2017年 05月 15日 ( 1 )

ノビルの最大活用

ウチの周りは、街路樹の植え込みの下、畑の際、公園の脇など、どこをみてもノビルが生えています。昔は「山菜」だと思っていたけど、もやは雑草の域。

そしてこれが、本当に何にでも使える優れもの。

ネギ属の植物なので、別に根っこのところだけでなく葉っぱも花芽も食べれます。先っぽは細かく刻んで、コリアンダーと混ぜて蒸し鶏に。

今は丁度花芽が伸びるころ。英名を「ワイルド・ガーリック(野生のにんにく)」というぐらいなので、きっと花芽はにんにくの茎のように食べれるだろうと炒めものにしてみたら、にんにくの茎より細いけれどこれが甘みもあって美味。疲労回復や抗酸化作用もあるらしい!

昨日の夕飯は安売りの砂肝とノビルの球根と茎の唐辛子スパイス炒め。安い食卓ですが、自分としての満足度は高め^^
e0151091_20235318.jpg
そしてこれからしばらくすると花芽はさらに太く、長く伸びて先っぽに花が咲き、小さい球根の集合体のようなポンポンになります。その頃になったら茎が固くなるので、そうなったらその茎を集めて小さなバスケットを編む(笑)

これは去年編んだもの。藁のように軽くて、丈夫ではありませんが、屋上のちょっとしたものを採って入れるのに便利。
e0151091_20242914.jpg
e0151091_21101402.jpg
全草を生食、炒めもの、そしてバスケットにもできるなんて、これほど私好みの草はない♪ 柔らかく食べられる時期はそろそろ終わり。まだまだ、使い倒します。






by nicecuppatea | 2017-05-15 20:34 | 里と野山 | Comments(0)