「ほっ」と。キャンペーン

都会の素材でバスケット

先日参加したフォーラム会場から会社への帰り、最寄の地下鉄駅から歩いて5分のところに、こんなにステキな川原があります。
e0151091_20113773.jpg東京の真ん中で働いている、と思っていましたが、かなり都心からは外れていると改めて実感(^^でも、昼休みでも広い青空を堪能できる環境はステキー。(きっと同じ会社の同じ事務所でそんなことを考えている人はほとんどいないだろうけど・・・)

かご編み好きの私にとって、「川原」といえば、「柳さがし」です。柳は日本の昔話の中で井戸傍に生えていることが多い(だからお化けといっしょに描写されたりもする)ことからもわかるように、水気の多いところを好む植物です。井戸端の「シダレヤナギ」ばかりがヤナギではありません。ネコヤナギのように枝が上を向いて生えている、普通の木っぽいヤナギの木がけっこういろいろあるのです。そんな木を探して土手を見渡すと、すぐに発見!
e0151091_20134796.jpg川辺は決して汚れているわけではなく、芝刈りや葦の刈り込みなども行き届いてはいましたが、土手はきれいにメンテナンスされているわけではなく、そのヤナギの木は半分倒れたようになって生えていました。枝をちょっと頂く私にとってはそのほうが好都合。

かつてイギリスでヤナギを使ったバスケット編みを習ったことがあります。イギリスはカゴ編み用のヤナギの栽培が盛んで、南部のサセックス州などではWillow bedと言われる一面のヤナギ畑もあります。そういうところでは毎年根元からその年に延びたまっすぐで節のない枝を切ることで、伝統的なヤナギのバスケット編みの素材とし、また来年も同じようなまっすぐなヤナギの枝を収穫することができます。ヤナギの種類によって色も黄色、グリーン、紫っぽいもの・・・、とそれはそれは豊富です。

見つけたヤナギの木は斜めに生えていて、虫食いも多く、太く長い枝はなかったので、細長く節がない枝の先っぽ部分だけちょっぴり頂きました。ちょっぴりだったので、それで小さなバスケットを作ってみることに。先日本のチラシで見つけた繊細なつくりのバスケットのイメージがまだ頭にあったので、できるだけ細かく、丁寧に仕上げてみよう、と集中して作ってみました・・・。翌日も、お昼休みに会社の同僚と紅葉を見ながら近所の公園でお弁当を食べ、その後おもむろにバッグから編みかけのヤナギの枝をとりだしたら、さすがに驚かれた(^^

で、できあがったのが、これ・・・・。
e0151091_20144748.jpg
茶色のところはフジの実の葉柄を使いました。うーん、今一歩。これ以上きれいに作りたいなら、やっぱりもっと材料を水につけるなり、枠をしっかりつくらないと、だめですね。
by nicecuppatea | 2008-10-31 20:16 | バスケット編み | Comments(0)
<< 採れたものは使わないと… 本の表紙を見て考えたこと >>