2017年 07月 17日 ( 1 )

梅しそ使い尽くし

ここ1週間ほど「熱暑の日々」とは言っても、カイシャに通勤している平日は日が当たらないオフィス内の、冷房がキンキンに効いているところで数時間、微動だにせずパソコンを見つめていることもあり、夏の生命力など、あまり身近に感じることがありませんでした。

ようやっと、プチ夏休みのこの連休で夏のエネルギーを体感しています。

雑草の海となった畑は、連日手鉋で地道に草刈り。数分でジーパンも濡れるほど汗が出てきます。昔、漢方を売るカイシャにいたダンナによると、私みたいにカラダの中に水が溜まりやすい体質を「水毒」と言うのだそうな。イヤな名前だけど、そう聞いた後、顔からも汗がどんどん滴り落ちる状況で草刈をしていると、なんだか体から悪いものが全部出ていっているみたいで、爽快。

この畑作業に欠かせないのが、自家製「シソジュース」。畑の脇に生えている赤紫蘇の葉を煮だして、砂糖とクエン酸を加えたもの。これをペットボトルに入れて冷凍にして畑に持参。
e0151091_07160096.jpg
煮出した後の紫蘇は、捨てるのがもったいないので、よく水気を絞ってから昨年の梅干しをつけた残りの「赤梅酢」に漬け込むと、茶色っぽかった葉っぱが鮮やかなえんじ色になります。
e0151091_18400437.jpg
これで、普通は生の赤紫蘇の葉でつくる「ゆかり」みたいなものを作れないかと。漬け込んだ後は屋上で天日干し。
e0151091_18402007.jpg
と、同時に、塩漬け中だった今年の梅干し用の梅も、暑い日が続くのでそろそろベランダで土用干しを。
e0151091_18393193.jpg
この葉っぱの上で干して滴り落ちる梅酢を葉っぱに吸わせます。こうすると半乾きの梅の皮がかごにくっついて破れなくて好都合♪
e0151091_18394761.jpg
毎日列島での最高気温を記録しているエリアからそう遠くない内陸部の、西向きの大きな窓のある3Fに住んでいる我が家。午後の暑さは冷房をつけても体にこたえるほど。でもこの暑さで、ベランダでは、どんな干し野菜もあっという間♪

こんな熱波の屋上にも、エネルギーを取り込んでぐんぐん成長する野菜があるんです。きっと、これを食べたら体にそのエネルギーが体に入ってきてくれるに違いない。その紹介はまた後ほど。

by nicecuppatea | 2017-07-17 07:30 | 畑の野菜・くだもの&いきもの | Comments(0)