カテゴリ:屋上菜園( 18 )

屋上菜園、繁茂中。

暫く留守にしているうちに、屋上のプランターは随分緑が濃くなっていた。
e0151091_20230850.jpg
e0151091_20233472.jpg
このツルなしインゲン2種類はかれこれ10年ぐらい、毎年種を採っては作り続けているもの。矮性なので、場所を取らずに後から後から実をつけてくれます。

豆は若いうちはインゲンマメとして、完熟したら莢から出してスープなどに入れておマメとして頂きます。
e0151091_18510407.jpg
成長がゆっくりなニンジンも成長中。
e0151091_20235144.jpg
先日、役目を終えたさやいんげんの下から、見知らぬ苗が顔を出していたので、引っこ抜いたところ根っこはクルミだった!クルミの木ならウェルカムですよ、とあわててポットに植え直し~
e0151091_20240764.jpg
種のとんだイタリアンパセリはあちこちで育っているので、今年のウチの緑黄色野菜の中核を担ってくれそうだし、スパイスの瓶に種がとってあり数年植えていなかったフェンネル、去年とれたニガウリの種も埋めておいたら数本が発芽。

これからの屋上の灼熱の気候に合うと思われる植物たちなので、畑には移植せずこのまま屋上で育ててみることにします。これからの時期、屋上では1日の水やり忘れが命取り。朝ちゃんと余裕をもって出勤支度して、水やり頑張ろう。
by nicecuppatea | 2017-06-18 19:00 | 屋上菜園 | Comments(0)

ベランダ菜園の芽吹き

毎年この頃になると「今年こそベランダ菜園をきちんとする」と書いている気がしますが、今年もその時期がやってきました。

最近、日が長くなってきたから、朝起きて一番に外に出てみる。
e0151091_20334781.jpg
こぼれ種からでてきたカモミールが満開になってた。まったく手を煩わせない孝行もの^^

とはいえ、ほかに芽吹くものも、種を撒いたモノよりは、毎年のことだけど勝手に出てきたものの方が多い。今年も会えた、トマト。
e0151091_20340688.jpg
なんだろうこれ。
e0151091_20341787.jpg
と思ったら、となりから芽吹いた方がまだ種のカラを付けていた。
e0151091_20343232.jpg
スイカだー!大切に育てて、畑に移殖しよう。

秋に種がとんだイタリアンパセリも、あちこちから芽が出てきた。
e0151091_20485575.jpg
勝手に生えているわが屋上菜園。植えたものと言えば、ほとんど大きくなりません。昨年晩秋に撒いたニンジンは成長不良のまま。
e0151091_20344576.jpg
この時期になるともうあとは花が咲くだけで大きくはなりません。何であれそろそろ食べないと。
e0151091_20350214.jpg
無理やりおしゃれに食べてみた。
e0151091_20351706.jpg
明日カイシャに行ったら、怒涛の6連休!どこにもいく予定はないけど、今年こそ、屋上をワンダーランドみたいにしたいものです。


by nicecuppatea | 2017-04-30 20:56 | 屋上菜園 | Comments(0)

屋上菜園パラダイス

前にも書きましたが、我が家の屋上は、いわば私の壮大なる実験の場^^ 土はないけど、だだっ広いスペースがあるので、ウチの前で集めた大量の落ち葉、畑の土、さんさんと降り注ぐ太陽を使って、生ゴミを分解しつつ肥沃な土で食物を循環させたい、と。

数週間まえ、プランターからウリ科らしい何かの芽がでてきました。通常かぼちゃを食べた後の種を生ゴミとして埋めると、大量発芽するのですが、よく見るとかぼちゃの双葉より若干小さ目で緑が濃い。ではキュウリか?というと、キュウリより葉っぱが大きく茎が太い。はて?

このように、屋上「生ゴミ菜園」は、でてきた芽がなになのか、時々すぐにわからないことがあります^^; 台風が去り、たくさん水分を含んだプランターでは、さらに大きくなったツルにいくつか実が付いていて、受粉したらしく少し膨らんでいました。
e0151091_21065345.jpg
これはどうも冬瓜っぽい♪ 去年、一度くらい買って食べたかな。屋上で生ゴミ堆肥から発生した冬瓜を育てて、食べる、という発想に、なにか心躍っています。

冬瓜だけでなく、いくら水をやっても屋上砂漠と化してまるで葉っぱが茂らなかった8月が終わり、台風が2つ過ぎ去ってみたら、十分水を吸ったプランターからは様々なものの芽がでてきています。

冬瓜の下からでてきたのは、たぶん唐辛子。
e0151091_21070470.jpg
スイカはそこら中から。
e0151091_21071837.jpg
ミニトマトはだいぶ取りそびれたから、房から落ちたものが集団で発芽。
e0151091_21073327.jpg
実は数か月前から生えてきて抜きそびれた梅や柿、去年さんざん採ったアケビやヤマブドウの子孫であると思われるものも。
e0151091_21084363.jpg
こうして考えてみると、普段の生活でなら「生ゴミ」として捨てているモノにも随分と命がはいっているものがあります。土に戻ればこうしてまた有機物を作りだすのだから。

スイカもトウモロコシも、季節上は今から生えてきても実がなるには遅すぎますが、適当に大きくなったところで引き抜けば、それはそれで、有機物堆肥として、土を肥やしてくれるでしょう。

トマトや唐辛子は、屋上の熱と、ビニールハウスかで何とか年末ぐらいに収穫ができないか試してみたいものです。

そんな風にして全部が屋上のプランターの中でまわっていったら面白い♪ まさに、パラダイス。




by nicecuppatea | 2016-09-06 21:10 | 屋上菜園 | Comments(0)

屋上菜園 2016年・夏!

昨年以降、だだっ広い屋上をなんとか有効に使えないか、と屋上生ゴミ菜園を本格的に初めて、今年は2期目。真夏は砂漠のごとき乾燥と酷暑の環境になり、我ら人間もブルーベリーの収穫で疲れ果てるから、無理はせず、暑い環境で少々水が切れても育つトマトだけにしよう、という方向性を固めました。。。去年は(笑)

それから色々なことが起こり、我らも畑での学びを若干蓄積し、「どんなスペースからも有効に食物を生産する必要」が顕著になってきた今日この頃。植物がどんどん育つエネルギーあふれた夏は、できるだけ屋上を食物生産に使いたい、と改めて戦術変更。実際、ちょっとの工夫とポイントの絞り込みで、少なくとも去年までよりはちゃんとしたものが収穫できるのでは、という確信が芽生えてきたのです!(考えつくことだけなら、よくあることなんですけどね~^^;)すでに若干水が少なめで黄色い葉っぱも見えますが、それなりに茂ってきています。
e0151091_20373493.jpg
作戦として、広い場所と深めの土を要して乾燥に弱い、ナス、ピーマンなどの夏野菜、スイカ、サトイモ、サツマイモ、ネギ、キュウリなどは、畑に。毎日摘み取って使いたいニラやパセリ、根っこが浅めのツルなしインゲン、小松菜、矮性ズッキーニ、そして乾燥と強い日でりが果実の質を良くするトマトなどは屋上の深めのコンテナで、主に生ゴミと冬に集めた落ち葉で作ったたい肥で。
e0151091_20374578.jpg
e0151091_20375411.jpg
e0151091_20380242.jpg
猫の食費がかかるし、今年はさらに、自家再生した野菜で胃袋を満たすことを目指そう。

by nicecuppatea | 2016-07-13 20:40 | 屋上菜園 | Comments(0)

晩秋の収穫

引き続きベランダネタで失礼します。

昨日書いたサフランに加え、ベランダに色を添えてくれているのがトウガラシ。昨年の唐辛子からのこぼれ種ででた芽をプランターに移植して育てたものが、ようやっと赤い実をつけ始めました。
e0151091_18084650.jpg
プランターは土の量も限られていて、あまり大きくはなっていませんが、せっせと生ゴミを足しているからか、それなりに実が付いています。ベランダは西向きだし、日差しがあれば日中はまだ半袖でもOKぐらいあたたかい。まだ頑張ってほしいもの。

畑ではまだトマトも採れています。熟すまでの時間がかかるからか、真夏のトマトより絶対甘い気がします。
e0151091_16325733.jpg

霜が降るまで、まだ細く、長く、収穫をつづけるつもりです^^

by nicecuppatea | 2015-11-12 18:09 | 屋上菜園 | Comments(0)

屋上サフラン農園

昨年、ウチで使用しきれていない大きなスペースである60㎡ほどのベランダを何とか有効利用しようと、そこにプランターを置いて「サフラン」を育ててみることにしたのでした。

3階建て集合住宅の最上階であるウチは、居住スペースとベランダスペースがほぼ同じという不思議な作り。その野外スペースが魅力でここに住んだようなものなのに、いざそのスペースを使おう…と思っても、やれバスケット編みだ、ワンズの散歩だ、畑のブルーベリーだ、とやっているとなかなか手が回らず、汚いままで早2年。去年、粘土質で硬い土の畑ではなく、毎日目が届くベランダで台所の生ゴミを有効利用しながら農園的スペースを作ってみよう、それには…

・ あまり多くの人が作っていないもの
・ プランターで栽培可能で、でもそれなりの価値があるもの
・ 生ではなく、ドライにして在庫所持が可能なもの
・ できればちょっとおしゃれなもの

…を選んで育ててみよう、と思ってサフラン!となったのでした。まだまだうまくは育たないけれど、そもそも生ゴミの有効利用という発想から始まったのだし。無価値から価値が生まれれば何にしても成功じゃないか、と。

花弁、雄しべ、雌しべの色の組み合わせもなんだか神秘的。
e0151091_21072970.jpg
毎朝、咲きそうな蕾を摘み取り…
e0151091_21230148.jpg
そこから細くて赤いめしべだけを取りだして、乾燥。
e0151091_21081871.jpg
微量を軽量できる量りも買って、0.5グラムづつ包装してみた^^
e0151091_21082747.jpg
大して量はないけれど、計量して詰める作業がいつもより精密で楽しい(^_^)

次回の狭山市楽市楽座で陳列してみようと思います~


by nicecuppatea | 2015-11-11 21:09 | 屋上菜園 | Comments(0)

屋上衣替えのメニュー

先日ふと気がつけば、サフランの球根を保管してるプラ容器の中で、すでに球根全員がトドの牙みたいな白い芽を出し始めていて、大変なことになっていました。
e0151091_21032830.jpg
早く植えないと〜!

しかし、プランターの半分はまだ旺盛に茂っているバジルが占拠している一方、去年に比べてサフランの球根の数も増えています。仕方なくバジルの木一本を使い切るつもりで思い切った夕食メニューを即席で開発。ついでに他のバジルの花芽も全部摘み取る!料理に、来年の種採り用に…
e0151091_21031456.jpg
鶏胸肉を叩いてひき肉状にしたものを前日の夕食残りの油淋鷄のタレとちょっとの胡麻油で焼き付けます

で、そこにこれでもかとむしり取ったバジルの葉をあたかも小松菜のような量で投入。もちろん葉っぱは刻まずそのままで。ツボミや花もしごきとってそのまま加えます。
e0151091_21033870.jpg
そこにクミン、コリアンダーシード、ピーナツやゴマの入ったシーズニングラボさんの「デュカスパイス」と残っていたタコライススパイスも入れてエスニック野菜炒め風に。

で、炊いてあった五穀米にぶっかけてワンプレートランチ。
e0151091_21035136.jpg
人にわざわざ作る料理じゃないけど私的にはいろいろな意味で満足度の高い昼ごはんでした^^;

バジルも野菜として使えるってわかった!

by nicecuppatea | 2015-10-21 18:52 | 屋上菜園 | Comments(8)

生ゴミ菜園の芽吹き

秋になってきて屋上砂漠状態を脱した生ごみ菜園のプランターが息を吹き返してきました。

せっせと生ゴミを埋めたプランターからはたくさんの芽吹きが。小松菜を撒いたけど、周りに目立つのは、トマトやスイカ、かぼちゃの芽。あまりたくさん芽が出てきたので「もやしのように食せないものか?」と思ってネットで調べたけど、苦くてだめらしい。
それにしてもこんなこと、私の他にも考えているヒト、いるんだな^^
e0151091_20055225.jpg
何年も前に編んで傷んできたカゴを捨てたプランター。
e0151091_19002979.jpg
そろそろ土を切り替えそうか…とカゴの下にスコップをいれてひっくり返したら、私でも「ぞわ~~!」と思うほどたくさんのカブトムシの幼虫がいっぺんにでてきた^^;; 手編みのかごはカブトムシのエサにもなる…というのは嬉しい発見ではありましたが、絵面は好き嫌いがあると思うので、写真は差し控えます(笑)

この間はサッシの狭間でサナギになったクロアゲハの幼虫を見つけたので「念のため」と思ってそばのカボスの鉢植えをチェックしたら、なんと小さな鉢植えにあと9匹も幼齢の幼虫がついてたんだ。申し訳ないがこのままにしておいたら小さいカボスの木が坊主になっちゃうので、全員まとめて近所の市民緑地の、同じ柑橘系の大きなカラタチの木に引っ越してもらったんだった。もうムシのお母さんたち、狭いところに見境なくたくさん卵生み過ぎ。

でも、プランターの土の中にはちょっと固めの枝や昔編んだバスケットの木の皮など、繊維質の硬いものがまだ結構混じっているので、頑張ってカブトムシ君たちにもう少し分解してもらいましょう。もう少し大きくなったらあまり寒くなる前に、君たちも向かいの里山に移住してもらうからね。

グレートネイチャーを思うままに操作しているワタシ^^;

by nicecuppatea | 2015-10-06 17:57 | 屋上菜園 | Comments(0)

屋上ぷち生態系

よくウチの屋上を「生ゴミ菜園」などと言ったりしますが、最近、わたしはどうも「菜園」をつくることより、ゴミを出さずにウチの居住範囲で有機物を分解するプチ生態系をつくることの方に興味の中心があるんじゃないか、と自分を分析したりしてます^^

プラスチックの大型プランター15個ほどを屋上に設置したのは昨年の晩秋。「屋上サフラン農園」を夢見て、畑から持ってきた土の中にサフランの球根90個ほどを植えたところからはじまりました。

冬の間は、ウチの前の桜並木の落ち葉を拾い集めて、生ゴミと土とサンドイッチにしながら、さらにカラのプランターを埋めます。

夏には埋めた生ゴミから無数に出てきたトマトの苗をそのまま育て続け、かなりの量を収穫。水やりはとぎ汁とか、台所で野菜を洗った水だとか。できるだけ「水道からくんだそのまんまの水」じゃないもので賄うことに情熱を傾けたかんじ。

今日はジョギング帰りにそばの駐車場で2,3本ヒメツヅラフジのツルを採ろうと思ってダンナがひっぱったら「どっさり」ツルのかたまりがおちてきたので、それを屋上でさばく!
e0151091_19094753.jpg
この塊を両手で抱えてマンションのエレベーターに乗った私は間違いなく不審者だったでしょう。でもいいの。こんなにツルがとれるんだから♪
e0151091_19100570.jpg
葉っぱは日に当たると結構カサが減ります。再びこれもトマトが終わったプランターの中に生ゴミとサンドイッチにして埋め込んだり、猛暑を乗り越えてまた復活してきたボルロットインゲンのプランターの表土の上に撒いて、マルチにしてみたり。
e0151091_19102367.jpg
こんな生ごみ分解生態系の上に生えてきた、多分炒めものにつかった唐辛子の種から伸びた苗も、ゆっくり育て続けたところ、成長は遅いですがたくさんの実をつけ始めてくれています。
e0151091_19103615.jpg
屋上で出来るだけのものを分解して、その「ぷち生態系」の上にでてきた新しい命はできるだけそのまま生かしてそれをまた食卓で頂く。

たぶん、私が興味あるのは、野菜作りそのものっていうより、そんなつながりを再生することなんだな、きっと。

同じくウチの畑でも生ゴミのかぼちゃの種からでてきた苗から、ことしもこんなかぼちゃが。あまり大きくないけれど、それはよし!
e0151091_19092368.jpg

by nicecuppatea | 2015-09-22 19:15 | 屋上菜園 | Comments(0)

屋上農園より

熱波に襲われた関東内陸部の我が家あたりでは、昨今の気候では屋上はすでに亜熱帯以上。水さえあげれば夏野菜はぐんぐん伸びます。

こぼれ種から生えたトマト以外に植えているのが、毎年種を取って育てているボルロットインゲン。モロッコインゲンみたいに幅広のつるなしインゲンですが、熟してくるとさやに鮮やかな赤っぽい縞が入ります。未熟果のまま摘み取ってインゲンとして食しても良いのですが、とにかく今ウチでは、冷蔵庫に入れなくてよいものはとにかく冷蔵庫からだし、あらゆる冷蔵スペースをブルーベリーに譲ることになってます^^

封を切ってしまった粉類、穀物類はまだスペースのある冷凍庫に。根菜類は常温で。野菜はできるだけ食べられる分だけを買ったり、畑から採ってきたり。

そんなこともあり、食べられる以上に採れた野菜は乾燥加工を心がけている今日この頃。ボルロットインゲンも莢が乾いてきたものから、雨に当たる前に摘み取って乾燥させます。
e0151091_22135261.jpg
やっぱり、ブルーベリーがなかったとしても、出来ればわざわざ電力をかけずに、常温保存できるようなに自家製野菜の加工ができれば、なお良いなと思います。

by nicecuppatea | 2015-07-14 22:16 | 屋上菜園 | Comments(0)