「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:畑の野菜・くだもの&いきもの( 78 )

夏終盤の実り

そういえば今週月曜日は、年休をいれていたんだ、もうベリーも終わってマーケットもないから、やることないかな、

…と思っていたのですが、いやいや。

最後のベリーの収穫は今週末で終わったのですが、隣にある畑で草をかき分けてみると、野菜や果物が、ひっそりとたわわな実りを付けて隠れていました。

タカキビは、最も調整が簡単な雑穀。簡単に脱穀できるのでそのまま玄米と一緒に炊いてお弁当のゴハンにします。それよりなにより、なんらかの穀物の穂が重みでこうべを垂れている図は、なんとも実りの秋っぽい♪それが毎年植えてしまう理由かも。
e0151091_18093418.jpg
スイカは、台風がくるととたんに株が弱ります。水分がたくさんあっていい気がするのだけど、おそらく水はけの悪い粘土質のわが畑では、根っこが弱るのではと。毎年同じことを繰り返してみた、これが結論。

ということで、少し小さめのモノまで含めて、本日全部撤収。うちはスイカ屋か。
e0151091_18100592.jpg
これからはししとうが食卓の主役になる予感。あまり猛暑日がなくて、ことしはカメムシにやられなかったから、お盆過ぎの今でも、株の勢いが衰えません。
e0151091_18094577.jpg
今までベリーに占領され続けていた冷蔵庫にようやっとすこし隙間が出来てきたと思ったけど、しばらくはスイカや野菜が場所を占拠しそうです。

今日は一日中、雨がザーッとふったり、パーッとはれたり、南国のような天気でした。これから台風が来るというけれど。

こちらは我が家の風神雷神。
e0151091_18103177.jpg


by nicecuppatea | 2016-08-29 18:14 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(0)

カオスな夏・2016

ブルーベリーの本格的な収穫が始まり、早起き仔猫の上をいく早起きを続ける、最近の我が家の人間たち。ダンナがワンズの散歩に出るのは、朝…というかまだ夜中と言える3時半ごろ。

その後ワンズ、ニャンズの朝ごはん、洗濯を済ませて、4時半にはクルマで家を出て畑に。毎日、その日に熟したブルーベリーを100本強の木から摘み取るのに5時間近くかかります。週末だけは私も手伝うけど。私は様子を見ながら野菜畑の草むしりも。これだけはさぼると、それでなくても畑っぽくないわが畑は、8月には雑草に征服されて畑だか何だか見分けがつかなくなってしまいます。

きちんと畝を立てるわけでもなく、だいたい、まとめて必要な野菜を植えてますが…かぼちゃは毎年「自由行動」。生ゴミから芽吹いた芽は、植え替えると成長が滞ることが多いので、芽吹いた場所での成長が許されています。

e0151091_14100835.jpg
今年はブロッコリーやサツマイモの周りから元気なツルがでてきた。その勢いを尊重し、植え替えずそのままいきます。

ブラックアステカなど、オーナメントや粉用の原種に近いトウモロコシ。背丈もまちまちで、近所の畑の、整然と成長したトウモロコシがうらやましい。
e0151091_14110896.jpg
かと思えば、ナスの苗の間から、素性不明のトウモロコシが一本だけ生えてきて、びっくりするほどの背丈に^^ きちんと種を撒いたヤツよりよっぽど大きくなったぞ。これも芽吹いた場所での成長を許され、いまだ成長中。どんなトウモロコシが採れるのかちょっと楽しみ。
e0151091_14111661.jpg
汗だくドロドロの腹ペコで帰宅したのはお昼少し前。今日はちらし寿司にしよう!と具材はすでに調理済み。炊飯器のスイッチを入れ、シャワーを浴びていると、キッチンからダンナの怒鳴り声。何をムキになっているのか、と理由を聞くと、炊飯を初めて15分ほどの炊飯器の上に、

「ニャッ♪」

とアケビが飛び乗り、炊飯中の炊飯器のタイマーが止まり、パッカーンとふたが開いてしまったのだとか^^; 仔猫に向かってあんなに怒ってもね(笑)空腹はヒトの余裕をなくす…気を取り直して、炊き直し。

デザート用に、と今年初のスイカもひとつ採ってきました。でもちょっと早いよなぁ…ただ、ここのところの雨で、これ以上地面から水を吸ったら果実が破裂しそうなのでとにかく撤収。あと数日キッチンで追熟させた方がいい、という私。いや、もうこれだけ大きければ食べれるだろ、とせっかちなダンナ。

ワンズも興味津々。
e0151091_14135420.jpg
緊張の一瞬。
e0151091_14133221.jpg
ジャーン。
e0151091_14145165.jpg
責任とって、白いスイカを食べたダンナ(笑)ほんのりと甘い水がわり、ってことで。やっぱり、ここまで自分で育てたものは無駄にはできませんよ。

今日も5キロほどのブルーベリーを収穫。こちらが今日の収穫…の半分。毎日こんな量がとれますが今週末は売る場所がないので、全て冷凍!
e0151091_14155351.jpg
なんだかんだと、カオスな我が家です。



by nicecuppatea | 2016-07-17 14:27 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(0)

花を食らう

昨日、久しぶりに畑にGO。

土曜日は出勤だったし、何となく「元気いっぱい!」って感じではなかったのだけど、この時期の畑は、目覚めた植物の勢いがすごいから、行っておかねば。

きちんと植えたものがあるわけではないけれど、この時期、丸まらなかった白菜の菜の花、ネギ坊主、宿根性のニラ、ノビルなどなど、ほったらかしでも採れるものがたくさん。

ちょっと開き気味だけど、チョウチョに少し残して、こんなに開いているものもすべて頂きます。これはからし醤油がおいしいかな。
e0151091_21082329.jpg
ネギ坊主は前は切り取って埋めていたんだけど。
e0151091_21083357.jpg
薄衣を付けて揚げてみたら美味だった!
e0151091_21084232.jpg
花を食べる…って、なんだかうれしいものです。

by nicecuppatea | 2016-04-11 21:13 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(0)

3か月振りの畑

そろそろ春の気配がしだしたし、冬の決まり事である「たき火」も一度もやっていないから、と11月末以来、3か月振りに畑にGO!

たき火では秋まで頑張っていたトマトやナスの枯れ木や、葉っぱが落ちたラズベリーの剪定をして、トゲトゲのシュートも全部燃やします。もちろんその中にはたき火番のみなさんへのご褒美も。
e0151091_18290861.jpg
おやつを手から取るとき、権蔵はとても優しく取るのにピーチは野生を感じさせる^^;
e0151091_18292341.jpg
ラズベリーと違って、トゲなし種を植えたブラックベリーはワイン色っぽい長いシュートが、なんとなくカゴ編みに使えそうなので、燃さない^^ ブラックベリーのシュートは、伸びた先が地面についた途端、再びそこからすごい勢いで根が出てきます。天地無用か。ちょっとでも土について根っこが出たしたところは、すかさず全部掘り返して取り去らないと、あっという間に畑中が占領されそうな勢い。
e0151091_18294173.jpg
シュートは、とりわけ寒い間に赤が濃くなります。その色が見えるようにするには、フレームバスケットよりプレートがいいかなと思って編み始め。もうそろそろツルの手持ちは減っていますが、これば、ちょっと残ったヤマブドウをフレームに。真ん中の芯は、今日部屋に掃除機をかけていたら棚の後ろに落ちていたのをみつけた、太い葛を二つに裂いて編んだ後の残り。
e0151091_18423171.jpg
今年の初夏になったら、この上にブラックベリーを摘みたいものだ♪

by nicecuppatea | 2016-02-21 21:15 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(0)

いつもの雨の日曜日

今週は週末二日とも雨の予報ですー(- -;)

でもやることは変わりません。朝5時半に起きて、畑に今週分の野菜を収穫に行って、ジョギングして、ワンズの散歩して、バスケット編んで…ただ、雨だと全部のプロセスが短縮されたり、ちょっと手間がかかったり、ゆっくりになったり。

先日、畑ではまだトマトが採れていると書きました。ウチのトマトは毎年、支柱も立てずに藪のまま放置。いまだにジャングルのまま(^_^;)
e0151091_17443242.jpg
もうこの時期になってくると地面と同化しているようにも見え、ほぼ地面を這うツル植物のよう。なっているトマトの様はほぼかぼちゃ。
e0151091_17444901.jpg
近くの農家さんの畑で、脇に放置されているミニトマトはまだ抜いてなくて、真っ赤になった実が地面にボタボタ落ちたまま。ちょっと青かったり割れたりしても全部採って食べつくす私にはちょっともったいなくて。「なんであれ全部食べないんだろう」と私が言うとダンナは「農家の人は『なんであれ全部食べるんだろう』って思っているよ」ま、そうかも^^;

雨だとワンズもまったり。
e0151091_17433278.jpg
こちらはまったりというよりちょっと怖いですが。
e0151091_17450093.jpg
明日も雨みたいだよ~


by nicecuppatea | 2015-11-14 17:50 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(2)

割れトマトの利用方法

ここのところ、なかなか晴れない日が続いています。週末もあいにくの天気でした。まぁ、秋雨前線が停滞する時期だから、しょうがないですね。

でも畑は水が足りていて、ナスも、サトイモも生き生きしてきたし、聖護院大根や白菜といった秋冬野菜の種まきの後も、ずっとお湿りがあって、発芽は上々♪

唯一、雨になると途端に大変になってしまうのがミニトマト…。よく雨に当たると「ひびが入る」と言いますが、むしろ「破裂」する感じです。それらは全て熟したものばかりだから、そのままにせず全部収穫!一緒に植えてあったバジルも、花が付いてしまったので、先っぽの花穂を刈り取ります。花が付いてしまうと葉っぱが茂らなくなるので。
e0151091_21325630.jpg
破裂トマトは、そのまま置いておいたらすぐにぐちゃっと潰れてしまいます。時間がなくてもとにかくすぐに洗って、ミキサーにかけてジュースにしちゃう。
e0151091_21332069.jpg
昨日の夕飯は、前日の残りのキーマカレーに1カップ半ぐらいのトマトジュースを足して再び火にかけ、油で素揚げしたナスと煮込んで、バジルの花穂をザクザクと刻んでたっぷりトッピング。ナンと一緒に食し、昨日までとは違ったフルーティな一品に。何にしても二日目のカレーは裏切りません。

一日中降ったり止んだりだった昨日、破裂トマトをソースに加工したり、タカキビを脱穀して調整したり、割れたスイカを綺麗にしてソースを作ったり…

手間はかかるし、長時間やってもあまり仕事が進んだカンジは残らないんだけど…なんというか、「すっ飛ばしながら生活している感」からちょっと抜け出せたような錯覚。





by nicecuppatea | 2015-08-31 20:57 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(0)

マイペースの夏野菜たち

昨日も書きましたが、雨の畑で、大きくなったスイカはみんな割れてしまっていたので、草ボーボーになった畑のスイカを、綺麗に抜いてしまうことにしました。本当はもうちょっと植えておきたかったんだけど。

スイカのツルはまだ頑張るつもりでいたらしく、小さいスイカたちもまだついていました。それらももれなく収穫。小さいのに律儀に縞が入っていて、思わず飾ってしまいました^^
e0151091_17190950.jpg
もう夏は本当におわりか。

でも他の野菜は、葉の色が深くなり、雨を受けて勢いを増したように見えます。ナスもようやっと今頃になって葉っぱが大きくなり、大きな実がたくさん成りだしました。今年はピーマンやしし唐にも、なぜかカメムシが全然つかず、豊作豊作♪

ブルーベリーぐらいのおおきさの小さな黄色いトマトは、雨の中でも割れることなくツプツプの実がたくさんついてて、かわいらしい。
e0151091_13070486.jpg
前にも書きましたけど、肥料もいれず、土もそこまで良くない畑ですが、きっと野菜たちはみんな自分のペースで育っているのだろうと思います。スイカは終わったけど、ヒトサマの畑のスイカはこの辺ではお盆のころには終わっているところが多かったから、ウチは頑張ってくれたほう。

「ひとつもならないのでは?」と、この私でも心配になるぐらい、なかなか大きくならなかったかぼちゃも、お盆ごろからは見るたびに実の数を増やして、大きくなってきています。
e0151091_17191842.jpg
そもそも、肥料をたくさんいれたり、支柱をたてたりして綺麗に野菜を育てるよりは、こぼれ種ででてきた苗を生ゴミやたまった落ち葉をつかって放任で育てて、そうやって育った野菜に実がなればいいじゃないか、というぐらいの感じで野菜を育て始めたので、畑の土はそれほどよくありません。必ずしも大きくて質の良い野菜ができるわけではないけど、それぞれの苗が夏から初冬にかけて、細く長く野菜を提供してくれます。

もしかしたら、そもそも野菜自体もそこまで急いで大きくなりたくなかったんじゃないか…なーんて思うこともあります。肥料があることで自分の本来のペースより早く大きくなっていたら、苗自体が疲れて、もっと早くに枯れてしまうんじゃないかとも思えて。

まぁ、ほったらかしでいい加減な菜園家のいいわけですね。でも私自身もどっちかというと自分のペースを守ったタチで、ヒトサマより成長が遅いタイプだったと思うので、ちょっとそんな説を擁護したくなったのかも^^




by nicecuppatea | 2015-08-30 17:22 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(2)

雨が割り、夏が終わる

もう夏休みも全部とっちゃったし、週末しか休みがないから、この土日は気合いいれて畑仕事するぞ~!…と思っていたのに、雨。

ここのところずっと、ウチのあたりは雨が続いていました。こうなると草刈はできないけれど、とにかく畑に行って、1週間でたくさん実が付いているであろう、ナスやピーマン、そして残りのスイカなどを採ってしまわなければ。

1週間おいておいただけなのになっていたスイカの位置がわからなくなるほど草が深くなっています。

それだけじゃなくてスイカのツルや葉っぱも元気がなくなり影が薄くなっているから、全体的に草に埋もれていく感じ。

で、ほぼフルサイズに育っていた小玉スイカは長雨にさらされて、ほぼ全て割れていました。
e0151091_13065278.jpg
トマトも熟したものは、みんな口を開けたように割れちゃって。

こうやって割れてしまった果物や野菜は、処理にちょっと時間はかかりますが、我が家ではもちろん全部収穫してきて、何かと加工します。

スイカはワンズのおやつにしたり、Pの野菜スープ(権蔵はお腹がゆるくて今のところ合わず)に入れたり、種を取ってジュースにして調味料加えて焼肉の漬け込みダレにしたり。で、トマトは全てトマトソースに。

こういう手間をかけだすと、なんか季節が変わったなぁ、と感じます。

夏が、終わったのか。



by nicecuppatea | 2015-08-29 13:11 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(0)

自分で採った野菜は安全といいますが

この間テレビで「ニラと間違えて販売された有毒のスイセンの葉を食べて食中毒」というニュースが流れていました。販路を通じて流通したものなら何度となく防ぐポイントはあっただろうに…と思いつつヒトのこと言えない過去が(^^;

まだそんなに家庭菜園をしていなかった頃、通りがかった道に生えていた葉っぱを「これ、ニラだ」と私。「ゼッタイ違う」とダンナ。そうなると聞かないところは昔からなので、じゃあ、料理してみようよ、と数本持ち帰り家で茹でました。

で、私が一口かじり、「…ごめんなさい…」

たぶん、スイセンではなかったと思うけど、邪気なくダンナを殺す可能性もありましたね(^^;

スイセンは葉っぱがニラより白っぽくて、根本はニラとは違い球根(ニラは地下茎です)。何よりちょっとツメで歯を気づ付けた時の匂いが全然違う…と今なら間違うはずもないと思うのですが。

「だからもう変なもの食べさせることなんてないから大丈夫っ!」…といっても今一歩「採ってきたもの」を料理すると、いまだにちょっと不安げなダンナ。最近は畑のモノだからもう大丈夫だから。

5月とは思えない暑さが続いていて、畑の早生種のベリーはまだ五月半ばというのにもうこんなに大きくなってます。
e0151091_19044343.jpg
心なしかすでに色が入ってきたような。こりゃあ、私がアメリカに出張している間に収穫、始まっちゃいそうだなー。

本当に、こんなに早く、夏が来るのか。

by nicecuppatea | 2015-05-17 19:11 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(0)

野草園

土曜日の朝は毎週、ジョギング前に畑に。そもそも季節菜園家で、通年まじめに面倒をみているわけではありませんから、野菜も、ないときは何もない(^^;

今あるのは、宿根草やもともと畑にあったりしてほとんど雑草化しているもの。フキはベリーを植えた畑の土手に毎年生えてきます。大きめのフキだけど、春先は結構柔らか。

去年、暑くなってから煮物にしたら、なんだかロープを煮たみたいで、さすがの私も食べれなかった。先週煮たらおいしかったので、今のうちにたくさん煮てお弁当のおかずにしようかと思い、大量に収穫。
e0151091_21452042.jpg
下茹でして皮を剥きます。まだ半分だけだけどすでに指の先がアクでどす黒くなってます。
e0151091_21460374.jpg
後は勝手に畑に生えているものを収穫。大きくなったノビル、あちこちに地下茎が散らばって畑中に生えているニラ、フキ、赤く見える茎はルバーブ。これを数センチに切って黒砂糖とレモンで煮ると、果物のジャムみたいになるおいしい茎。日陰に生えていてちょっぴりしかないけど、1回分のヨーグルトにかける分ぐらいにはなりそう。
e0151091_21461181.jpg
フキは畑では収穫に集中して、ウチに帰ってきてから葉っぱを切り落とします。畑の脇に植えてあるアケビのツルもとってきたので、その葉っぱもとりました。ものすごい量の葉っぱくずがでますが、これらは全て屋上のプランターの土を潤すものになります。
e0151091_21461911.jpg
今まで若干持て余し気味だった広い屋上に最近、大きいプランターを大量に購入して設置。畑に行く度に土を持ち帰り、生ごみや落ち葉、ツルくずなどを埋めたり、根元にマルチ代わりに敷いたりしていたら結構よい調子。

集合住宅というのは土から距離があって、生ごみやカゴを編んだツルくず、プランターの枯れ草などを庭に埋めたりはできないので、普通は疑問を持たずに可燃ごみの日にゴミに出すものかもしれないけど、その選択は私には昔から一切無い(笑)せっかく土を潤す有機物と陽の当たるスペースがあるのだから、何とかウチでいろいろが循環する無理のない「流れ」がつくりたかったのです。

プランターも古材をリサイクルして作りたい、真夏も水をやり続けて屋上で果菜を作りたい…とパーフェクトを目指していたらどうもうまくいかないこと数年。それが今回、嫌いだけどプラスチックの大きなプランターをまとめ買いして、ベリーが忙しくて水やりがおろそかになる、猛暑の夏はベランダ菜園はお休みすることにしたら、ぐんと気が楽になりました。

やりたいことばっかり一杯あって。それらに優先順位をつけて「これは無理」って潔く認めるのになんと時間がかかったことか(^^;;



by nicecuppatea | 2015-04-25 21:48 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(0)