海辺の裏山にて

なぜだかどうしてもおいしい地魚が食べたくなり、この寒いのに毎年お邪魔する西伊豆のペンションにピーチともどもお世話になりに行きました。

西伊豆は、東伊豆と比べると東京から行くのに電車でのアクセスは不便で、「大きな砂浜」が広がっているわけでもなく、トレンディな雰囲気というよりひなびた雰囲気。そんなこともあって東の浜より人は少なく、犬と遊べる環境も多い気がします。誰もいないこの時期の浜は私たちでひとりじめ。
e0151091_1791967.jpg
おまけに漁港があって温泉があって、夏にはシュノーケリングでもできる岩場もあって…私たちにはうってつけ。もう15年も通っているところです。

お邪魔するペンションの裏はすぐに山。二人で並べば道幅いっぱいになるくらいのトレールが雑木林の斜面に何キロも続いています。なぜそこが好きかと言えば、ふかふかの落ち葉の急斜面を笑いながら走り回るピーチの姿を見るといつまでもそこで遊ばせてやりたくなるというのが一つめの理由で、もうひとつはそこが私の好きなものの宝庫だから(笑)で、これが今日の戦利品(^^
e0151091_1710185.jpg

雑木林の中でみつけたリスやネズミの食べた胡桃の殻、ヤママユガ(かな?)の脱皮した後に残った繭、長くてしなやかなアケビのツル、ユニークな形と質感を残したまま乾きあがった山の木の実のドライフラワーなど。また雑木林とその落ち葉に覆われた地面をよく見ればそこにはかすかに石を積んだだんだん畑の面影が。そこここに誰にも振り向かれることのなくなった柑橘類の木が実をつけています。フツーの人には「これはゴミでしょう」と言われるかもしれませんが、私にはお宝級(笑)

静岡県と言えば以前にも小田原の放置ミカン農園を訪ねたことがありましたが、よく見れば西伊豆の私たちが歩いたあたりも、雑木林に見える斜面はほとんど昔はミカンを育てていたところの様です。

山梨の畑のあたりには庭という庭にほぼ必ず柿の木や桃の木が植えてあるのと同じよう、この辺はどこの家のお庭にも金柑、温州みかん、夏ミカンなどの木が植えてあるよう。遠くから見ても明るい黄色の実が常緑で丸っぽいシルエットのミカンの木にちりばめられたように実っています。八百屋ではミカンはどこも山のような量で安く売っているし、きっと山梨の柿と同じように、たわわに実りながらまるで見向きもされないまま落ちていくみかんも多いんじゃないかな。

もったいないものが多いなあ。山の半分がおおわれている竹だって、もっと「タケノコ」とればいいのになぁ。無農薬のミカンならマーマレードやオレンジピールだけでなくってジュースだってお菓子だって使い道はたくさんあるだろうに…「ものがある」だけでモノは使えない。「それ」を木から取ること、加工すること、運ぶことを積み上げていくと消費することが現実的でなくなってしまうんでしょうか。「食料がない」わけではない、あるものが回らない、ということなら何か人が知恵を出せばもっと使えるような気もするのに…。なんて考えながら落ちてた実を拾ってきちゃった。

今日の夜はアケビのツルでも編みつつ、夕飯は地元の店で売っていた小魚の煮付けにしよう。こういうのも東京とかに出すには市場価値がないんだって。ウチの食卓はマグロのトロとかじゃなくていい、ウマヅラハギの煮付けが食卓に乗ればそれ以上望むものはありません。チビ太のお土産の小アジも買ったし(笑)身近にたくさんある、おいしいもので豊かさをかみしめる休日です。
by nicecuppatea | 2009-01-25 17:11 | 里と野山 | Comments(0)
<< ワイルド・シルク 無農薬栽培の功罪?! >>