カテゴリ:暮らしのアイデア( 110 )

更なるハーブ利用

大好きなマーケット出店ではありますが、さすがにこれで風邪をぶり返したらシャレにならないので、残念ですが明日の入間市ジョンソンタウンのワンデーマーケットへの出店は見合わせることにしました。

さらにじっくりネット検索などしてみると、まだまだ、ウチにストックしているもので、ノドや粘膜、風邪の諸症状改善に効くらしいものがあるじゃないか。

消毒効果があるタイムは、随分昔に買った、使いきらない料理用ハーブの粉末が。ジャーマンカモミールは知人の旅行土産にもらって、未使用のままだった。リラックスしたい時のハーブティに…とよく聞くけれど、そもそもハーブティのチカラを借りるまでもなく、毎日すぐ熟睡しちゃうから、飲む機会を逸していて^^;
e0151091_08341149.jpg
レモングラスは冬を前に鉢上げする時に、どっさり刈り取ったんだった。ずいぶんバスケットにも編みこんだけど、まだまだ持て余しています。
e0151091_08340109.jpg
ショウガは去年畑で育ててみたもの。肥沃じゃない我が畑にあっては予想以上の成果!
e0151091_08334860.jpg
免疫力向上、消毒作用、体温アップなど、いろいろ効能があるみたいだからこれから使い方をいろいろ考えて楽しみたいと思います。

一応、病院で抗生剤もらって飲んだんですけどね。なんだか「ありがたみ」はハーブの方が高い気がするんですよね~

by nicecuppatea | 2016-02-06 08:35 | 暮らしのアイデア | Comments(0)

民間療法が頼り

大した風邪でもなかった割に今回は全く声がでなくなり火水と、会社を休んでしまいましたが、木曜日は重要な会議の通訳があったのでとりあえず出社しました。

ウチで発声練習した時は「よし、行ける」と思ったのに、自分の通訳第一声を聞いて「あ、だめだ^^;」と、すぐ自覚。声を絞り出さないと出ないから、第一声を聞いただけで「新しい通訳の人かと思って」とみんながこっちを振り向き^^; 小声でしゃべろうとすると声が出なくなるから、ウィスパリング(ヒソヒソ話みたいにする通訳)をすれば、部屋中に聞こえるような大声になってしまい…(^^;;

同通のパートナーさんも間違いなくドン引きでしたね。m(_ _)m

来週は社員総会が予定されてて、私のいる部門が主管部。私にも三千人の社員の前で来賓のスピーチを通訳するお勤めが与えられており…

ヒトが同情してくれるというよりは、ひたすら自己管理能力が疑問視されるカンジをヒシヒシと感じております。。。

本番までは通訳禁止を言い渡されひたすら声がでますように〜、といろいろ試す日々。

今日は大根細かく切ってハチミツ注いだものをジャムの瓶に入れたものなんかを会社に持参(笑)なんだかタクアンの臭い。
e0151091_07034163.jpg
あと持参したのは生の金柑、ゆずの果汁、チューブのおろし生姜…私の風邪薬ラインナップ、大丈夫か^_^

あさっての入間市ワンデーマーケット、ビミョーだなあ…

by nicecuppatea | 2016-02-05 21:28 | 暮らしのアイデア | Comments(0)

少しづつ、春の気配

近くの森はぬかるんではいるものの、空の色は明るくなったので、2週間ぶりに森の中へ散歩にGO!

落葉樹の森は、葉っぱがすべて落ちて、地面もまっ茶色。そうなると、鮮やかな新緑みたいな色に見える落ち葉のようなものはヤママユガの繭の抜け殻だったりすることが多いです。ジョギング中によくウスタビガの繭がらが落ちているのは見るのですが、今日見つけたのはもっとクリーム色っぽい。ウスタビガより大きいヤママユという蛾の繭と思われます。秋には成虫になっているから、今あるのはみんな空家のはず。中身が入っていないのを確認して、拾ってきた♪

天蚕といわれる野生の蚕みたいなもんで、このひとつの繭から600メートルも絹糸がとれるんだとか。でも細くて手間だから商業品にはならないらしい。

強いけれどホワホワした糸で作られた繭。家に帰ってちっちゃなカゴにいれてみたら、さながらおクルミをゆりかごにいれたみたいなカンジか。
e0151091_19283104.jpg
なぜ蛹でいるほんのわずかな時間のために、ものすごい労力をかけて極細で強い糸を吐いてこんなすごいおクルミを作るのか^^

しばらくぶりに夏にピョン吉を放した田んぼの傍を通ったら、まだ雪国状態だった…
e0151091_19284945.jpg
この田んぼの隣がワンズの散歩中間点、イコール「おやつ場」
e0151091_19290523.jpg
e0151091_19285738.jpg
田んぼはまだ冬景色だけど、梅のつぼみを見ると間違いなく、春近し…。
e0151091_19291469.jpg

by nicecuppatea | 2016-01-31 19:33 | 暮らしのアイデア | Comments(0)

雪ではなかったけれど

週末になると雪…とすこししょんぼりしていましたが、関東甲信はまた大雪…という予報はこの辺ははずれて、ようやっと2週間前の雪がほぼ消えてきた我が家のあたり。

それにしても降りださないのが精一杯…というぐらい、低く、鉛のような色の空が1日続きました。空の色って、気持ちを映しますよね~…

なんとなくジョギングするのはやめて、ふたたびウチで過ごす週末。森の中もまだ雪が残っていて昨夜の雨でぐちゃぐちゃに溶けているので、胴が地面に著しく近い権蔵を連れて行ったりするとすごーく大変になるので、今日は「シティ散歩」に。あ、ちなみにウチでは、週末のワンズの散歩には山の中を歩く「カントリー散歩」と、お店に行ったりする舗装道を歩く「シティ散歩」の2通りがあります。ま、どっちも「ど田舎散歩」なんですけどね^^

こんな日は「シティ散歩」が一番、ってことでひさしぶりに歩いて10分ほどの地元のパン屋さん「England Street」さんへ。ワンズはそこへ行くと帰りにおいしいパンをおやつにもらえると知っているので、張り切って歩きます。まぁ、人間もなんですけど。

普通の集合住宅の1階だけど、そこだけ異国の雰囲気。
e0151091_21215290.jpg
e0151091_21220782.jpg
権蔵は、お店の前につないで飼い主が消えると「うぉ~ん!」とものすごく通る声で鳴くので、できるだけどちらかが店には入らないでそこにいるようにしています。

今日もダンナが先に入り、自分が買いたいパンを見繕い、入れ代わりで入る私にこれとこれ…と指示して、すぐに店の外にでました。

時間が早かったのでいつもなら売り切れ必須のカレーパンもあと2つあった^o^/おいしくてきれいなパンだけでなくお店の雰囲気も私から見ると「森嗜好(?)」なカンジで、ついつい細かいところまで見入ってしまいます。これはパン細工。
e0151091_21232885.jpg
たくさん買って店を出て、途中でワンズはパンももらってみんなゴキゲンで帰ってきた。で、家についてみたらダンナが店を出る間際に「これね!」と指さして私にトレーに乗せるように「言った!」というだんなが楽しみにしてたブラウニーを私が買ってこなかったことが判明。

日頃あまりダンナに素直に謝らない私ですが、さすがにその落胆ぶりを見て激しくあやまったのでした。そりゃあ、甘いおやつ買いに行って、カレーパンかったからって、甘いおやつ忘れたら、ワタシならそこで倒れるもんなー。

森嗜好が続いていた私。なぜか今日は、葉っぱ一枚だけ編んでみた♪
e0151091_21262481.jpg

by nicecuppatea | 2016-01-30 21:47 | 暮らしのアイデア | Comments(0)

来週に向けて

再び雪かと思いましたが、関東内陸のこの辺りは、良く晴れた日曜日となった今日。

あまり活発に動きたいという要求はなかったのですが、ほとんど走っていなかったので多摩湖周回のランへ。まだ雪国みたいな湖周回のジョギングロード。ちょっと来たことを後悔。でもとりあえず1周して終了。
e0151091_19593728.jpg
会社のあたりにはもう、まったく雪なんて残っていないのだけど。通勤圏とはいえ田舎度を思い知らされる光景です^^

年明け以降、我が家では「チビ太が教えてくれたこと」という合言葉のもと、何かと節約していこうという流れが続いていて、翌週のお弁当などに使うための料理には、週末ちまちまと時間をかけています^^

最近の流行りは、食べきれていない保存食を使って自分でテキトーに作る、会社に持っていく「デザート用」の焼き菓子。まえに放置畑の無農薬の夏みかんをもらった時、作るだけ作って食べていなかったオレンジピールや、冷凍にしてある生ラズベリーを焼きこんで、真ん中に手作りアプリコットジャムを塗ったチョコケーキ。まぁ、ヒトサマに勧めるものではないですが、私のお弁当のデザートには十分!
e0151091_19591440.jpg
知り合いに頂いた、お庭の無農薬のレモンやユズは果汁を絞ってジュースにしたあと、せっかくだから皮を茹でてみじん切りにしてシロップの中に保存。これは来週のケーキに使おう。
e0151091_19595682.jpg
さて、明日から再び会社。手作りの色々な食物をリュックに詰めて、出勤だ(笑)!



by nicecuppatea | 2016-01-24 20:02 | 暮らしのアイデア | Comments(0)

雪で悲しかったこと

関東地方内陸部は、おととい月曜日、久々の積雪でした。都内はほぼ残雪がなくなっているけれど、ウチの周りは1日立った後でもまだこんな感じ。
e0151091_21322415.jpg
月曜日は、たまたま、朝イチで埼玉県内陸部にある会社の「物流センター」を訪問して、ビデオ撮影に協力してもらう予定でした。

で、大雪(泣)

駅までは自転車もクルマもダメで、徒歩で行くことに。

ノロノロのギュウギュウの電車を乗り継ぎセンターの最寄りの駅まで行った後は、バスに乗ろうにも、混雑でなかなか乗れず雪の中で3台やり過ごし4台目に強引に最後の一人として後ろノリのバスに乗り込みました。そうしたら次の停留所で下りる人用に「後ろのドア開けまーす」と運転手さん。むりやり張り付いていた私は、背中側のドアが空いた途端に、また道路側に押し出され、バスから落ちる(笑)シャーベット状の雪にくるぶしの上まで浸かり、ふたたびバスに張り付く(泣)三時間かけて目的地に到着したものの、ついた先の物流センターは「首都圏の雪」にたたられて、戦場のようなあわただしさだったのでした。

そんな折、「ビデオ撮影をさせてください」なんてのんきなお願いをしに来たのだから、みんなのイライラははっきり顔にでています(ゴメンナサイ~)

移動だけでドーっと疲れたのに、その後、忙しくて「それどころじゃない」ヒトタチにこちらの仕事を頼むので、今度は恐縮しまくり。でも、イライラの中でもみなさんの善意に支えられて何とかビデオ撮影終了~。

はぁ~、疲れた。寒くて、恐縮して、緊張して、なかなかインパクトの強い一日だったけど、なんか一番悲しかったのは、手袋が片方、バスのどさくさに紛れてなくなったことかな~。

安い手袋なんだけど、マフラーと同系色だった。なんか、どこかに片方だけ落ちてると思うとちょっとかわいそうなカンジで。で、片方だけ残ったって、どちらも使えないし。なぜか「志半ば」感がハンパない。
e0151091_21323233.jpg
昨年の今頃でた横田基地のハーフマラソンでは、やっぱり途中で手袋片方落としたんだけど、奇跡的に折り返しして同じ場所通ったら、落ちてるの見つけた!自己ベストのタイムがでたより、なんだかうれしかったもの。

残った手袋、どうしようかなぁ。

by nicecuppatea | 2016-01-20 21:35 | 暮らしのアイデア | Comments(0)

できるだけ日常に。

チビ太に対して暖かいお言葉を頂いたみなさん、ありがとうございます。しばらくはそれ関連の話が多くなったりするかもしれませんが…もしお付き合い頂ければ幸いです。

「会社にいれば気がまぎれるでしょ」という考え方もあるかもしれませんが、どうもそういうものでもないということが、今回わかりました。打ち合わせなど、ヒトと仕事を一緒に進めている時は、泣いているわけにはいかないけど、笑顔なんてものは気持ちがどんな状態であっても、作ろうと思えばできるもんだな、と。これからは笑顔の人を見ても、「もしかしたらこのヒトは心の中では泣いているかもしれない」と想像することが出来る用になったと思います^^;

比較的すぐ休日があったことはよかった。悲しさや、淋しさは紛らわそうとするよりは、そのまま受けたほうがいいような気がして、あまり他のことをやろうとはせず、ウチでぼーっとしていたカンジです。ダンナともども。

写真を探してきて飾ったり、花を飾ったり、獣医さんにお礼に行ったり。
e0151091_17431878.jpg
それにしても、元旦の「回復ぶり」はいったい何だったのだろう。好物のエビやレバーを欲しがるから、私たちもお正月の嬉しい気分にひたりながら、おせちを食べることができました。
e0151091_17442769.jpg
「ネコはそうして、最後に飼い主にお礼をするものなのよ」と獣医さん。「もう一度、ごはんくれ、って見つめてくれないかなー」と言っていたダンナを、じ~っと見つめ、私のところには顎を撫でろと催促にきて、なでてやるとひたすらゴロゴロ言っていました。夜中にふと目が覚めて見ていたら、珍しくピーチのところに行って顔の匂いも嗅いでいた。彼なりの挨拶だったのかも。

色々あると思いだしちゃうから、ダンナはチビ太が逝った後、速攻で色々なものを片付けてた。でもまだシリンジでご飯を上げた時に引っかかれた跡は私の足にくっきり残ってるし、猫砂も時々、まだ部屋の隅のほうに落ちてます。「もう~、また散らかしてっ!」と思っていたものですが、それを片づけたらもう、ないなぁ…そんな思いがどれぐらい時間が経つと薄まってくるのか…まだわかりませんが、とにかくできるだけ日常を日常のままに過ごしていきたいと思っています。だから、明日のジョンソンタウンのマーケットも、いつもの通り、出席するつもりです!

「こんな思いをするから、もう動物は飼わない」という話も良く耳にします。そういう考え方もあると思うけど、私は何となくそうはならないような気がしています。今まで12年、一緒に楽しいこともそうでないことも「人生」を過ごしてきて、一緒にいるからこそ得た喜びがたくさんありました。お別れも含めて「くれたもの」の一つの気がして、それもしっかり受け取れればと。別れの訪れがコワいから、親しいヒトは少ない方がいい、となったら、随分人生の歓びは少なくなってしまうのではないかと。あくまで、私の個人的なカンジ方、ですけど^^

最後の晩に、チビ太の終の棲家に、と編んだバスケット。実は、火葬場で「小さいのはいいですけど、大きいのは一緒に燃やすと骨がわかりづらくなってしまうので」と、火葬を断られ、なんとダンナがそのまま持って帰ってきました。さあ、これ何に使おうか。
e0151091_17433978.jpg
もしかしたらいつか、ヤツの生まれ変わりのネコのベッドになっているかも^^


by nicecuppatea | 2016-01-09 17:49 | 暮らしのアイデア | Comments(0)

休み終わり…

がっつり休んだ年末年始の休みも今日で終わり。休みの前の日からチビ太が寝込んだので、最初から最後までチビ太一色の休みではありましたが、思い返してみると、みんなで過ごせた良いお休みだったといえます。

チビ太をダンナと一緒に階下の獣医さんにつれていくのも、私は今日で一旦一区切り。よろしくお願いしてきました。親身になって色々と見てくれる先生がウチの真下で開業していてホント、よかった。

ここに引っ越してくる時、ここが「いいな」と考えたポイントは広いベランダがあること、そして階下が獣医さんなことの二つ。(ヒトの病院は歩いて200メートルぐらい先なんだけど^^) 急速に高齢化が進む我が家の大型犬たちのことを考えると、エレベーターで下りればすぐに行ける獣医さんがあるのは、きっとメリット大きいだろう、と。先にチビ太がこんなにお世話になるのはちょっと想定外ではありましたが。

でも考えてみたらそれ以外にも住んでみて見つけた「ラッキー!」が他にもありました。ウチからすぐの森で、色々なコースのワンズ散歩ができることもそのひとつ(夏はダニだらけでダメだけど)。今日は、近くの森の神社に3度目の初詣。混雑したところはワンズと一緒に行けないけれど、ここならOK。なぜか神社の鈴についているヒモを見ると若いときから大興奮するピーチは、結局そばにまではいけないけど^^;
e0151091_19102816.jpg
神社まではカエデの落ち葉のジュウタンのような明るい冬の森を通っていきます。わざわざ落ち葉のたまったところをシャカシャカ音を立てながら歩くのがワンズは好きらしい。権蔵なんて足がみえないで胴体だけがシャカシャカいいながら前に進んでいくように見えます。
e0151091_19120337.jpg
Pはどちらかというとおやつが楽しみでさっさと歩くタチ。
e0151091_19132032.jpg
それだけじゃなくて、歩いていけるおいしいイタリアンレストランがあったり、湖を回る良いランニングコースが近くにあったり、ツルが近所で採り放題だったり…住んでみたら、通勤圏内でありながら自分たちのライフスタイルに重宝するものが身近にある場所だったなぁ、と発見することが結構ありました。

ありがたいこと、ってのは意識してみないとついつい気づかず素通りしてしまいがちなのかもしれないですね。

by nicecuppatea | 2016-01-05 19:14 | 暮らしのアイデア | Comments(0)

お休みもあと少し

ちまたは4日から仕事初めのところも多いようですが、今年は5日までお休みをもらっていて、いろんな部分でほっとしています。

チビ太の様子に一喜一憂する様子はずっと変わらず。一段と痩せてきましたが、とりあえず水は自分で飲んでくれます。最近はベランダへ出せと催促するので、午後の日差しが一番暖かい時期に数分一緒に外へ出るのが日課となりました。

ポカポカの陽気で、うれしい。風の匂いを嗅いだり、日光を浴びているのはなんか「やりたいこと」みたい。日向での写真がないですけど。
e0151091_19370755.jpg
ウチにいてやることといえば、仕事が始まってからの夕食やお弁当に困らない保存食づくりとか。初冬に取り込んだ最後のグリーントマトを冷凍しておいたのを、何となくウチにあった、赤玉ねぎ、ヤマブドウのワイン漬け(2年前に意味もなく作った)、アンズ酒を作った時につけた(10年近く前のほぼ黒くなった)アンズ、生のリンゴ、シナモンなどなどと合わせてチヤツネにしたり、あちこちでもらったゆずをまとめてゆずジャムにしたり。

最近は第3世界ショップで買ったスリランカの野菜カレーのペーストにはまり、玄米にホウレンソウカレー、玄米にブロッコリカレー、といった草食系のメニューがこの休みの間は良く食卓に上りました。
e0151091_19372667.jpg
e0151091_19373879.jpg
年末年始、もう会社を10日も休んだのか。普通なら10日も休むのなら何かやらないと大変だ!と焦るタイプで、むしろ目標がないと「ダメだ!」と思う傾向が強い私ですが、今回はただひたすら、日々を過ごす休日でした。ひたすら今日はいい天気、1日過ごせてよかった、明日も過ごせますように、と祈るような。そういうのが必要な時も、あるんだな、と。

ヤツにまた、教えられたのかな。

by nicecuppatea | 2016-01-04 19:46 | 暮らしのアイデア | Comments(0)

一富士二鷹三茄子?!

お正月の3が日、どこへ行くでもなく、朝、ジョギングして、帰ってきてチビ太を獣医さんに連れていき、その後箱根駅伝を見て、昼過ぎにワンズの散歩をして…その間におせちやお雑煮をつまむ…という、淡々とした日々。

気が付いたら正月3日間、毎日快晴で、走るたびに狭山湖や多摩湖の奥に綺麗に富士山が見えてました。で、今日。狭山湖畔で、大きく旋回しながら湖に下りてきて、うぁしゃっ!と白っぽいものを湖面でわしづかみにした猛禽類を見た!鳶か?いや、私はこれをオオタカと信じたい!

狭山湖畔はオオタカの生息地として知られています。ダンナはジョギング中に至近距離でも見たことがあるらしいけれど、私は初めて。鳶より大きかったぞ。いち富士に鷹とくれば…と、帰りがけに買い物をしたスーパーでわざわざ青果売り場のナスを「みた」^^;

「夢」に現れたわけではないけれど、実物見られたんだから、尚いいじゃないか。幸先良いかも…と何でもよいから思いたい。

チビ太は本当に「元旦の奇跡」だったのか。ふたたび全く食べない日々。無理くり口に押し込むのもいったいいつまでやってよいものか。獣医さんいわく「猫は『化け物』よ」。時折、理論的には考えられないような復活をすることがあるんだって。そうなると、こちらももう、理論じゃなく、ただ淡々と彼の調子の良しあしに付き合うだけということなんだな、きっと。

ワンズだって冬休みなんだから長い散歩に連れ出したい。こんなに穏やかでいいお天気のお正月なんだし。
e0151091_21112613.jpg
e0151091_21115423.jpg
次回のマーケットに向けて、それでも編みためたい。
e0151091_21121069.jpg
とにかくウチ周辺に張り付いた生活をしているお正月です。

by nicecuppatea | 2016-01-03 21:13 | 暮らしのアイデア | Comments(0)