「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ムギのこと( 13 )

ねこだらけ

ここのところ、実家への行き来が何かと増え、ムギの顔を拝む機会が増えました。数週間に1回、行く度に増えているムギのおもちゃ。聞けば、ネコ好きの近所の方が「ムギちゃんへ」といって持ってきてくれるのだとか。
e0151091_19284086.jpg
おまえ、おもちゃもらって、みんなに遊んでもらって、ひとり用屋上庭園作ってもらって…プリンスか(^^;
e0151091_19265182.jpg
たくましく男っぽくなったムギは遊び方も結構荒っぽい。目下のお気に入りはほぼ体と同じ大きさのイヌのぬいぐるみ。同じ首輪をしてまるで兄弟みたいに見えるのですが、

ぐわッ!…と喉笛に噛みつくと、振り回してケリケリして。
e0151091_19271700.jpg
もうぬいぐるみクンは傷だらけ。
e0151091_19273649.jpg
お疲れさんです<(_ _)>

一晩実家に泊まり、ウチに帰ってきてみたら、もう押入れじゃ抑えが効かなくなったウミ一家が、以前の権蔵のクレートに再びお引越ししていました。明るくなって表情も良くみえるようになりました。
e0151091_19422928.jpg
ちょっとあげてみたら、離乳食も食べた!
e0151091_19413988.jpg
なんだか最近、突然「ねこだらけ」になったカンジ。おーい、チビ太ぁ、大変なことになってるよう。
e0151091_19464071.jpg


by nicecuppatea | 2016-03-31 19:48 | ムギのこと | Comments(2)

ネコたちの世代交代

久しぶりに実家に泊まり、ムギに会いました。

最近毎日ウミを見ていると、ムギが雄々しいトラのように見える(笑)もうすぐ2歳、骨格ががっしりして、顔だちも男っぽくなり、すっかり成猫になったな~。ちょっと目が出てるというか、目が離れているのがたまにキズ…いや、個性だ。
e0151091_13372381.jpg
一緒に暮らしたのは生後1か月のころのたった10日間だけど、その頃は人懐こくて、遊んでいる間に寝ちゃうようなかわいいヤツだった。最近はツンデレで通しているらしい。抱っこは嫌い、自分のタイミングでしか人に寄ってこないくせにさびしがり屋。一緒に遊ばないと明らかに顔が怒ってくるし、うち中の壁で爪とぎして主張するらしい(恐)

それじゃ、かわいくないじゃん…と心配になりました。里子に出したのは私たちなので、かわいいか、かわいがられているか…というのはいつになっても気になるところ…。

「かわい~わよ。人の言う事よくわかるし、しっぽで会話もするし、よってこないくせにさびしがり屋だし。」と、かわいくないところが可愛いらしい。そういえばチビ太も似たタイプだった。

いろんな猫が、私たちの生活に登場しては、消えていったなー。

チビ太の写真の前に花を飾るようになり2か月。萎れた花は生ごみなどと一緒に屋上のプランターの肥やしになります。が、飾っているうちに綺麗に乾いてきた花は捨てられず、成り行きでドライフラワーに。

e0151091_13381115.jpg
e0151091_13382961.jpg
さすがにこういうのは、非売品だし^^;;

ドライフラワーなんて、仔猫がたくさん部屋を走り回りだしたら、格好の遊び道具になってあっという間に滅ぼされるだろうな(笑)それも、世代交代の一環か。



by nicecuppatea | 2016-03-08 20:17 | ムギのこと | Comments(0)

ムギ近況

母の日も近いし…ということで、ムギの様子を見がてら、実家に1泊。

あの日、ムギを拾った時に近い季節になってきました。とはいえまだ1歳にもなっていないのに、大猫に。

実家では順調に情が移っているらしく、行く度にムギがどんなに特別なネコなのかを説明されます(笑)必ずしも豊かでないボキャブラリーの中から、聞きだした話を整理するとどうも

・呼ぶとしっぽで返事する
・外出して帰ってくると、じーっと玄関で待ってる
・猫草は食べないけど、大根葉やホウレンソウが好み
・手を使って(手の先に水のしずくを付けて)水を飲む
・モノを投げるとワンコのように持って来いをして遊ぶ

などということがポイントらしい。ただ、時々見に来るとそんな特徴よりとにかく大きくなったなぁ…というところが目につきます。

こんなちっちゃかったのに…
e0151091_21102387.jpg
寝顔の本質は変わらないながら、全体的に醸し出す迫力が増した…。
e0151091_21104161.jpg
チビ太がいる時に言うと傷つくから言えないけど、この真っ直ぐで長ーいしっぽが、ステキ。
e0151091_21132862.jpg
どうかこのまま、幸せに。


by nicecuppatea | 2015-05-08 21:13 | ムギのこと | Comments(0)

バスケットとムギ

昨日は、翌日の会社スタートが早かったため、都心に近い実家に泊まり
…というのは口実で、やはり頻繁にムギの様子を見てみたい^_^

すっかり若猫になったムギ
e0151091_21224716.jpg
はっきりしてきた面白い性質もいくつか。
・ワンコのように「もってこい」で遊ぶ
・「もってこい」のおもちゃは、私がもっていった和綿の花のガク。
・水はお皿では飲まず、コップからか、水道からの流れ水か、
 コップに手を入れて、爪先についた雫を舐める

「もってこい」で和綿のガクを走って持ってくると、編みかけのバスケットの中にポトリ。ムギ、出来すぎだ(^^;
e0151091_21240144.jpg
結局、今日は端っこの処理だけで、取っ手をつけるところまで至らず、できあがらなかった四角いバスケット。まぁ、このままドライフラワー入れにしてもいいか。
e0151091_21245295.jpg
あさってのジョンソンタウンのワンデーマーケットに向けて、明日はまた、編みこむ予定。下の編みかけの大きいのも、四角いバスケット。明日には完成予定~♪
e0151091_21243174.jpg
前回のマーケットが終わった時、「今回は次のマーケットまで一か月ある!」と思ったものですが、2月はちょっと短いんですよね。あっという間に過ぎていきました…

春はもうそこですね。畑がそろそろ動き出す………


by nicecuppatea | 2015-02-27 21:28 | ムギのこと | Comments(0)

ムギ守り

昨年夏縁があって、我が家の拡大家族の一員となったムギ。ウチの両親が正月に2泊ほど旅行に行くというので、当初の約束通り、そういうときは私が「ムギ守り」に行くってことなので、正月休み最後の2日間、ムギと過ごすために実家にお泊り。

両親ともに2日もいなくなるのは初めてで、淋しさの極地のムギ。
e0151091_20355251.jpg
犬のようにおもちゃの「取ってこい」をしたり、台所のシンクで水道の蛇口から流れる水をシャワーをアタマから浴びるようにかぶりながら、したたり落ちる水を飲んだり。面白いムギの生態を改めて発見。ネコって個体ごとにこうも嗜好が違うものなんですね(^^;

私は基本的に「そこにいる」ことが仕事だったので、山のようなツルを手元に、贅沢な編み時間を過ごしました。手元に残っている少量のツルをまとめて持ってきていたので、まずそれをテーブルに張り付けて、平たいバスケットを作ります。
e0151091_20352712.jpg
こちらは底が編めたところ。黒い所はヒメツヅラフジ、赤茶とカーキ色のところはアケビ、白っぽいのはヤマフジ。で、縦芯はブルーベリーです。雑多なツルを統一感なく編み込んだだけですが、何となく色が模様っぽくなるのが興味深いです。
e0151091_20353622.jpg
結局小さいのばかり4つを手がけました。まだ二つ、作りかけだけど。これで来週日曜日のジョンソンタウン・ワンデーマーケットのテーブルに乗せられるものがちょびっと増えました。
e0151091_20360653.jpg
実家滞在中、久々に東京で時間があったので、数時間、デパートや書店をうろうろ。たまたま寄ったデパートでエスカレータで通り過ぎた階の宣伝に「日本の職人展」とな。なんか気になり、エスカレータで通り過ぎた階に逆戻り。そこには、鋳物、革職人、木工、機織り、とさまざまな伝統技能をその場でデモンストレーションしながら作品を販売する職人さんたち。カゴ編みの人はいなかったけど。

そもそも革好きな私。鞄をつくって売っている若い女性の職人さんのところを通りかかったところ、「余り革で作りました」という540円の小さいバッグの数々に目が釘づけ♡ 安いものばっかりで職人さんに申し訳ないけど、勢いで大人買い♪
e0151091_20361584.jpg
平べったい4つはカード入れに。ボストン型のもののひとつはウチの机の上の印鑑入れにしよう。もう一つは、社内で通訳する時にストップウォッチとして、腕から外して使う腕時計立てに。ちなみに、普通会議通訳者は、常識としてストップウォッチを携帯するものなんです。これで通常15分計って、ペアの通訳者と交代しながら仕事するんですけど。。。この会社にきてもうX年。私はいつもパートナーの通訳者が持っているであろうストップウォッチを頼りにして生きてきました。なんとずうずうしい。理由にもなりませんが、なんかストップウォッチ買うのがイヤで。

それじゃだめじゃん、と改心し最近はジョギングのタイム計測にも使っているProtreckのごついスポーツウォッチのストップウォッチ機能を通訳の時の時間計測にも使っています。(ええ、会社にスーツ着ていく時も、山登りする時も、時計は一緒です。まるでTPOがない私^^)

腕時計を丸めて、この革のミニチュア・バッグに立てたら、なんか素敵じゃないですか。うれしくなる買い物でした。

ムギ、またね。




by nicecuppatea | 2015-01-06 21:10 | ムギのこと | Comments(0)

半年の成長ぶり

わが家の生活にムギという生命体が突然「降ってきた」のは今年の7月19日。当時、生まれて1か月ぐらいだったと思われるので、ちょうど生後半年ぐらいになったことになります。
e0151091_21200194.jpg
ウチにいたのはたった10日ほどですが、そうとは思えないほど強烈な印象を残していきました。その後、男気を見せて頑張り過ぎたチビ太が生死の境をさまようほどに弱り果て、同居はやはり無理と判断。私の実家に婿入りしていきました。以来、ここ数年ないほど、私も実家を頻繁に訪れています。これもムギの大きな策略の一部だったのか(笑)

でも婿入りした当日はまだ若干不安そうに見えて、送り出すこちらも切なく感じたもの。
e0151091_21253908.jpg
その後、1か月に1,2回、様子を見がてら実家に滞在するようになりました。実家に滞在する時でも忘れずに編みかけのカゴを持っていく私(笑)ムギの興味の対象に。
e0151091_21274823.jpg
e0151091_21263271.jpg
まだ仔猫の面影がずっと残っていたのですが、昨日泊りに行ってみたら、「あれぇー!」というカンジ。
e0151091_21281633.jpg
長いしっぽはそのままですが、小さい顔や大きな耳に「もしかしてかなり洋猫の血が入ってる?」と思っていたものですが、今じゃ正真正銘、立派な日本猫ですわ。
e0151091_21283528.jpg
反抗期の顔してるなぁ(^^;;

by nicecuppatea | 2014-12-26 21:29 | ムギのこと | Comments(0)

ムギその後

ムギが私の実家に引っ越したのは夏の前半戦の頃。わずか10日しかウチにいなかったのに強烈なインパクトを残していった小さな台風。

見つけた時は雑木林の縁で、半濡れの仔猫だったのに。
e0151091_20375846.jpg

e0151091_20381536.jpg

とりあえず綺麗にしたら…
e0151091_20384576.jpg

ちょっとは落ち着いて。
e0151091_20394249.jpg

さんざん遊んで、あっという間にいなくなって、我が家はしばし抜け殻に(-_-;)

その代り、台風はずっと静かだった我が実家に移動^^
e0151091_20403043.jpg

今では、すっかり若猫になりました。
e0151091_20405979.jpg

居間ではレースカーのごとく部屋のソファの「背もたれ」を走り、椅子の背から椅子の背へと文字通り、部屋の中を「飛んでいる」かのよう。

最初は若干その激しい元気ぶりに引いていた両親。無理ならすぐに引き取るつもりでしたが先日様子を見に行ってみると、なんだかんだでもう不可欠な家族の一部のようにも見えました。
e0151091_20427100.jpg

目下の最大のおもちゃは、スーパーのレジ袋を結んで丸めたもの。それを投げるとワンコのように取りに行って、くわえて戻ってくる!それも何度も繰り返します。あまりにはしっこくて、私のカメラではとらえるのは無理^^;

前世は犬か?

…と思ったら、お留守番の時に入るケージの中には、棚に飾ってあった、和綿のドライフラワーを一つづつとっておもちゃのように遊び、ガクからとれたコットンボールを大事に自分のケージのひとところに集めていました。
e0151091_20412865.jpg

前世はリスか?

いずれにしても、これからも興味の尽きない生命体♪

元気に大きくなるのだよ。
by nicecuppatea | 2014-09-20 20:43 | ムギのこと | Comments(0)

最後の夜

おとといの夜あたり、「ダメかな?」と思うほど具合の悪かったチビ太。生気がなく、口を半開きにしてよだれを流し、触っても呼んでもまるで反応がありませんでした。その後抗菌剤が効いたのか、今日あたりようやく毛づくろいや爪とぎを再開。何より生気が戻ってきた気がします。

本当のところはわかりませんが、やはり獣医さんが言うように、「仔猫疲れ」だった可能性が高いような。だって本当にムギはイヤになるほどしつこいから(^^;

エサを食べても、くつろいでいても、何をしていてもチビ太が動いてさえいれば後足で立ち上がって両手を広げ、飛びかかっていきます。最初は優しく首筋をかみお仕置きしていたチビ太ですが、徐々に助長してくるムギに最近は高速ネコパンチを繰り出すようになりました。二匹のやりとりが明らかに日々、迫力を増しています。

だから、これでよかったんだと思います。

明日、ムギは私の実家に引っ越します。そんなことを知ってか知らずか、昨晩は私とダンナの傍らに交互にぴったり寄り添って寝ながら夜を明かしました。
e0151091_7132784.jpg

e0151091_7135157.jpg

いじらしいけど、起きている時このウチで今一番ブイブイ言っているのも間違いなくムギ(笑)

ここ10日ばかり私たち人間は猛暑の中の最盛期のベリー摘みで疲弊した上に、毎朝3時からのムギの運動会で寝不足と疲労の蓄積が顕著です。チビ太はムギに気を取られるあまりあやうく死にそうになったし(笑)

明日、この家を去れば、熟年ばかりのこの小さなウチでは一度は火が消えたようになるでしょう。いつもムギの寝ていた猫タワーのてっぺん、お釜の中、ドライフラワーの影、ふっとんできたカーテンの裏側。いなくなってもしばらくはそこに、ムギの影を見そうです。

でもきっとこれからは今まで日が消えたようだった実家の両親の元、小さな明かりをともす豆電球みたいな存在になること間違いないでしょう。きっと私も今までよりマメに実家に連絡するだろうし(^^

ムギ、ありがとうね。きっとかわいがってもらって一番幸せな猫になるように。

また会いに行くから。
by nicecuppatea | 2014-07-29 23:06 | ムギのこと | Comments(0)

夏の思い出

ムギが来て以来、チビ太はずーっとムギから目を離さず、自分のところにちょっかいをだしにくると、首筋を母猫のように噛んでいさめたりとか、面倒見の良い所を見せていましたが、ここ数日、かつて見たことがないほどに具合が悪くなってしまいました。

なんだか毛づくろいをしないので、体中の毛がぼさぼさ、生気がなくて最初は食べてもすぐ吐いてしまいました。

根っからの医者嫌いのチビ太をなんとかケージに押し込み、再び階下の獣医さんへ。ケージの中ですごい権幕だったので、その中から出すのを諦め、問診と外から見た様子で先生が色々と診断してくれました。先生の見立てでは、腎臓が弱っているなど、そもそも既往症はあるのだろうけれど、ここ数日のムギの登場で「仔猫疲れ」と考えて間違いないのでは、と(^^;

薬をもらって、餌を変えて、今日はちょっと生気が戻ってきたかな。この寝方なら、そこまで具合が悪そうにはみえませんね。
e0151091_19374023.jpg

一生懸命面倒を見ているようなチビ太でしたが、実は好きでやっていない場合もあるのだそうな。それでもやらなきゃ、と思ってずーーっと目を離さず、おしっこに砂をかけていないとかけてやる大人猫もいるらしい。チビ太はそこまでではないけど、ごはんも、トイレもムギに譲ったりしています。

ムギはウチに来てほぼ10日。倍ぐらいの大きさになったように見えます。結構口がおごっていてカリカリを上げても食べないくせに、隣で同じ餌をチビ太が食べ始めると自分も真似して食べ始めます。
e0151091_19391648.jpg

何をしても怒らない権蔵は大好き。でも遊ぶのはもっぱらシッポ(笑)
e0151091_19394255.jpg

ヒトが何かしていると、どこにいてもそこに飛んできてちょっかいを出します。猫タワーの下段を使ってベリーのパック詰めをしていた私を上の段から覗きながら眺めていたムギ。気が付いたら、首をだらんと垂らしたそのままの姿勢で爆睡していました。
e0151091_19404115.jpg

ここのウチで一緒に過ごすのもあと三日。日に日にリラックスしているムギを見ていて、行った先でもこんな風にすぐなじんでくれることを祈るばかり。
e0151091_1941565.jpg

ムギの起床時間(というか、起きて走り回っているのに私が気づく時間)は午前3時。それから睡眠に戻れることなく、5時過ぎにはワンズの散歩、そして畑。内陸性気候の我が家のそばの畑では、朝であろうが、厳しい暑さ。消耗は結構高まっています。ブルーベリーの枝にはまだまだ若い実がたくさんついていて、まだシーズンがしばらく続くことを物語っています。
e0151091_1943435.jpg

畑の向かい側には、地元の私立高校の野球部のグラウンドがあります。おととい県大会ではベスト8までで負けてしまったけど、今日も声出して練習していました。去年は、練習の間のBGMは「ファンモン」だったけど、今年は「EXILE」か「ゆず」だった。女子マネジャーの好みかな。暑い夏、ゆずの曲、ブルーベリー、そしてムギ。それが今年の夏の思い出となりそうです。
by nicecuppatea | 2014-07-27 19:47 | ムギのこと | Comments(0)

ムギに明け、ムギに暮れる

最近、毎朝四時前に置きて畑、、、その後私は会社、ダンナは再び畑の日々がつづいています。1つぶづつブルーベリーを摘み取って毎日5キロとか採れます(- -;)炎天下でそれをやると、もはや立派なスポーツ。

もう一つ我々の消耗を加速させている理由がこれ。
e0151091_2052346.jpg

結局今月30日に私の実家に里子にでることになりました。あと一週間かぁ。。。最初はどうなるかとおもったけれど、予期に反してチビ太が立派な父性を発揮して、遊んでやったり、いさめたり、遠くから見守ったりしていて、ムギもイヤ〜な顔しながらチビ太のザリザリの舌で顔中を舐めあげられています。こんなに仲良しになるとは。
e0151091_20522916.jpg

でも、今日あたりは、まるでムギのちょっかいに乗らず、朝から吐いた後は、床でべちゃんと寝ています。明らかに育児疲れ(笑)階下の獣医さんによると、そんなに面倒みるのは結構父性が強い子の証しとのことでした。意外だっただけど、チビ太、ここにきて猫を上げた(^^; 最初は「チビ太と合わないかもしれないからウチでは飼わない」と思って手放すことを決めた手前、心境的には複雑なものもありますが、きっと子供が自立して静かな家になっている実家の両親のところで、かけがえのない存在となって可愛がられることでしょう。誰もが幸せになってくれれば、それが一番。

それにしても、仔猫ってこんな生き物だったっけ…と10年ぶりくらいに思う今日この頃。

何でも興味を持ち…
e0151091_20532076.jpg

どこでも入り…
e0151091_20542253.jpg

良く食べ…
e0151091_2055242.jpg

よく寝ます。
e0151091_20574065.jpg

仕事で疲れている、いい年の私達のテンションを無意識にあげてしまうような存在。いなくなったらきっと「ムギロス」があるに違いない。でも獣医さんがダンナに曰く「あなたのことだからまたすぐ拾うわよ」

別に、また拾うことを期待してるわけじゃないけど…心のどこかに、いなくなってしまうことの言いようのない寂しさもあるような。いやいや、この狭い家の中に既に大の大人が二人、大型犬が2匹、猫が一匹住んでいてすでに飽和状態。物理的にもう無理なんだからこれでよかったんだ…それに火が消えたような実家にまたポッと小さな灯りがともればなおさら。。。な〜んて、まだまだ、心はそんな風に行ったり来たりしています。でも…手放す日が来るのが怖いのは、事実(^^;
by nicecuppatea | 2014-07-24 20:57 | ムギのこと | Comments(2)