みつば、ニラ、ネギ坊主。明日は天ぷらだな。
e0151091_14433397.jpg
そして、この時期だけ畑でVIP扱いされるタラの木。借りた畑の脇に生えていますが、1年のうち、新芽がでるここ数週間だけ注目を浴びて、それ以外の時期は、トゲは痛いし、地下茎でそこら中にはびこるし…と厄介モノあつかい。それを補って余りあるこれ。
e0151091_14443948.jpg
夏のタラの葉は、なんというか「怒り」を想起させます。ガジガジトゲトゲの葉っぱをぐわ~っと広げていて周りに人を寄せ付けない。でも、それを想像することができないくらい、春のタラの芽は味わうと、従順で優しく、まるでクセがない、でも濃厚な味。

暖地性のハーブで関東内陸のこの辺での、地植えでの冬越しは難しいか…と思っていたレモングラス。長く伸びた葉を切らずに置いておいたらそれが保温になったか、ザクザクと枯れ葉を刈ってみたらその下から新しい芽が伸び始めていた。また会えた感。
e0151091_14422923.jpg
こちらも暖地性で冬越しが危ぶまれたレモンバーベナ。生き延びたサインが!
e0151091_14262548.jpg
また、春がやってきた。なんか、ありがたい感。

by nicecuppatea | 2017-04-16 14:52 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(0)

夏終盤の実り

そういえば今週月曜日は、年休をいれていたんだ、もうベリーも終わってマーケットもないから、やることないかな、

…と思っていたのですが、いやいや。

最後のベリーの収穫は今週末で終わったのですが、隣にある畑で草をかき分けてみると、野菜や果物が、ひっそりとたわわな実りを付けて隠れていました。

タカキビは、最も調整が簡単な雑穀。簡単に脱穀できるのでそのまま玄米と一緒に炊いてお弁当のゴハンにします。それよりなにより、なんらかの穀物の穂が重みでこうべを垂れている図は、なんとも実りの秋っぽい♪それが毎年植えてしまう理由かも。
e0151091_18093418.jpg
スイカは、台風がくるととたんに株が弱ります。水分がたくさんあっていい気がするのだけど、おそらく水はけの悪い粘土質のわが畑では、根っこが弱るのではと。毎年同じことを繰り返してみた、これが結論。

ということで、少し小さめのモノまで含めて、本日全部撤収。うちはスイカ屋か。
e0151091_18100592.jpg
これからはししとうが食卓の主役になる予感。あまり猛暑日がなくて、ことしはカメムシにやられなかったから、お盆過ぎの今でも、株の勢いが衰えません。
e0151091_18094577.jpg
今までベリーに占領され続けていた冷蔵庫にようやっとすこし隙間が出来てきたと思ったけど、しばらくはスイカや野菜が場所を占拠しそうです。

今日は一日中、雨がザーッとふったり、パーッとはれたり、南国のような天気でした。これから台風が来るというけれど。

こちらは我が家の風神雷神。
e0151091_18103177.jpg


by nicecuppatea | 2016-08-29 18:14 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(0)

カオスな夏・2016

ブルーベリーの本格的な収穫が始まり、早起き仔猫の上をいく早起きを続ける、最近の我が家の人間たち。ダンナがワンズの散歩に出るのは、朝…というかまだ夜中と言える3時半ごろ。

その後ワンズ、ニャンズの朝ごはん、洗濯を済ませて、4時半にはクルマで家を出て畑に。毎日、その日に熟したブルーベリーを100本強の木から摘み取るのに5時間近くかかります。週末だけは私も手伝うけど。私は様子を見ながら野菜畑の草むしりも。これだけはさぼると、それでなくても畑っぽくないわが畑は、8月には雑草に征服されて畑だか何だか見分けがつかなくなってしまいます。

きちんと畝を立てるわけでもなく、だいたい、まとめて必要な野菜を植えてますが…かぼちゃは毎年「自由行動」。生ゴミから芽吹いた芽は、植え替えると成長が滞ることが多いので、芽吹いた場所での成長が許されています。

e0151091_14100835.jpg
今年はブロッコリーやサツマイモの周りから元気なツルがでてきた。その勢いを尊重し、植え替えずそのままいきます。

ブラックアステカなど、オーナメントや粉用の原種に近いトウモロコシ。背丈もまちまちで、近所の畑の、整然と成長したトウモロコシがうらやましい。
e0151091_14110896.jpg
かと思えば、ナスの苗の間から、素性不明のトウモロコシが一本だけ生えてきて、びっくりするほどの背丈に^^ きちんと種を撒いたヤツよりよっぽど大きくなったぞ。これも芽吹いた場所での成長を許され、いまだ成長中。どんなトウモロコシが採れるのかちょっと楽しみ。
e0151091_14111661.jpg
汗だくドロドロの腹ペコで帰宅したのはお昼少し前。今日はちらし寿司にしよう!と具材はすでに調理済み。炊飯器のスイッチを入れ、シャワーを浴びていると、キッチンからダンナの怒鳴り声。何をムキになっているのか、と理由を聞くと、炊飯を初めて15分ほどの炊飯器の上に、

「ニャッ♪」

とアケビが飛び乗り、炊飯中の炊飯器のタイマーが止まり、パッカーンとふたが開いてしまったのだとか^^; 仔猫に向かってあんなに怒ってもね(笑)空腹はヒトの余裕をなくす…気を取り直して、炊き直し。

デザート用に、と今年初のスイカもひとつ採ってきました。でもちょっと早いよなぁ…ただ、ここのところの雨で、これ以上地面から水を吸ったら果実が破裂しそうなのでとにかく撤収。あと数日キッチンで追熟させた方がいい、という私。いや、もうこれだけ大きければ食べれるだろ、とせっかちなダンナ。

ワンズも興味津々。
e0151091_14135420.jpg
緊張の一瞬。
e0151091_14133221.jpg
ジャーン。
e0151091_14145165.jpg
責任とって、白いスイカを食べたダンナ(笑)ほんのりと甘い水がわり、ってことで。やっぱり、ここまで自分で育てたものは無駄にはできませんよ。

今日も5キロほどのブルーベリーを収穫。こちらが今日の収穫…の半分。毎日こんな量がとれますが今週末は売る場所がないので、全て冷凍!
e0151091_14155351.jpg
なんだかんだと、カオスな我が家です。



by nicecuppatea | 2016-07-17 14:27 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(0)

花を食らう

昨日、久しぶりに畑にGO。

土曜日は出勤だったし、何となく「元気いっぱい!」って感じではなかったのだけど、この時期の畑は、目覚めた植物の勢いがすごいから、行っておかねば。

きちんと植えたものがあるわけではないけれど、この時期、丸まらなかった白菜の菜の花、ネギ坊主、宿根性のニラ、ノビルなどなど、ほったらかしでも採れるものがたくさん。

ちょっと開き気味だけど、チョウチョに少し残して、こんなに開いているものもすべて頂きます。これはからし醤油がおいしいかな。
e0151091_21082329.jpg
ネギ坊主は前は切り取って埋めていたんだけど。
e0151091_21083357.jpg
薄衣を付けて揚げてみたら美味だった!
e0151091_21084232.jpg
花を食べる…って、なんだかうれしいものです。

by nicecuppatea | 2016-04-11 21:13 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(0)

3か月振りの畑

そろそろ春の気配がしだしたし、冬の決まり事である「たき火」も一度もやっていないから、と11月末以来、3か月振りに畑にGO!

たき火では秋まで頑張っていたトマトやナスの枯れ木や、葉っぱが落ちたラズベリーの剪定をして、トゲトゲのシュートも全部燃やします。もちろんその中にはたき火番のみなさんへのご褒美も。
e0151091_18290861.jpg
おやつを手から取るとき、権蔵はとても優しく取るのにピーチは野生を感じさせる^^;
e0151091_18292341.jpg
ラズベリーと違って、トゲなし種を植えたブラックベリーはワイン色っぽい長いシュートが、なんとなくカゴ編みに使えそうなので、燃さない^^ ブラックベリーのシュートは、伸びた先が地面についた途端、再びそこからすごい勢いで根が出てきます。天地無用か。ちょっとでも土について根っこが出たしたところは、すかさず全部掘り返して取り去らないと、あっという間に畑中が占領されそうな勢い。
e0151091_18294173.jpg
シュートは、とりわけ寒い間に赤が濃くなります。その色が見えるようにするには、フレームバスケットよりプレートがいいかなと思って編み始め。もうそろそろツルの手持ちは減っていますが、これば、ちょっと残ったヤマブドウをフレームに。真ん中の芯は、今日部屋に掃除機をかけていたら棚の後ろに落ちていたのをみつけた、太い葛を二つに裂いて編んだ後の残り。
e0151091_18423171.jpg
今年の初夏になったら、この上にブラックベリーを摘みたいものだ♪

by nicecuppatea | 2016-02-21 21:15 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(0)

いつもの雨の日曜日

今週は週末二日とも雨の予報ですー(- -;)

でもやることは変わりません。朝5時半に起きて、畑に今週分の野菜を収穫に行って、ジョギングして、ワンズの散歩して、バスケット編んで…ただ、雨だと全部のプロセスが短縮されたり、ちょっと手間がかかったり、ゆっくりになったり。

先日、畑ではまだトマトが採れていると書きました。ウチのトマトは毎年、支柱も立てずに藪のまま放置。いまだにジャングルのまま(^_^;)
e0151091_17443242.jpg
もうこの時期になってくると地面と同化しているようにも見え、ほぼ地面を這うツル植物のよう。なっているトマトの様はほぼかぼちゃ。
e0151091_17444901.jpg
近くの農家さんの畑で、脇に放置されているミニトマトはまだ抜いてなくて、真っ赤になった実が地面にボタボタ落ちたまま。ちょっと青かったり割れたりしても全部採って食べつくす私にはちょっともったいなくて。「なんであれ全部食べないんだろう」と私が言うとダンナは「農家の人は『なんであれ全部食べるんだろう』って思っているよ」ま、そうかも^^;

雨だとワンズもまったり。
e0151091_17433278.jpg
こちらはまったりというよりちょっと怖いですが。
e0151091_17450093.jpg
明日も雨みたいだよ~


by nicecuppatea | 2015-11-14 17:50 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(2)