「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ピーチ&権蔵( 4 )

再びの花見

今週は土曜日が出勤になることから、今日が先んじて休日。まだ行ける!ということで再び狭山湖畔へお花見に。

明日が雨の予報だから本当に今日が最後。やはり桜がバックだと何となくめでたい図になります^^

e0151091_21325962.jpg
e0151091_21331760.jpg
前回、今回と、近くの森の中を通って狭山湖まで片道2キロほどのお散歩。今年14歳になるピーチと足がとても短い権蔵と、すぐにツルを採りたくなる飼い主が歩くと、ものすごく時間がかかります。

前回、今回と行きかえりに半分伐採されていたようなスイカズラや篠竹やヤマフジ、葛のツルをこれだけ拾ってきました。いったい誰の散歩だったのか。
e0151091_21341079.jpg
葛とヤマフジは輪っかに。スイカズラは葉っぱをとって枝を切りはなし、茹でられるよう輪っかにして準備。篠竹はカゴ編みの芯ように葉っぱ取り除きます。
e0151091_21334991.jpg
「混ぜればゴミ、分ければ資源」という言葉は、ゴミ出しだけでなく私のカゴ編にも当てはまります^^ これでいくつのバスケットが編めることか♪ この何となく「つながっていく」カンジがいつも好きで、一人自己満足に浸っています。別にの山のツルはそのままでも無駄にならずに土に還っていくんですけどね…。

「つながる」ということでいうと、おととい月曜日、大方の雨の予想に反して好天に恵まれた(関東北部の)ニンジン畑で、児童養護施設のお子さんや会社のヒトたちと、生産者さんがもう出荷しないで捨ててしまう予定のニンジンを掘り返して、たくさん頂くイベントを行いました。

畑に「根っこ」として生えているニンジン、指先にとまるテントウムシや土からでてくるヨトウムシの存在。そして今とったニンジンがお昼のカレーに入ってる…そんなひとつひとつのシーンがしっくり頭の中でつながるような機会が少ないのが都会のお子さんなのだそう。
e0151091_21343143.jpg
e0151091_21372448.jpg
やっぱり「つながりの回復」って、色々な意味で、今みんなが欲しいものなんじゃないかなぁ。ちょっとこじつけすぎかなぁ。


by nicecuppatea | 2016-04-06 21:42 | ピーチ&権蔵 | Comments(0)

ワンコの能力

さて、トレーリング犬トレーニングの通訳時の話を今しばらく。

個人的には犬と暮らすようになって13年、一応基本的な服従訓練に夫婦ともどもピーチを連れて通ったり、本読んだりはしていたので犬関連の話…っていえばなんとなく想像つくんじゃないか…と去年初めてこの仕事に行った時は思ったもの。が、昨年同様、今年も何かにつけて想像もしていなかった犬の潜在能力を見せつけられ、私の薄っぺらい予測はことごとくくつがえされたのです。期間を通じて私が参加犬を見ていた率直な感想は、単純に

犬ってすごい。

…ということ。よく犬の嗅覚は人間の何万倍…なんて話を耳にしますが、臭いは見えないし、人間はそもそもそんな臭い、嗅ぎ分けられないから「へぇ、すごいね」という実感の伴わない賞賛の言葉で終わってしまっていました、私の場合。

今回、トレーリンングをやったことのない犬たちも、落とした帽子の匂いを嗅いで、その臭いを拾いながら、ほぼその人の通った道をなぞって100メートルほど先の「帽子の持ち主」を探し当てることができるのを見ました。講師の話を聞き、犬たちのそぶりを一つ一つ見ていると、人間には全く感じられないとてつもないスケールの「臭いの世界」で犬が生きていることが見て取れます。

犬が集中して臭いを拾い、時にそれを見失い、もう一度臭いを見つけてそれを追いだした時、風に流された臭いを追いかけて、臭いの溜まり場を行ったり来たりしながら、最終的には臭いの跡をたどって、臭いの元までたどり着いた時、その犬の行動を見ることでのみ、人間も臭いを見ることができる気がしました。それで初めて「犬の嗅覚は人間の数万倍」ということが実感として感じられたような。

すごいのは、この訓練をしたことのない10数頭の犬たちがおやつやおもちゃで「やる気満々!」な状態になった時、みんなができたってこと。これはもう、犬がみんな持っている能力なんですね。そう思うと月並みだけど、畏敬の念が湧きます。

同じ言葉はしゃべらないけど、こちらが彼らの行動を読む術さえあれば、彼らの並外れた能力をもっと実感できるし、犬たちはそれを人間に伝える術を持っているんだな、と。
e0151091_21083723.jpg
e0151091_21094529.jpg
君たちを見る目がまた少し変わったよ。きっと私たちにもっともっといろんなこと、言っていたんだろうなぁ。



by nicecuppatea | 2015-10-14 21:11 | ピーチ&権蔵 | Comments(0)

元保護犬トリオ

週末、迫りくるブルーベリーに急かされるように畑に赴き、気が付いたらへとへとですでに日曜夜。

「帰ったら早く寝よう」とダンナと話しながら夜9時過ぎ、本日最後のワンズの散歩。近くの緑道をぐるりと周り、早々に帰って寝るつもりでした。

ウチへの帰り道、文字通りウチの「隣」に、住宅の一階を解放した居酒屋さんがあります。庭を通って居間のサッシを開けて店に入るのですが、庭にはワンズも一緒に座れる5席ほどのテーブルがあります。その前を通りかかると、お友達犬のブン太くんとママパパさんが一杯やっていました。

実はブン太くんも権蔵が我が家にやってきたすぐあとぐらいに譲渡団体「ちばわん」さんから来た元保護犬。多分シーズーとミニチュアシュナウザーのミックスではないかな。

もちろん権蔵のことも知っていて、どうそどうぞ、と席に招かれました。

しばらく談笑していると、ほぼ閉店状態のマスターが我ら二人にジョッキビール2杯を持ってきてくれて、マスター家のワンコ、ベンちゃんと一緒に加わります。ベンちゃんも「ちばわん」の卒業生。ビーグルを少し大きくしたような全身赤っぽいブラウンの、見栄えの良い仔。

みんなと仲良く挨拶すると、もう権蔵はうれしくてうれしくて。ヒト一人づつにしなだれかかるように挨拶しては腹を見せ(笑)「キミ、愛想いいねぇ!」となでられさらに大サービス。

こういう時に限って、写真撮るもの何も持ってない^_^;

そう言えば権蔵は、昼 の散歩でも、86歳の、最近飼い犬を亡くしてさみしがっているお婆さんの横にピッタリくっついて離れなかった。お婆さんは、しきりに「来てくれてありがとう〜」と権蔵に言っていました。

先日、私の愛読する「ほぼ日刊イトイ新聞」の糸井さんのエッセイにも、こんなことが書いてありました。

ー以下ホームページより抜粋ー
新しい家族を迎えた人たちが自分で言うし、ぼくがはたから見ていても思うのは、「あのこ」が来てから運命も変わったということだ。(中略)「運気を連れてきてくれたんだねえ」とか言ってたが、なんか、それはこういうことかもしれない。

犬や猫のような小さいものを幸福にしたから、そのお礼として、犬や猫がお返ししてくれたんだよ、きっと。いちどは死んだかもしれない犬や猫のことだから、幸せについてはわりと義理堅いんだ、たぶん。
ー抜粋ここまでー

一年前なら「いやいや、そんなイイ話ばっかじゃないでしょ」と完璧に懐疑的だったろうと思う。でも今日なら「これが真理なのか?」って、ちょっと思うかも。

あんなに疲れてたのに、むしろ元気になって帰宅。

糸井さん、その意見、正しいと思います。
e0151091_20435311.jpg


by nicecuppatea | 2015-06-16 08:37 | ピーチ&権蔵 | Comments(4)

西伊豆散歩日和

ずっと念願だった、西伊豆岩地への旅行から帰ってきました。

どーしても行きたい…というのはワンズの為というよりは、私がここでたくさん、簡単に集められるアオツヅラフジを採取したいから…と家庭内では言われていますが、やはり静かな海岸、寒くもなく暑くもない気候。ここはワンズたちに目いっぱい楽しんでもらいたいところ。

土肥あたりまでくるとPはなんか匂いを感じて「海ね」とわかるらしい。なんか久しぶりにキリッとしてるね!
e0151091_17232855.jpg
権蔵も負けずに。
e0151091_17245548.jpg
この辺の海も十分きれいだけど、西伊豆も岩地まで南下すると、人も車もめっきり少なくなり、それだけ海もきれいな気がします。伊豆半島を南下してきたら、ずいぶん季節も進んだカンジ。
e0151091_17292888.jpg
ひさしぶりの海岸。この時期浜辺は独り占め状態。12歳半のピーチですが、久しぶりの水に気分はかなり上がったらしい。まだまだ若いね!
e0151091_17234431.jpg
権蔵も負けずに。
e0151091_17235540.jpg
なんとなく今回の旅行で、(さらに)キャラが固定したカンジです(笑)

今まで近所の川では絶対水に入らなかったのに、今回はピーチを追ってザバザバ水に入っていきました。調子に乗っちゃったのかな。そういうとこ、あるから(^_^)

海岸線には権蔵の、熊のような大きな足跡。あとからこれだけ見た人は、どんな大きな動物が歩いたんだろうと思うだろうなぁ(^^;
e0151091_17241186.jpg
本題のツル採りに関してはまた改めて。


by nicecuppatea | 2015-03-09 17:32 | ピーチ&権蔵 | Comments(0)