あれから1年…

毎年お世話になっている災害救助犬&遺体捜索犬のトレーニング及び認定試験の通訳ということで先週半ばから精進湖近辺に滞在していました。

去年は、このツアー中にピーチが倒れたんだった。

「今晩は越せない」と地元の獣医さんに言われて宿に連れ帰ったけれど、そのツアー中持ちこたえて自宅に帰ってきてさらに3ー4日、これはいけるのではないか…と錯覚させるほど蘇り、「もう一度あの散歩コースを一緒に歩きたい」「もう一度、おやつをおいしそうに食べて欲しい」「もう一度、布団の中に入ってきて、一緒に寝て欲しい」といった私の欲望を全て叶えてくれたあと、11月12日に旅立ちました。だから、旅立った瞬間は、悲しさより「最後1週間の奇跡」に対する感謝の気持ちの方が強かった。

今回、昨年と同じ時期に、同じ場所で同じ仕事をするとついつい、去年のことが心の大きな部分を占めます。前回は2人いたんだな。
e0151091_15092542.jpg
e0151091_15110524.jpg
それを参加者の一人の方に話したところ「家に帰るのを待っとったんやなあ」と。

そうだったんだよね。
e0151091_21324779.jpg
自分の人生に彼女が存在してくれたことに、感謝。

ピーチがいなくなったあと「枯れてきた」と言われる権蔵、これからもいっしょにゆっくり行こう。

富士五湖でのセミナーは終わり、ダンナ、権蔵、ニャンズは帰途へ。私は広島へ。


by nicecuppatea | 2017-11-14 09:58 | ピーチ | Comments(0)
<< ロードから帰宅 スピードが早い日々… >>