2017年 04月 24日 ( 1 )

ツナガリの回復

先週土曜日は、イギリス時代の友人が東京に来たということで、半日ほど一緒に谷中見物をしました。

再会は10年ぶり。1か月ほど前に連絡があり、「おウチに泊まらせて~」という。日程を聞いたら昔英語教師をやっていた金沢に長逗留し、帰国前日の午後2時に東京駅について、翌朝7時には成田空港に行かなければならないのだとか。なぜ2週間も日本にいるのに、東京に半日しかいない計画になってるのか(笑)

ウチまで来るのが難しいことを説明した上で、それでも先方ががっかりしないような、6時間を最大限に楽しんでもらえるおもてなしがしたい…そんなことをあれこれと、過去1か月ほど考えていました^^

もともとエコツーリズムのコースを一緒に学んだ仲間。スカ○ツリーでもないだろうし、金沢にいたのに、これから庭園めぐりでもないだろう…と、東京駅に荷物を預けて電車で15分、日暮里まで移動して下町情緒を残す谷中界隈を買い食いしながら散歩して、最後に大衆酒場で宴をすることにしました。

観光客も多いけど、現役で町の人に使われている古い建物が、作り物にはない重みと鼓動を感じさせてくれます。
e0151091_10482887.jpg
e0151091_10500354.jpg
最後は友人に教えてもらってた地場系居酒屋で。
e0151091_10491207.jpg
日本人はビールや酎ハイ、イギリス人は二人とも熱燗。「こんなに日本が好きだったって、忘れていた」という彼女の言葉をなんだかほろ酔いで、嬉しくなりながら聞いていた。

実はこの前の日は、大学時代の友人で、海外で事業をやっている人が久しぶりに帰ってきたということでやはり会合。「しばらくあっていなかった人に会う」って、月並みだけど、以前のその人を思い出したり、その後その人たちが長い年月かけてやってきたであろう事に思いを馳せたりして、いっぺんに色々な刺激をもらう。年を取ってくれば来るほど、それぞれの人の歩いてきた道の跡が濃く、深くなってきて彼らの話に興味は尽きなくなってきます。

土曜日は、小さなお寺にある仁王像の説明書きから、居酒屋のツマミのメニューまで、張り切って全部訳してたら、翌日は声が枯れた(笑)

それが、色々な人に会えて、楽しかった証か。


by nicecuppatea | 2017-04-24 18:28 | 暮らしのアイデア | Comments(0)