カテゴリ:暮らしのアイデア( 114 )

できるだけ日常に。

チビ太に対して暖かいお言葉を頂いたみなさん、ありがとうございます。しばらくはそれ関連の話が多くなったりするかもしれませんが…もしお付き合い頂ければ幸いです。

「会社にいれば気がまぎれるでしょ」という考え方もあるかもしれませんが、どうもそういうものでもないということが、今回わかりました。打ち合わせなど、ヒトと仕事を一緒に進めている時は、泣いているわけにはいかないけど、笑顔なんてものは気持ちがどんな状態であっても、作ろうと思えばできるもんだな、と。これからは笑顔の人を見ても、「もしかしたらこのヒトは心の中では泣いているかもしれない」と想像することが出来る用になったと思います^^;

比較的すぐ休日があったことはよかった。悲しさや、淋しさは紛らわそうとするよりは、そのまま受けたほうがいいような気がして、あまり他のことをやろうとはせず、ウチでぼーっとしていたカンジです。ダンナともども。

写真を探してきて飾ったり、花を飾ったり、獣医さんにお礼に行ったり。
e0151091_17431878.jpg
それにしても、元旦の「回復ぶり」はいったい何だったのだろう。好物のエビやレバーを欲しがるから、私たちもお正月の嬉しい気分にひたりながら、おせちを食べることができました。
e0151091_17442769.jpg
「ネコはそうして、最後に飼い主にお礼をするものなのよ」と獣医さん。「もう一度、ごはんくれ、って見つめてくれないかなー」と言っていたダンナを、じ~っと見つめ、私のところには顎を撫でろと催促にきて、なでてやるとひたすらゴロゴロ言っていました。夜中にふと目が覚めて見ていたら、珍しくピーチのところに行って顔の匂いも嗅いでいた。彼なりの挨拶だったのかも。

色々あると思いだしちゃうから、ダンナはチビ太が逝った後、速攻で色々なものを片付けてた。でもまだシリンジでご飯を上げた時に引っかかれた跡は私の足にくっきり残ってるし、猫砂も時々、まだ部屋の隅のほうに落ちてます。「もう~、また散らかしてっ!」と思っていたものですが、それを片づけたらもう、ないなぁ…そんな思いがどれぐらい時間が経つと薄まってくるのか…まだわかりませんが、とにかくできるだけ日常を日常のままに過ごしていきたいと思っています。だから、明日のジョンソンタウンのマーケットも、いつもの通り、出席するつもりです!

「こんな思いをするから、もう動物は飼わない」という話も良く耳にします。そういう考え方もあると思うけど、私は何となくそうはならないような気がしています。今まで12年、一緒に楽しいこともそうでないことも「人生」を過ごしてきて、一緒にいるからこそ得た喜びがたくさんありました。お別れも含めて「くれたもの」の一つの気がして、それもしっかり受け取れればと。別れの訪れがコワいから、親しいヒトは少ない方がいい、となったら、随分人生の歓びは少なくなってしまうのではないかと。あくまで、私の個人的なカンジ方、ですけど^^

最後の晩に、チビ太の終の棲家に、と編んだバスケット。実は、火葬場で「小さいのはいいですけど、大きいのは一緒に燃やすと骨がわかりづらくなってしまうので」と、火葬を断られ、なんとダンナがそのまま持って帰ってきました。さあ、これ何に使おうか。
e0151091_17433978.jpg
もしかしたらいつか、ヤツの生まれ変わりのネコのベッドになっているかも^^


by nicecuppatea | 2016-01-09 17:49 | 暮らしのアイデア | Comments(0)

休み終わり…

がっつり休んだ年末年始の休みも今日で終わり。休みの前の日からチビ太が寝込んだので、最初から最後までチビ太一色の休みではありましたが、思い返してみると、みんなで過ごせた良いお休みだったといえます。

チビ太をダンナと一緒に階下の獣医さんにつれていくのも、私は今日で一旦一区切り。よろしくお願いしてきました。親身になって色々と見てくれる先生がウチの真下で開業していてホント、よかった。

ここに引っ越してくる時、ここが「いいな」と考えたポイントは広いベランダがあること、そして階下が獣医さんなことの二つ。(ヒトの病院は歩いて200メートルぐらい先なんだけど^^) 急速に高齢化が進む我が家の大型犬たちのことを考えると、エレベーターで下りればすぐに行ける獣医さんがあるのは、きっとメリット大きいだろう、と。先にチビ太がこんなにお世話になるのはちょっと想定外ではありましたが。

でも考えてみたらそれ以外にも住んでみて見つけた「ラッキー!」が他にもありました。ウチからすぐの森で、色々なコースのワンズ散歩ができることもそのひとつ(夏はダニだらけでダメだけど)。今日は、近くの森の神社に3度目の初詣。混雑したところはワンズと一緒に行けないけれど、ここならOK。なぜか神社の鈴についているヒモを見ると若いときから大興奮するピーチは、結局そばにまではいけないけど^^;
e0151091_19102816.jpg
神社まではカエデの落ち葉のジュウタンのような明るい冬の森を通っていきます。わざわざ落ち葉のたまったところをシャカシャカ音を立てながら歩くのがワンズは好きらしい。権蔵なんて足がみえないで胴体だけがシャカシャカいいながら前に進んでいくように見えます。
e0151091_19120337.jpg
Pはどちらかというとおやつが楽しみでさっさと歩くタチ。
e0151091_19132032.jpg
それだけじゃなくて、歩いていけるおいしいイタリアンレストランがあったり、湖を回る良いランニングコースが近くにあったり、ツルが近所で採り放題だったり…住んでみたら、通勤圏内でありながら自分たちのライフスタイルに重宝するものが身近にある場所だったなぁ、と発見することが結構ありました。

ありがたいこと、ってのは意識してみないとついつい気づかず素通りしてしまいがちなのかもしれないですね。

by nicecuppatea | 2016-01-05 19:14 | 暮らしのアイデア | Comments(0)

お休みもあと少し

ちまたは4日から仕事初めのところも多いようですが、今年は5日までお休みをもらっていて、いろんな部分でほっとしています。

チビ太の様子に一喜一憂する様子はずっと変わらず。一段と痩せてきましたが、とりあえず水は自分で飲んでくれます。最近はベランダへ出せと催促するので、午後の日差しが一番暖かい時期に数分一緒に外へ出るのが日課となりました。

ポカポカの陽気で、うれしい。風の匂いを嗅いだり、日光を浴びているのはなんか「やりたいこと」みたい。日向での写真がないですけど。
e0151091_19370755.jpg
ウチにいてやることといえば、仕事が始まってからの夕食やお弁当に困らない保存食づくりとか。初冬に取り込んだ最後のグリーントマトを冷凍しておいたのを、何となくウチにあった、赤玉ねぎ、ヤマブドウのワイン漬け(2年前に意味もなく作った)、アンズ酒を作った時につけた(10年近く前のほぼ黒くなった)アンズ、生のリンゴ、シナモンなどなどと合わせてチヤツネにしたり、あちこちでもらったゆずをまとめてゆずジャムにしたり。

最近は第3世界ショップで買ったスリランカの野菜カレーのペーストにはまり、玄米にホウレンソウカレー、玄米にブロッコリカレー、といった草食系のメニューがこの休みの間は良く食卓に上りました。
e0151091_19372667.jpg
e0151091_19373879.jpg
年末年始、もう会社を10日も休んだのか。普通なら10日も休むのなら何かやらないと大変だ!と焦るタイプで、むしろ目標がないと「ダメだ!」と思う傾向が強い私ですが、今回はただひたすら、日々を過ごす休日でした。ひたすら今日はいい天気、1日過ごせてよかった、明日も過ごせますように、と祈るような。そういうのが必要な時も、あるんだな、と。

ヤツにまた、教えられたのかな。

by nicecuppatea | 2016-01-04 19:46 | 暮らしのアイデア | Comments(0)

一富士二鷹三茄子?!

お正月の3が日、どこへ行くでもなく、朝、ジョギングして、帰ってきてチビ太を獣医さんに連れていき、その後箱根駅伝を見て、昼過ぎにワンズの散歩をして…その間におせちやお雑煮をつまむ…という、淡々とした日々。

気が付いたら正月3日間、毎日快晴で、走るたびに狭山湖や多摩湖の奥に綺麗に富士山が見えてました。で、今日。狭山湖畔で、大きく旋回しながら湖に下りてきて、うぁしゃっ!と白っぽいものを湖面でわしづかみにした猛禽類を見た!鳶か?いや、私はこれをオオタカと信じたい!

狭山湖畔はオオタカの生息地として知られています。ダンナはジョギング中に至近距離でも見たことがあるらしいけれど、私は初めて。鳶より大きかったぞ。いち富士に鷹とくれば…と、帰りがけに買い物をしたスーパーでわざわざ青果売り場のナスを「みた」^^;

「夢」に現れたわけではないけれど、実物見られたんだから、尚いいじゃないか。幸先良いかも…と何でもよいから思いたい。

チビ太は本当に「元旦の奇跡」だったのか。ふたたび全く食べない日々。無理くり口に押し込むのもいったいいつまでやってよいものか。獣医さんいわく「猫は『化け物』よ」。時折、理論的には考えられないような復活をすることがあるんだって。そうなると、こちらももう、理論じゃなく、ただ淡々と彼の調子の良しあしに付き合うだけということなんだな、きっと。

ワンズだって冬休みなんだから長い散歩に連れ出したい。こんなに穏やかでいいお天気のお正月なんだし。
e0151091_21112613.jpg
e0151091_21115423.jpg
次回のマーケットに向けて、それでも編みためたい。
e0151091_21121069.jpg
とにかくウチ周辺に張り付いた生活をしているお正月です。

by nicecuppatea | 2016-01-03 21:13 | 暮らしのアイデア | Comments(0)

謹賀新年2016

新年あけましておめでとうございます。全国的にお天気が良くて初日の出が見られた場所も多いようですね。

首都圏の端っこに位置する我々のエリアも、三が日は工場などが休みになるからか、いつもより空気が澄んでいるのが実感できます。なぜか、正月の富士は写真にとってしまう…
e0151091_13323092.jpg
本日も多摩湖の周りをジョギングして帰りに近くの神社へ初詣。どっかにお祈りにいくとダンナはよく長いこと祈っているので何を祈ってるのか聞くと、真顔で「宝くじがあたりますように」とか言っててあきれたもの。それがチビ太の具合が悪くなって以来、ジョギング帰りにいつもこの神社に寄って「もう、そんな馬鹿なことお願いしないのでチビ太を助けてください」と、お願いする事を変えて、絞り込んだらしい。「そうしたら、元気になったんだよ」とまた真顔で話す。そういうことにしておこうか。
e0151091_13332657.jpg
神社の御利益か…と本当に思うほど、チビ太の食欲は回復してきました。元日のおせちはここ数年来、ダンナの以前のお仕事関係の方からいただいているもの。通常であれば買わないような贅沢品で、私は最小限のおせちとお雑煮だけ作って、正月の食卓の完成。具合が悪いチビ太は甘やかされて、おせちに顔を突っ込むやりたい放題ぶり。それも何だか嬉しくて怒られずエビとかむしってあげちゃったりして。
e0151091_13325183.jpg
そりゃ、こちらの二人はそんな不公平に不満たらたらなカンジです。
e0151091_13325914.jpg
今年も、よろしければ緩~いカンジで、お付き合い頂けたらうれしいです。

by nicecuppatea | 2016-01-01 13:37 | 暮らしのアイデア | Comments(0)

みんなで大晦日

チビ太の具合が悪くなって毎日の病院通いを初めて1週間。日々、ステロイドやインターフェロンの投与を続け、流動食をかなり強引に与えたところ、今日、なんと好物のローストレバーを自分で食べてくれました。
e0151091_20331511.jpg
長期的展望が変わったわけではなく、(べらんめえな)先生も「とにかく年越てもらわないとね!」という病状のようなのですが、お休みにも関わらず毎日診てくれて、すこしづつ体力が回復したみたいで。とにかく食べる間はできるだけ食べさせて、体力や免疫力のアップを心がけ、この先少しでも治療のオプションが広げられるのなら、そうしたいというちょっとした希望が見えてきました。

何より、あっという間にお別れにならなかったことだけでも、医学のチカラに感謝です。あとは、少しでもQOLを長く保てるような形を目指したいものです。

過去1週間は、ただひたすら少しでも長く一緒にいてほしくて、毎日通った獣医さん。ちょっと落ち着いてきてはたと考える。きちんと治療費払い続けられるようにしないと。

結局のところウチはなんだかんだで食費がかかりすぎてたんだ^^; 手作り食が好きなようなことを言っていて、実はできあいの惣菜やインスタントも大好きだし、外食だというとついついタガが外れるし…節約を実現するには、なにより食費を抑えることだな。

あれもしたい、これもしたい、と時間に限りがあるのにあちこち手を広げ過ぎた結果、素材は色々あるのに台所にかける時間がとれなくて生かしきれなかった。もう、優先順位をきちんとつけて、来年はきちんと素材を生かして安い食卓を実現することに集中しよう。これもチビ太がくれた「機会」だと思って。

…ということで、今日は新年に向けて玄関とお風呂場の掃除、ウチにあるもので出来るだけのおせち、そして畑の野菜天ぷらをのせた年越しそば…で年越し。なんとかヒト2、イヌ2、ネコ1の家族全員で大晦日を迎えられたことに、感謝。
e0151091_20335103.jpg
今年もお世話になった皆さま、つらつらと書き連ねた我が家の日々の出来事やエキセントリックなかご編み日記を読んで下さった皆さま、年の瀬になってチビ太の症状を心配してくださった皆さま、本当にありがとうございました。皆さまにも穏やかな年の瀬でありますように。そして素晴らしい新年を迎えられますように。

by nicecuppatea | 2015-12-31 20:36 | 暮らしのアイデア | Comments(0)

誕生日

しばらく間があいてしまいました。

仕事のつがなり具合や、もろもろの食事会・忘年会のつながり具合で、どうもここしばらくいつもより勢いがないカンジで…ただ、今はひたすら睡眠欲が強くて。みなさん普通年末はそんなカンジなんでしょうかね^^;

ちまたのクリスマスイブは我が家ではダンナの誕生日。メニューもクリスマスメニューではなくダンナ好みのものになり、それらをいつもよりちょっとだけバージョンアップ。で、今年はちらし寿司と、どっさりのトンカツとコロッケ。子供か。
e0151091_18360965.jpg
ケーキはいつもお世話になる「ガトーb」さんでデコレーション・シフォンケーキを予約。それに誕生日の特権で「追いクリーム」。はい、生クリームのケーキの上にさらに別買いした生クリームを泡立ててトッピング。正気か。
e0151091_18380544.jpg
ワンズたちには、サツマイモと野菜とベリーのケーキ。食べる前の写真を床の上で撮ったらジュウタンが汚な過ぎてボツ(笑)
e0151091_18362999.jpg
毎年地味に、でもウチらしくちょっと子供の夢っぽいメニューで過ぎていくクリスマス兼誕生日、でした。

例年になく暖かいクリスマス。でもようやっと近くの散歩道は冬の様相です。
e0151091_18364898.jpg

by nicecuppatea | 2015-12-24 18:44 | 暮らしのアイデア | Comments(0)

プロの仕事

普段なにもしていないのですが、実家の両親が金婚式を迎えるというので、なにかそれっぽくもあり私っぽくもあるものを送ろうか…と思い、私のカゴのお嫁入り先であるお花屋さん、La Chaumiereさんにちょっと奮発したリースをお願いしました。

いつもけっこう売っている商品がかぶっているのでオーダーした時に「え~?ご自分で作れそうなカンジじゃないですか(笑)」といわれたけれど、プロ感が違いますから(^^;

…というのもあるし、やはり自分で作れるか作れないか、というより、それが本業の職人さんがいるのなら、その人の技術にお金を払って「やってもらう」ことの意義みたいなものも感じます。何でも全て自分でやろうとしていたら広がりもないし。

とにかく、頼んで正解!
e0151091_19455988.jpg
久しぶりに一緒に外食なんかしてみて、巷はクリスマス一色なのだと気づく。ウチの周りは夜は暗いから(笑)
e0151091_19472203.jpg
久しぶりに実家でムギにも再会。実家の子になって1年ちょっと。気が付いたらそれまで洗濯物干しだったベランダは、近所の大工さんがプロの仕事でとりつけてくれたフェンスのついたムギ専用のお庭に変わっていました。
e0151091_19463132.jpg
よかった、なにかと(^_^)




by nicecuppatea | 2015-12-19 19:50 | 暮らしのアイデア | Comments(0)

日常生活に足された小さな喜び

私自身、何でも手作りするのが好きですが、誰かに作ってもらったものを使うのもとても好きです。ひとつひとつ味があるし、工業品にはない人格みたいのを感じるものも多いようで。

とにかくすぐに財布を無くすワタシ。お友達のレザーとヘンプのクラフトをやっているご夫婦「ほんくら」さんに先日、①ポケットに入れられる小ささで、②紐が付けられて、③私の名前のカラーで、作って~!とわがままなお願いをしました。

で、作って頂きました♪
e0151091_21200242.jpg
こういう小物が日常生活にひとつ増えると、なんだか生活のベースがちょっとそれまでより楽しくなります。お財布出すたびに「あ、そうだった♡」って感じで。

で、同じように楽しんだかどうかはわからないけど、先週は権蔵もリードを新調。ウチの子になった翌月に、名前入りのハーフチョークと、ヘンプのリードを作ってもらったんだった。いまだにほんくらさんに同じようなオーダーが入る、というぐらい最近は人気んなっているらしいこのカラー。綺麗なオレンジにターコイズのスタッド…だった。
e0151091_21183390.jpg
で、かれこれ2年弱。リードの金具が弱くなってきたことを心配してくださった奥さんが、「実験用に使ってみて」とわざわざ作ってくださったのが写真右側のもの。なんとパラシュート用の紐で、180キロの耐久性をもつのだとか。前に作ってもらったヘンプのものと比べるとすごく頑丈なのがわかります。権蔵、どんどん立派になっていく^^
e0151091_21194177.jpg
しかし、カラーの方は鮮やかなオレンジは見る影もなく、じっとりとしたバセ油をたくさん吸って、すでに飴色を通り越した色。使い込んだ美しい革の色…ということにしておこう。
e0151091_21185654.jpg
権蔵も、ウチに来てから時と歴史をこれだけ積み重ねてきたんだなぁ。

うまい言葉が見つからないけど…おかげ様でウチには色々な価値あるものが集まった気がして、幸せな気分。「値段」とかじゃなく、自分で感じる価値のことだけど(笑)


by nicecuppatea | 2015-12-10 21:24 | 暮らしのアイデア | Comments(2)

時にはきっちりと

ここ1か月ほどは、なんだかんだとイベント事が多かったなあ、と最近改めて気づきました。1か月ほど前に、富士山の麓に救助犬トレーニングの通訳に家族ででかけ、その後は私の仕事上のイベントがいくつか続き、外出が続き、しかし週末はマーケットに出店、その間にチビ太の(推定)誕生日もあった。

…ってなことで、色々まとめて二人でお疲れさん会をやろう、とダンナとウチの近くのイタリア料理「ナチュール」さんへ。

良くないことですが、休みの日、ワンズの散歩や畑、カゴ編みばかりしていると、どーでもいい恰好で近所をうろちょろしてしまいます。そんなのを正す意味でもちゃんとした服(?)でおいしい地元野菜をふんだんに使ったイタリアンを。
e0151091_16460550.jpg
e0151091_16461907.jpg
e0151091_16462962.jpg
前菜とスープが終わったところで、あまりにいい気持ちになってメインとなるパスタ、魚料理、肉料理とデザートの写真を撮りそびれ(- -;)

普段と違うテーブルセッティングで、普段と違うものを食べると、普段一緒にいるダンナとも、通常面と向かっていわないようなことも話せるというか。よくわからないけど、こういう機会を持つって、悪いことじゃないんだろうと思う。

次はきちんとメイン料理の写真をとるようにしよう。


by nicecuppatea | 2015-11-09 18:04 | 暮らしのアイデア | Comments(2)