カテゴリ:野菜&実の加工( 42 )

夏の保存食、冬の保存食

今年は天候不順で、スーパーなどでは葉物野菜が高値のようですね。それでも最近健康のために…とよく食べるようになったサラダに、サラダ用の野菜が足りない今日この頃。

一向に上達はしませんが「畑で野菜を作っている」という自負があるのか、自分では店で野菜はほとんど買わないワタシ。

そこではたと思いだす。夏にキュウリなんかが取れすぎて困った時に、成長不良の野菜をピクルスにしたんだった。
e0151091_15423945.jpg
e0151091_21165721.jpg
とりあえず大きくならなかった最後のスイカも酢漬けにしてみたところ、大晦日の今、サラダピクルスとして食べごろ^^冬野菜の大根の酢漬けもいっしょに使おう。
e0151091_21174255.jpg
それを、まだ持て余し気味の冬瓜をピーラーで薄く削ったモノと、ダンナがスーパーで買って来た半額レタスを加えて混ぜてみたら、それなりに色のあるサラダになったような。
e0151091_21185562.jpg
夏に持て余し気味だった野菜だけど、小さなものもとりあえず捨てずに加工しておいてホント、よかったなぁ…と大晦日にヤサイたちに再会して思ったところです。

そういえば、'夏は冬にあこがれて、冬は夏に帰りたい~♪'ってoff courseの歌が昔あったなぁ。そうだよなぁ。

寒の底も近づく大晦日ですが、ウチは平常運転です^^

みなさま、どうぞよいお年を。







by nicecuppatea | 2017-12-31 16:03 | 野菜&実の加工 | Comments(0)

クリスマスも保存食づくり

我が家のクリスマスは、ダンナの誕生日。
e0151091_19250500.jpg
手作り好きの奥さんがいるとはいえ、お菓子作りの腕にまだ全幅の信頼を得られておらず、ダンナはケーキを自ら手配。

その他、近くにパエリヤの宅配屋さんができたとかでそれもオーダー。なんだ、私の作るものがないじゃないか。

…と思いましたが、終わってみれば私はほぼ1日中、台所に立っていました。それは…
e0151091_19263074.jpg
引き続きの保存食つくり^ ^

最近の最強兵器は「暖房前吊るし」梅干し用の乾燥ザルに、トウガンの薄切りやら、ショウガの砂糖煮やら、スーパーで買った安売りの椎茸やら、何でも並べて干す♪

大根の葉っぱも全て切り落とし。根っこも切ってのこさず切り干しに。
e0151091_19273624.jpg
e0151091_19280284.jpg
権蔵も大根畑のアクセスは無制限♪
e0151091_19282241.jpg
ショウガは砂糖漬け、大根は切り干しとピクルス。葉っぱは煮物と権蔵の日々のスープ用に軽く茹でてから冷凍。
e0151091_19290047.jpg
そんなことしているからクリスマスやお誕生日料理がおろそかなんじゃないか。

それでもこれで畑の恵みが冬を越すと思うとね〜。今日もひたすらトウガンと大根を刻む日々。


by nicecuppatea | 2017-12-26 18:26 | 野菜&実の加工 | Comments(0)

果てしない保存食づくり

なんだかあっという間に冷えた気がする今年の冬。そんな中で今年(も)奮闘しているのが保存食作りです。ウチの保存食づくりといえば、そのまま置いておいたら悪くなるものを、その前になんとかする手段。

今年、今までになくたくさん採れたショウガ。そもそもこれを植えたのは、たくさん採れたとしても長期保管が簡単にできそうだからなのに、保存するのが育てるより難しいカンジだったのは想定外。

ショウガは高温多湿を好むので掘り出したあとは、13ー15度で湿度99%で保存するのがいいらしく、9ー10度になると腐ってきてしまうらしい。

…難しい〜。

寒くなるまで畑に放置しすぎたからか、掘ってきて暖房の入ってない部屋に1ー2日置いたらすでに端っこから所々綿毛のような白カビが~!!ええ〜?そんなに繊細なのか。

と、いうことで出来るだけ速やかに加工して保存する方法を模索することとなりました。

まずはとにかく薄切りに。
e0151091_19254465.jpg
で、夏の赤梅酢残りで(薄)紅生姜。
e0151091_19260952.jpg
細かい部分はさらに千切りにしてゴマ油漬けに。冷凍にするより油につける方が繊維が硬くならずに保存できる印象なので。
e0151091_19263107.jpg
これから砂糖漬けもつくりますよ。

カラスにつつかれて穴のあいたトウガンは屋上にならべてできるだけ低温で保存しつつ、煮物、中華スープ、サラダ、味噌汁に利用しながら、更にどんどんさいの目切りにして冷凍にもしていましたが、そろそろ冷凍庫のスペースもなくなってきました。ということで、今日は細切りにしてヒーターの前において1日乾燥!
e0151091_16113802.jpg
e0151091_16121336.jpg
トウガン1個が、ザル1杯ぶんぐらいになりました。これなら常温保存できてサラダや煮物に使えそうだし、何より追い立てられて使う必要がなさそうでうれしい~

秋に拾って冷凍していたヤマグリもちょっとづつ渋皮煮に。
e0151091_16135756.jpg
e0151091_16141732.jpg
山に落ちているヤマグリはわざわざ拾わなければいいし、カラスにつつかれたトウガンや悪くなったショウガはそのまま畑に放置すればいい…

というわけには、どうしてもいかないんですよねえ〜(笑)  



by nicecuppatea | 2017-12-15 18:55 | 野菜&実の加工 | Comments(0)

秋の恵みを摂り込み、編み込み…

ここのところいつにも増して台所仕事をしている時間が長くなっていると感じます。

何度も書くのは気が引けますが、10月終わりの体重測定(だから健康診断)に向けて約2ヶ月でおよそ3キロ半ほどの減量目標を置きまして、それを今の季節に自然からいただく恵みをありがたく、たくさん取り入れながら達成したいという、何とも都合のいい方法で達成できないかと考えているのですf^_^;

昔から誰からも「よく食べるね〜」と言われる私。いかなる減量目標があっても食べないという選択肢はありません。ましてや山や畑の恵みを頂ける秋であればなおさら。身近に調達したもので大量に食べれるものを調理するのがカロリー減らして、お金は節約できる道ではないかと。

とは言え、手間がかかる。だって…
e0151091_08204618.jpg
ツルと一緒に、ジョギング中にゲットしてきたこういう細々したものまで生かしたくなるから。こちらはムカゴとキクラゲ。キクラゲは冬瓜の中華スープの具に。ムカゴは虫が食っていた山グリを綺麗にしたのと、畑で採れたタカキビといっしょに玄米と炊いて、それが毎日のお弁当用ご飯になります。タカキビも畑での収穫が終了したところ。
e0151091_08442825.jpg
つい数日前、ジョギング帰りに、いつもチェックしてるバス停脇の山葡萄のツルがだいぶ短くなってるのを発見。やっぱり私以外にもツルやヤマブドウを欲しい人がいるんだよね〜!…と思って下を見たら、切り落とされた枝は全部そのまま下に放置されてました。バス通りの見通しを良くするために誰かが切ったのかな。見れば実がついたままのものもあったので、素通りできずこちらも拾って帰ってきた。世の中の人はみんな、こういうの、別にいらないのかなぁ~。私はどうしても素通りできいないのだけど(笑)
e0151091_19505820.jpg
こちらは葉を落として実とツルを分け…
e0151091_19511403.jpg
実のほうは、よく洗って安い赤ワインに浸けて保存(後にジャム作りなどに混ぜて使用)。ツルのほうはさっそく編みかけのかごの中に編み込まれて頂きました^_^
e0151091_08431390.jpg
書いていて改めて気づいた。忙しいなら、やらなくても大勢に全く影響がないことばかりだ(笑)でも、あれこれと動き回り、大量の山の幸をカバンに詰めて通勤するからか、肝心の体重は微減中。それ、大事なところ^_^

by nicecuppatea | 2017-10-18 08:00 | 野菜&実の加工 | Comments(0)

夏の後始末と、さらなる秋の気配

昨日の夕方は、激しい夕立で引き続き、畑はまだ水っぽい。長雨があると、季節が進む気がします。

昨日採ってきた小さなキュウリと、小さいまま、長雨で割れたチビスイカ。
e0151091_19554210.jpg
どうなるかわからないけど、スイカも小さ目に切って、あるものと一緒にピクルス液につけてみた。これで真夏は瓶詰にして終わりかな。
e0151091_19552141.jpg
ここのところ近くの林のクルミが落ち始めて、毎朝ジョギングに行くダンナがビニール袋に拾って帰ってきてくれます。時期的には少し早い気がするけれど、もう皮が黒くなって落ちてるから大丈夫か。

そして、その林からも近いバス停脇。法壁の上から垂れたヤマブドウにもう実が付いてた。ツルと一緒に実も回収。こうしてみると、もう秋の図。
e0151091_20251510.jpg
同じくバス停脇にはこんなのが生えていた。ホウキタケ?いや、さすがに手は出さないけど。
e0151091_20283263.jpg
夏の匂いがしている間にも、季節はこうして目に見える形ではっきりと、変わっていくんですねぇ。バス停のそばでこんなのが見つけられるのに気づいてしまい、明日から朝、バスに乗り遅れないように気を付けよう。



by nicecuppatea | 2017-08-20 20:43 | 野菜&実の加工 | Comments(2)

梅雨明け前から 夏本番…

ほとんど雨らしい雨も降らないまま、関東地方では昨日、梅雨が明けたんだとか。これから文字通り、夏、本番です。

生命の維持が危ぶまれるのでは…と思うほどの灼熱の屋上で、他の植物は日中、葉っぱがしょんぼりと下を向いてしまうほどなのに、そんな時こそ元気に育つ野菜があります。

それがモロヘイヤ。種まき後の成長が芳しくなく、まだ小さいのですが、ここのところの猛暑で毎日目に見えて勢いを増して育っています。
e0151091_21250107.jpg
e0151091_21225626.jpg
手抜きでも自家栽培の夏野菜の恩恵を受けたいワタシみたいなヒトは、こういう、気候にあったものだけを育てればいいんだな…ということで、タネを蒔いたらたくさん芽が出た小さい苗を株間を広くとってたくさんのプランターに移植中〜。今は毎朝先っぽだけを摘み取って、ナスやキュウリのみじん切りと天つゆを混ぜて山形の夏メニュー「だし」風に。これでは私には「こってり感」が少なすぎるので、これを素麺に乗せて生卵も乗っけた朝ごはん。
e0151091_21224763.jpg
そして昼はナスと青紫蘇、ししとうの天ぷら、夜は焼きナスのマリネ…

メニューは変わっても登場野菜の顔ぶれは変わらず(^^;; とにかくたくさんできるものをどんどん食べよう。

すでにブルーベリーの収穫も本格的に始まっています…がどうも作業ふかが年々きつくなっている気がして、さてこのままシーズンおわりまで行けるかどうか。

とりあえず、今週土曜日の狭山市楽市楽座の出店に向けて準備中です。
e0151091_21223016.jpg
こうして
こうして部屋でザルに干しておくと、ネコたちがかわるがわるやって来ては、そーっと一粒づつ口にくわえてはどこかに持って行き、それを追いかけて遊ぶので目が離せません。

こうして文章に書いてみると「かわいい」おこないだけど、ウチ中の床のあちこちにベリーが転がってる状況…やはりフツーの光景じゃ、ないですからね…。

by nicecuppatea | 2017-07-19 18:02 | 野菜&実の加工 | Comments(0)

畑で生えたものは余さず使う

15年以上家庭菜園をやっていても、万年初心者で今年も、不思議なくらい植えたものが大きくなりません^^;

今は本当なら春大根とかキュウリとか、色々な野菜がある時期なのですが、まだまだまとまって収穫できる完成した野菜がありません。いくらベリーがあってもお弁当のおかずにはならないし。近くのスーパーも改装のため休業中。それでも野菜は食べたい。。。ということで、あるものをかき集めることに。

ちょっとづつ、統一感のない野菜の切れ端、前日の煮物などが残っている時に何か一品作るための強力な味方は、おからで作る「卯の花」。おからは、ウチでは権蔵が毎日食べるので、常備してます。干し野菜や、あれやこれやの野菜の切れ端を調和してくれて、それが前日の煮物の煮汁の残りなどをいれるとその旨みの沁み出た煮汁をよく吸ってくれて、なかなかの一品に。

今日は干しシイタケ、干しておいた大根の皮、シソジュース用に煮出したあとのシソの葉を刻んだもの、春にとったタケノコのオイル漬け、畑の間引きゴボウなどと、前日の肉じゃがの残りの煮汁を使用。
e0151091_21033608.jpg
e0151091_21034777.jpg
一歩間違えれば間違いなく生ごみですな。

間引きゴボウの葉っぱも一度は試しに茹でてみたけど、さすがに苦みが強すぎたので、こちらはホントの生ごみ入れに。最終的には屋上菜園行き。
e0151091_21031878.jpg
残りの間引きゴボウと2,3個実ったシシトウはきんぴらに。
e0151091_21035718.jpg
こう書くと、すごく丁寧な手作り生活しているみたい…に聞こえますが、「そんな風な」写真をとるのに時間をかけて、何のことはない、時間内に十分おかずがつくれなくてメインはカップラーメン…なんてこともあるわけですよ(^^;

結局、すべてがきれいな話で終わるわけではない。でも、とにかく色々な余り物を使って一品二品できた、という事実を愛でる毎日です。

by nicecuppatea | 2017-06-27 18:54 | 野菜&実の加工 | Comments(0)

ジャム三昧

個人的には、5月のイチゴの時期が、その年の「フルーツカレンダー」の始まりのような気がしています。実がついてから冬を越すユズやカリンは置いといて、その年に花が咲き、実をつけるフルーツのトップバッターのような気がするのです。それを合図のウチの畑近辺でも、梅、カラント、アンズ、桑、ブラックベリーと、「実好き」の私には野山や畑から目が離せない時期が続きます。

ヒトはどうでもいいじゃないか、と言うかもしれない。でもなっている実をそのままボタボタと落としておくことは実好きとしては、耐え難い…どのような実も、ついつい採ったり拾ったりしては様々に手を加えて利用したくなるのです。

ウチの近所にアンズの木が2本あります。完熟すると木から落ちるタイプの果実なので、落ちたところを拾うのが醍醐味。さすがに生食はよろしくないので、余すことなく加熱加工して活用。

アンズはジャムやアンズ酒にするのが一般的。となると、落ちた時にひび割れてしまったものは他の人も拾いません。でも、じつは「杏仁」とよばれる種の殻の中の核の部分も漢方薬として重宝されているし、何より手作り「杏仁豆腐」のもとになるのです!と、いうことで、果肉が使えなそうなものも含めて、落ちているアンズは全て回収。種のカラを割って杏仁を取り出します。
e0151091_17394593.jpg
綺麗な果肉は、よく洗い砂糖をまぶして火にかけ、ぐずぐずになってきたら去年の残りのアンズジャムと混ぜて利用♪ヨーグルトの友となります。
e0151091_17440615.jpg
先日熟した、今年初のブラックベリー2,3粒も、同じく2,3粒、木の下におちたグーズベリーと、ちょっとだけ残っていた昨年とったブルーベリーの冷凍と混ぜ、砂糖をまぶしてレンジでチンする。
e0151091_17380203.jpg
1分半ほどで、立派な生ジャムっぽくなります。
e0151091_17383158.jpg
まったく、ジャムにするものが多すぎて。まあ、はなから採ったり拾ったりしなきゃいいだけなんですけど(^^;



by nicecuppatea | 2017-06-21 20:04 | 野菜&実の加工 | Comments(2)

自家製グーズベリージャムで…

先日、生でも加工でもおいしくない…と書いた我が畑のグーズベリー。
e0151091_17061592.jpg
それはグーズベリーのせいではなくて、私の育て方や土壌によるものかもしれない。だからグーズベリーを責めることはできない。でも、おいしくないのは事実(笑)

グーズベリーはイギリスでは昔からあるベリーだそうで、初夏に生クリームとエルダーフラワーの香りを合わせたフールが最も有名な食べ方では。(私の中では)お金がなくてデザートを買えなかった留学生時代、バイトしていた苗木屋の住込みの庭師さんが夏のおやつに作ってくれたのを食べて、正直、今までの人生で食べたデザートで一番おいしい!と思ったもの。まあ、ハードルを上げてしまったのかもしれません。

実がグリーンの若いうちは主にジャムやソースにして、その後熟してブドウのデラウェアのような色になると、そのまま食べれる・・・はず。
が、生食するとウチのはどうも味が薄くて10倍に希釈したブドウジュースのよう…なので、今回は少しづつ早採りして、おいしいソースを作れるように試してみようかと。

今回は少しの水とはちみつを鍋に入れて火にかけ、最後にやはり屋上でとれたカボスの皮を削って入れました。
e0151091_14241423.jpg
ん、なかなかかも。こうやって、毎日デザートはウチの畑でとれたベリーで作ればいいじゃないか。お金もかからないし、木を増やしちゃったけど売り物にできないラズベリーとかグーズベリーがいっぱいあるんだから(苦笑)

…な~んて思ったけど、今日、2時頃までバタバタと余裕のない仕事をしたら、ひと段落ついたところでどうしても気分転換したくなり、お昼休みがわりに、会社の近所に新しくできた台湾の甘味屋さんに吸い込まれるように入ってしまった。
e0151091_17012243.jpg
手作りデザートもおいしいけど、正直、やっぱり売ってるのには、負ける(笑)




by nicecuppatea | 2017-05-23 18:54 | 野菜&実の加工 | Comments(2)

冬から春へ

週末、ジョギングの最中に寒い中にも春っぽい臭いを感じたので、去年から目を付けていた森の中の、とある場所で目を凝らしました。すると思った通り。
e0151091_07191906.jpg
夏にフキの葉が生えていたところに眼をつけていたのです。林の一角でそれほど日が当たらないので大きくはないですが、季節を感じさせるものは、どうしても収穫したいタチ。
e0151091_18540328.jpg
今週中にお弁当用のフキ味噌にしよう。

そして去りゆく冬の象徴、ユズ。冬の間木の上で目立っていた黄色い果実が、だんだん地面に落ち始めました。ウチのあたりは畑の際や雑木林の中など、種が飛んだのかあちこちにユズの木があります。林の中で落ちていたユズも、周りで見つけたツルと一緒に回収。
e0151091_18541976.jpg
今年はこのユズと、屋上の鉢植えで黄色くなったまま付いていたカボス2、3個を合わせてマーマレード作り。農薬を使っていない柑橘系の皮は、使い倒します。

毎年うまくいかないのですが、今回はめずらしくまめに灰汁とりなどして、たくさんある種を取り、それをまとめて水の中でよく洗ってペクチンを落とし、その水で皮と果肉を煮てみました。先日実家からもらってきた桃の瓶漬けの残り汁も入れてしまえ。
e0151091_18534917.jpg
相変わらず「素材厳選」ではなく「あるもの使い切り」型の調理ですが、ワタシとしては充分の出来。

大きな便は保存用。中ぐらいのは普段使い。入りきらなかった汁だけ詰めた小さな瓶は会社のお弁当用。
e0151091_18533104.jpg
これで、なんだか季節を刻めた気がして、勝手にホッとするワタシ^^;


by nicecuppatea | 2017-02-28 09:13 | 野菜&実の加工 | Comments(0)